**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 たえなばたえねながらえば、しのぶることの よわりもぞする

 なんとなく、和歌が思い浮かびました。

 一応、文学部なので。

 小学生のころ、なぜだか百人一首をすべて覚えました。意味はありません。

 決してかるた選手権ようなものに出ていたわけでもありません。

 いま、思い起こすと、非常に無駄な作業でしたね。

 教養を感じさせることができるかもしれませんが、今時、そんな教養を披露する機会はないですけど。

 和歌には恋の歌が多いですね。

 貴族というか、支配階級な方々は、食べるのには困らない。そうすると、恋の悩みを、思いを歌によせて披露する。

 今の時代、誰でも恋の悩みを口に出来る。それはとても素晴らしい時代なのでしょう。

 たまのおよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする

 と冒頭に書いた歌は、まさに贅沢ですね。

 命よ、絶えるならば絶えてしまえ。あの人への想いを我慢する心が弱ってしまうと困るから。

 うーん。まあ、時代背景と、歌った人の境遇によってしか解釈できませんね。

 この歌は、式子内親王の歌です。皇女は独身でないといけないですから、恋はできませんね。お寺に身をよせたりするんです。

 でも、恋はする。そして、我慢している。そういう状況なのでしょう。

 天皇は当時の権力者ですから、皇女が誰かとできているとわかれば、仲を引き裂くのは簡単ですね。そういう色恋がばれた男子は、出世できなくなるでしょうし。

 だからヒミツの恋。みたいな感じですな。

 まあ、和歌はなんの役にも立ちません。教養とはそもそもそういうものかもしれません。たしなみですね。でも、ちょっとだけ知りたい!と思う方は↓でも読んでみてください。

百人一首が面白いほどわかる本百人一首が面白いほどわかる本
(2004/12)
望月 光

商品詳細を見る


 人の恋への想いは、そんなに変わらない?かもしれないな、と思うにはいいかもしれません。

 茶のみ話しをする時のネタにはなるかもしれません。壮絶な恋の歌とその解説をさわやかにできれば、女性に「へー」と思ってもらえるかもしれません。

 私は文学部なので、神話や、和歌、伝説の類はそれなりに知っています・・・。女子との茶のみ話しにはいいでしょう。だって、他に話すことと言ったら、お仕事の話しぐらいだから。

 あとは、映画の話かな。「おとなり」見ようかな、と思ってます。麻生久美子、かわいいですからね。

 ビジネスでもコミュニケーションは大事です。スキルも大事ですが、話すネタも大事ですね。和歌をネタにするには相当詳しくならないと難しいですが、まあ、チャレンジしてみるのもいいかと。

 それでは、また。最後までお読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト
2009.06.06(14:15)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、女性とお茶を飲んでいて、いろいろと話しをしていました。

 話していて思ったのですが、私は彼女と話すと、負けている感があるように感じてしまうんことに気が付きました。

 で、「なんか、負けてる感があるのはなんだろう?」と言うお話しをしていたら、

 「コミュニケーションは勝ち負けではありませんよ。コミュニケーションは伊藤さんが教えているような交渉じゃないですから。」と当たり前の指摘を受けました。

 まあ、そりゃそーなのですが。

 「でも、女子に言うことを聞かせたいじゃん。そういう時は勝った感じがする」と、私が言うと、

 「そんな人生全敗ですよ。」と一刀両断されました。

 はっはっは。まあ、そうですな。

 仕事も大事ですが、プライベートも大事ですよね。ワークライフバランスというものです。

 仕事もプライベートもしっかり充実させる。それはとても大事なことですよね。

 仕事ばかりに打ち込んでいると、プライベートがおろそかになってしまう。そんな人間の典型のように自分を思うようになってきました。

 それなりに遊んではいましたが、交流会やら合コンやら、ホームパーティーやらで、女性と知り合ってそれなりに付き合って、それなりに別れる。

 それを充実したプライベートとは言わないですよね。

 よく、経営者の間で言うのは、死ぬ時に看取ってくれる人が果たしているのか?というところです。素敵な友人関係を築けていれば、そんな心配はいりませんが。

 でもね、なかなか難しいですよね。

 結婚していて、「家庭のことがあるから、仕事がちょっと」という人がいると、いっちょまえに仕事ができるようになってから結婚しろよ・・・、と思ったりしました。

 でもね、それは違うように思います。

 仕事ばっかりして、仕事のスキルばかり向上しても、それが本当にいいのか?というのはありますよね。

 ようやくそんな当たり前のことに気が付くようになりました。まあ、そういうことが本当は大事なんでしょうけど。

 勝間さんも「断る力」という本を出されていますね。仕事で「私がやります」ばかり言っていると、だめですよ、という本ですね。

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


 目標に書くことでもないかもしれませんが、充実した人間関係というのはすごく大事で。

 目標に何度か書いたようにも思いますが、なかなか実現しませんな。はっはっは。

 まあ、こういうことを考えたほうが、一緒に働く人に優しくなれるようにも思います。でもねー、なかなか優しくなるのは難しいですねー。

 さて、今日も徒然とした内容になりましたし、あまりお伝えできる情報はなかったですね、ごめんなさい。いつも読んでいただいてありがとうございます。

 それでは次回をお楽しみに。
2009.06.07(09:32)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 私はダイエット中です。

 といっても、「3年で15キロ落とすよ計画」なので、長期ですが。

 既に11キロ減量には成功していたのです。

 2007年1月の77キロから、2009年1月には66キロへと変貌を遂げていました。

 しかーし!最近リバウンドで、67キロへと戻ってしまっていました。

 でも、夜は野菜を食べよう!をはじめて、66キロまで戻せました。

 このまま、夜は野菜を食べ続ければ、目標の62キロまで到達できるかもしれないという淡い期待を抱いていますが、まあ、限界はあるでしょうね。

 夜に食べなければ、相当痩せるんですよね。

 夜のご飯が太る原因です。

 夜、最近は米は食べないですね。

 でもまあ、飲み会があると食べてしまったりもします。

 そう、飲み会も太る原因の1つですね。

 夜におなかがすいたら、シリアルを食べることにしています。食物繊維という言い訳で。

 意外と太りはしません。

 運動はヨガとフットサルをやっています。

 ヨガは隔月ぐらいで、週に1回と決めています。フットサルもやっているので、フットサルは月に2~3回ぐらいですね。

 ただ、フットサルも試合などの厳しいやつに出ると、その夜、偏頭痛になったりするのです!これは困ったことです。

 2009年に入ってからは、週5回稼動を試みてきました。必ず2日は休んでみよう!という試みをしていたんですね。

 ただ、どうも忙しくなってきて、週6か、週7稼動しないとこなせなくなりそうな気もしています。

 そーすると、運動がおろそかになって、ぶくぶくと太りだします。

 いけませんね・・・。

 健康が一番のベースですから。

 よく仕事し、よく運動し、よく遊び、よく学ぶ。

 こんなふうにならないかなあ、と思う日々です。

 あと8ヶ月で5キロ減!に向けて頑張ります・・・。

 最近、ブログがほぼ日記となってしまっています。ごめんなさい。

 ためになることを書いて集客してみようと思ったのですが、私の稼動がほぼマックスになっているのです・・・。ごめんなさい。

 言い訳はかっこ悪いですが、そんな感じです。

 では、今日はもう寝ます。おやすみなさい。  
2009.06.11(00:26)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ちょっと前ですが、久しぶりに、ごり押しでクロージングしました。

 営業支援のお仕事ですけど。

 自分のためにごり押しでクロージングはしません。むしろ、人のためだから、やれるんですけどね。

 ただ、ごり押しでやると、そのノウハウの説明って難しいですよね。教えられない。

 たまたま、その状況は、関係者が多すぎてキーパーソンの特定もできず、関係者が好き勝手なことをしゃべる現場でした。まあ、それまでの準備があんまりよくない。

 しかも、やや地方。何度も行くとコストが高い。

 しょーがないので、「おっしゃってるニーズが全くわかりませんねー。」とひさびさにヤクザな私が顔を出しました。

 「何をして欲しいんですか?我々もこの提案とこの提案をもってこいと言われればお持ちしますよ。何がしたいか言ってくださいます?」と、全員をヤクザな目で見つめました。

 すると、1人だけが威厳を持ってしゃべり始めました。おお、この男がキーパーソン・・・。

 まあ、その後は簡単でした。提案作りを担当者がキーパーソンに電話でヒアリングしながらやることを決めて、その論点を絞って。金額のレンジも絞って。

 発注のコミットも取って。

 でも、同行した担当者は唖然としていましたね。いつもにこやかな私がこんなふうになるの?と。

 そして、「感じ悪いからああいうのはやめたほうが・・・」ぐらいな感じでした。

 いや、ああでもしないとクローズできんでしょ。

 でも、私がしゃしゃり出て、営業支援するのはあんまりよろしくないですよね。

 結局依存です。

 担当者、1人1人がクロージングできるようになってこそ意味がある。

 ノウハウのシェアでは一般的なベースノウハウをシェアしますが、私自身の営業スタイルはある意味でヤクザ営業です・・・。はっはっは。真似できないですな。

 確かに営業代行で成果報酬もらったほうが儲かるんですけどね・・・。まあでも、そのために独立したわけでもないし。

 まあ、よくはないですな。

 でも、営業でいい本は少ないですね。あまりナレッジがない。

 担当の人々にそういうことを教えていけると楽しいですけどね。

 今は稼動マックスなので自分の仕事をごり押しで決めたりはしません。というか、自分のためにあまりごり押ししたりしないです。そういうもんです。

 まあ、助けて欲しいといっている人を助けるのは好きですから。

 今日も眠いので、このへんで。みなさん、いつもお読みいただきましてありがとうございます。

 おやすみなさい。
2009.06.13(00:42)|セールスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 おはようございます!

 メールマガジンの配信が滞っております。

 これまでのスタイルとしては、インサイトナウへの投稿と連動させていたのですが、ちょっとインサイトナウさんのサーバトラブルが多発していますね。思ったとおりにやれない状況です。

 一応、メールマガジンタイトルはインサイト100なので、コンテンツは100個を越えましたので、No1に戻って、ぐるぐると循環させつつ、コンテンツ充実を図っていくやり方に変えていこうと思います。

 まあ、昔書いたものも、けっこうまともなので。

 年に3回循環ですね。多分、こういうやり方のほうが勉強にはなるかな、と。

 一応、自前配信できる環境は整っているのですが、まあ、しばらくは「まぐまぐさん」でやっていきます。

 名刺交換した人に容赦なく配信、という形にはしていません。

 Webは完全に管理も外注体制に移行するつもりです。もう、やってられませんので。次のリニューアル依頼を今月中には出しますので。その業者さんにやってもらいます。

 メールマガジンも完全に外注に移行するのに、もう少し時間がかかりますね・・・。ごめんなさい。

 まぐまぐの読者増加を一回だけ試そうと思っていますが、まあ、そんなに効果はなさそうな感じですね。今、読者はYahooを合わせて98人ですが、まあ、Yahooはやめて、まぐまぐと自前配信に移行しようと思っています。

 自前配信スタートしたら、名刺交換の方へメールマガジン配信します。

 それと、問い合わせ対応がほぼできていません。問い合わせいただいた方にほとんど会えていません。申し訳ありません。

 事務所へ電話もけっこういただくのですが、ほぼ会えてません。ただ、紹介でない方で、身元と面会目的を明らかにせずに会いたいと言われてもちょっと、というのはあります。

 言い訳をさせていただくと、稼動マックスなのです。

 申し訳ありません。

 それと、7月にセミナーやる予定だったのですが、企業研修を多分やるので、ちょっと7月、8月は無理です。個人的にやるとメール差し上げていた皆様、ごめんなさい。できません。

 でもまあ、頑張って1つ1つこなしていきますので、よろしくお願いします。

 ブログはちょっと面白みがないものになっているかもしれません。ごめんなさい。

 でも、リアルライフは充実です。いろいろ感じることの多い日々です。怒り狂ったり、泣き出しそうになったり、笑い転げたり、哀しくなったり。

 なんでしょう、感情のふれ幅はどんどんと大きくなっているけど・・・。

 ポジティブな感情は、それをうまく周りの人とシェアできるといいなあ、と。

 ネガティブなものは自分で背負いつつ。でも、一緒に背負ってくれる人もたまにいて。励ましてくれる人もたまにいて。ありがとうございます。

 自分自身を無条件で価値があると思えるようになるのに、すごーく時間がかかってきました。圧倒的なパフォーマンスを出さないと自分の意味がないのではないか?というやや強迫観念的な部分にずっと悩んできました。

 でも、何もしてなくても、自分に価値がある。それだけで、あるだけでも、いいんだというところが腑に落ちてきています。ようやくです。

 2010年の2月に事業の方向性を多分、転換します。どうするかはまだ決めてないですけど、おぼろげに見えてきている感じです。

 内面の告白になってしまいましたね。ごめんなさい。

 でも、いつもいつも読んでくれてありがとうございます。では次回をお楽しみに。
2009.06.14(09:54)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム