**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 昨日の夜、セミナーを無事終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 ご協力いただきました皆様もお疲れ様でした。

 ちょっと、外部世界への働きかけの際のロジカルな考え方と、アサーティブの部分が説明が不足しました。すいません。

 メールでフォローできる部分は致しますので、よろしくお願いいたします。

 セミナーの感想をメールでいただいた方もいらっしゃいました。ありがとうございました。内容を紹介したいところですが、今回は止めておきます。

 セミナーでは、みなさん楽しそうにしてらっしゃったので、ありがたかったです。あの内容を3時間でやるのは、ふつうはありえないのですが、たまにはいいと思います。頭の回転が1.5倍速ぐらいになったのではないでしょうか?

 また、こういった機会を企画できればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 では、また。
スポンサーサイト
2009.10.01(22:11)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 許諾をいただいたので、セミナーの感想文です。

------------------------
昨日のセミナーは、最高でした。
本論もそうですが、脱線した話も非常に勉強になりました。ありがとうございます。

NLPについて、なぜミラーリングやバックトラックなどでラポールという状態を作り出せるのか、よくわからず使っておりましたが、昨日のセミナーを聞いて 初めて、「理屈が理解できていなかった」ということを知ることができました。また、それ以外にも多くのヒントを得ることができました。全てが繋がったよう な気分で、私自身のエネルギーが高まっております。

非常に感謝しております!
取り急ぎ、御礼をお伝えしたくメールしました。
ありがとうございました。

------------------------

 コンサルティング業に従事されている方からでした。

 他にも数名の方の感想をいただいております。

 まあ、よかったなあ、と。

 ロジカルコミュニケーション系の研修なのですが、私は、ロジカルシンキングから入るというよりは、心のありようから入って説明するほうですね。

 感覚、感情の部分と、言語。意識と無意識。ビジョンから、ストラテジー、そして、マーケティングからセールス。そしてマネジメント。

 そのあたりを全て統合したモデルをざっくり説明しました。

 ただ、多分、あんまり一般受けはしないだろうな、とは思っています。受け取るには、ある程度の力量が必要な情報ですからね。

 次回は、ビジョンとストラテジー、シンキングメソッドあたりをつなげるようなセミナーやろうかな、と思いつつ、以前やって、理解できた人は一握りしかいなかったフレームワークのセミナーでもやろうかな、どちらにしようかな、と思っています。

 では、また。次回はちゃんとまともなことを書こうと思います。
2009.10.02(20:43)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ちょっと、連日夜中まで仕事をしているので、ブログの更新が滞っていました。ごめんなさい。

 眠い。けど、今朝はけっこうゆっくり寝れました。

 まあ、今日も仕事しているんですけどね・・・。

 さて、今日はゼロベース思考についてです。

 まあ、本当に、本当にゼロベースで外部を認識してしまえる人は、悟ってしまった人ぐらいでしょう。人それぞれ、大事なものは違います。その違いを価値観というのですね。

 確かに、大事なものがなければ自由になれますよね。

 すごく極端で卑近な例を出せば、嫁と子供がいない人は、いる人よりも意思決定の自由度は高いですね。

 で、まあ、面倒なのは、大事なものという認識が、意外と無意識的なので、自分が何を大事にしているか?がよくわからんことです。

 そういうのを探る時に、自分にいつもつぶやいている質問は何か?というものから探るというのもあります。そういう日々自分に問うている問いをセントラルクエスチョン、プライマリークエスチョンと言ったりしますけどね。

 まあ、そういう大事だと思っているもの、もしくは手放せなくなってしまっているものを、一旦取っ払ってモノを見てみませんか?というのがゼロベース思考ですね。

 そうすると、今までと違う外部の見え方、捉え方ができたりします。

 なので、これまで考えつかなたかった結びつきなどが見えたりもします。

 つまり、思考の幅が広がってくるということです。

 まあ、完全に全てをとっぱらえるわけはないのですが、少しだけ、大事なものを変えてみる試みをするだけで、ちょっと違った世界が見えますよね。

 優れた芸術作品も、世界の見え方を変えてくれたりもします。

 例えば、雪舟の水墨画をずーっと見てから、美術館に来た道を帰っていくと、木々が全く違った見え方をしたことがあります。そういう体験とか、ありません?

 雪舟の書く木って、すごーく変わってます。その変わってる見え方を知っただけで、少し見るところが変わっちゃったのですね。

 すごいことです。

 人との出会いも見えるものを変えてしまいます。新たな人々と交流すると、ものの見え方が少し変わったりしません?

 すごい人だなあ、と思うような人と、一緒に仕事をしていると、仕事の捉え方、見え方がすごく変わったりしません?

 そうすると、まあ、異論はあるかもしれませんが、素敵なブルーブックというのは、経営陣のモノの見え方を変える可能性があるのです。

 外部世界の見え方が変われば、リソース配分の考え方も、ポジショニングの考え方も変わってきますよね?

 別に、外部環境が変わるから適用するために変わらなくてはいけないわけではない、と思います。

 外部環境は、プレーヤーによって、その見せる姿を変えるものです。

 まあ、そこに惑わされないように、大事なものを取っ払って、見てみて、景色が違うことがあることも認識して、そこから、また元の世界に戻ると、見落としていたことを認識したりすることができるのだと思います。

 こういう感覚、うまく伝わるでしょうか?

 では、次回をお楽しみに。
2009.10.03(18:26)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 隙間時間を活用しないと、いろいろとやれない状況です。

 Twitterはすき間でやれますね。やっている人は、昔の2chと同じで、30代、40代が多いようです。若者は「リアル」からの移行はしないようですね。

 mixiの日記は鍵がかけられるからいいらしいですが・・・。大学生もTwitterやってない人が多いようですね。

 さて、先日は、すき間時間をぬって、カラオケに知人と行ってきました。事務所を抜けて、1.5時間カラオケ。事務所へかえって仕事、といったように・・・。ただ、リラックスするといろいろ思いつきますね・・・。

 それで、カラオケ行って思ったのですが、木村カエラ、意外といいですね。

マスタッシュ/memories(original version)マスタッシュ/memories(original version)
(2008/09/10)
木村カエラ

商品詳細を見る


 マスタッシュ。聞いたのは初めてでしたが、いいなあ、と。

 イギリス人と日本人のハーフなんですね。初めて知りました。最近、とんと芸能事情には疎くなりました。テレビを一切見ないからですね。 

 元々、マスメディアは見ないのです。新聞もほとんど読んでいません。そうすると、皆さんに驚かれます。えー!って。

 でもね、プロジェクト遂行にはプロジェクト目的に引っかかる情報しかいらんと思います。日経テレコンひけば、必要な新聞記事は出てくるし。

 自分がIRに多少かかわっていた時、いかに日経であろうと、新聞に出ている情報はあてにならないか?ということがよーくわかりました。当該業界について、詳しい記者というのも意外と少ないもんだ、と。

 そして、クライアントに、「この商品が全然売れなくて困っている」といわれた商品が、新聞紙上では、「好調だ」とか書いてあったりします。

 笑ったのが、「前年比20倍売れている!」と新聞紙上には書いてあったのですが、クライアントに聞くと、「これは去年1個で、今年20個ってことで。想定販売の100分の1ぐらいなんですよ」と・・・。広報は立場上、こういうでしょうけどね、だそうで・・・。

 本当にあてにならんもんです。

 まあ、ファクトは別にして、今、どんなことを仕掛けようとしている人がいるのか?という目線で読むほうがいいのではないか?と思ったりします。

 PRの会社が仕掛けているし。新聞記者は、他のマスメディアに取り上げられたものを取り上げるといった記事の作り方をしますからね・・・。

 社会起業がもてはやされています。メディアに取り上げられたりします。

 でもね、うまくいっているとPRされている社会起業も内情はけっこうやばいところもあるのですよ。キャッシュを儲け、人を使ってしっかり事業を回す力がある人がやる分には、いいかもしれませんが、民間で儲けられん人が社会起業やって回せるわけもなく。

 プランジャパンさんはけっこううまく行っているみたいですが、あれも相当マーケティングに強い方が民間リタイヤ後にやっているそうで。

 いきなりやれる若者がいたら、見てみたい。いや、社会の役に立ちたいという思いは大事ですけどね。じゃあ、今の社会システム上、お金を儲けることがどのように社会貢献になるのか?を知った上で、社会の役に立ちたいと言って欲しいものです。

 ただね、スレスレの商売も山ほどあります。私も一時期、多少かかわりました。本当にスレスレの販売手法は山ほどあります。特にエステ、着物屋などはすごい・・・。一時期、相当の自己破産を生み出し、すごいことになりましたね。

 そこに身をやつすのは、社会貢献とは言わない場合も多々あります。いわゆるブラック企業のひどいバージョンに入社しちゃうと困ります。

 社会の役に立ってる感はなく、お客さんを騙している思いだけが先立つでしょう。そういう企業に運悪く入ってしまったら、そのノウハウをできるだけ吸収し、社会の役に立つ形にできるように考え続けることでしょうね。

 たまに、高いところから、「社会の役に立たない商売なんてないですよ!」というやつもいて、そういう人を見ると、幸せな人なんだなあ、と思ったりします。

 毎日、主婦を騙して着物を売りつけて、借金漬けにして、家族を路頭に迷わせるのが、本当に社会の役に立ってるの?と思ったりします。1週間でいいから、そういう職場に勤めてみれば?と思います・・・。

 トイレに行こうとする女子高生に声をかけ、着物を着せて、これいいでしょ?と言って、80万円のローンを組ませたりするのが本当にいいの?と思います・・・。ありとあらゆるハメる技術を使えば楽勝です。

 まあ、ちょっとリアルすぎるのでこのへんにしておきましょう。

 まあ、私も自分が正しいことをしている!と妄信はしません。ただ、より知的な世界がいいなあ、そのほうが幸せじゃないのかなあ、と思うだけです。それを実現するためにビジネスを始めました。それだけです。

 社会起業というつもりもなく、その日ぐらしをしています。まあ、なんとか3期目を過ごしております。

 ちょっと、脱線が過ぎまして。それでは次回をお楽しみに。
2009.10.04(20:56)|ソーシャルコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
 最近、仕事が増えて喜ばしいのですが、眠る時間がけっこう削れています・・・。眠いです。

 でも、まあ、自分の仕事に正統な対価を支払ってもらうのは、ありがたいことです。初めの頃は、非常にしんどかった。

 なぜか?

 そりゃ、もともと私を知っている人は、私が一瞬でいろいろやるのを知っているから、そんなんにお金をバーンと払ったりはしない傾向があったのですね・・・。

 事業会社時代、いろいろと呼ばれたりすると、その場でホワイトボードにソリューションをさらっと書いて、こんなんでどう?とやっていました。種を明かせば、会社の経営課題になりそうなことは、あらかじめほとんど考えていたからできたことです。

 見ている人には魔法のように見えたでしょう。むしろ、そうすることで社内のプレゼンスを作っていたような面もあります。

 ただ、それが、私がどんな課題に対してでもできるかといえば、そうではない。

 全く経験のないことなら、それなりに調べるし、時間がかかるのです。

 しかし、私が魔法のようにいろいろと紡ぎだしてしまうのを目の当たりにした人は、あんまりそう思わないでしょうね。ドラえもんみたいなもんです。困ったら、ポケットからいろいろ出してくれる。そんなふうにしか思われてなかったでしょうね。

 で、独立してみて、こんなことやってよ、と言われて、やる。でも、一瞬で出来るんだからいーじゃんと何度か言われました。

 けっこう、悲しかったですね。いや、せつなかったですね。非常に。

 まあ、支援してくれると言っていた人が実際に支援してくれる割合は2割ぐらいと昔も書いた気がしますが、そんなもんです。

 で、わりかし常識的に価格付けしてくれる人に出会い、そういった人たちと信頼関係を結ぶのにはそれなりに時間がかかって。

 まあ、今は忙しくて、忙しくてしょうがないですが、そーでもない頃もありました。独立して半年は本当にきつかったですね・・・。

 狙いで今のようになったかと言えば、「運」というのが正しいと思います。あやしいことをあんまり語ってもあれですが、営業努力はそんなにしてないのです。でも、あった人とは、それなりに仕事になります。無駄なことはあんまりないですよね。

 最近、多少、人前に顔を出そうとしていますけど。ただ、いわゆる営業努力は全然してきてないです・・・。

 そして、元々の人脈と言うか、そういうものは一切役立たなかった。

 まあ、私の場合、一回仕事をすると、発注者の満足度は非常に高いので、なんとかなっているんでしょう・・・。でもまあ、やる前に伝わらないものは売りにくいですからね・・・。

 あと、「伊藤さんのために仕事回しますよ」というようなことを言ってくれるマインドは嬉しいですけど、実際に、そういう人から仕事をもらったことは本当に皆無です。

 まあ、そういうもんでしょう。

 やる前には、どういう良さがあるのかがよくわからん、というのが私の特徴でしょう。まあ、私が私のコンサルをしたとして、なんと売りにくい商品だ、と思うだろうなあ、と思います。

 だから、あんまり自分を売ることは考えてません。まあ、私自身は素でいて、それをいいと思った人が仕事をなんとなく出してみて、出してみたら、意外とよくて、ということの繰り返しでしょうか?

 こんなものはマーケティングでもなんでもないですね。はっはっは。

 まあ、でも、コンサルタントはピン芸人みたいなもんですから・・・。

 なんか、今日は、そんな昔のことを、忙しいのに思い出してちょっとせつなくなっていました・・・。そんなこともあったよなあ、と。
2009.10.07(01:24)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。