FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 ダイアログインザダークという、盲人と健常者の相互理解を目指すイベントをやってらっしゃるセラピストの先生がいらっしゃって。



 今、流行りの言葉で言うと、社会起業ですよね。

 はじめて、お会いしたのは6年ぐらい前でしょうか?

 今はいろいろと事情があって、個人向けにセラピーはやられてないそうですが、会ってもらいました。先生の著書はとても感動的です。文庫版が最近、出ましたね。

いのちのバトン (講談社文庫)いのちのバトン (講談社文庫)
(2009/07/15)
志村 季世恵

商品詳細を見る


 はじめてお会いしたときから、だいぶ若がえったような・・・。もう、けっこうなお年のはずですが、若々しく見えました。

 今度、脳科学者の茂木健一郎さんと対談するみたいですね。詳細はhttp://www.dialoginthedark.com/special/1009_talksession.htmlです。

 まあ、自分の変化を見つめるためにも、定期的に話を聞いてもらう機会を持つのはいいことだと思います。

 私の近況をいろいろとご報告して。いろいろとまた気づきがありました。

 6年前、私は死ぬほど忙しくて。昼夜を問わず、仕事仕事で。本当に大変でした。

 その頃の私は自分の内面の変化にとても対応ができなくて。そして、それ以上に激しい外部の変化にも耐えがたくて。先生にお会いして、本当に助かりました。

 まあ、忙しいと、そうなりますよね。私の知人で、カネボウでブランドマネジャーやってた人がいますが、彼も一番忙しい時には、自律神経がおかしくなったそうです。そりゃそーですよね・・・。

 でまあ、言われたのが、「伊藤さんの意識が外に向いているのがすごく変わったと思うことですね。」と。

 当時、確かに、自分の内面に深く、深く入り込んでいってました。ある意味、これまでのテーマだったと思います。内面を観て、どう変化させていけばいいのか?そこがポイントでした。

 でも、今は、内面の変化を、外部へと広げていく時期なのでしょう。

 もう、内面の変化のための出来事は充分に起きたと思います。そして、その変化も自分で認識しています。

 だから、外部へとその変化を持って、広げていく時期なんですね・・・。

 それに呼応するように、仕事の数を一時期から減らしていたのですが、また増加傾向になってきました。いろいろと人と会う機会も増えてきました。

 自分の歩みと、その課題はもうクリアーに見えていて。そして、レールはほぼ見えている状況です。もう、そこを走り抜けるだけ。そういう状態です。

 私の課題は内緒です。ちょっと恥ずかしい課題ですからね。はっはっは。

 でも、まあ、その走り始めた時に、確認として、先生と会ってよかったな、と思いました。

 あ、あと、セミナーやります。「提案、マネジメントの前提となるコミュニケーションの原理原則」という名称で、詳細はhttp://www.insightnow.jp/applications/id/78です。

 また、明日にでも内容をご説明します。では、また。
2009.09.09(18:22)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 月末、9/30にセミナーやります。

 場所は品川駅となりの大井町です。

 会場はとってもきれいです。デザインのお仕事もしている社長さんのオフィスなので、きれいです。

 先ほど、インサイト100で告知しました。

 「提案、マネジメントの前提となるコミュニケーションの原理原則」という名称で、詳細はhttp://www.insightnow.jp/applications/id/78です。

 まあ、でも、盛りだくさんな内容にします。3時間で終わるかな・・・、とやや不安ですが、会場になっている会社はよく知っているので、ごり押しで延長しようかな・・・。

 ワークをたくさんやるので、たぶん、面白いことになるでしょう。

 泣き出す人は出てほしくないですし、出ないでしょうけど、楽しい記憶を引っ張り出すようなことはしようと思っています。

 いやー、人間のコミュニケーションって本当に面白いですね、というような内容になります。

 でも、私の元ネタに近いので、あんまり公開したくないんですよね。

 「伊藤さんて、やっぱりひどいひとだったんですね。」と女性ファンに言われるのは嫌なのです。

 女性ファンがいるの?という突っ込みはやめましょう。

 まあ、この手の研修の核心に触れる部分を解説したりすると、たいていの女性には、上記のように言われるのです。

 それはとても悲しいことです。

 でもまあ、それはそれでいいのです。

 そんなことよりも、ビジネスナレッジを広めていくことが大事です。

 そして、会社にかえって業績を上げてもらうことが大事です。

 そんな願いはわかってもらえないことも多いのですが・・・。偽らざる思いですね。

 では、会場でお会いできることを楽しみにしております!
2009.09.10(20:30)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ごめんなさい。セミナーの時間が間違っていましたね。

 18時スタートが正しいのですが、19時と書いてある部分がありました。

 大変失礼いたしました。

 現在、3名様お申し込みいただいています。私のメールマガジンやブログをお読みいただいている方だとこれぐらいでしょうかね・・・。

 ただ、残念ながら、現在、男性のみのお申し込みですね。

 女性のみなさん、ぜひ!

 と書きましたが、性別はどうでもいいですよ。みなさんの学びになればなんでもよいのです。

 それで、一応、ツイッターはじめてみました。

 うーん。有名人と横並び感覚が味わえますね。

 勝間さんのコメントにフォローを入れる勇気はないですが・・・。というか、ブースで料理しないでください!と言ったら、射殺されそうですね。怖い怖い。

 有名人が横でチャットしているかのようです。

 でも、肩がこりますね・・・。

 さて、今日は、セールスというか、新規事業のお話をしてきました。

 けっこう、面白そうな事業に仕上がりそうな感じが見えてきましたね。

 私は新規事業の立ち上げのプランニングは好きですが、アプローチとしては、パラレルワールドの未来へと、現在地から離陸していくには?というような考え方をします。

 パラレルな世界の未来を描いてから、現状のリソース、外部環境を見てやっていきます。

 その未来を意地でも生じさせようとしますけど、もしもその未来に行けなかったとしても、その過程で見える景色には意味があると思っています。

 新規事業をやっていくと、見える環境が一変するんですね。それまで見えていたものと違う風景が見える。

 その新たに見える環境にこそ実はヒントが満載で。

 こういうことやれば儲かる!というのだけ提示することには意味はないのです。

 だから、新規事業にしても、成長戦略にしても、紙だけ出して終わり、というお話しはあまり好きではないのです。その見る風景を一緒に見たいと思う人とやりたいですよね・・・。

 というか、でないとうまくいかないと思ってます。

 まー、このへんのお話がわからない人とは、付き合わないですけどね・・・。

 さて、今日はこのあとも一仕事です。

 がんばりまーす。
2009.09.11(19:06)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 昨日は、温泉に友人といってきました。

 いろいろと語り合いました。彼もコンサルタントというか、ビジネスを作っています。

 今、宗教のコンサルをやっているそうです・・・。1000年以上続くリソースがあるそうです。通常のビジネスではありえません・・・。うらやましい。数年後には彼は宗教ビジネスプロデューサーでしょうか・・・。

 それで話しあったのは、正しさのスパンのお話しです。

 私は、人間はより知的になって欲しいと思います。でも、きっと一生、「知」というものと縁が無い人もいて。それはそれで、1つの人生としてありなのです。

 ただ、より知的でありたいという願いは人類はずっと持ち続けてきたように思います。

 でもね、それが万人への価値だとは思わないし、ひょっとしたら、1000年後、知的であるなどという価値は絶滅しているかもしれません・・・。それはわからないのです。

 長いスパンで見ても、わからない。そして、短いスパンで見ても、ハッピーとは限らない。

 例えば、アダムとイブの楽園追放のように、知恵の実を食した人間は、同じ場所に安住していられないものです。次の場所が見えてしまう。そして、今いる場所を追われることもある。

 それは、一時的に、ハッピーではないかもしれません。

 その期間だけで見たら正しくないように思えるでしょう・・・。

 例えば現代のビジネス界で。本当に大きな企業は、ストックしてきた現金資産で成立しています。オペレーションを維持できればそれでいいというビジネスのあり方です。

 そこで目覚めてしまった人間は、飛び出そうとしても、飛び出せないというような状態にあるかもしれません。

 飛び出してしまう人は、一時的にハッピーでない状態を味わうかもしれません。

 しかし、目覚めた人で、他から求められる能力のある人は、飛び出していきます。

 まあ、その場で認められない人、任されない人が飛び出しても、どうにもなりませんけどね・・・。

 どれぐらいのスパンで正しいと言える価値を世に問えるか?それはなかなか難しいですよね。私は「人間はより知的であって欲しい」という価値を世に問うています。

 まあ、「お前がどれほど知的なんだ?」と言われれば、確かに、私程度ではまだまだその価値を問う資格がないかもしれない。でも、問うていきたい。

 その問いへの私なりの答えが、私のビジネスの形ですね。

 まあ、ずいぶんとかっこいいことを書いていますが、ビジネスって面白いもんだなあ、と日々感じています。

 そして、私自身もビジネスとの関わりの中で、変わっていくのを実感しています。まあ、問う価値は変わらないと思いますが、なんというか、その問いをとりまく心のありようがすごく変わっていくのを感じています。

 ちょっと偉そうなことを書きましたが、偽らざる想いですね。それでは次回をお楽しみに。
2009.09.13(07:47)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 半年前にインサイトナウさん主催でやったセミナーの画像がユーチューブに上がってますね。

 これ、わざと見つけにくくしているそうです。何のために・・・、と思いつつ、まあブログに上げてみます。




 見た知人の感想は予備校教師みたいだね、と。

 そうか、私は予備校の先生っぽかったんだ、と。

 確かに早口すぎます・・・。

 このセミナーでは、私の記事を読んでいる人を前提にしたのですが、それが完全に間違っていましたね。ほとんどの人はメルマガのキャッチーな文章を読んで来たのでした。

 まあ、私が完全に相手を間違えてしまいましたね。

 単発のセミナーで伝えきろうとすること自体が間違っているのかもしれませんけどね。

 今回のセミナーhttps://www.insightnow.jp/applications/id/78は、やさしく教えます・・・。ワークばかりやります。まあ、受け取り方は参加者の方の今の課題意識によってばらけてくると思いますし。

 できれば、マネジャーレベルの人が来てくれて、日々のマネジメントにいかしてくれるとうれしいですね。

 提案に関しては、そもそも提案って?というところからやります。その提案が周囲の人間を巻き込んでいくのはどういうことか?ということを認識してもらいます。

 認識すればそこへ向かうことができる、と私は思っています。

 認識が全てに先立つんですね。

 どうすればそこにいけるか?の細かい技術論よりも、そもそもどういうもの?ということをやります。
 
 先日、こういうことに少しだけ触れたセミナーでは、満足度100%でした。

 「難しい」といった人がほとんどでしたが、非常に満足した、という人が多かったです。

 今回も、満足度100%になるといいなあ、と思いつつ、資料を作っています。

 マネジメント、提案にそれぞれ特化した内容は、別立てでやろうと思っています。ちょっとマニアックすぎるので。

 あと、コメントの整理をようやくしました。

 変なコメントを全て削除して、ちゃんとしたものだけ承認しました。今後は、こまめに承認して、表示されるようにする予定です。

 なるべくレスをする予定でしたが、ほぼスルーしてしまっていました。これまでいろいろコメントくれた方、申し訳ありません。

 まあ、このブログにつくコメントなんて少ないですけどね。

 あと、アフィリ、アダルト、荒らしは承認しません。

 では、今日はこのあたりで。

 次回をお楽しみに。
2009.09.14(07:00)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム