**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 せっかくの土曜日なのだけど、すごい台風が突然やってきて、私が楽しみにしていたフットサルが中止になってしまった。占いでは、今日は外でいろんな人と交わるのがよいとあるのだけど・・・。まーいっか。

 やたらと降り続く雨を眺めていて、数年前に関わった、スポーツマーケティング会社の事業計画立案のお仕事を思い出した・・・。

 そのお仕事がスタートしたのは、6月末ぐらいで、ちょうど梅雨時だったかな。私は小ぎれいな会議室にいつもいた気がする。一緒にやっていたのは、3人程度だったんだけど・・・。そのマネジャーは強烈だった。元マッキンゼーだったのだが、基本的には、力技炸裂な人だった。

 私にとって、そんな人ははじめてだったのだが、とにかく、1日でパッケージを完成させてしまう。そして、A4の白紙に次から次へと情報を書き込み、チャートが出来てしまう。見る見るうちに20枚程度のパッケージが出来上がり、「これ、タイプしておいて。」といって、私に資料を渡す。そんなバカな・・・。と思うようなチャート作成マシーンぶりだった。

 ただ、彼はそれは「たいしたバリューではない」と言っていた。「マネジャーになるには、何らかの手段で、クライアントのキーパーソンを動かせるということが必要になる。チャートをいくらつくっても、動かない人は動かない。したっぱの時は、なんでこんなにチャート作ってるのに、給料をマネジャーが全部持っていくんだって思うけど、キーパーソンを動かせるスキルがなければ、チャートなんて意味がないから。」そうさらっといいながら、職人のようにチャートを仕上げる姿には、すさまじいものがあった。

 しかし、彼は、私にチャートを作らせつつ、ふつうに、スラックスを脱ぎ、上はYシャツ、下はパンツ、靴下という、すごいスタイルで、グーグーといびきをかきながら、床で眠る人だった。モクモクと作業をしていると、いつのまにか、夜の2時ぐらいになっていて、ムクっと起き上がり、「あれ、もうこんな時間?早く帰ろうよ」と言われることも、何度かあった。

 彼には多くのことを学んだが、「意味合いのつむぎ方」を細かく指導してもらったことは私の経験の中で非常に大きかった。ちょっと、コンサル用語になってしまうのだが、現状を分析していくと、レイヤに違いのある意味合いがいくつも出てくる。その意味合いの1つ1つを統合して、大きな意味合いを紡ぎだす。そこにクリエイティビティが必要になるのだが、優秀なマネジャーでないと、なかなかいいものにならない。

 彼の場合は、どうもはじめから見えているようで、意味合いを紡ぐ枠組みだけ書いて、私に埋めておいて、と言って、いつものスタイルで寝ていることがよくあった。しかし、なかなか、繋げない。ムクっと起き上がると、目をこすりながらホワイトボードを見て、「ん?いやいや」と言いながら、私が書いたものをサラッと消して、答えを書いてしまう。Yシャツにパンツ、ソックス、という、ひどい服装ではあったが、彼がまぶしく見えた。

 それと、自分はまだ「意味合い」に関してわかっていなかったということを認識して、衝撃を受けた。コンサルティングの物事を考える体系から、学ぶことはもうないかな、と思って事業会社に移った自分が恥ずかしかった。「あなたは状況を分析できる。そこができて一歩目。そこから、主語ありきで意味合いを見出す。そこは少し弱いね。それを紡いでいくことがまだできない。まあ、わかっていたら、もうそこへ向かえるよ。」

 3ヶ月でお仕事は終了し、それ以来、彼とは仕事はしていない。もう一度、鍛えて欲しいな、とも思いつつ、もうあのスタイルでやる体力はないかな、と思いつつ、彼を懐かしく思った。今は大手の投資会社で、投資先の社長の右腕として活躍しているらしい。相変わらず、会議室の床で寝ているのだろうか・・・。さすがに、スラックスを脱いで寝るのはやめた方がいいと思う・・・。




 
 
スポンサーサイト
2007.10.27(22:24)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、システム寄りのコンサルティング会社の戦略グループにいる友人とランチをした。元々はERPパッケージとかを売っている会社にいたのだが、もっとバリバリ仕事がしたかったらしく、転職したそうな。

 「戦略グループなんだ?よかったじゃん。かっこよさそうで、楽しそうだよ。」と私が言ったら、
 「いや、業務の仕事ばっかりだよ。よくてシェアードサービスとか、そういう感じ。クライアントが大きいのはいいけど。」

(シェアードサービスとは、子会社とかがいっぱいある大企業で、総務や経理などのバックオフィス部門を共有して、コスト削減や業務の効率化につながる仕組みのこと。子会社が10個あって、その全部に総務スタッフがいたら、効率悪いですよね。それを一箇所にまとめましょう、というお話しです。)

 戦略グループで業務のことをやっているんだ・・・。まあ、システムコンサルティングの会社だと、そんな感じかもしれない。


≫「システムコンサルティングはあんまり・・・」の全文を読む
2007.11.02(16:52)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 システムコンサルティングの戦略グループにいる友人と食事をした。以前のブログにも書いたが、彼はのんびりした会社にずっといたのだが、何を思ったのか、突然、コンサルティングへと転職した。それから1年ぐらいだろうか。この前、会ってから1ヶ月ぐらい。だいぶ参っている様子だった・・・。

友人:「シェアードサービスのプロジェクトが現場の抵抗でうまく行ってないんだよね。業務改革自体は現場がすごく抵抗するもんだっていうのはわかっているんだけどさ・・・。」

私:「俺は、現場が抵抗するような業務改革自体に問題があると思うけど・・・。ベストプラクティスなんて幻想だと思っているからね。」

友人:「そうかな。経営陣が従業員を管理するために、KPIの設定とか、管理会計とか、そういうのは必要で、従業員は管理されるのが嫌なんだとは思うけど。それで、今回のプロジェクトではディレクターが、ヒューマンリソースに問題があるって言い出してさ。次のフェーズでチェンジマネジメントの提案を経営陣にすることになってるのが、ちょっとおかしい気はしてるんだけど。」

私:「チェンジマネジメントって、具体的にどうしろってこと?」


≫「ピュアだった頃・・・」の全文を読む
2007.12.10(13:18)|コンサルティングコメント(1)トラックバック(1)TOP↑
 あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 2008年になったんですね。今年は何が起きるんでしょうか?いろいろと楽しみです。

 この前、戦略ファームを辞めて、投資会社に行く友人とご飯を食べたときに聞いたのが、ワールドワイドな戦略ファームは、やっぱり日本はコンサルティング不毛の地だ、との思いを強くしている、というようなことですね。

 GDP比で見ると、まだまだ伸びる余地がありすぎるぐらいだけど、少しずつしか成長してない。所詮、ワールドワイドへの貢献度は1%程度。本当に先進国か?と思うような割合だ、と。

 撤退もあるんじゃない?ぐらいの勢いでした。

 まあ、日本がコンサルティングがまだまだ普及していないのは、実感してますけどね。


≫「2008年になりましたね。」の全文を読む
2008.01.01(03:06)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今、ホームページの原稿を仕事の合間をぬって書いています。多分、最低限のものしか露出しないですけどね・・・。

 参考に、と思って渋い会社のページを見ているのですが、あんまり、これいいな、と思うページってないですね。

 それと、人脈をしっかり持っている会社、広くPRする必要のない会社は、ホームページとか、まじめに作らないんですね。最近、友人からよく名前を聞く「ユニゾン」とか、「アドバンテッジ」とか、そういう投資会社のページを見て、デザイン性も内容もちょっとね・・・、と思いました。「MBK」に至ってはページが無いです・・・。

 自分の会社はHPは必要なのか?

 というのは、一度、まじめに自分に問うのは意味があるんでしょうね。デザイン性の低いページをお客さんの立場で見ると、逆に不安になりますからね・・・。



≫「コンサルティングとは・・・」の全文を読む
2008.01.07(21:03)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。