FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 今日は、知人の会社が立ち上げた日本初の森林ファンドの説明会を聞いてきました。

 でも、まあ、話しが中途半端でしたね。

 ターゲットは明らかに個人投資家でした。

 ただ、中途半端に賢い話しが入っていて、おかしいな、という感じでした。

 機関投資家に向けるならば、お金の話とマーケティングプランのみでいいですよね。

 ただ、個人に対して、森林に投資し、日本の森を守るといったお話しならば、情というか、そういうものに訴えればいいと思います。もっと、映像炸裂で涙を誘う話しをいれまくっておけばいいと思うのです。

 ちょっと、どっちつかずでしたね。どうも、機関投資家からは集めるつもりはないようでしたが・・・。

 1億円集めたいみたいですが、小口の個人投資家から1億円集めるのは至難の業だと思います。

 私がしかけるんだったら、
 
 個人投資家向け説明会では、森林イメージ炸裂なVTRを流して、

 機関投資家向けの説明会もやって、そこでは数字とマーケティングプランの話しだけをする。

 それでお金を集めますね。

 で、個人も上場企業の役員などの富裕なチャネルと、一般のチャネルを分けますね。

 富裕なチャネルにはCSR的に、ノブレスオブリージ的に訴えて、

 一般人のチャネルには、森を再生することの素晴らしさとそれに参加できる喜びで訴える。

 そんな感じでしょうか?

 やるなら徹底してやって欲しいものです。でも、なかなか徹底は難しいものです。なかなかマーケティングセンスを感じる施策って世の中にないものです。

 最近、マーケティングセンスを一番感じたのは、矢島美容室ですね。あれ、すごいセンスですよね・・・。

 でもまあ、森林ファンドが成立して、田舎にキャッシュが流れる仕組みが出来上がること自体はいいことだと思います。

 キャッシュは都心に集中してしまっていますから。

 地方と林業をスキームの中に組み込むこと自体が、都市と地方の共存の可能性の模索のような気がしました。

 国が収益の再配分をするよりも、それ以前のスキームの中に都市と地方を両立させる、旧産業と新産業を両立させる、そのことによって、お金がぐるぐる回る。

 これ、新しいですよね、と。

 概念の中に組み入れるエンティティに、都市と地方、新産業と旧産業、といった一見両立しにくい、ともすれば対立しているかに見えるものを使う。そして、それを包み込む概念が考えられる。まさにこれからの企画ではあるんですよね。

 でも、そこにお金を引っ張り込むマーケティングにセンスがない。

 それは悲しいことですが、しょーがないですね。

 ちょっと、批判しすぎでしょうか?

 ごめんなさいね。でも、期待しているので。愛のムチということで。

 今日も中途半端な内容でしたね。ごめんなさい。でも、もう眠いので寝ます。それでは次回をお楽しみに。
2009.04.17(01:21)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ようやく仕事が片付きましたが、明日は朝早いのです。

 じゃあ、ブログ書かないで寝ろ!と言われそうですが、まあ、これは趣味ですからね。

 こんな生活でよいのか?というと、あまりよくはないですね。

 プライベートもねじ込みつつ、仕事をするとどうしても時間がない。

 まあ、仕事も余計なことをせずに、粛々とやればいいのですが、いちいちいろいろとちょっかい出しすぎなんでしょうね。

 小さな親切、大きなお世話ということもたくさんありますからね。

 こんなんで結婚できるか?というと、多分、晩婚は確実ですな。はっはっは。

 ただ、おもろいな、と思ったことがありました。

 なぜかわかりませんが、女性の地雷を踏んで、いろいろと言われていたような場面でした。

 「どうしてあたしがそうなんですか。説明してください!」といった感じですごい剣幕でした。

 「ごめん。感覚的に言っているから、ちょっと細かく説明できないよ。」と私はたじたじでした。

 そうすると、その女性は

 「伊藤さんだったら、感覚的に出した結論を、理屈でプロセスに分けて、どの部分がどうって説明できなきゃいけないんじゃないですか!」

 と言いました・・・。

 おっしゃるとおりです・・・、と思いました。

 この話しを大学の後輩に言ったら、

 「その人、逃がしちゃだめですよ!達夫さんと結婚できるの、その人しかいませんよ!」

 いや、そういう仲ではないのですが・・・。

 「達夫さんの話を理解しつつ、その理屈で黙らせることができる女の人なんて、見たことないですから!」

 いや、確かに記憶はないですが・・・。

 まあ、そういうものなのかもしれませんが、まあ、なかなかね。してくれるといいですけどね。

 今、2時になろうとしています。

 4時間寝て、明日の仕事頑張ろう!と気合を入れたところで、もう寝ます。

 今日も、中身が薄いです。ごめんなさい。

 もう少し、濃い中身を来週はかけるように頑張ります!

 では、みなさん、おやすみなさい。
 
2009.04.20(01:53)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 あんまりいいことではないですが、仕事をしていると吐き気をもようすことが多々あります。

 そういう時は、トイレで吐きます。

 支援先だと、違うビル、違うフロアーにいって、バレないように。

 努力と根性の世界のようで嫌ですが、よくあります。

 胃腸薬は私には必須です。なくなると困る。

 昔から胃は弱いんですね。高校生の頃、試験前になると、保健室によくお世話になりました。そして、おなかが痛い!とベットにうずくまっていました。

 役員プレの前に胃が痛くなることがよくありました。休憩室のマッサージチェアで横になりながら、プレの時間を待ったものです。

 私はゆるーいと言っていますが、努力と根性で何とかしてきた面があります。

 新卒の頃、誰より長時間働いてやる!という想いがありました。まあ、ぶっちゃけ間違った認識だと思いますが、誰よりも業務経験、業務時間を積むことで、ぬきんでようと思っていました。

 今は、その当時のテンションではやっていないと思うこともあります。

 ただね、人を動かす、人の認識を変えるといったところにフォーカスしている面もあるので、ちょっと働き方の質は違うと思います。

 だからこそ、余計いろいろと考えて大変だというのはあります。

 レポーティング型のコンサルティングは一番上だけ抑えておけばいいという考え方ができます。でもね、ハンズオン型は1人1人と向き合ってナンボなんですよね。

 相手が自分のことをどんなに嫌いでも、向き合う。

 そして、その相手の成長したい部分に対して呼びかけ続ける。

 リソースを投下するのが最も効率がいいメンバーにリソースを投下すると職場の雰囲気は非常に簡単に変わっていく面もあります。

 でも、それを見誤ると大変ですけどね。

 その見極めは間違っていないことを祈りますが・・・。

 まあ、間違っていたらいたで、修正すればいいだけですけどね。

 人の役に立ちたい思いは強いんです。やはり。黒子のように立ち回り、リーダーの方に出世していただく。みなさんの給料が上がるように。当然、1人1人に成長をもたらしつつ。

 ただ、逃げたくなることは山ほどあります。

 吐き気がすごくすることもあります。実際、吐いてます。

 決して、向き合った人々に感謝されるわけでもないんです。

 それでも、ひたすらやり続けます。まあ、根性以外、頑張ること以外できませんから。

 胃腸薬を飲みながら。たまに、スタバのコーヒーの香りに負けて、コーヒーを飲みすぎて、そのせいで胃が悪いのでは?という疑問を感じながら。

 たまにスタバの店員にいらついて、二度と行くか!と思いながらタリーズのコーヒーを飲みながら。

 ただただ、頑張るのみですね。ゆるーいといいつつ、全然ゆるくない日々です。

 ただ、私はゆるさを学びたいと思っています。

 ここ数年の課題としては、今を楽しみつつ、頑張りすぎず、人とわかちあいながら進むことです。

 人に自分と同じレベルの努力を期待しないこと。人に自分の意図を充分にわかってもらいたいなどと思わないこと。

 みんな流されていく。それを責めないで、わかちあいつつ仕事を進める。

 口元に微笑を浮かべながら。みんなに笑顔を見せながら。

 「人は、幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」という言葉がありますね。

 そういうの、大事だな、とすごく思います。

 今日は愚痴というか、心情の吐露になってしまいました。ごめんなさい。

 いつもお読みいただいている皆様には心から感謝いたします。おやすみなさい。
2009.04.22(01:04)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 昔、よく、正しさを振りかざしていたなあ、と思います。

 最近は、正しさよりも、楽しさのほうが大事かな、と思っています。

 たいていの人は何が正しいか?はわかりません・・・。すごく失礼なことを言っているかもしれませんが、そういうものです。

 目線があっていないと、話しは伝わりません。

 それぞれの目線での最適解がありますからね。

 でもまあ、正しさの近くにいたほうが、うまくはいくでしょうね。集団でやる場合は、楽しいほうがうまくいく場合も多いです。

 だから、正しさは私は認識しながらも、伝えないことも多いです。伝えないで、楽しさがあることが大事と思っていることも多いです。

 あと、マネジャーなのに、マネジャーになれていないというか、そういう人はたくさんいます。

 でもまあ、それを指摘したところでどうにもならないし、教えてあげたいけど、まあ、言うことなんて聞かんと思います。

 それはそれでしょーがないと思います。

 でもまあ、そういう人がピントがずれたことをやるのも、見ていてしんどいのですが、何もしないよりはピントがずれたことをしたほうが、ましなことも多いです。

 何かすることが大事です。

 みんなが前向きに何かすることはいいことなのです。たとえ、正しさに近くなくてもね。

 昔は、正しさを振りかざして、人と衝突していました。今はそんなこと意味ないし、と思うことが多いですね。

 まあ、でも、同じレベル感、目線で語り合いたいものですな。そんな人は滅多にいませんが。

 だからこそ、そういう人は大事ですな。

 意外と、私が何ができるのか?本当の価値は何か?についてわからずに私と付き合っている人はけっこういるのではないかと思います。

 でも、まあ、それはそれでしょーがないのです。

 見た目、作業員だったり。見た目、アドミニストレータであったり。見た目、研修の先生だったり。

 何する人?というのは私を規定し得ないですよね。でも、価値は一意に定まるような気がしています。

 こういうお話しが伝わる人と、お茶を飲んだりしていると、平気で時間が過ぎていきます。本当にすぐに過ぎてしまう。

 そういう時間、大事にしたいですね。

 士は自分を知るもののために死ぬといいます。自分を分かってくれる人。そういう人を求め続ける日々ですね。

 今日は、早いですがもう限界なので寝ます。おやすみなさい。そして次回をお楽しみに。

 
2009.04.24(22:41)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ひさびさにオープンセミナーやります。宣伝でごめんなさい。

 この前はフレームワークの根本的な考え方の提示でした。

 今回は、セールススクリプト作りです。

 しかも、クロージングです。

 まあ、領域絞って、ワーク形式で、具体的に、という私があんまり好きではない内容になりますが・・・。

 でも、具体的な指導というか、そういうものも時には必要ですよね。

 ということで、具体的な内容のセミナーをオープンでやってみます。

 日時:5/27(水) 18時~21時
 参加費:35000円
 会場:東京都渋谷区(申込みの方のみに詳細ご案内)
 人数:12名様

 ですね。

 お申込ページはこちらです。https://www.insightnow.jp/applications/id/13

 まあ、12人なので、なんとか、全員がスクリプトをそれなりに作れて、全員の添削ができるかな、と思います。あと、会場が狭いですので、増員不能です・・・。

 ただ、作ったものは、ご自身の会社で継続的改善をしていかないといけないですけどね。

 それと、スクリプトにもいろんな流派があって、今回はそのうちの1つモデルを提示します。

 あと、作って改善しようとした時に、お悩みになる場合もあると思いますので一度、訪問にて無料相談をお受けします。

 申し訳ないですが、北海道とかにはいけないので、訪問は関東限定でお願いします。その他の地域の方はメールや電話でご相談頂ければと思います。  

 前回のセミナーは難しすぎたようにも思います。提出していただいた課題を見てもそうでした・・・。今回は多少レベルを落として、難しいことはなるべく言わないようにしようかな、と。

 まあ、テーマがすごくニッチなので、わかりやすいかな、と思いますけどね。

 オープンでやると、いろいろな出会いがあって楽しいですね。知り合いベースの仕事だと、大体見えてる感じになってしまうので。

 お忙しいとは思いますが、テーマに関心がおありであれば、お気軽にお申込ください。

 それでは、次回をお楽しみに。
2009.04.25(17:36)|セールスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム