**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 1兆円を超える売上を誇る巨大なメーカーさんの新規事業担当のSさんに、子会社に一緒に行きましょう、というメールをいただきました。
この前、顧問契約のお話しが上司の承認が取れずに流れたばかりだったので、ひょっとしてお仕事になるのかな?という思いを胸に朝も早くから多摩を出て、京王線と中央線を乗り継いで23区の右のほうへ。


 通されたのは巨大な会議室。隣は社長室って書いてあるけど大丈夫?と心配しつつ、席につく。
 「経営企画室長の○○です。よろしくお願いします。」名刺には経営企画室室長って書いてある。クリクリした瞳が愛らしいおじさんだ。40歳ぐらいかな・・・。あと、ガタイのいい子分みたいな、クロぶちメガネをかけたお兄さんを紹介された。

 売上が数十億円の会社の経営企画室長だから、何か新規事業案件でもくれるのだろうか?と少しだけ期待しながら会議が始まる。

 「えー、本日は、コンサルタントの方にお越しいただきました。当社としては店舗管理コンピュータなど事業を総合的に進めて行こうとしておりまして、こちらの零細コンサルタントさんにアドバイスいただいています。では、零細コンサルタントさん、ジャブを子会社の方に・・・」

 えー!丸投げ?この会社、どんなビジネスなのかもよくわからんぞ・・・。むこうもキョトンとしてないか?室長さんは私のほうを見つめている。クロブチめがねのお兄さんも。何かしゃべらないと。

 「そうですね。今日はお忙しい中お時間をいただきまして、ありがとうございます。こちらのSさんとは、新しい店舗管理コンピュータシステムの検討を共同でさせていただいています。そのコンセプトは・・・。

(中略)

 それで、今日は新しいビジネスのお話しということでしたが・・・」

 うーん。困ったぞ。言葉が続かん・・・。室長さんもクロブチめがねさんも私のほうを見ている。

 と、そんな私に、室長さんが助け舟を出してくれた。
 「大丈夫ですよ。われわれも今日は白紙で来てくれればいいというお話しをいただいているだけですから。親会社のほうはいつもこんな感じですよ。自分たちがビジネスをハンドルする、いわゆるビジネスコントローラ的な役割を担わないといけないのに、なかなかリーダーシップを発揮してくれない。困るのはわれわれ子会社のほうなのですがね。まあ、軽い親会社批判ですわ。わっはっは!」

 室長さんは、大げさに笑ってみせてくれた。いいヒトだ。本当に。

 Sさんはちょっと困った顔をしたようにも見えたけど・・・
 「いや、子会社のほうから上げていただいた案件のほうが、意外と通りやすいんですよ。それでまあ、今日は出会いに感謝みたいなことですね・・・。今後、定期的にミーティングを持たせていただいて・・・。」

 その後、まあ、その会社の事業についての説明をいただいて、いい時間で会議は終了した。申し訳ないなあ、と思いつつ、Sさんはまあ、紹介したかっただけなのだろうなあ、と思いつつ、それなら夜でいいじゃないか・・・、と早起きで眠い自分の愚痴を思いつつ・・・。

 でも、親会社の担当者よりも子会社の室長の話しが通りやすいって、あなたの存在って何?とも思いました。

 こちらの都合を言わせていもらえれば、セールスで見込み薄、と判断したお客さんには時間を使いたくない。そりゃ、マッキンゼーみたいな超巨大コンサルティングファームはいい。リソース配分のポートフォリオの中に、見込み薄のお客さんと言うボックスがあって、そこにかけられる時間も、零細コンサルタントとは比べ物にならないほどある。定期的に打ち合わせといっても、いつお金になるともわからない仕事に時間は充てられない。銀行とか、シンクタンクの講演会に出させてもらう交渉でもしたほうが、よっぽどお金に近い・・・。

 本音ではそうだけど、Sさんも悪いヒトではないし・・・。

 まあ、ある意味、ゆるい生活もよいかな?いや、いけないのかな?と思いつつ、当分、豪華なオフィスには移れないなあ、と思いつつ、多摩へと帰路につきました。

(ほぼノンフィクション)

↓一応、ランキング参加してみました。気が向いたらクリックしてください。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
2007.10.20(11:33)|ビジネスケースコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 「携帯で動画を配信できます。お金のかかってるシステムなんです。市場性はあると思うんです!」

 熱弁するDさんはコンサルタントだったらしい。この事業がスタートすれば、システム運用のほうでお金がもらえるのかな・・・。資料を見る限り、けっこうやばい・・・。少なくともマーケティング的、戦略的ではない・・・。うーん・・・。

 どう?と心配そうに友人が言ってくる。友人はこの事業に乗りませんか?というお誘いを受けて、私に同席して、とお願いしてきた。事業になるなら、アドバイザーになってくれ、と。お金の条件もそれなりにいい提示を受けてきたものの・・・。スターバックスでのミーティングというのも、けっこうきついな・・・。この人の会社でも行けばいいじゃん。それともまともな会議室もない会社なの?

 うーん。事業性があるということにして、お仕事にしたほうが、会社的には儲かるのだが・・・。携帯のコンテンツ配信は成長市場だからオッケー、ということで明るく、「だーいじょーぶ!」とか言えるといいのだが・・・。

 「えーと。ユーザー視点で行くと、どんなコンセプトなんでしょう?ターゲットはこの層でいいとして、このコンテンツ案である根拠はなんですか?ユーザーのリサーチとか、してます?もしくはこの層に関してのなんらかの深いナレッジがある方がサイトをハンドルするとか、そういうことなんですか?」

 「そうですね。キラーコンテンツがあれば、なんとかなると思ってるんですよ。携帯の新しいサービスですからキラーコンテンツをいくつか取得すれば、それでGOしたほうがいいと思うんですよ。」 Dさんが一生懸命しゃべっている。どこ系のコンサルティングにいたんだろう・・・。どう考えても言っていることはコンサルタント的ではないのだが・・・。

 「最近、クイックTVでしたっけ?携帯専業のテレビ局が出来たと思うんですけど、たしか、あの会社のライツ許諾が3億円ぐらいお金かけてましたけど・・・。確か、エヴァンゲリオンの配信とかしてたと思いますが・・・。けっこうお金かかると思いますけど・・・。そういう規模感で考えないにしても、大丈夫ですか?」一応、聞いてみると・・・。

 「そうですね。最終的にはオリジナルコンテンツを作っていかないと、とは思っているんですよ。キラーコンテンツばっかりだと、コストがかかってしょうがないですもんね。」とDさん。

 うーん。さっきと言ってることが・・・。オリジナルってアニメーションなのかな・・・。そしたら制作費で死ぬほどかかると思うのだが。それとも情報番組みたいなやつを想定しているんだろうか・・・。

 「携帯の動画配信はまだ画質としては粗いですけど、画面が小さいのでなんとかなる面があると思うんです。最終的にはアダルトコンテンツで行けると思うんですよね。携帯を使うシーンは、トイレとか、寝る前とか、そういうデータが出ているんですよね。」

 アダルトですか・・・。アダルトはアダルトでノウハウがあると思うのだが、それをフロントに置くのか、置かないのかが大きな問題だと思うのだけど。どうも、それはフロントには置かないイメージでいるように聞こえてくるのだが・・・。それって、エッチな表紙じゃないけど、エッチなものが見られる、中学生が喜ぶ感じのものなのだろうか?ソフトオンデマンドにいたやつがいたから、あいつに聞いてみようかな・・・。

(ミーティング終了)

 「ちょっと、苦しいよね。なんというか、スキーム発想というか、ストラクチャー優位というか、なんか、システムがあるから、やろう、みたいな感じに聞こえる。結局、コンテンツがキーになっちゃって、そのコントロールをあの人がやるのも、ちょっとね・・・。ただ、成長市場だから、参入したもん勝ちみたいなことはあるとは思うけど。ただ、あの人がビジネスパートナーだから、無条件に信頼できる感覚がないなら、やめたほうがいいと思う。儲かってもめるのも、嫌でしょ?」
 

 友人は悲しそうな顔をしていたけど、まあ、捨てる神あれば、拾う神ありということで・・・。というか、私も悲しい。アドバイザーになっておくのも、悪くない・・・。いや、ありえんな。揉めるのは見え見えだから、そんな仕事に関わりたくないな・・・。豪華なオフィスに移れる日はいつ到来することやら・・・


↓お約束です。気が向いたらクリックしてください。
FC2 Blog Ranking
2007.10.22(15:47)|ビジネスケースコメント(53)トラックバック(0)TOP↑
 先日、昔のコンサルティング会社の同窓会があった。必死でやっていた感覚と、ついていけているのかわからない焦燥感を思い起こすあの会社。まだコンサルティングにいる人々はいる。マッキンゼーやら、ベインやら、たくさんお金をもらっているんだなー、と。昔、すごいなーと思ったマネージャーは、ある戦略グループのパートナーにまでなってた・・・。

 それで、マッキンゼーの人が「世界一やさしい問題解決の授業」という本を、元同僚が出した、と言ってた。子供向けに書いたらしい・・・。↓この本です。(買わなくていいですよ。リンクの勉強で貼ってるだけです。)



 私は個人的には、問題解決という視点でのフレームはあまり好きではない。当然、過去にコンサルティング会社が編み出してきた数々のフレームワークは確かにすごいと思う。3Cを考え出した大前研一もすごい。4Pだって5Fだって、素晴らしいものだ。

 ただ、「問題」にフォーカスする視点があまり好きではない。問題を探すと、たいていは人の問題に帰着する。まあ、それを人に帰さずに、システム化で解決するところに、コンサルティングの価値はあるのだけれど・・・。小さいグループでこれをやってしまうと、結局、あの人が悪いとかできてないとか、そういうことにみんなの意識が行く。そりゃー、口にするしないは別にして、みんな心の中では思っているだろうし、無意識的にも感じているだろう。

 だいたい、全社の方向性があんまり明確でないときに、問題解決のフレームをあてはめると、相当ひどい状況に陥る。まあ、方向性が無いことが問題なのだが・・・。個別の問題から、根本原因まで掘り下げるじゃないか!と言われるかもしれないが、個別の問題を扱っているプロセスそのものが、集団の生産性を下げるんでないの?と思う。

 どういう状況になればいい?そのために何を、どうすればいい?というプロセスには問題という概念は派生的に出そうと思えば出てくるけど、出さないでやるのもできるように思う。こういうプロセスのほうが、集団にはいい影響を与えると思う。

 NLPとか、コーチングで言うアウトカムフレームと同じような話しだけど、もう少し深く掘り下げたい。

 おそらくこれは、現在の原因が過去にあるという考え方と、現在の状況が過去の意味合いを創り出すという、2つの時間の捉え方の違う考え方ではないか?と思う。問題解決思考では、現在の原因が過去にあるという考え方だと思う。つまり、時間は過去から未来に流れる考え方である。この考え方だと、過去は変えられない。

 ただ、アウトカムフレーム的に考えると、過去のある事象を、今後の状況を変えることにより、意味合いが変わってくる。つまり、今が「よい」状況になれば、過去の意味合いは、「よい」状況にいたるプロセスとなる。現在がその瞬間、瞬間に生成されて、そこから過去へと時間が流れていくという考え方だと思う。

 これは人間、集団の精神衛生上、非常に重要ではないかな、と思うのです。ただ、人は連続性を求める側面があって、現状が次から次へと変化してしまうと、過去の事象すべての意味合いが次から次へと変わっていってしまう世界観に、ちょっと落ち着かなくなるというか、つらいかもしれない。ボスコンがシナリオプランニングでやってる、非連続的変化、というやつも、この考え方をゆるやかにしたものかな、とも思う。

 ちょっと、ゆるくないお話しになってしまったかもしれません。ごめんなさい。

 ただ、クライアントサイドで大手コンサルティングファームをやり方を見ていると、非常に、集団のメンタルヘルスを悪化させているなあ、と思うようなことがけっこうありました。「問題」を経営陣に報告するはするでいいけどさ、あんまりいいやり方ではないなあ、と思いました。まあ、コンサルティングにいた、すごく若かったころは、私自身もクライアントにそう思われていたかもしれないけど。


 ↓お約束です。気が向いたらクリックしてください。
FC2 Blog Ranking
2007.10.24(12:02)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 「人材派遣てどうだよ?それをビジネスモデルに入れられないか?どうよ?」
 T社長は独特のだみ声で、私に言う。見た感じは、その筋の方のような見た目で、相当怖い・・・。私にとっては大事なお客さんではあるのだが・・・。彼の会社は中国でビジネスを次々と立ち上げている。それいけ、どんどんという感じで。すごいなーとは思うが、みていて冷や冷やする。

 T社長の言う、ビジネスモデルって何だろう・・・。事業領域を増やしたいということか。でも、もうすでに、その都市でやっていくビジネスで、当初の切り口とすべき事業はだいたい決まったじゃん・・・。人材派遣を切り口にしたほうが、新規の法人客が取れるなら、それを切り口にすればいいじゃん。でも、一番顧客リストを得られそうな事業は、違う事業だってことになったじゃん。

 うー・・・。同時にいくつもの事業のオペレーションなんて、組めないじゃん・・・。あなたの会社にそんなに社員いないじゃん。マネジャーもまともな人を育ててないじゃん・・・。このリソースの中で1つでもビジネスシステム作るだけで、大変だなんだけどな・・・。

 「儲かりゃいいだろ?な?お前も儲けたいだろ?」

 ある意味で愛くるしい笑顔で私に語りかけてくる。いや、そんなことはないですわ・・・。儲かりそうでも、めんどくさそうな仕事は断るし、クライアントにリスクが大きそうな場合も、受けない。一応、そういうポリシーだから、ゆるーくやってるんですが・・・。まあ、ある意味、ガツガツしてない、だからかはわからないが、ガッポリ儲かってはいない・・・。

 ただ、中国は基本的に、成長市場だから、やったもん勝ちな側面は大きい。顧客獲得で大きな問題は起きにくい。あるとしたら、オペレーションがついていかないという問題だ。まあ、人材派遣に登録する人を集めるのと、派遣社員を雇いたい会社のリストを集めるのを、成長市場にあるうちにやってしまえ、というのは正しいとは思うけど。でも、ひょっとして、人材派遣はまだ導入期ではなかろうか・・・。

 そういえば、どこかのブログで、上海で人材会社をやってる、みたいなブログがあったから、見てみた。

 このブログ↓

「上海で人材紹介はじめました」 
 
 うーん。この人はどうも人材紹介をやっているようだ。「日本の人材会社が、中国に進出して日本に中国のいい人材を連れて行こうとしている」って書いてある。すごいな。日本企業、中国企業をクライアントとした人材紹介は成立しそうだ・・・。でも人材派遣に関しては何も触れてない・・・。

 これまで、見てきた感じだと、中国人ってプライド高くて、1円でも高いほうにすぐに転職しちゃう。それが雇用側からも当たり前だそうだ・・・。この前提から考えると、見ようによってはピンハネに見える人材派遣が成立するだろうか?

 ひょっとしたら、中国人でも企業にロイヤリティが芽生えるマネジメントシステムを開発して、中国企業に売ったら、売れるかもしれないけど、そんなん無理か・・・。
 

 ただ、経営者であっても、お客さんを中心に考える人は少ないなあ、というのが私の印象・・・。いや、経営者だからこそなのだろうか・・・。

 新規のお客さんを獲得する時に、どんなサービスを提供するために、どんなメッセージ、事業を切り口にして、そのお客さんの獲得にいくらかかって、期待収益がいくらなのか?そしてリピートコストがいくらで・・・。その事業で得た顧客リストに対してどんな違うサービスを提供して、その獲得コストはいくらで、期待収益はいくらで・・・。無理か。こういうふうに考えられる社長だったら、私はいりませんね・・・。

  


 

≫「人材派遣はどうだ?」の全文を読む
2007.10.26(09:32)|ビジネスケースコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
 せっかくの土曜日なのだけど、すごい台風が突然やってきて、私が楽しみにしていたフットサルが中止になってしまった。占いでは、今日は外でいろんな人と交わるのがよいとあるのだけど・・・。まーいっか。

 やたらと降り続く雨を眺めていて、数年前に関わった、スポーツマーケティング会社の事業計画立案のお仕事を思い出した・・・。

 そのお仕事がスタートしたのは、6月末ぐらいで、ちょうど梅雨時だったかな。私は小ぎれいな会議室にいつもいた気がする。一緒にやっていたのは、3人程度だったんだけど・・・。そのマネジャーは強烈だった。元マッキンゼーだったのだが、基本的には、力技炸裂な人だった。

 私にとって、そんな人ははじめてだったのだが、とにかく、1日でパッケージを完成させてしまう。そして、A4の白紙に次から次へと情報を書き込み、チャートが出来てしまう。見る見るうちに20枚程度のパッケージが出来上がり、「これ、タイプしておいて。」といって、私に資料を渡す。そんなバカな・・・。と思うようなチャート作成マシーンぶりだった。

 ただ、彼はそれは「たいしたバリューではない」と言っていた。「マネジャーになるには、何らかの手段で、クライアントのキーパーソンを動かせるということが必要になる。チャートをいくらつくっても、動かない人は動かない。したっぱの時は、なんでこんなにチャート作ってるのに、給料をマネジャーが全部持っていくんだって思うけど、キーパーソンを動かせるスキルがなければ、チャートなんて意味がないから。」そうさらっといいながら、職人のようにチャートを仕上げる姿には、すさまじいものがあった。

 しかし、彼は、私にチャートを作らせつつ、ふつうに、スラックスを脱ぎ、上はYシャツ、下はパンツ、靴下という、すごいスタイルで、グーグーといびきをかきながら、床で眠る人だった。モクモクと作業をしていると、いつのまにか、夜の2時ぐらいになっていて、ムクっと起き上がり、「あれ、もうこんな時間?早く帰ろうよ」と言われることも、何度かあった。

 彼には多くのことを学んだが、「意味合いのつむぎ方」を細かく指導してもらったことは私の経験の中で非常に大きかった。ちょっと、コンサル用語になってしまうのだが、現状を分析していくと、レイヤに違いのある意味合いがいくつも出てくる。その意味合いの1つ1つを統合して、大きな意味合いを紡ぎだす。そこにクリエイティビティが必要になるのだが、優秀なマネジャーでないと、なかなかいいものにならない。

 彼の場合は、どうもはじめから見えているようで、意味合いを紡ぐ枠組みだけ書いて、私に埋めておいて、と言って、いつものスタイルで寝ていることがよくあった。しかし、なかなか、繋げない。ムクっと起き上がると、目をこすりながらホワイトボードを見て、「ん?いやいや」と言いながら、私が書いたものをサラッと消して、答えを書いてしまう。Yシャツにパンツ、ソックス、という、ひどい服装ではあったが、彼がまぶしく見えた。

 それと、自分はまだ「意味合い」に関してわかっていなかったということを認識して、衝撃を受けた。コンサルティングの物事を考える体系から、学ぶことはもうないかな、と思って事業会社に移った自分が恥ずかしかった。「あなたは状況を分析できる。そこができて一歩目。そこから、主語ありきで意味合いを見出す。そこは少し弱いね。それを紡いでいくことがまだできない。まあ、わかっていたら、もうそこへ向かえるよ。」

 3ヶ月でお仕事は終了し、それ以来、彼とは仕事はしていない。もう一度、鍛えて欲しいな、とも思いつつ、もうあのスタイルでやる体力はないかな、と思いつつ、彼を懐かしく思った。今は大手の投資会社で、投資先の社長の右腕として活躍しているらしい。相変わらず、会議室の床で寝ているのだろうか・・・。さすがに、スラックスを脱いで寝るのはやめた方がいいと思う・・・。




 
 
2007.10.27(22:24)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。