**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 昨日は、ある経営者の方とランチしていました。

 新規事業の立ち上げをすごくやられている方なんですが、どうも考え方のタイプ的に私と非常に似ていて、話しをするのがすごく楽でした。

 本質的な部分を作り出すこと、考えることが得意で、見せ方というか、素晴らしく見えるようにというところが、どちらかというと、苦手なタイプなんですね。

 実は私もそうです。何もないのに、さも何かがあるような見え方を作るというのは、ちょっと気が引けるんです。やりたくないんですね。

 でも、お客さんを集めると言う意味では、そういう割り切りは非常に重要です。

 その割り切りをするまで、非常に苦労したといったお話しで盛り上がりましたね・・・。

 さて、今日は社会的なバリューについて書きますね。

 ドイツのニュース番組をNHK衛星で見ていたら、興味を引かれるニュースがありました。

 あるドイツ人医師が家族でオーストラリアに移住の申請を出していたのが、オーストラリア移民局から申請拒否されたというニュースです。

 その理由は、息子さんがダウン症だから、将来オーストラリア当該地域の公的サービスのコスト増の恐れが大きいため、とのことでした。

 日本であれば、「差別だ!」と言うところですよね。人権団体がうるさく騒ぎ立てるのはありありと目に浮かびますし、識者と言われる人々がさもわかったような差別に対する認識を述べるでしょう。

 ただ、興味深かったのはそのニュースでは、その「コスト増」への反論として関係者が言っているのが、その医師の社会貢献効果でした。毎週数千人の診療を行うことができる優秀な医師がもたらす価値についてオーストラリア官僚がまじめに述べているのです。

 父親のコメントも、「私が地域社会にもたらす効果、価値が全く認められず、息子の病気が将来もたらすコストについてのみフォーカスした判断で極めて遺憾!」というものでした。

 このお話しは、家族がオーストラリア社会にもたらす価値と、社会から受けるサービスのコストは、家族単位でプラスなのかマイナスなのか?というのがポイントなのです。

 家族単位で社会に価値をもたらすことは、言わばお話しの前提なのです。

 前にインサイトナウに書きましたが、日本は集団、企業などが社会の責任ある構成単位を担っている、お金を儲けるならば、社会への責任を果たさなくてはいけない、といった考え方が強いが、米国では、個人が社会の構成単位という認識が強いです。

 以前の記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2253ですね。

 このニュースからわかることは、ドイツ、オーストラリアでは、家族も社会への責任を果たさなくてはいけない。社会コスト以上の価値を生み出すのだ!という考え方をするということですよね・・・。

 日本でも、社会サービスの恩恵を受けていない人はいませんよね。そのコストと、自分が社会に与えている価値の大きさを比較して考えている人はあんまりいないように思います。

 いわば、税金払っているんだから当然だ、といった方も多いですね。

 でも、税金を払うのは当たり前で、その上で自分の活動の社会に与える価値について考えている人々が住まう社会と、税金を払う以外何もしませんという社会では、豊かさ、幸せの総量というのが違うのでは?と思うのです。

 あえて言いますと、日本だと、ダウン症の子供はかわいそう、という議論に終始するような気がします。でも、心身障害者の方々に対するパブリックなサービスコストは税金から出ています。

 だから、そのサービスにいくらのコストをかけているのか?それはいくらぐらいが妥当なのか?の議論はすごく大事だと思います。

 更に、家族と社会でやり取りされる価値の収支を考えるということは、恥ずかしながら私は考えたこともありませんでした。

 果たして社会から受けているサービス以上の価値を、自分が社会に提供できているのか?個人では?家族単位では?

 そういった問いを社会に住まう一人一人が考えることが、ある意味、ソーシャルバリューの向上につながりますよね。

 私も経営者ですので、会社の理念としては、企業が社会にどんな価値を与えることによって、社会をどのように、よりよくしていきたいのか?は問い続けてきました。

 自社の宣伝のようで恐縮ですが、当社は「コンサルティング7つの誓い」という理念を掲げ、社会にビジネスナレッジを行き渡らせていこうとしています。

 世の中的には社会起業やCSRがある意味でブームになってきてもいますよね。

 でも、このニュースを見て、社会起業と称する人々の議論を聞いて、大企業のCSRへの取り組みを見て、まだまだ日本は成熟していない、という印象を新たにし、もっと本質に立ち返って考える基礎研究的な日本人が苦手な部分がすごく必要なんだな、と思いましたね・・・。

≫「社会的価値と社会コスト」の全文を読む
スポンサーサイト
2008.11.01(10:11)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日は、何の知見もなく、近況をつらつら書こうと思います。

 最近は、強烈に忙しいですが、楽しい日々です。

 日本実業出版さんの月刊ビジネスデータ11月号に、私が書いたものが載りました。

 例によって、インサイトナウさんが、月刊ビジネスデータさんへの記事提供を始めたことで、棚ボタ的に私の書いたものが紙になりましたね。インサイトナウさんには感謝です。

 昨日は、スポーツ系のコンサルティングをやってらっしゃる方の事務所に遊びに行きました。

 過去にはフットサルコートのビジネスの仕組みを作ったりしていたそうです。

 渋谷のきれいな会議室でいろいろとお話しをお伺いしました。ちょっとびっくりしたのが、ミットとグローブが会議室にあったことです。

 何に使うんですか?と聴きましたら・・・


≫「近況をつらつらと書きます」の全文を読む
2008.11.08(11:30)|読み物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 大変だけど、楽しい日々です。毎日、仕事仕事で本当に大変ですね。

 この仕事はやるべきか?というのはすごく思うことが多いですね。一応、「コンサルティング7つの誓い」というのを基準に全てを考えるんですけど、「そんなん知ったこっちゃ無い」人々も一部います・・・。まあ、「やらない仕事はやらない」と言えばいいんですけどね。

 
「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
(2007/11/06)
駒崎弘樹

商品詳細を見る


 今日は、この本です。インサイトナウさんにも、寄稿していますね。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2357ですね。

 著者の方は「フローレンス」というNPOの代表で、「病児保育」事業を営んでらっしゃいますね。

 毎月の会費を払った会員さんは、子供が病気になった時にはフローレンスに子供を預けて仕事に行くことができます。

 もう、テレビ、新聞にこれでもかと取り上げられていますので、ご存知かと思いますが、ご存知で無い方は、この部分だけ聞くと、これがなぜ社会起業なの?と思う方もいらっしゃるので、多少解説をします。

 まず、子供が熱を出していると、普通の保育所は子供を受け入れてくれません。病気の子供をケアすることを保育所はビジネスの前提としていないのです。

 そうすると、お母さんは会社を休んで子供につきっきりにならざるを得ない面があります。でも、会社を何日も休めますか?

 それでクビになる人も当然います。問題としては、それを受容しない企業側にもあるわけですが、もしも病気の子供を受け入れてくれるところがあれば、非常に助かりますよね。

 ビジネスモデルも非常にクリエイティブなものです。

 中身を読めばわかりますが、当初は保育施設を作ろうとしていましたが、区長との調整が不調に終わり、施設への補助金が出ないことになり、一時、病児保育事業自体を断念しかけます。

 でも、彼は諦めずに、施設がない形でのビジネスモデル、「脱施設モデル」を組むことになります。病気の子供を預かるベビーシッター、「こどもレスキュー隊員」を登録制で集めて、その家庭で子供を預かってもらう。

 お金は月会費制。「こどもレスキュー隊員」にもお金は出ます。

 働くお母さんにもいい効果が出ています。あるバイトの方がこのシステムに登録しているお陰で、会社を休まなくなり、会社から信頼を得られて、正社員になることができたそうです。

 社会問題を解決しつつ、しっかりペイするモデルを組む。これは非常に素晴らしいです!

 私が言わなくても、「カンブリア宮殿」「ワールドビジネスサテライト」などのテレビ番組やら、名だたる新聞やらで取り上げられていますけどね。

 これこそ、「社会起業」だと思います。本当に素晴らしい。

 私は何のプランも無く、何の力もなく、なんとなく「国境を無くそう」とか、なんとなく「資本主義は間違っている」とか、なんとなく「投資銀行は強欲だ」とか、なんとなく「サブプライムのシステムは馬鹿げている」という人々が大嫌いです。

 そりゃ、矛盾の一切ないシステムをはじめから作れればそれが一番よいに決まっています。でもね、今のところそれはできていないんです。

 目の前に問題がある。それは解決しないと困る人がいる。

 事業で成立させる、ペイするモデルを組めればそのモデルが広がり、社会問題を解決する事業が広がる。世の中が、社会が良くなる。それは、NPOという箱であっても、株式会社という箱であっても関係はないですよね。

 著者の方は、元々学生時代からIT企業の経営者をやってらっしゃったので、ビジネス感覚がすごくありますね。ただ、中小企業のおじさんたちとのコミュニケーションにはちょっと苦労したようですけど。

 社会起業の初期なので、PRエンジンが組みやすかったというか、そういう成功要因はあるとは思いますが、一般的なビジネスの組み方と同じことをされています。お金は少ないけど、インターンやら、プロフェッショナルボランティアをうまく使って、固定費は抑制しつつビジネスを推進されています。

 あと、著者の方の表現センスが素晴らしいですね。一部を紹介しますと・・・(以下引用)

「日本社会の役に立ちたい。」なんてこった。自分がこんなことを思っていたなんて。(中略)ああ、どうしよう。僕は実は「中学生日記」だったんだ。人間NHKだったんだ。

 経済活動がなければ 資本主義は回らない。金を稼いで何が悪い。儲けることが悪ならば、社会主義国でパン屋に並べ。

 NPO業界、怖っ!
 ITベンチャーからNPOへとトンネルを抜けると、そこは魑魅魍魎あふれる世界だった、というわけだ。もちろん、ビジネス界にも怪しい人はたくさん存在するが、一見良心的なイメージのあるNPOの世界でもそれは同じなのだった。
(引用終わり)

 オトコゴコロに染み渡る表現が満載です。 

 今後のビジネス社会を考える上での必読書だと思います。本の帯には入門書とありますけどね・・・。

 私も社会的価値ある事業をしたいと思っています。でもそれは社会問題を直接的に解決するのではなく、普通に事業活動をしつつ社会的価値の強い形を志向しています。

 NPOという形も取ろうとは思わないですけど。でも、普通にビジネスをやる人がある程度、社会的ニーズ優位、かつあこぎに儲けるのではないアプローチを取るだけでだいぶ今のビジネス社会も違うと思いますけどね。現実はそうは甘くない。

 心折れそうな時もありますが、この本に元気を貰いましたね。ぜひぜひ、ご一読下さい。
2008.11.16(13:06)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 クリスマスが迫ってきています!この1年、仕事にまい進してきたせいか、女の子と遊ぶのをおろそかにしていました。

 ハッとしましたが、彼女がいない!久々に1人のクリスマス予定ですね。

 それと、2年まえから厄なので、あんまりそういう活動をするとまずいよ!というのが出ていまして。なるべくそういう活動は控えて来ました。

 恋愛は占い信じる派ですので・・・。気晴らしに、恋愛系の歌を聞いています↓。

幸せになろう幸せになろう
(2008/10/22)
mihimaru GTET-KING

商品詳細を見る
 

 mihimaru GTがだいぶメジャーになってきましたね。前はもっとマイナーだったような。

≫「せつない季節に映画「ラブファイト」をメッタ斬りにする・・・」の全文を読む
2008.11.23(12:51)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 最近、すさまじい忙しさなのですが、疲労が蓄積してきているみたいで、体に変調をちょっと感じます・・・。

 一時期、マッサージに行っていましたが、ある意味、対処療法ですよね。行きなれてしまうと、すごい出費になります。週三回行くのはちょっと無駄では?と思います。

 旅行にでも行って、体をリフレッシュしたいなあ、と。

 ただ、やはり食事、睡眠が大きいと思います。あと、ちゃんと女性と遊ぶことでしょうか?

 食事はあっさり目が好みです。でも、あんまりあっさりしたものばかり食べていると気力が湧き出してきません。

 やはり、肉をたまにはとらないと。

 という時には、明大前の「伝説のスタ丼」というお店に行きます。

 おそらく豚肉なんですが、にんにくがすごく使ってあって、濃いんですね。女性にはちょっとしんどいか?と思うと、店内には女性も普通にいます・・・。そして、弁当持ち帰りの女性もけっこう見かけます。
 
≫「健康法は?「伝説のスタ丼」」の全文を読む
2008.11.29(23:20)|読み物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム