FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 今日は、大変でしたが、そろそろ寝ます。

 うーむ。議事録つくってないが・・・。

 つくらないと、案件で何が懸案事項か忘れるが、まーしょーがない。ブログ書き終わったら、寝る。寝るのだ!そして、明日書こう。

 さて、何度か、このブログでもISOについて触れましたね・・・。まあ、ISOはマネジメントシステムだ!とみなさん主張されるんですけど、プロフィットに配慮しないマネジメントシステムなんて、意味ある?ということを何度か書いたような気がします。

 松下さんは、ISO取ってない業者さんとは取引しないという調達基準を持っているので、下請けさんは取らないといけないですよね。まあ、ISO関係者を儲けさせるためのものだなあ、と思ったりします・・・。

 まあ、抜け、漏れが発見できればそりゃ、それでいい面もあるかもしれませんね。でも、それだけのことです。

 中小企業が大きな会社と取引する時の、信頼感を得るには、いいかもしれません。しかし、必ずしもそれが業務品質を保証しないし、製品品質を保証しないのは、みんな知ってますけどね・・・。

 でもまあ、そういうことにしようよ、ISOとってれば、それなりに品質保証してるってことにしようよ、的な合意はあるので、まあ、それでいいのです。トヨタさんはISOは無駄と思っているようですけどね。

 で、その無駄を開き直っているISOが登場した!というと言いすぎな面もありますが、CSRについてのISO、ISO26000のガイドライン案が出てきました。

 まあ、本当に大人の企業向けガイドラインです。

 CSR自体、企業として、当たり前だから、やってね、特に何の証明にもならないけど、という段階のものですが、ガイドラインが出てしまうので、超大企業は取り組みをはじめざるをえません。

 でも、認証されないし、何をどこまでやればいいのかの明確化はなされていないし。素晴らしいガイドラインです。

 まあ、ROHS対応どこまで?改正ROHS対応もどこまで?みたいなもんでしょうか?グリーン調達基準にしても、何をどこまでやるんだ?的なことはよーわからんですよね。徹底しすぎてもコスト的に見合いませんが、鉛がメッキの下に入っていたらといったことまで突っ込むのか?といったお話しに近い。

 ステークホルダーエンゲージメントにしても、ステークホルダーって誰?みたいなところの規定もあるわけではないですよね。

 私はステークホルダーです、ってラベルが貼られている人間なんていないのですから・・・。

 経営企画室みたいなところで、リスクマネジメントの一環としてやるのもあるかもしれませんが、ソーシャルレピュテーションのリスクなんて、そんなに攻めのマネジメントするか?といえばしないですよね・・・。

 まーただ、ステークホルダーとして、この言葉は私は嫌いですが、「市民団体」みたいなところとお話しを企業がしたりするのは、まー、試みとしてありだし、議事録できるし、いーかな、といったことはあるのかな、と思います。

 超大企業のCSR部門は、なかなか、なにすりゃいいのか難しい面があると思うので、やってる感がある活動をするためのヒントは、ガイドライン案に書いてなくはないですな・・・。

 過去には、公害を起こした企業活動も確かにあり、害を撒き散らす可能性は企業活動は秘めている、だから、それの予防策は常にすべきで、その新たな視点を発見するためには、CSRはそりゃ、いーと言えばいい面もある。

 でもまあ、超大企業以外対応している暇なんてないでしょうけどね。いまのところ・・・。

 と、あんまりこのあたりの話題は興味がない人が多いかもしれませんが、意外と今後のビジネスに影響してくるかもしれないと思いますので、知っておくのはよいのではないでしょうか?

 それでは次回をお楽しみに・・・。
2009.10.09(22:47)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 一応、コンサルティングで伝統的に使われている思考の方法だと思います。

 別にたいしたことではありません。

 大きなところから、ロジックツリーで細かく分けていく。分けたものを統合していく。その時に、大体、3レイヤに分けると、なんとなくわかりやすかったりする。

 のっけから意味不明な感じなので、もう少し具体的に説明してみます・・・。

 例えば、昔、大前研一さんが、「インビジブルコンティネント」という本を書きましたね。あの本では4つのレイヤに経済活動を分けています。↓です。

大前研一「新・資本論」―見えない経済大陸へ挑む大前研一「新・資本論」―見えない経済大陸へ挑む
(2001/10)
大前 研一

商品詳細を見る


 「実体経済の空間」「ボーダレス経済の空間」「サイバー経済の空間」「マルチプル経済の空間」の4つですね。

 「実体経済の空間」は実際に交換がモノとお金が人の手で交換されているレイヤ。

 「ボーダレス経済の空間」は国境を越えた交換、などなど。

 アービトラージの丁寧な説明が出てきて、積極的意味合いが出てきます。

 アービトラージが効かない、「WEB2.0の罠」とか、今言われていることへの示唆も、この時点で曖昧ながら書いています・・・。まあ、当たり前のことです。

 興味ある人は読んでみてください。今でも充分通じる内容だと思います。

 一言で言うと、物事を上下ある階層に分けて考えることです。

 人の行動は、マクロ経済の情勢の影響も受けますよね。でも、自分が今もっているお金の制約も受けるんです。

 思いつきで、また例示すると、情報システム組む時に3レイヤで考えますよね?

 プレゼンテーションレイヤと、アプリケーションレイヤと、データレイヤの3つです。

 人が実際に見るところ、まあ、クライアント/サーバでいうと、クライアントのところ。そこでは、どう表現するか?の機能が担われていて。実際に人が接してみるところです。そこで、入出力が行われる。

 で、アプリケーションのレイヤは、実際に処理が行われているところ。なんらかの要求がプレゼンテーションのレイヤからやってきて、データのレイヤとつき合わせて処理を行い、結果を返すんですね。

 最後がデータのレイヤで。データがあるところです。この3つのレイヤに分けて物事を考えると、システムは非常に分かりやすい。

 で、当然、全体としては?という論点も考えなくてはいけませんが、とりあえず分けてみることです。

 例えば、今、貧困にあえぐ人がいて、その人々の貧困にどう処していけばいいのか?という論点があったとします。

 一番大きなレイヤは、社会システムかもしれません。ここの議論では、そもそも資本主義が悪いのでは?的なことも論点に上がりますね。でまあ、このシステム的なものに関する解もありますよね。

 そして、中間的な部分、企業活動の中での論点があるかもしれない。

 そして、最後は個人レベルの活動でなんとかできる論点があるかもしれない。

 これぐらいの階層に分けて考えた時に、階層ごとに解があるかもしれません。一応、資本主義は解体すべきという解が出てくるかもしれません。でもまあ、実行可能性があるかは別ですけどね。

 中間的な部分では、企業レベルのCSRで低所得者に対する活動をすべきという解があるかもしれません。

 そして、個人レベルでは、貧困者に豊かな個人がお金を出すべきという解があるかもしれません。

 一番高いレイヤでの解を実行するには、けっこう大変だったりしますが、その解が正しいけれどもこういう制約で実行できないということがわかった上で、下位のレイヤのことを考えると、また違った解になってくる。

 レイヤを完全に別立てで考える思考と、関係性を一生懸命解きほぐそうとする思考と両方をやってみると、非常に深い理解に至ります。

 とっても若い頃、コンサルティングに入った頃に、この思考法に出会い、非常に衝撃を受けました。まあ、システム系の人には当たり前かもしれないし、オブジェクト指向の考え方では当たり前かもしれません。

 でも、思考法ブーム、仕事術ブームが過ぎ去ってしまった最近はこんな思考は流行しないのかもしれませんし、一般で継承はされないとは思います。難しすぎますね・・・。 

 まあ、こういう考え方を本当はしているけど、クライアントミーティングでは、そうと気づかれないような会議のリードの仕方ができることがコンサルタントとしては大事なんじゃないか?と思います。

 自分の目線に相手を合せさせてもね・・・。クライアントの目線に合わせることが大事ですから。

 もうちょっとわかりやすく書きたかったですが、今日のところは少し意味不明な感じで。もう少しわかるように書ける機会があれば、書こうと思いますので・・・。

 それでは次回をお楽しみに。
2009.10.11(09:32)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日はバラバラとまとまらないことをつらつらと書きます。ごめんなさい。これをノーバリューと言います。言葉の垂れ流しですね・・・。

 昨日は、スーツの直しに、原宿に行ったのですが、竹下通りは人でぎっしりしていました。あんまり休みの日に行かないので、あんなにすごいとは思いませんでした。10代前半の人ですごいことになっているんですね・・・。

 そうそう、ひさびさにエステの廉価体験に行ってきました。美に興味があるわけではなく、セールスプロセスの組み方を見るためです。まあ、また新しい組み方を発見して、さすがエステ業界。セールスの最先端を行っているな、と思いました。

 でもまあ、担当の人の成績上、1人落とすと悪いので、いい時期に半年ぐらいは通ってあげようかな、とも思います。

 毎日毎日、仕事のことを考えてますが、ややキャパを越えているので、あたまがバラバラな感じです。疲労かもしれません。疲労なら、寝れば解決ですが。

 そういえば、「うっ」と思うことを言われました。よく言われますが、何度言われても、「うっ」ときます。

 私は独立はしていますが、結婚していません。「妻子がいないから、リスクは少ないよね」、みたいなことを言われることもあります。ただ、それを聞くと、うーん、どうだろう、と思います。メリットデメリットなので、なんともね。

 独立してやっているという意味ではリスクは同じです・・・。「だから、チャージは安くていいんじゃない?」と続くなら、ちょっと気分は悪いです。提供する仕事の価値と、生活コストはなんの関連もないですからね・・・。私は自分の価値がわかる人とやりたいですから。

 そういえば、twitterのタイムラインにネットで実名公開をすることの意味のようなことが書いてありました。

 で、私は公開しています。これは、ある意味、自分の覚悟を固めるためです。実名で書いていれば、ある意味、逃げられませんね。まあ、スルーするものはスルーしますけど。

 で、私は自分の無学、無知はよくわかっています。でもまあ、批判にさらされることも、成長をもたらす面もあります。知らないというのは、怖いことです。公開することで、批判にさらされる。

 逃げられないから、指摘の是非は調べざるを得ない。そして、知らないことを知ることもできる。

 そういう意味ではいいのです。

 でも、実名公開しても、自分の意見を言わない人、いますよね。こんなセミナーがあったとか、こんな本を読んだ。内容はこうだった。

 で?

 というような人、いますよね。

 で、私はそれだと、上記の目的を達せないですね。嫌です。

 というか、普通の人間であれば、何か聞けば、いいな、興味深いな、学びになるな、とか、そういうことも思うし、本当?意味不明じゃない?むしろ悪影響?とか、そういうことも思います。

 で、それを多少、気は使いますが忌憚なく書きます。

 でも、好きに書くと、好きに書かれる。

 まあ、そうすると、忌憚ない意見がメールとかで帰ってきますけどね・・・。 コメントのほうが、まだいいですが、直メールですごいクレームが来ると、「うっ」と来ますね。

 でもまあ、それはそれでいいと思います。

 まあ、覚悟ですよね。

 撃っていいのは、撃たれる覚悟のあるやつだけだ!というどっかで聞いたせりふもありますが。まあ、撃たれるのが好きなわけではないですよ。それと、撃ちまくるのが絶対的にいいとも思いません・・・。

 私は、ホリエモンはすごいなあと思います。本当に実名さらして、twitterでも、普通にコメント返してやってます。面識ない人からのツッコミにも、返してきます。すごいです。

 まあ、ホリエモンだって、傷つくことはあるだろうし、元気がなくなることもあるだろうけど、あれをやり続けるのは、まあ、本当にすごいな、と。

 と、今日はつらつら、バラバラと、自分の頭の混乱を露呈しました。ごめんなさい。ただ、とにかく眠いのかもしれません。

 それでは、また。次回をお楽しみに。
 
2009.10.12(15:52)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 忙しいです。

 頭の中に、案件分の玉を思い浮かべて、横に並べている。今は7つ。下に4つ、上に3つを思い浮かべる。じゃないと、どれかに偏って考えちゃうので。

 ただ、忙しいと、あんまり優しくなくなるので、それは控えたい・・・。忙しいと早口になり、アンサーファーストになり、まったりとしたしゃべりができなくなる。経営者、決済者相手だと、どんなに早口でもよいのですが、メンバーだとついてこれないので、それは本当に控えたい。

 さて、今日はコンサルティングバリューについてです。

 業界特化型とか、機能特化型のコンサルが増える中、私はかたくなにジェネラルと言い続けています。絞りません。

 そして、カスタムと言います。つまり、パッケージ売りはしません。

 業界の常識に凝り固まると、本当にバリュー出るの?

 パッケージ的なコンサルで本当にバリュー出るの?

 という問いに対する私の答えは常にNoだからです。

 バリューって?といわれれば、クライアントが持続的に高いプロフィタビリティーを出すことです。要は儲かること。バリューを出すは、「儲けを出す」です。短期も長期も含みます。

 まあ、リスクヘッジでボラティリティー下げるというのもバリューではありますが、ある程度大きな企業にしかそんなもんはいらんので、とりあえず私は「儲ける」にフォーカスしてますけどね。儲かってない中小企業ががリスクヘッジとかボラティリティー低下とか言い出したら終わりですよね・・・。

 で、当然、反社会的なことをやって儲ける人は私は嫌いだし・・・。

 いや、全てを相対化して、ゼロベースにすれば今の社会常識なんていらんだろ!という考え方もあるのですけどね。

 まあ、自分なりの倫理観の線引きは持っておかないとね、というマイナスを避ける意味、ある意味性悪的に自分を見た場合の抑止という意味合いと・・・

 企業のバリュー自体が社会性を持っているほうが自然でしょ?私のプランも社会的バリューを含んでて当然だよという、自分を性善説的に見た場合の特徴という意味合いで・・・、

 ソーシャル、と言っているんですね。

 別に、その業界のことなんて、知らなくていいのです。勉強すればたいていのことはわかります。そりゃまあ、わからなければ、具体に落ちすぎなのです。その具体はクライアントが一番強いはずなのです。そこで勝負しても無駄で。

 そこより少し上のレイヤで、儲かるという構造を作る。そして、具体と突合せていく。まあ、うまく合わなければ、パッケージを無理やりあてはめようとしているのでしょうけど。

 ただ、クライアントさんとお話しができるぐらいの知識は、本を20冊ぐらい読めば、楽勝で。

 たいていの場合、その業界を捉えるきれいな枠組みはないので、自分でフレーム創ったほうがよっぽどいいです。

 だから、本を読むにしても、構造とエンティティの両方を別々に取り出して。

 本にある構造はたいていねじれていて。

 で、自分で構造をうまく作って。そこにエンティティをはめて、業界を把握していく感じです。無理やり難しい言葉を使って、参入障壁を高めているとしか思えない業界もあります。

 リースの仕事をした時に、「レッシーのデータがアトラス上に」とか言われてもね、と思ったこともありますが、まあ、そんなん別になんでもないのです。抽象的なレイヤで捉えれば、なんでもないことなのです。

 そして、私は意思をlクライアントに求めます。何でどう儲けたいの?って。まあ、社会的価値がどうこうでもいいですよ。どんな価値を提供して、どんな対価を得て、どう社会が変わるの?でもいいのです。でもシンプルに言うと、何でどう儲けたいの?です。

 まあ、意思がないことが問題といった官僚的な企業もあります。大企業病はある意味、意思のなさだと思います。未来がなく、過去に築いた資産でキャッシュは回ってしまっている状態。従業員は過去に流され続け、少しずつ、疲弊していく。誰もそれを止められない。なぜなら、誰も未来への意思を持っていないから・・・。

 そんな大企業はある意味、ハッピーです。だって、ある程度高給だし。福利は充実しているし。でも、衰退は始まっていて、巨大な船が過去に押し流され始めていることも、誰にとってもどうでもよくなってる。

 まあ、そんな会社は何社か見たことがありますが、それはそれでいいのでしょう。勝手にしなさい、と思ったりもします。でもね、発注者が本当に変わりたいと思うのならば、私はお人好しに助けようとしてしまいますけどね・・・。

 私の意思で発生したプランなんて、意味がありません。目線を合わせる。同じ景色を見るということをしないと、実行可能性が著しく下がります。それではいかんのです。見えているものによって、実行力は全然違ってくるのですね。

 それを多少わざとらしく言ったものがビジョンになります。そのビジョンをシェアしていなければ、その組織にいてもしょーがないですよね。

 意思のない企業に意思をもってもらうのは、すごーく大変で、そんなもん引き受けてたら身がもたんのですが、お人よしなので、けっこうやったりもしますね・・・。

 意思があるけど、うまく明確化できていない人は、なんとかなりますけどね。

 バリューは儲かる結果を出すことで、その結果を出すにしても、意思のお話しにはじまって、いろいろなプロセスがあって。

 まあ、セールス領域に直接手をつけるのが一番簡単で。それ以前のビジネスのモデルの組み方から、オペレーションのシステムの組み方からいろいろあって。マネジメントの問題、組織の問題はけっこう根が深くて、もぐらたたきになりやすくて、というのもありますが。

 まあ、ざっくりコンサルティングバリューについて語りました。また、ロジカルじゃない文章を書いていますね。はっはっは。

 でもまあ、こんな感じです。うまく伝わりますでしょうか?

 それでは次回をお楽しみに。
2009.10.15(20:09)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ちょっと、先月末にやったセミナーのフォローができてません。ごめんなさい。

 アサーティブについてメールで解説と言っていたのですが、まだできていません・・・。今月末には、なんとか、フォローメールを送ろうと思います。しばしお待ち下さい。

 来週は、ちょっとだけ手があきます。そこで、なんとかします。

 さて、ホノルルマラソンに行こうと画策中なのですが、どう考えても契約期間中のお客さんからブーイングがくるような気がする。それまでに圧倒的な結果を出していれば文句を言われないかな・・・。圧倒的な結果を出すには?という問いに答えないと。

 さて、今日は差別や偏見についてちょっとだけ思うことを書きます。

 まあ、いま、多少、繊細な業界の仕事をしています。そう、あの業界です。

 周囲の人々に聞くと、やめておけ、あそこは○○組が、とか、ノースコリアが、とか、伝統的に差別を受けてきた人々とか、そういう集団に近いところがからんでいる・・・、もう、都市伝説か?と思うほど、いろいろな名前が出てきます。

 確かに、そういう面もあるのでしょう。

 でも、そういう人たちを見たことがあって、実際にひどい目にあった人なら言ってもいいかもしれませんが、見たことない人はいっちゃだめなような気がします。

 差別の発生って、ある集団にラベルを貼ることからはじまると思います。本人たちにとって、思わしくないラベルが貼られる。

 そのラベルには、いろいろなキーワードが関連付けられます。

 昔なら、ケガレテいるとか。イヤシイ仕事をしているとか。

 今でも、水商売という言葉があるように、人は職業に貴賎をつけたがりますよね・・・。悲しき性です。

 確かに、ある業界では、競合の仕事をまくっただけで、土下座しろ!ということも、確かにあるかもしれません。これまでの取り分をよこせ!というお話しもあるかもしれません。市の職員が施設を作るお話しを業者さんに持っていって、リベートがあることもありますよね。そして、それが止まって、事件に!といったこともあるかもしれません。

 そういう業界でも、まっとうな経営者の思いとしては、上場して業界全体の地位を上げたいというのもあるでしょう。

 吉本興業が上場したときも、そういうお話しありましたよね。任天堂の人も言ってましたが、20年ぐらい前は、ゲームは不良がやるものという認識がすごくあって。ゲーム業界の地位も低かった。

 ゲームセンターは未だに風営法管轄ですけどね・・・。

 ゲームセンター系と言ってもいいかもしれない、セガさんも上場していて。任天堂はいまや、世界トップクラスの評価を受ける企業へと成長してしまって。

 個人が嫌いで、本人に思わしくないラベルを貼って、集団でそのラベルを共通認識としたら、いじめですよね。もろにいじめです。

 それをある集団に対して、本人に思わしくないラベルを貼って、より大きな集団の共通認識としたら、差別という概念に広がるのでは?と思ったりもします。

 もしも、小さな集団が、大きな集団に勝手なラベリングをしたら、その小さな集団は反社会的勢力になる。カルトとか、宗教はそういう感じでしょうね。

 ヤクザは、どちらかというと、小さな集団が自分たちに特殊なラベルを貼るということと、社会がその集団にラベルを貼っているのと、両方があるように思います。

 まとめっぽく書きますと、複数の集団があって、集団の大小があって、外部のラベリングのお話しと、内部のラベリングのお話しがあって、ラベリングされた側にとって、たいていは小さい側の集団ですが、その小さい集団にとって、その認識は思わしいか、思わしくないか?というお話しになりそうに思います。

 その上で、集団に適用したラベルと関連付けられた言葉は、その集団に属する個人に、その個人の意思に反して適用される。

 そういうの、差別ですよね。

 単に、個人を個人が嫌うというお話しではなくて、差別は集団がからんでくるお話しなんだと思います。

 個人として、あいつ嫌い、と思っている分にはかまわんでしょう。集団に認識を広げ、統一見解とした時点で「いじめ」ですけど。

 嫌い、と口にしないことって大事な気もします。その当人がいない前で誰かとそういうことを口にするのは、よくないですよね。きっと。

 と、あんまりきれいな理屈じゃないですけど、こういう感じだと思います。

 では、このへんで。次回をお楽しみに。

 
2009.10.23(17:02)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム