**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 今日は多少まともなことを書きます。

 Webマーケティングの普及で、ビジネスだけでないシーンで、メッセージを発して人を集めるということが行われます。

 環境保護団体もそうでしょうね。宗教団体だって、そうです。宗教団体のホームページもある時代ですからね・・・。

 で、そのメッセージが一瞬で世界中に広がるのはすごいことですよね。

 今日は、時事ネタにからめて恐縮ですが、シーシェパードのお話しをベースに、今後の経済活動というのは?という示唆があればという思いで書きました。以下はインサイトナウからの転載になります。

 記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2430ですね。

 オーストラリアの環境保護団体、シーシェパードがまた日本の調査捕鯨を妨害する!とおっしゃているようですね。そこにハリウッド女優が参戦ですか・・・。自らの思想を元に、国に打撃を与えるのはテロですよね。彼らは私たちになじみのある「エロテロリスト」ならぬ「エコテロリスト」だと思います・・・。


 私には正直、牛肉は食べていいのに、鯨肉は食べてはいけないというのは理解できません。

 ユダヤ教、イスラム教、ヒンズー教では豚は食べてはいけませんね。

 でもタンパク源は必要ですから中東では羊肉を食べますよね・・・。エコな彼らは羊を食べるな!とは言いませんね。

 生魚を食べるのは日本の文化ですよね。米国人もマグロは美味しそうに食べています。彼らはマグロを食べるな!とは言いません。

 でも、鯨は駄目ですか。

 ヨーロッパ人は鯨の髭でコルセットを作るために鯨を殺し続けていましたが・・・。まあ、昔の話しだから許容ですか。

 日本でも明治維新以降、牛を食べるようになりました。私も牛肉は食べます。

 日本と同じ捕鯨国、アイスランドは、人の文化に文句を言うな!と捕鯨を再開しましたが需要低迷で打ち切り、また08年に少数再開になっています。

 日本では鯨の需要はあります。銀座には鯨の美味しい素敵なお店があります。「高漁丸」さんもその1つですね。http://www.cleargate.co.jp/koryomaru/index.html

 で、民族によって食べるものは歴史的に違っていましたが、当然融合が進んでいます。

 マグロ食べるのに、鯨はだめ?そして、日本の捕鯨活動を堂々と妨害する!と言う。

 これテロ予告ですよね。鯨は駄目だ!という思想信条に基づいて、違う思想の人間の活動を実力行使で止めようとする。そして、そこにハリウッド女優まで参戦する!

 どこまで過激な活動をするか?の程度問題の面はあるかもしれませんけどね。

 エコテロがより過激になった社会はどうなるんでしょうね?

 今、希少資源の問題は深刻ですが、希少資源を牛耳る企業の妨害テロをするのでしょうか?

 インドでは、牛は神聖ですので、インドの過激派が米国の牛牧場を襲撃!なんて事件が起こるのでしょうか?

 いや、牛は環境問題ではないですよね。

 というか、鯨はもう環境問題ではないですよね。鯨の数は増えてます。種類にもよりますから・・・。絶滅しませんよね。信じるか信じないかは別ですが、日本側からのファクト提示です。
http://www.icrwhale.org/02-A-48.htm

 昔は鯨が絶滅危惧の種だったから環境問題で、環境保護団体が絶滅から救おう!という理屈でしたよね。

 でも、今の理屈は「生命の問題」だそうです。

鯨は哺乳類だから、鯨の命は大事なんだそうです。

 これ、環境保護団体が、地球環境を思った上でのテロではないですよね。

 では、なんでしょう?

 ある意味、「鯨は賢い、食べてはいけない」という思想信条に基づいたテロですよね・・・。

 よく考えたら、エコテロですらない。

 それでも、そのエコテロですら活動に寄付という形でお金が集まり、彼らは活動を続けている。ハリウッド女優まで出てきましたので、PR効果は抜群です!すごいマーケティングナレッジですよね・・・。

 感覚論ですが、社会の役に立ちたい!という思いを持った若者が増えているように思います。以前に紹介した病児保育の「フローレンス」さんも優秀な学生さんが社会の役に立ちたいと働いていますね。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2357です。

 そんな有望な若者に「鯨を保護することは社会の役に立つんだ!」と思わないで欲しいというところです・・・。

 私はナレッジを世に広める、「より知的な社会」を目指す活動が社会の役に立つと信じて布教活動をしています。これが「鯨の保護」とどう違うのか?ということは、本当のところでは言えないこともわかっています。

 ただ、私の思想は今のところ、「鯨の保護」というマーケティングのメッセージに完敗しているというところです。

 しょーもなく、だらだらと文章を書いてきましたが私の切なる願いとしては、エコテロな活動や、それですらない、社会のためと称する特定の思想信条の活動に、有望な若者が身を投じてしまわないように、というところです。

 より強力なメッセージを発した者勝ちな社会になろうとしているようにも思う中、自分が「まだましだ」と信じることに身を投じて生きて行きたいと思っております。
スポンサーサイト
2008.12.03(13:06)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日もこの前と似たようなお話しを書きます。

 農業革命、産業革命、IT革命と言われますが、3つとも生産性が飛躍的に高まったから、革命と言われるんだと思います。

 ただ、ITはやや異質で、効率を異常なまでに高めるというところであって、バリューを生み出すわけではないことが前の2つの革命と違う点ですね。

 ただ、次の革命と呼ばれる事象に対しての準備が整ったのでは?と思うのです。

 それはメッセージがそのまま価値となる時代への変換だと思うんですね。何革命と呼べばいいのでしょうか?

 この時代に、イエスキリストが降臨して、メッセージを発したら、すごいことになるかもしれません。寄付金はすぐに集まってしまいますし、信徒はすごい数で増えるかもしれません。

 今日は、そんな時代に入った、ということに自覚的でありましょう、ということを書きますね。インサイトナウさんのほうにも記事を上げています。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2442ですね。

 ベタなお話しで恐縮ですが皆さんDHMOの脅威について知っていますか?このDHMOという物質を規制すべきか否か、この問題に関する議論から何を学ぶべきか、皆さんはどう思いますか?

 DHMOは、無色、無臭、無味の化学物質で、毎年、数え切れない人々を死に至らしめているんだそうです。

 知っていましたか?

 そして、これらの死因のほとんどは、誤って大量のDHMOを摂取してしまったことによるそうですが、危険性はそれに留まらないんですね。

 DHMOの摂取は、異常な発汗や、嘔吐の原因となりますし、DHMOの固体に長時間接触すると、皮膚組織に深刻なダメージを受け、気体の状態では強烈な爆発を引き起こすことまであるんです・・・。

 また、末期癌患者の癌細胞の中から、大量のDHMOが検出されているそうですね。

 恐ろしいことに、DHMOは米国北部の五大湖沿岸からも検出されていて、中西部での穀倉地帯では、DHMOに起因する何百万ドルの損害が起こっているんです。

 これらの危険にもかかわらず、DHMOは規制されておらず、野放しの状態だそうです。

 産業触媒や冷却材として、原子力発電所、発泡スチロールの製造、農薬の生産に使われているんですね。

 経済活動には非常に有用なものだからだそうです・・・。

 悲しいことに、米国政府はDHMOの規制を、今のところは、拒否する構えだそうで、陳情活動がうまくいっていることはないそうですね。

 まだ遅くありません!と言って熱心に署名を集めている人もいるようですね。

 皆さんは「規制すべき」という活動に協力して署名しますか?

 大半の方はこのメッセージに賛同して、署名をしてくれるそうです。

 1997年にこのメッセージはインターネットの普及もあって、全世界に広まりました。

 環境保護もインターネットの時代ですからね、メッセージは一瞬で広まる。マーケティング的な知見をもってすれば簡単に広がります。

 さて、この物質はその署名のかいあって、規制されたでしょうか?

 答えはNoです。

 残念ながら、Noなのです。

 それはなぜか?

 わかります?

 賢明な皆様はもうお分かりですね。

 このDHMOは何か?

 と言いますと・・・、

 そう、

 そうなんです!

 水なんですね!

 2つのH:水素と、1つのO:酸素ですからね。

 これは非常にベタなお話しです。

 1997年にネイサンゾナーという当時14歳の少年が、人はいかにだまされやすいか?ということを検証するために署名を集めてみたところ、ほとんどの人が署名してしまい、水だということを看破した人はごく少数だったそうですね。

 有害物質と信じてしまった方、署名をしたくなってしまった方、ごめんなさい。

 でも、上記の文章は、大げさな書き方をしている点を除けばファクトといえてしまうものです。

 同じファクトから、違う意味合い、違うアクションをもたらす報告を書くことはいくらでも可能なんですね。

 コンサルタントが企業を診断して、同じファクトから、違う意味合いを読み、違うアクションを提案することはあります。

 ファクトはファクトなんですが、その関係性はほぼ恣意的に提示されうるんです。

 しかも、メッセージは、言語障壁はあるにせよ、簡単に世界中に広まってしまう時代です。

 この文章も、それなりの数の方に読んでいただけるかもしれません。

 ですから、表現する人には良心が必要ですよね。

 マーケティングの世界ではメッセージが強力であれば、それは広まってしまうんですね。

 環境問題であっても、同じです。

 先日書きましたが、シーシェパードのエコテロリスト的な活動に対して賛否両論はありますよね。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2430です。

 ただ、そのメッセージが世界中に広まることで、ハリウッド女優まで参戦したということが広がることで、賛成する人も少なからず出てくるし、その活動に身を投じる人も少なからずいるということなんです。

 世界には60億人もの人がいますから。

 数が集まると、活動というのはやりやすくなりますよね?お金も10円あってもなかなか活動は難しいですが、10円を100万人から集めれば1000万円ですから。

 宗教にしてもそうですよね。今の時代にイエスキリストが降臨したら、どれだけ強力なメッセージを発するんでしょう・・・。考えると怖い気がします。

 当然、救われる方もいらっしゃるとは思いますけど・・・。

 「DHMOの恐怖」が空気のように私たちのまわりを飛散する時代なのかもしれませんね。

 こんな時代だからこそ、ビジネスナレッジを学び、マーケティングというものを学ぶことが、自己防衛という意味でも大事なのではないか?と私は思うのです。
2008.12.05(14:40)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、ベンチャーキャピタルの方から突然お問い合わせがあって、お話ししたいとのことだったので、お会いしました。

 起業して、1年半。いろいろとありましたが、3年はお問い合わせがあれば、お会いするポリシーは貫こうと思っておりまして。

 別に当社に出資していただくと言うことでもなかったですが。

 シナリオプランニング、コンサルティングというキーワードで検索すると、当社はけっこう上位に位置するそうです。

 シナリオプランニングをやっているコンサルタントに興味があったようですね・・・。

 あんまりシナリオプランニングの本意というか、そういうものは流通しませんね。

 なぜでしょうか?

 人は、自分の認識は正しいと思いたいものだからでしょうか・・・。

  私の認識で恐縮ですが、たいていの場合は、何かがうまく行かない時、なかなかうまく行かない時は、リーダーの認識が間違っています。

 リーダーだけではなく、関係者の認識が間違っています。

 よくコンサルタントの方が、経営者の方は、絵は描けるけど、実行ができないんです、とおっしゃるのは、すごく違和感があります。

 正しい絵をかけば、実行できます・・・。認識が間違っているから、絵が間違っているから実行できないんだと思います。

 ただ、あなたの認識は間違っています、とは直接的には言えません。

 人は、自分の欠点を指摘されると、怒り狂ったりするものです。

 なかなか、自分の認識が間違っていることは、人は認められないものです。

 非常にパラドキシカルな言説を書いてますね。自分で笑えます。

 ただ、私自身のことを書きますと、意外とストレートなもの言い、言われること、が好きではあるんです。

 こういう人は少ないらしいですね。

 このことに自覚的でないと、コミュニケーションや、セールスなどはうまく行きません。

 たいていの人はストレートにモノを言いませんし、言われることが好きではないんですね・・・。

 まあ、このタイプ、なんと言いましょう、ストレートタイプとでも言いましょうか?そういう人が、こういうことに気が付くと、非常にコミュニケーションがうまくいきますね。

 行間を読めるようになります。

 はじめは、ちょっと難しいのですし、技術としては、奥が深いですので、簡単とは言いません。

 ただ、一般レベルまで行くのはそんなに難しいことではないと思います。

 シナリオプランニングにお話しを戻しましょうね。

 シナリオプランニングは、いくつかの未来の揺れというか、幅をしっかり認識することで、当社が打たねばならない打ち手の幅と言うものを認識できます。

 その上で、今、どんな判断をし、どんな打ち手を打つべきなのか?を考えるんですね。

 自分の判断がどんな意味を持つのか?に対し自覚的であれます。

 そして、そのプロセスをプランニングのスタッフがシェアできるんですね。

 そういうヘッドクオーターを持つ会社は強いですよね。

 ただ、ある程度大きい会社じゃないと、意味はないですね。

 今、走り続けないといけない会社は、そんなことをやっている時間も意味もないです。

 未来の揺れる幅を認識することで、打ち手の可能性を考えるためにやりますが、自分の認識、未来の読みが正しいと思っていると、なかなかやれませんからね。

 自分の思う未来を否定する未来像を描くことを拒絶する人もいます・・・。なんとういうか、誤ったポジティブシンキングの信奉者と言いますか、そういう経営者の方もいらっしゃいますね。

 自分が思う未来以外有り得ないといった進み方を、ベンチャー企業はしないと走れない面もあります。ただ、事業が成熟してきて、次の展開を考えるには、シナリオプランニングのアプローチも有効ではあるんですよ。

 今度、シナリオプランニングの実務に関して、まじめに書こうと思いますので、お楽しみに。

 今日はこのぐらいにしておきます。

 では、また、お会いしましょう。
 
2008.12.12(15:13)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、褒める派なのか、叱る派なのか?というお話しをお伺いしました。

 仏の経営か鬼の経営か?という質問に似ているな、と思いました。

 メンタルヘルスのナレッジはあまり普及していないんですね。こういう質問の背後にはナレッジを知らないという事実があります。インサイトナウさんにもアップしておきました。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2480ですね。

 深刻なテーマではありますが、軽めに書いております。気軽にお読み下さい。

≫「褒める派ですか、叱る派ですか?」の全文を読む
2008.12.14(17:24)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 いつの間にか、ブログが7000ヒットを超えていますね。お読みいただいている皆様、ありがとうございます。

 そして、会社紹介のページも、ヒット数が増えてきています。今のままでは、また恥ずかしいですね。もう少し、ページを変えようかな、と思っています。メールコンサルティングの申込フォーム、お問い合わせフォームをきれいに作る予定です。

 私はゆるーいコンサルタントで通そうと思っているのですが、お仕事をしたことがある人からは、「どこがゆるいの?」と聞かれます。

 まあ、鬼上司時代の私を知る人からは、想像がつかないでしょうし、今でもお仕事は真剣にやってますので、お仕事中はちょっと怖い感じが出ているのかもしれないですね・・・。

 ヒット数は積み上げですよね。私は事業活動も数字の積み上げだと思います。

 大きな会社にいると、積み上げ感は味わえないかもしれません。でも、営業出身の方はこの感覚が分かると思います。

 売らないと数字が積みあがっていかない。この感覚と、事業は近いものがありますよね。

 ただ、成長期の商品は、文字通り、飛ぶように売れます。それは信じがたいぐらいに。

 それでも、1つ1つの積み上げなんですけどね。

 ただ、自分が売らなくても、みんなが売るので、すごい数字が積みあがってしまっていて、と言う状況になるので、積み上げ感がちょっと薄くなりますけどね。

 私のお仕事も、一人一人の方との出会いの積み上げでしか成立しておりません。

 それは、とても素晴らしいことですね。

 Webからふらりと訪れる方もいらっしゃいますが、私がお会いした方も、このブログを読んでくださっていると思います。

 お読みいただき、本当にありがとうございます。

 年明け、2月ぐらいにインサイトナウさん主催でセミナーをやる予定です。まだわかりませんけどね。多分、3000円とか5000円とか、それぐらいのプライシングになると思います。

 ただ、そういうセミナーをやってくださいと言われるのも、インサイトナウさんの人気投票で上位に入ったから、というのもあるんですね。

 そういう意味で、一人一人の方が応援してくださっていること自体が積みあがっているんですね。

 独立当初、さて、どうやって食っていったもんかな、と思った頃もありましたが、今はけっこうお問い合わせは来ていて、お仕事をどうこなそうか、全部やるのは多分無理、というところです。

 この後の課題としては、きれいなオフィスに移って、従業員を雇うのか?というところだとは思います。

 その前に、体の健康を保ちつつ、どう仕事を継続していくか?というのがありますね。

 まあ、なんとかなるかな、と気楽に構えていますけどね。

 最近、本をやっぱり出さないと、と思うのですが、何を書くのがいいのかな、というところで少し悩んではいます。

 知り合いの出版社の方からは、企画案ができたらいつでも持ってきて、とのありがたいお声をいただいていますが、なかなか自分が一発目に書くのは何にすべきか?という問いへの答えがでませんね。

 この出版社の方も、インサイトナウさんにご紹介頂いたので、本当に感謝でございますね。

 つらつらと、7000ヒットのお喜びを書かせて頂きました。

 次は1万ヒットの時に、なにかしらいいご報告ができるといいな、と思っています。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

≫「そういえば、7000ヒットを超えていました」の全文を読む
2008.12.14(21:39)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム