**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
落合陽一さんの「デジタルネイチャー」という本が売れているということで、パラパラと読みました。↓です。




大雑把な感想としては、なんというか、近代の超克をこういうトーンというか、趣味でやるんですね、ということでしょうね。

言うまでもなく、モダンの超克はポストモダンによって延々と試みられてきているわけです。ニーチェに始まるかどうかは別として、「モダン」という近代合理主義と言いますか、そういうものが今でもそれなりに信じられています。

この信じられているものが、実は人間の自然な感覚からだいぶずれてるんじゃないの?というのは、ポストモダンの論者も指摘し続けているわけです。

主体/客体の問題については、マッハ/フッサール/ハイデガーを引けばいいでしょうか。現象学はある意味で俯瞰的といいますか、図解化と言いますか、そういうふうに定式化された世界理解への反論だったと思うわけですよね。

心理主義もまた、いわゆる「脳科学」的な知見によってメタメタに批判されているはずなのですが、いまだに人間の心理でセグメンテーションすればいいんだ!とか言い出す頭の悪い自称マーケティング界隈の人々がいます。

メディア論にしても、メディアを人間の拡張装置としてみる考え方は衒学的ではありますがマクルーハン以降は当たり前ですし、接するメディアは人間の認知に影響を与えます。メディア自体がメッセージであるというのは、そういう意味合いで解釈されるべきバズワードでしょう・・・。

当然、リアリティの問題はメディア論を踏まえてルーマンも語っていることです。ただ、ルーマンはモノとモノのコミュニケーションをコミュニケーションとは言っていないところが、この本が言っていることと少しずれるところでしょうか。

ただ、メディアの環境化はポストヒューマンの問題を生み出すことはみんな分かっていることです。当然、液状化する個人、いわゆるフロー的個人についてはバウマンを引くべきでしょう。

世界が同時に流れていく感覚というのも、別に東洋思想を引かなくても、ドゥールーズがシネマで指摘していることですし、国民国家の崩壊というか、人の移動の自由がもたらす変革についてはネグリ・ハートが論じているでしょう。

言語的な思考の制約についても、ルース・ミリカンがリスが餌に飛びつく事例を用いて動物のイメージ思考の可能性について説明してくれていますし、もっと直接的にはウィトゲンシュタインも言語の限界を規定することで、イメージ的な思考の可能性については示唆してくれています。当然、言語の問題は論理の問題であり、最後には倫理の問題となり、「価値観」というものを射程に入れなくてはいけないことについても、ウィトゲンシュタインは分かっているわけです。

この本にわざわざ言われなくてもポストモダンの思想家たちが対峙してきた問題が近代の超克であるわけです。ただ、ほかの近代の超克について書いた本は売れず、この本は売れているわけです。それが大きいでしょうね。

編集者は宇野常寛さんで、彼の特徴が出ているような気がしました。

近代の超克は確かに必要ではあるわけです。でもね、近代が想定した個を確立した人間なんて本当にいたんですか?という問いがあります。答えはノーですよね。ただ、いわゆる「近代」のイメージがあり、制度やら人々の行動がそのイメージを前提に作られてしまう面がある。それによる齟齬はいろいろなところで起きる。

それを解明することで、超克を目指す。このスタンス自体は悪くはないですよね。ただ、このポストモダンをデジタライゼーションで語る試みについて、また同じ問題は発生しうるでしょう。

この本を読んだとしても、「人間の心理でセグメンテーションを行ってマーケティングをすればうまくいくんだ!」みたいなことを言う人は減らないでしょう。

デジタルネイチャーという書籍はその誤解のイメージでいろいろと突き進む面があり、「モダン」のイメージを多少破壊できる面もないとは言いませんが、結局は現状を変えることはできないんだろうなあ、と思うわけです。それだけモダンパラダイムは強烈だと思うわけです。

そして、インターネットでは脊髄反射みたいなことをする人たちがたくさんいて、それっていわゆる「愚民」であって、啓蒙によって超克が試みられてきた人々なわけです。近代、モダンはそういった愚民の超克、ポピュリズムの超克に失敗していることは、最近の国会を見ていても、いわゆる極右政党のヨーロッパでの台頭やら、トランプ大統領を見ても明らかでしょう。

ただね、これに対する超克を、一応、ポストモダニストに数えられるデリダは大学教育で行おうとしました。出力を抑制し、ひたすら入力をすることによって、ある意味で近代的な自立した個人、膨大なストック的知識を背景とした個人を作ろうとした面があるわけです。

これは、編集者の宇野氏が言う「遅いインターネット」、要は脊髄反射しないで、出力、というか反応の前にちょっと考えてみよう、という話とすごく似ているように思うんですよね・・・。それって、ある意味でモダニズムの徹底のような気もするんですけどね。違うんでしょうか。

大雑把には、今風のポストモダン入門みたいな本と言えばいいんですかね。ポストモダンがデジタライゼーションという切り口で語られているわけです。

ただ、圧倒的にメディア技術が目に見えて進んでおり、メディアアートという形で人間と環境のインタラクションの可能性が探求されているので、具体的に語ることができる面もあることが、現代の書き手の有利なところであり、メディアアートをバックグラウンドにする著者がこういうことを書く意味はあるといったところでしょうか。

ざっくりした感想なので、詳細についてはまた別の機会に書けたら書きますね。こんなことを書いているとクライアントに仕事しろと言われてしまいそうですので。

それでは、次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2018.06.19(20:17)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログが放置になって申し訳ありません。久しぶりの更新です。
しかも、メルマガの転載です。マジで書けません。

そしてnoteへの移行を検討しています。fc2のコンテンツは残しつつ、noteへと移行していくイメージです。実施時期はちょっと未定ですが、自社サイトのリニューアルに合わせて実行できればと思っています。

忙しいですが、楽しみにしてくださっている方がいるようなので、頑張って更新していければと思っております。
以下、メールマガジンの転載になります。

-------------------------------------
こんにちは。伊藤です。

発行頻度が落ちてしまいまして、申し訳ありません。
いろいろありますが、私は元気です。

体調管理にはいろいろ気を付けていますが、
背中ににきびなどができる問題がしばらくあったのですが、
あかすりでなんとかしていましたが対処療法的でした。

それで、あかすりのおばちゃんに「ニンニクと玉ねぎの皮を食べればできものなんてできないよ」
と言われ、試してみたところ、できなくなりました。
肌の調子がすごくよくなりました。驚きです・・・。こんなもんなんでしょうか。
私はたまたまあっただけかもしれませんが、自分なりの健康維持のやり方を見つけたいものですね。

さて、今日は最近のマンガやアニメから考える現代、みたいなことを書こうと思います。
柔らかすぎますので、こういうのが嫌いな方は申し訳ないです。

割とヒットしたマンガに「終わりのセラフ」があります。
シリーズ累計700万部ですので、それなりのヒットでしょう。

この話は吸血鬼に支配された世界のお話なのですが、
主人公の「優」は孤児院で育ち、少年期に世界の大人がほぼ死亡するという出来事を経験するわけです。

設定としては吸血鬼、鬼、刀、天使、人間の神に近づく実験、みたいな、ありがちな厨二設定です。

ただ、裏にある大きなテーマとして「家族、仲間」といったものがあります。生死がかかる利害やら、過去のつながりやらで仲間がいて、その仲間のために一人一人が頑張るという話なわけです。

この仲間を妙なレベルで大事にし、仲間のため、大切な人間のためなら自分を犠牲にするというのが具体のレイヤのみで描かれます。

見えないものは信じない。信頼できる具体的な仲間のために頑張る。そういう感じでしょうか。

マス・メディアが発達した時代には、ルーマンがいう「第二の現実」が重視されました。世界のどこかで誰かが苦しんでいるんだ!みたいなことが重要視された時代もあるわけです。

ただね、終わりのセラフではルーマンが言う「第一の現実」、自分が体験して見えている現実が重視されます。滅亡した社会でマスメディアなんてないですからね・・・。

この第一の現実と第二の現実の比重みたいなものが変わってきていることは捉えないといけないと思います。具体的に体験できていない「第二の現実」よりも目に見える何かを信じ、そのために生きる感覚が強くなっているということですね。

また、最近大ヒットしている漫画・アニメとして「僕のヒーローアカデミア」があります。こちらは楽に1000万部をオーバーしていまだに完結していませんので、まさに大ヒットです。

これは「個性」という超常の能力をみんなが生まれながらに持っていたとしたら、という物語です。主人公はもともと「無個性」で個性がないとされます。

いわゆる「個性」を生かしてヒーローとして、警察の外注を受けて個性を悪用する犯罪者を取り締まる仕事が人気を集める社会で、彼は落ちこぼれだったのですが、ひょんなことから個性を与えられ、ヒーローになっていくという物語です。

このアナロジーはすごいセンスだと思いました。

この物語では個性とは能力です。いえ、現実の社会でも個性は能力と不可分なのですが、それがビジュアル化され、嫌でも個性とは能力であり実力のベースであるということが分かってしまいます。この作品で育った子供には、そんなことは常識となっているでしょう。

「それぞれの個性があるから能力なんて関係なく素晴らしいんだ」みたいなことを言う教育者な方々がいましたが、この作品はそんな言葉の説得力を完全に奪っていきます。

また、「公共性」についても考えさせられます。パブリックな場での個性使用は固く禁じられています。過度な個性を主張したり、個性を悪用する人間が「犯罪者=ヴィラン」として取り締まられるわけです。

行き過ぎた個性の主張、誤った形での個性の使用は公共性を脅かすということが前提になっているのです。

この作品で育った人たちにとって、「個性=能力のベース」であり、そこに努力が加わって、成長するというイメージは共有されるでしょうね。うすら甘い「素晴らしき個性」みたいな主張がいかに中身がないかということを深く理解しているでしょう。

行動の前提というか理解の共通基盤というか、そういうものになる物語を福島亮大は「神話」と言っています。ハイデガー的にはそれによって「世人」が形成されるのでしょうか。

共通理解のベースは「物語」です。広く共有される物語です。

それを神話と言います。その神話は、古くは口伝の物語でしょうし、戦後は本や新聞でしたでしょうし、テレビが担った時期もありましたし、今はAmazonビデオ等のダウンロードで見るアニメーションでしょうか。

そういう意味で、広く受容される物語が何か?というのを時代・世代を捉えるために抑えておくのは重要ですね。

コンセプトワークに際しても重要なのですが、それはまた別の機会に書いていきましょう。
それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
2018.06.11(15:29)|ストーリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
さて、更新がだいぶ滞りました。申し訳ありません。伊藤です。

割と忙しいんですよね・・・。忙しいを言い訳にしてはいけませんね。今日も張り切って書いていきましょう。
中国も米国もエクスペリエンス全盛で、日本では全くそんな話はないみたいなことになっています。本当に笑ってしまうレベルで。

米国や日本を縛るレガシーのようなものが中国には少ないせいか、かなり思い切った新しい感じになってきているようです。
ただね、それは行っても治安がよくなったとか、おもてなしレベルが上がったとか、その程度のことしか思いません。しかし、裏側では急激な変化が起きている。

そういうことを分かる企業と分からない企業で差がつくんだろうなと思っています。

米国では製造業のコモンズは失われ、テックショップを中心に進んでいたメーカーズムーブメントも、今やシェンチェンの方が盛んな模様です。

この前、中国製のタワー型電源タップを注文しました。これまでの商品はタコ足配線は見にくいのでいかに隠すか?が論点の商品ばかりでしたが、このタワー型電源タップは「見せる」考え方をしています。
タワー

しかも、梱包もアップルさながらのかっこよさでした。

メイドインチャイナの勢いはすさまじいですね。もはや日本に未来はないのでは?と思うぐらいに私は悲観的です。

モノからコトへという考え方は、素朴な唯物論的な認識から現象学的な世界観に移行できないとまともな競争力が得られないということを意味しています。ただ、こういう話をしても、大半の人はその重要性に気付きません。もちろん、お仕事でお金をもらってしゃべる時にはもっと詳細に分かりやすく説明しますよ。ただ、分からない人が多いよなあ、と。

根本的には意思決定システムの問題ではあります。日本の場合、合議制であることが多く、会議を経るごとに、商品がどんどんつまらない商品になっていきます。部門の数だけ機能を盛り込んでみたところで、コンセプトで尖った商品には勝てません。

日本的組織は、キーパーソン一人一人が拒否権を持っていることが多く、誰かが反対するだけで商品は出ないことが多い。そうすると、無難で関係者の意見を全て盛り込んだつまらない商品になってしまう。でも、それではいけないはずなんですけどね。

この考え方をうまく導入するには、状況を中心にしたマーケティングの考え方を採り入れて、これまでの属性で平均化された顧客像に対する商品開発の枠組みを棄却する必要があります。しかし、そういったことはなかなかできないんですよね。状況が分かれば突破できるとか、そういうことが分かる人がそもそもいない。

それはつまり、企画実務をやったことがある人がほとんどいないことを意味します。

企画と称して、他人の物真似の寄せ集めでなんとかする発想ばかりです。アップル商品も既存技術ばかりじゃないか!という人がいますが、そういう人は更に分かっていません。

アップルはシンプルにシンプルにシンプルに、という考え方を徹底していました。研ぎ澄まされたコンセプトを実現するために既存技術を寄せ集めていたわけです。そのコンセプトは状況に対するソリューションに対応し、それが現象学的な考え方なわけですね。

寄せ集めの商品ではなく、尖ったコンセプトのある商品でライフスタイルを飾りたいものです。

みたいなことを真面目にちゃんと分かるように説明するとプロジェクトになるわけですね。私が命を削って概念として説明して、業務に落とすし、具体的にクライアントに役立つ形にしていくわけです。

モノからコトへ。それは素朴実在論から現象学的世界観への転換ですし、機能優位の考え方からコンセプト優位の考え方への転換です。

なかなか厳しい状況ですが、私のクライアントは圧勝ではあります。しかし、それではあまりに影響力が小さいよなあと思ったりしています。

それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。

2018.03.22(21:24)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
こんばんは。伊藤です。
今日は宣伝です。申し訳ありません。

前から告知はしていましたが、2月から勉強会をやります。
テーマはポーターですが、バリューチェーンというよりは、SCPパラダイムについてやります。

いわゆる競争戦略の定石みたいなことをやるわけですね。
詳細は下記です。
http://taii.jp/porter_strategy_benkyoukai_landingpage.html

バリューチェーンをやろうか迷ったのですが、ファイブフォースをしっかり理解することが大事かな、と。
そもそも、構造分析というコンセプト自体が1980年当時は斬新で、業界構造が収益性のあるポジショニングを定めるという考え方が素晴らしかったわけですね。

バリューチェーンはポーターからのケイパビリティ派への回答と考えたほうが正しいわけです。
要は価値あるプロセスはマーケットサイドから定義されるんだよ、という主張ですよね。
ブルーオーシャン戦略も同様の考え方です。

ただ、最近では商品機能と顧客体験には大きな断絶が存在しており、本当に価値は連鎖するのか?という疑問がわいてくるわけです。ボードリヤールが常識的だった80年代には、石井先生などのマーケティング論者はある意味でそういう主張をしていました。

細かい機能分析は価値と部分的に直結しないという考え方ですね。

さらに、最近では商品体験というものは、必ずしもプロダクト単体の体験ではない。
プロダクトやアプリケーション、店舗等で得られる情報などを含めて総合的に体験としての価値になっている。しかも、それはプロダクトの体験とどんどん重なってきている。

そうすると、バリューチェーン/ブルーオーシャンの枠組みもとらえなおす必要が出てくるのでは?というイシューが出てきます。私はとらえなおす必要があると思っています。

ただね、そうしたときに、ポーターが見出した外部環境が構造的に価値の生じる状況を定めているという主張が前提となってくる。そう考えると、SCPパラダイムは抑えておかないといけないわけです。

と、難しいことを書きましたが、いつも通り、多少マニアックな内容ですので、参加者はとても少ないでしょうと予想しております。スカイプでも参加できますが、たぶん、地方在住の方で出たい方も少ないだろうなとは思っています。

最近、地方には行っておりませんからね・・・。

とはいえ、東京からなかなか外に出る余裕もなく。申し訳ありません。ということで、スカイプでも参加できることにしました。

参加費用は全6回で6万円一律といたしました。私が集金オペレーションが大変ですので。申し訳ありません。

会場は未定ですが、山手線沿線でやろうと思っておりますので、東京の方は大丈夫です。
ということで、今日は宣伝でございました。次回はちゃんと書きますので、お楽しみに。
勉強会参加希望の方は下記ページからお申込みください。
http://taii.jp/porter_strategy_benkyoukai_landingpage.html
2018.01.21(08:56)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
年が明けましたね。
こんにちは。伊藤です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
年賀状は出せないので、このご挨拶にて年賀状に代えさせていただければと思います。

今日は近況と思うことを書きます。

無理な仕事は5年ぐらい前からやらない方針でやってきたのですが、
今年はまた多少無理をしました。今はたぶん、インフルエンザにかかりました。病院に行けばきっと大丈夫でしょう。

ただね、ここ5年ぐらいで向こう10年ぐらいの日本企業の大企業の状況、課題みたいなものはイメージがついてきましたね。たぶん、相当大変でしょう。大改革を行って膿を出さないといけない。膿を出し切った上で、これまでの日本の良さにも学びつつ、新たなやり方を実践していかなければならない。そういうイメージです。

ただ、これまでのシステムから得られる恩恵を得ながら、どう新しいことを採り入れていくか?が難しいでしょうね。現在、これまでのやり方でうまく行っている面もある。それを捨て去ることはできない。しかし、そこにすがっていては先はない。

G2時代と言われ、米中の二大覇権国家の間にいる日本がどうするのか?という視点が常に常に必要となってくるでしょう。

中国はもはや世界の工場ではなく。インドやパキスタンに履物類は工場が移っていますし、衣類はインドネシアなどに移っています。

いわゆる軽工業の移行はすみやかに発生しています。

ただ、南国は暖かい。農村も死ぬほどの恐ろしい環境ではありません。

近年の計量経済学の研究でよく言われるのは、人が移住するのは、移住する先の方がいい環境だから、です。

富岡製糸場はブラックだったという人もいますし、軍隊はひどい場所だったという人もいます。しかし、「農村よりマシだ」ということは当時の研究でわかってきています。イギリス、ドイツでも事情は同じです。なぜ人々は村を捨てて都市に移り住み、工場でプロレタリアになったか?工場の賃金が高かったし、農村よりましだったからです。

しかし、東南アジアの南国は違います。農村はさほどひどくはない。暖かい。そうすると、日本企業が工場を建てて数千人採用しても、半分以上が次の月には「おら、農村に帰るだ」と言って、農村に帰ってしまうという現象が起きました。工場よりも農村がいいケースも多々あるからです。

人は正直ですね・・・。

中国ではもはやモノ作りばかりでなく、ITのグローバル大企業が成立しています。いわゆる「金壁」、グレートファイヤーウォールオブチャイナがあるからですね。明確に国内産業保護政策です。日本のIT企業がしょぼいのは米国IT企業に蹂躙されているからですね。日本はIT産業の保護政策でもはや失敗してしまいましたから。

「ITは雇用を生まない」という迷言を言った自称経済評論家が割といた気がしますが、プログラマーは常に人手不足ですけどね。また、近年はUX人材の争奪戦が起きている。また、スマイルカーブの下端である運送業の人手不足が顕著になってきました。ヤマト運輸の正月のバイト時給は2000円だそうです。すごいですね。

ただ、プログラミングについて言えば、数学できないとプログラミングはできませんからね・・・。なかなか難しい。ただ、アスペ気味の人やコミュ障の人と相性はいいので、そういった人たちのプレゼンスを上げるにはいいかもしれません。その界隈の人に会うと、自分がコミュ障であることに気付いていない幸せな人がたくさんいます。うらやましいことです。

あと、純粋な肉体労働の時給が上がって、お金が得られるようになったのはいいことでしょう。

宅配ボックスが完備されればもう少し社会的効率が上がります。専業主婦を前提として宅配ボックスを作らない提言とかスマートシティにおいて自民党がやりそうですが、そのあたりはもはや新たな家族像を描き直すしかない。もはや人々はフロー化しています。

このフロー化した人々を捉える枠組みは旧来の属性セグメンテーションではない。明らかに状況を中心としたマーケティングが求められているのに、人々はそれに気づいていません。これはつまり、MAツールで対応することが人力よりもハイコストになってしまうことがあることを意味しています。

MAツールを無理やり使おうとする「実務」など不要なのですが、それは大企業では難しいでしょうね。ツールをせっかく入れたんだから使おうよとなってしまう。DMS入れたんだからうまくいくはずだよ、とか言い出す人が出てくる。入れただけではただのハコですし、アプリですし・・・。

そして、ほとんどのツールは今の業務設計では使えないでしょうね・・・。残念です。

MAツール等を導入してかえって高くつく状況になっているのに、MAツールをテコにマーケティング業務やその周りのUX業務を作っていこうとする人々がいます・・・。おそらくひどい結果が3年ぐらいで明らかになるでしょう。

今のところ、新たなマーケティングの全体像を描くことに成功している日本企業は見受けられません。私ならできますけど、そんな徒労をする気にはならないですからね・・・。いずれ誰かがやるでしょう。ただ、デジタライゼーションという言葉で、デジタル戦略という言葉でやって失敗する企業の屍が積み上がるんだろうなあと思っています。

いわゆる標準規定されたマーケティング業務と、実際に動いている業務と簡単なツールでさくさくやっている業務の乖離はけっこう見られます。まあ、仕方のないことです。私はどちらかというと実をとるので、うまくいけばとりあえずいい。

業務分掌的なものは形式的で別に気にしない。そうやって、なんとか現場を変えていきます。面倒なんでね・・・。

関係者がうまく回るやり方がなんとなくわかる。そこが一番大事なフェーズですからね・・・。

そうすれば、そのうち上がまともな全体観を作って辻褄を合わせてくれる。その手柄は全て他の人がもっていきますが、それでいいのです。所詮、黒子ですからね。

マーケティング領域において、いくつか10年は使えるコンセプトを作ったと自分では思っています。ただ、それは特に自分が作ったんだ!と言うつもりもありません。勉強会でささやかに、実は俺が考えたんだけどね、と言うだけです。信じるも八卦、信じないも八卦でしょう。

こんな感じで2018年もやっていこうと思いますので、みなさまのあたたかな目線を期待しております。一応、仕事はやる気はあるので、問い合わせもたまにはくださいね。カネはとりますけど。

それでは、だらだらと書いてしまいましたが今日はこのあたりで。
今年もよろしくお願いいたします。
2018.01.01(12:56)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム