**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 「商品戦略があって、そこから、広報戦略、販促戦略、営業戦略とか、そういうものが決まっていくんだと思うけど、そういったものを戦略的に考えていく際のあるべき体制というか、姿みたいなものを提案しないといけないんだけど・・・。いろいろ、アドバイスしてくれないかな?仕事になるかもしれないし。」
 
 戦略って何回言っただろう?正直聞いているのがきつい・・・。Aさんは、昔、お仕事を何度か一緒にやったのだが、イベントとか、そういうのは強いんだけど、いわゆるビジネスプランニングは強くない。正直あんまりかかわりたくない・・・。

 「えーと、アドバイスしてから仕事になる、というのは基本的には受けないことにしているんです。顧問契約とか結んでいれば別ですけど。アドバイス商売なので、無料でアドバイスしちゃうと、ちょっと苦しいじゃないですか・・・。」

 「俺と君の仲じゃない。そんなこと言ったら、俺だって、君にアドバイスできるかもしれないけど、それは無料だよ。そうでしょ?」

 いや、私は、アドバイスで報酬をもらう仕事をしていて、あなたは別のところで、報酬をもらう仕事をしているという点が違うと言っているのですが・・・。

 断りきれなかったので、お友達の日系のコンサルティング会社を紹介してあげて、さよならしました。クライアントサイドが成果物イメージがわかない、お金の支払いもよくわからないお仕事って最悪だし・・・。私のゆるーい生活が脅かされそうで・・・。

 戦略ってみんな連呼するけど、定義がわかっている人は、すごく少ないと思います。戦略の定義は確かにあいまいですよね。「戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)」によると、10のスクールがあって、10の定義があるよね、ということになっているようですが・・・。私、この本好きですよ。ミンツバーグの物事をやや斜めから見る視線もいいですし、コラムも面白い。戦略とは?という問いに答えているようで、よくわからないところも、好きです・・・。

 ただ、よくコンサルティング会社で使われる戦略の定義は、「持続的競争優位を保持するための打ち手の束」という定義です。長いですね。ただ、非常に練られた定義なので、考えると奥が深いです。

 まず、「持続的な競争優位を保持」という箇所ですが、競争相手に対して中長期のスパンで競争して勝てる、という意味ですね。当然、最強の競争戦略は戦わずして勝つことですが、現状では、競争の一切無い市場なんてほぼありません。戦って勝てるの?そのポイントは?という論点、つまり差別化のポイント、ポジションの取り方を明確化しましょうね、しかも中長期で使えるものですよ、ということを言ってます。

 あと、「打ち手の束」という部分ですが、打ち手が束になっているというのはどういうことでしょうか?それは、企業がある方向を向いていて、その方向に行くためにいくつもの打ち手がある、ということです。その方向が明確でないといけない。

 方向が明確であるということは、どこにどのように向かっていくのか?というのが分かるということです。それでいて、束の中の打ち手は無限じゃなくて、有限なんですね。いくつかの打ち手、つまりアクションプランですが、それによって方向性が構成されているということです。ということは、やること、やらないことが決まっているということです。当然、企業のリソースは有限ですから、やれることは限られている。それは全て打ち手の束の中に入っているんです。

 ちょっと強引ではありますが、こんな感じでしょうか・・・。上記のAさんのお話しは、ビジネスプロセスに戦略って付けてるように見えますが、戦略はそういうものではないですね・・・。まあ、7Sのフレームの中でも、ストラテジーと、ビジネスシステムは別論点ですが・・・。(これは説明しだすと長いので、別の機会に、じっくりお話しします。ごめんなさい。)
 
 戦略概論をまともに語ったいい本は、あんまり見たことがありません。ただ、リソース配分とポジショニングの問題に結局は帰着するということを語った本があったような気がしますが、どの本だっけ?ごめんなさい、忘れてしまいました。

 まあ、小さい会社の社長さんたちに、こんなことを言っても、あんまり意味がありません・・・。よっぽど勉強熱心な人なら別ですが・・・。事業会社の経営企画の人でも、こういうお話しが好きな人で無いと、あんまり意味がないですね。

 一応、コンサルティング側の自分としては、考えないといけない場合、それなりにまじめに考えるので、フレームワークにある程度はまってることは確認はしますけど、そのまま見せても、あまり響かないですね。チャートでプレゼンしないで、ワードに全部文章で箇条書きで書いたりしたほうが、伝わる感じがしますね・・・。



 
スポンサーサイト
2007.11.01(13:29)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、システム寄りのコンサルティング会社の戦略グループにいる友人とランチをした。元々はERPパッケージとかを売っている会社にいたのだが、もっとバリバリ仕事がしたかったらしく、転職したそうな。

 「戦略グループなんだ?よかったじゃん。かっこよさそうで、楽しそうだよ。」と私が言ったら、
 「いや、業務の仕事ばっかりだよ。よくてシェアードサービスとか、そういう感じ。クライアントが大きいのはいいけど。」

(シェアードサービスとは、子会社とかがいっぱいある大企業で、総務や経理などのバックオフィス部門を共有して、コスト削減や業務の効率化につながる仕組みのこと。子会社が10個あって、その全部に総務スタッフがいたら、効率悪いですよね。それを一箇所にまとめましょう、というお話しです。)

 戦略グループで業務のことをやっているんだ・・・。まあ、システムコンサルティングの会社だと、そんな感じかもしれない。


≫「システムコンサルティングはあんまり・・・」の全文を読む
2007.11.02(16:52)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ブログをはじめて、2週間。ようやく近頃のIT事情というか、そういうものがわかってきたような気がします・・・。意外と、アクセスしてくれる人がいるものですね。当初は誰も読んでくれなかったらどうしよう・・・、と心配になりましたが、読んでいただいている方々のお陰で、1日に10~20アクセスはある状況です。ありがとうございます。

 ようやくアフィリエイトの本を読んでも、腑に落ちるというか、そういう感じが出てきました。恥ずかしながら、ユーチューブの画像を見たことがなかったのですが、なるほどー、と思いました。相当面白いですし、すごい量ですね。サーバの維持費でもうだめだ、という時に、グーグルが買ったというのがリアルに感じられました。

 それで、面白かったものですが、「ベンディングマシーンレッド」。これ、最高ですね。

≫「ようやくブログがなんとなく・・・」の全文を読む
2007.11.03(09:13)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、友人に事業のお誘いを持ってきた、元コンサルタントのDさんに正式にお断りをする場を持ちました。私が同席する意味はほぼ無い・・・。一切お金にならないけど、まーいーか。

 場所は品川駅のスターバックス。中二階みたいになっている少し落ち着かない場所。新幹線乗り場の前にあるせいか、相当混み合っている。

 Dさんは、約束の時間に10分ぐらい遅れてやってきました。一通り、挨拶をした後に、友人から正式にお断りを伝えると、一瞬動揺したようでしたが、大人力を発揮して、まあ、ふつうの世間話しを1時間ぐらいすることになりました。

 そのとき、いわゆるネットビジネスの潮流みたいなお話しをDさんがしてくれた・・・。私はあんまり得意ではないので、ほー、と思いながら、聞いてました。

 彼が言っていたのは、どうもブログのお話しで、、「しょこたんブログ」とか、「眞鍋かをりのココだけの話」など、大人気なブログのサーバは維持費が大変だそうで。でも、ネットワーク通信業者の間で、お互いが持っている回線を相互に通れるようにする?時は、情報の交通量?みたいなものが大きいほうが、お金の負担が少なくなる、というようなお話しをしていました。私が通信ビジネスを知らないせいなのか、よくはわからなかったけど。

 それと、言っていたのが、mixiやブログ発の出版物が増えてきている、それはすでにマーケティング済みのものを商品化したほうがより確実にヒットするからだ、と。昔は、出版は社長の感性でこれはいける!と思ったものを商品化していたが、今は、ネットで勝手にマーケティングがなされているから、勘に頼るよりはよいのだ!ということでした・・・。

 彼の言う、「マーケティング済み」というのは、プロモーションが為されているということを言っているのだろうな、と思いました。たまに、プロモーションをマーケティングという人がいて、市場調査をマーケティングという人がいて、商品企画をマーケティングと言う人がいるのですが、個人的には、マーケティングという言葉を曖昧に使う人はあんまり好きではありません。はっきり定義してから使って欲しいものです。

 でも、業界によって、ヒトによって、会社によって、マーケティングが何を指すか?は相当違います。

 昔、まじめに調べたことがあります。確か、飲料、自動車、ゲーム、映画などでは、マーケティングというとプロモーション寄りことをしています。IT業界でB2Bビジネスをやっているところでは、セールス寄りのことをしていることが多くて、製薬だと商品企画寄りのことをしていて、ガス、テレビだと市場調査寄りのことをやっていて・・・。他にも営業部門と商品部門の調整の役割をしているところもあったと思います。

 もっと細かい業界別のマーケティングが指すものは調べたのですが、忘れてしまいました・・・。ごめんなさい。

 あと、外資系でマーケティングというと、4Pの機能を総合的に見るような偉い人の肩書きだったりすることもあります。チーフマーケティングオフィサー、CMOみたいな感じでしょうか?そういうヒトが副社長だったりします。

 これだけ、マーケティングといって指すものが違うのですが、定義は知ってますか?一応、定義としては、「交換活動を生み出すための総合的な活動」と私は習いました。ただ、今では、コトラーさんの本「コトラーのマーケティング・マネジメント -ミレニアム版-」でも、「売れる仕組みを作ること」と書いてあったりします。

 私がはじめて、「交換活動~」の定義を知ったとき、画期的だと思ったのは、消費活動を企業と消費者の交換として捉える部分でした。交換と考えると、概念の拡張性が高いですよね?

 「売れる仕組みを作る」だと、ビジネスのストラクチャリング、スキームを組むというか、そういう論点に偏るような気がするので、あんまりいい定義とは言えないような気がします。

 マーケティングの本でいいな、と思った本は、「実況LIVE マーケティング実践講座」でしょうか?優しい口調で書いてあるので、さらっと読めますが、内容は難しいです。この本に出てくるチャートはけっこう深いです。出てくるチャートを自分がゼロから書けるか?考えられるか?という視点で読んでみると、面白いのではないかな、と思います。

 一応、私もマーケティング部門の部門長の名刺を持っていたことがありますが、名刺交換の際には、部門の仕事をサラッと言うようにしていました。「芸能人のCMとかやったりするんですか?」とか聞かれて、適当に相手の話しに合わせていたら、「タレントさん紹介して!合コンして!」とか言われて困ったことがあったからです・・・。

 大きさにもよりますが、上場企業の部門長だと、それなりに扱いもいいんですよね・・・。小さい会社の社長より、相当よかったりします・・・。まあ、今は気楽に楽しく好きなようにやっているから、いいのかな・・・。



 
2007.11.04(15:31)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 
 「ロスト」、「4400」って知ってますか?


 アメリカドラマなんですが、私もすごーくはまってしまっています。正直、面白いです。私は「24 -TWENTY FOUR- 」は、シーズン1の途中で挫折しましたが、「ロスト」は頑張って、シーズン2の最後まで見ました。あれ、シーズン3はどこに?と思ったら、まだTSUTAYAではレンタルしていないのですね。で、見つけたバナーに「ロスト」って書いてありました。YahooBBをテレビにつなぐみたいです。どうやってつなぐんだろう・・・。ちなみにバナーは↓これです。




 まあ、私は「LOST」はTSUTAYAレンタルになるまで待つつもりですが・・・。買うと21,000円。私はやはりTSUTAYAでレンタル!
 
 ということで、「THE 4400 -フォーティ・フォー・ハンドレッド- 」を見始めました。こちらも面白いですね。こっちは4,935円ですね・・・。それでもレンタル!やっぱりTSUTAYAdiscusはじめようかな・・・・。

 それで、なぜ、アメリカドラマは面白いのか?少なくとも、日本の、夜の9時とか10時からやっているドラマよりも相当面白いです。日本では、漫画原作のドラマばかりになりつつあります。しかも、原作よりもつまらないなあ、と思うことが多々あります。

 でも、アメリカドラマは原作があるわけではなくて、テレビ用に書き下ろしたものですよね。それって、すごいなーと。アメリカドラマが面白い理由としては、まず金がかかっているという点があるらしいです。制作費30億円とか。映画かよ!と突っ込みたくなるような金額ですが・・・。

 ただ、シナリオライティングも日本とはぜんぜん違っていて、プロデューサーが中心になって、何人かのライターに分けて発注しているそうです。だから一人で書いているわけではないようです。まあ、3人も4人も脚本家を使うと、その分お金がかかってしまいますから、日本ではそういう手法は取れないみたいですね。

 でも、なんでお金が掛けられるのか?という話しですが、どうもアメリカのテレビって日本と収益構造が相当違うみたいですね。日本では広告、CMでの収入を得て、視聴者は無料で見られるというのが普通にあるようですが、アメリカはPPV方式が多いから、見る人が多ければ多いほど、儲かるという仕組みにできるようです。

 うまくファイナンスのスキームを組むんでしょうね。そうすれば、30億ぐらいのファイナンスは楽勝なんでしょうね・・・。出資してあたれば相当でかいですから。

 それと、アメリカでは科学的なコンテンツ制作手法が、取られています。

 有名な話しですが、「ヒーローズジャーニー」というストーリー構造、ユングのアーキタイプ論の大きく2つがハリウッドノウハウだ!というのが、日本にも紹介されるようになりました。参考文献は「神話の法則―ライターズ・ジャーニー 」や「クリエイティヴ脚本術―神話学・心理学的アプローチによる物語創作のメソッド」ですね。

 ヒーローズジャーニーのほうは、「人間には心地よいと思うお話しの進み方がある」、ぐらいに捉えるのが理解への一歩目ぐらいでしょうか。

 本質的には、「そもそもストーリーとは、キャラクターは成長に伴って、発現するアーキタイプを変えていく順序と、それぞれのアーキタイプにおけるほかの人間との関係のあり方の変化、を記したものである」ということだと思いますが、これも説明しだすと長いです。

 少しだけ説明すると、こういったノウハウは心理学者ユングに端を発します。彼は、1900年に無意識を発見したフロイトさんの弟子ですね。

 フロイトが深層心理の、特にシャドーの部分をいじることで心の病気を治すという精神分析のアプローチを見出しました。それまで、デカルト以降の西洋では、理性により人間は一貫した存在、という見方だったんですね。われ思う、故に我あり、の世界です。

 だから、ディケンズの小説では、キャラクターは首尾一貫した行動を取るんですね・・・。「大いなる遺産 (上巻)」とかね。「クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)」も、内発的な、無意識的な側面をあんまり認めていない人間観なんですよね・・・。

 まあ、そんな中、理性に対抗する無意識というものの存在がもたらされたことは、ストーリーテリングにも大きな影響を与えるんですね。

 ユングは、フロイトの弟子でしたが、あまりに性的衝動みたいなものに、病理の原因を求めるフロイトさんに対して、ユングはもっと違うものが、人間の奥底にはあるのではないか?と考え、フロイトと決別して、独自の道を歩んでいきます。

 そのときに、ユングは人間の無意識の共通性みたいなものを調べるのに、古代神話を研究します。交通の発達していなかった時代の世界各地の神話に共通性が見られれば、無意識の共通性につながるのでは?という、コスモポリタニズム的な(人類はみんな兄弟なんだ!といった考え方のこと)考えをしたのですね・・・。

 その結果、ユングはアーキタイプというものを見出します。この辺の一連の流れは、河合隼雄さんの「ユング心理学入門」あたりを見てみるとよいでしょうか・・・。

 ちょっと書いていて、あまりに長くなってきたので、今日はここらへんにして、明日また続きを書きますね。ごめんなさい。では、また明日。



 
2007.11.08(09:28)|ストーリーコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム