**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 なんとなく、今日はポエムです。そういう気分なのです。携帯で誰かに書いた文章を載せてみます。

 ホノルルマラソンに行きたかったけど、行けなかったとか、今年の漢字が意味不明な「新」になったとか、そういうことにイライラしているからかもしれません。

 で、今日は東京は雨です。

 朝だからか優しげな雨が降っています。クリスタルケイを聞きながら電車に乗ってます。

 クリエイティブな人をインスパイアするのも私のお仕事です。

 経営者のみなさんはとてもクリエイティブです。そういう方のクリエイティブスイッチをうまく押せたなら良かったかな、と。

 でもまあ、私はキャラクター的にはサラリーマン金太郎みたいな感じです。自分でいろいろとあがきますが、結局、人の力で道が開かれます。さわやかさのかけらもありません。

 誰とやるか?がすごく大事になってしまうキャラクターですね。付き合いは注意深くしていかないと悪いもんをもらうこともあります。まあ、それもいとおしき残された時間です。

 そのときそのときで自分の課題に向かえばいいと思います。流れにのってもいいし、のらなくてもいいのです。ただ、楽な流れもありますね。全体が作りやすい流れです。

 恋はするものではなく、落ちるものだそうです。あまり落ちたことないですけど。だから自然でいいと思います。感動は理性や理解を越えたところに生まれると思います。技巧で作られた完成度の高いものは尊敬に値しますがそれをぶち破るものはうまく説明できない。

 それを真似ようと技術が生まれるとも思いますが、所詮劣化コピーです。私は何かと繋がる感覚のほうを重視します。そこに何があるかは出してみないとわからないけど、出してみるといろいろとわかる。そういう体験のほうが素敵な学びです。

 編曲とかはきっと技術が大事なのかな、と勝手に思ったりします。でもね、作った人の深い部分に同調しないとうまくいかない気もします。

 最近はあんまり文章を書きません。文章はこうやって1人に向けて書くものだからです。マス向けのメッセージなんて本当はないのです。マーケティングでも最近になってようやく1人に向けたメッセージが万人に響くことがわかってきています。

 いろいろなイメージ技法がありますけどね。身近な友人4人を1人に重ねてみる。重ねた人がどう感じどう行動するか?を想像してみる。

 もしもアーキタイプがいくつも1人の中にあるならばおかしくないはずです。むしろよりリアルな人間に近づきますね。

 ブラックベリーで書いてると長さがよくわからなくなります。全体感が見えないからですね。でも、そういう書き方をして、後でバランスをとったほうが、伝わる言葉が紡げるように思います。

 『いま、ここ』にいる感覚にいられるからでしょうね。

 時間が幻想だとしたら、全ての過去、現在、未来を凝縮した今が全てであり、空間が幻想だとしたら、すべての彼方、此方を統合したここが全てなはずですね。

 「個にして全体、全体にして個」というのはそういうメッセージだと思います。

 今日もこの空間が素敵で知的でありますようにと願いつつ。

 ブログの更新が全然できてないです。ので、この文章はこのままブログに載せます。誰かへのメールですが、こういうことをきっとブログに書きたかったんだろうなあ、と思って載せてみます。

 たまには、こういう文章もいいかな、と。

 では、次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2009.12.11(22:01)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日は、メディアについて適当に書きます。

 分析して統合するというよりは、なんとなく、こんな感じだよねー、というお話しです。

 なんというか、マスメディアが最近、元気がなくなってきていますね。今でも十分強力ですが、テレビ局が赤字になったとか。大手新聞社も広告出稿が激烈に減って、朝日新聞は初めて赤字になっているとか。雑誌は真っ赤っ赤だとか。

 まあ、人件費が強烈に高いですからね。

 テレビ、新聞、雑誌というのは、めちゃくちゃ人件費が高い。残業は青天井でついてましたし。

 朝日新聞に、何人か知人が行っていますが、これまで経費がじゃぶじゃぶ使いすぎだったのが、少し締めつけがはじまったと、先日言っていました。まだまだ楽勝みたいですが、そろそろリストラはじまるでしょうね・・・。警察にくっついてる記者やってる人にはハイヤーがついてます。まあ、仕事の特性上というお話しなんでしょうけど、すごいですねー。

 新聞は、宅配で多くの家庭に配られてましたからね。毎月集金が来る。毎月毎月支払うモデルは経営が安定するのです。そして、広告収入まである。経費は印刷と人件費。新聞の宅配所は別経営なんですよね・・・。ちょっと前には、宅配奨学生が、あまりの激務で過労死や、自殺事件があって、問題になったりしましたよね。やってた人に聞くと、勉強なんてできるわけないそうです。宅配奨学生をやってかえって成績が落ちたと言ってました。あくまで個人の感想ですけど・・・。

 だって、朝早くから新聞を宅配するでしょ?宅配する前にチラシ織り込まないといけない。その折込みはすごい重労働だそうです。そして、帰ってきたら、御飯食べて、夕刊にチラシを折り込む。ちょっとだけ勉強。そして、夕刊の配達。帰ってくると、もう夜になってる。朝は3時ぐらいに起きないといけない。そりゃ勉強無理ですね・・・。

 テレビは、広告が入らなくなって、制作会社が昔ほど儲からなくなったそうで。

 最近は、PR企画と題して、ベンチャー企業やらに出演しませんか、数百万円です!PR効果あります!とやっているそうです。マス商材扱ってるならいいですが、そうじゃない会社は記念に出るみたいになるでしょうけど。

 あと、通販番組ばっかりになってきてますよね。あれは、まだけっこう電話は鳴るようです。やった瞬間にガンガン鳴り始めるそうです。すごいですねー。コストも高いけど、リターンも高い。通販番組は販売費で50%ぐらい取るそうですが、まあ、マーケティングコストですね・・・。

 昔、キー局を袖の下で、クビになってしまった社長さんと仕事したことありますが、テレビは昔は激烈に儲かったそうです。すごいですねー。「でも、今は美味しくなくなっちゃった」と言ってました・・・。どれだけ儲かってたんだよーというお話です。

 今日は、「ばか」っぽく書いてます。ええ、自覚してますよ。

 で、雑誌、出版社ですね。今日は無視します。だって、あまりにおかしな見解がまかり通りまくっているので、なかなか書きにくいんですもの。「活字離れ」も都市伝説だと思います。まあ、今日は無視します。

 で、ですね。マスの反対って何か?と言いますと、マイクロですね。マスメディアの反対はマイクロメディアです。例えば、企業のホームページはマイクロメディアと言えるでしょう。あと、企業のメールマガジン。これもそうですね。

 メルマガスタンドが経営がどんどん苦しくなってるみたいですね。Yahooメールもサービス停止だそうです。そりゃそうですよね。結局、メールマガジン書いている人とのリレーションができるのであって、広告主とのリレーションができるわけではないのですね。

 まぐまぐも広告が一番まえにつくようになりました。もう終わりかけているみたいなので、うまく自前のメールマガジンに移行する方法考えないと、サービス停止になりそうな気がしています。

 もしも、ネットショップのメルマガとってたら、そのネットショップの商品紹介は書いますけど、ついてる広告をクリックするかと言ったら、しないですよね・・・。もはや自前でみんなメールマガジンを出す時代になっています。そして、見込みのお客さんとのリレーションを自前で作っていってますね。

 企業が自分でコミュニケーションしてます。まあ、健全といえば健全ですよね。どう考えても見込み客からのコンバージョンは高い。顧客の流出率も低くなる。いいことずくめです。マス広告はそんなん保証してくれませんもん。

 で、費用対効果がある形で購買につながるか?で言ったらPPCで正直十分なんですよね。まじめにやればPPCで集客は安くできます。でも、もはやわざわざPPCを自分で設定する人がいなくなってて、設定代行業者に頼んだ方が早くなってます。

 SEOは、もう対策を撃ちまくっている人がいっぱいいるから、これからやるというのではしんどいかもしれませんね。ただ、なんかしら、購買と直結したキーワードで1番になってると、それだけで商売が成立したりします。で、誰かに発見されて、まじめにSEOやられて、まくられると、とたんに商売が成立しなくなったりしますね。

 で、企業は自前でメルマガとかホームページやれて。集客は、googleとyahooのPPCで十分です。そうすると、マスなんて使わんですよね。

 これまで、マスメディアはややこやしいモデルでしたね。テレビは無料で見れた。でも、番組の間に挟まれる広告を見てね、と。番組には、多くのタレントと言われる人が出演し、制作会社の人が番組を制作する。広告代理店が枠を広告主に売り、広告制作を手掛け、そこにも、タレントさんが出演して、制作会社の人が映像広告を制作した。

 タレントさんは芸能事務所に抱えられて。

 関係者がいっぱーい。

 今のコミュニケーションはシンプルですね。企業と顧客が直接コミュニケーション。集客先はソーシャルメディアだったりします。

 ただ、ニッチな健康情報サイトとかを作って、アドセンスでgoogleから収入を得ているような企業もあります。PV集められれば、まあまあお金は入るそうです。そういうニッチな情報サイトが広告モデルで成立したら、タレントさんを使うかもしれませんね。いや、もう使っているのでしょうか?

 でも、マスメディアのように、キー局の数が規制されているわけでもないので、人の嗜好の数だけ、ニッチポータルは成立しています。この後どうなるのかは知りませんが、小粒に成立していますね。でも、昔のマスメディアみたいにはならんですよね・・・。

 メジャーポータルはどうなの?SNSは?ニコ動は?2ちゃんは?と思いますよね。今日は無視です。はっはっは。いや、これもね、触れるのがけっこう大変なんですよ。

 まあ、でも、広告効果が落ちてるよ!という企業は何をすればいいのか?

 インターネットです。やり方間違えなければ、数カ月以内に効果がでます。いまのところね。

 間違っても、業界誌に広告出す!とか、やめて下さいね。よっぽどプロセスしっかり組んで、役割が明確ならいいですけど・・・。

 苦しいから業界誌に出す!というのはやめて下さいね・・・。儲かってないなら、とにかくWEBです。考え方が間違ってなければ、無料サービス使い倒して、必死でやって、ということでも効果はあります。

 WEB対策でお金がじゃぶじゃぶ使えれば、なおいいですねー。

 と、さて、こんな感じです。どんな感じなんだ!とお怒りをもらいそうですが、こんな感じです。

 誰でも知ってることをなんとなく、つらつら書いてしまいました。

 で、ちょっと難しげなことは次回書こうかな、と思います。

 それでは次回をお楽しみに。

 

 
2009.12.16(21:13)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 なぜ、「新」なのでしょう?意味わかりません。

 新政権?

 というか、民主党のほうが、官僚出身者多くないですか?

 構造改革するかと思ったら、しない。というか、むしろ規制強化・・・。

 亀井&みずほが社会主義化政策を推し進めるのだろうか。いや、規制強化すると官僚組織がさらに肥大化するから、民主党的にはオッケーなのだろうか?

 小泉、竹中路線への反発!とか言っているけど、既得権もっていた人たちの反動なのかなあ・・・。

 マスコミが元気なくなってきてる、というお話を先週書いたけど、あの人達は既得権益を持っている人たちですね・・・。ホリエモンが、インターネットでのニュース配信が、ネット記者によってなされるようになる!と言ったら大反発でしたね・・・。

 ただ、もうインターネットに広告費は逆転されて、差をつけられるのでしょうけど・・・。演歌のように、取り残されて、なぐさめをたらしながす人々へとなっていくのだろうなあ、と思います。

 ただ、そういったことを一時的に延命するような反動?が起きているのでしょうか・・・。

 1000円カットのQBは規制しろ!水を使わないのは不衛生だ!と言って、既存の利用組合が陳情して、規制強化になるようですね。結局、税金のコストで取り締まられるので、社会コストアップなんですけどね・・・。

 オフィス街に無店舗で売りに来る弁当屋は規制しろ!と区が規制強化するそうですが。あのね、店舗に価値があるようにすれば、お客さん来るんでしょ。店舗の提供価値が価格に見合ってないから客が来ないの・・・。規制で競合を取り締まるのはやめてください・・・。

 そりゃ、明らかにスジが通ってないなら別ですよ。

 でもね、法律も、社会全体の効率、効果を考えたらおかしい、となったら変わりますからね。コンプラも大事だけど、法改正を促すのも大事です。どちらかというと規制緩和のほうに動かして、官僚に支払うコストは下げるほうにしないと、税金が結局上がりますよね。

 コンプラだけやるのは片手落ちです。コンプラしつつ、おかしいことは変えろ!とやっていくのが大事でしょ。規制強化を陳情するのは自分だけが得をしようとするフリーライダーですよね。

 フリーライダーが出ると、みんな相乗りしようとして、結局、税金が上がって、自分たちが損をするのよ・・・。それをわからないといかんです。

 そういえば、ホリエモンの「希望論」、読みました。

「希望」論「希望」論
(2009/11/26)
堀江 貴文

商品詳細を見る


 すごーくまともでした。

 まあ、ちょっとゼロベースすぎる方です。すべての制約から開放されている方ですので、違和感が出る方は出るかもしれません。

 最近、Twitterで難しいTweetをポストしまくっているので、解説してくれと言われるのですが、ちょっと今日はしません。

 難しいポストの解説はまた今度で。

 それでは次回をお楽しみに。
2009.12.18(17:14)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
  今日は、晴れ渡っております。ここまで光に満ちていると妄想する暇はありません。

 光は妄想は打ち消し、闇は妄想を育む。

 必ずしも、光がよくて、闇が悪いとは言いませんが、光に満ちた時は、他人を侵害しませんね。それは素敵なことです。

 闇に包まれ、他人との境界があやふやになったとしても、それはそれで素敵なことです。

 一体感を得るのは気持ちのいいことですね。ただ、一方的に一体化すると、他人を侵害してしまう。それはとても悲しいことです。ハリネズミのジレンマですよねー・・・。

 つながる感覚は創造には重要だと思います。結局、子供の頃の幸せな感覚につながることは、まだ、世界への視点が固定的でなかったころの世界を思い出し、世界の見方が柔らかくなり、その後得た知識を柔らかい視点で見られる。全体性がひっくりかえることもあります。

 たまに、ひっくり返ったまま、戻せなくなっちゃう人もいますが、それはそれで一興ですね。

 私は、人間はうつろな容器だと思っています。いや、うつろな容器を目指して修行している坊さんがやまほどいます。

 お釈迦様は、「私はなんでもない」というところに自由に行けた人だと思います。

 でも、なんでもないままだと、生命活動が維持できないので、戻らないといけません。

 悟りは、いつでもその状態につながれることであり、いつでも、いまの自分に戻れることだと思います。

 自分がなんでもなければ、すべてが認知できます。でも、その認知下で生命活動は維持できません。まず、殺生できない。御飯食べれない。人生に意味がなくなってしまう。でもすべては瞬時に了解できる。

 おそろしいですねー・・・。

 で、その感覚から、いろんな人の感覚に移れる。友達の認知空間へ移動したり、いろんなことができます。他人になったつもりで考えるのは、悟りの境地じゃないとできません。

 悟りの境地じゃなくても、多少、自分の認知をずらすことが出来る人もいますし、他人になったつもりになると、いつもと違う認知が訪れますね。

 見えるもの、聞こえるものが違えば、感じることが違い、行動が違いますね。

 その違う世界をつらぬく知覚をもたらすのが、優れた芸術作品です。

 みんながいいと思うものは1つの強いメッセージです。それは、みんなの認知をずらし得るから感動するのです。

 認知のずれは、自我の変化です。自我の変化を成長と人は呼びます。

 こう考えたとき、ターゲットの嗜好がどうというのは、些末な最後の最後の細かい表現の部分で気にすべきことです。はじめにターゲット云々とやる理由は、ファクトの認知量を上げるためです。重要なものしか見えませんから。
人によって重要なものが違うので、人は世界の都合のいい部分しか見ていません。

 万人の都合のいい部分をすべて重ねて、ようなく十分なファクト量に至ります。いや、それプラスアルファのファクト量を稼ぐために、「誰でもなく」なるのですね。

 その上で、それをつらぬく全体性、まあ、コンセプトと言ったりしますが、そのコンセプトでファクトを見ると、すべてが勝手につながる。

 その上で、見えたもの、聞こえたもの、感じたものを、紡いで、表現に落とす。表現に落とすときに、マス向けとか、そうでないとか、そういうことを初めて考慮するのだと思います。そういう意味でターゲティングは些末な問題だと思います。

 特にコンテンツビジネスではそうだと思います。

 この方法論が絶対とも思いませんが、歴史的に自然だと思います。釈迦が紀元前後に考案した考え方です。仏教の広がりを考えれば、強烈な強さを持っていると思います。

 ただ、モノオリエンテッドで考えたときは、もっと強い考え方が西洋近代科学ですね。彼らの考え方は、普遍性を志向しつつ、普遍性はないけど、実際的なところに強い。

 なーんてね。

 なんか、書いてしまいました。

 ちょっと意味不明でしょうか。ごめんなさい。
 
 では、次回をお楽しみに。
2009.12.20(10:40)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ちょっと、年明けから仕事は本当に絞る方向性でやって行こうと思います。時間制約との戦いになってます。人を雇う方向性もあるのですが、私の元部下は給料高すぎるので、まだ無理・・・。いい出会いがあると期待しますが、絞る、が現実的かな、と。

 そして、今年を振り返っている暇がなく、今年は振り返る企画はもっと先にまわします。そんな気分です。

 今日は、最近の名言、いや迷言?「アメーバなうとTwitterはカニばらない」をつらつら考えてみようと思います。

 まず、みんなが言ってる用語が間違ってる問題から。

 カニバリゼーションは、共食いです。自社内サービスが共食いをしてしまうことを指します。視点がすごいですね。この人は、インターネットサービスの所有者でしょうか、アメーバなうとTwitterの両方を所有している気分なんでしょう・・・。

 と、茶化すのはやめて、競合する?、しない?、のお話を「カニばる」と思わず言ってしまったんでしょうね。

 まあ、用語的には、こんな感じ。

 で、競合する、しないでいうと、競合するでしょうね。

 普通に行けば、アメーバなうが完敗する方向性で競合すると思います。

 マイクロブログ市場という言い方でいいかは別にして、そういう市場を規定しましょう。

 ブログの簡易版。ブログ書くのは大変!だからちょっと書くだけでいいサービスですよー。これならコミュニケーション楽しいでしょ。みんなできるでしょ。トラフィックあるから広告収入でげへへへへ。物販もして、げへへへへ。

 ごめんなさい。品性を落としました。

 と、そもそも日本のマイクロブログのメインプレーヤーはアメブロなんですよね・・・。

 で、実際には一般人がブログで語り合ってもバリューねえよ・・・、というお話しかどうかは別にして、そういう感じで芸能人が写真とかをアップしてちょこっと私生活をさらすことにアクセスがいっぱいくる。トラフィック増える。真似するプチ芸能人も増える。まねする勘違い一般人も増える。広告収入でげへへへへ。物販もして、げへへへへ。

 ごめんなさい。また品性を落としました。

 で、アメーバなうと、アメブロはもろにカニバリ、「カニバっているアメーバなう、アメブロ連合」がTwitterと競合しているという図式で見る見方が意味があると思います。

 でまあ、書き手を見ると、アメブロは芸能人が書いていることに意味がありますよね。芸能人が商品紹介すると、モノが売れたりする。芸能人+ブログの販売力はやっぱすごいのです。

 そして、お金がはいる。アメブロ書いてる芸能人は、なんでアメーバなうしないといけないのかわからんでしょうね。Twitterは単体では現状、モノを買わないです。アメーバなうでもそうでしょう。

 で、多少、有名な人と気さくにからめるのは、Twitterの魅力ですが、芸能人はからむの嫌でしょうね。自分の格が落ちる?感じがする?

 まあ、アメーバなうで、芸能人同士のからみが面白いか?というと、わかりません。芸能人同士ってこんな会話してるんだー、というのを売りにできるかどうかは知りませんけどね。

 ただ、私と、私の周囲の人の場合、Twitterはじめて、自分のブログの更新頻度は落ちました。プラス、私は他人のブログを見ることが増えました。これすごいです。

 Twitter系のマイクロブログサービスをやると、ブログは書かなくなるけど、読むようになる。

 けっこう、この事象はポイントです。

 もしも、芸能人がアメーバなうをみんなやったら、ブログ書かなくなると思います。

 そうすると、アメブロのトラフィック減りますよね。そうすると、広告価値が激減すると思います。そして、これまでのアメブロのやり方ではモノが売れなくなる。

 ここで、アメーバなうの出口での物販サイトへの誘導みたいなことが自然にできれば儲かるような気がします。物販サイトへ集客した分を芸能人にあげればいいのです。このモデルは私は試してみたいと思いますけど、現状、そんなことまで手は回らないでしょうね。

 でまあ、普通にやったら、アメーバなうのキャッシュポイントがどこなのか知りませんが、アメブロの収益モデルを破壊すると思います。なので、アメーバなうは早い段階でやめる判断が正しいと思います。藤田氏も、早い段階で判断すると言っているそうですし。

 で、アメーバなうをやめれば、Twitterとアメブロは競合しないでしょうね。TwitterはWEBに埋蔵されている情報への入り口な機能も果たします。アメブロが普通に更新されれば、Twitterからアメブロへの入り口はでき続けるでしょう。

 と、さらっと書いてますが、もう出かけるので、今日はこのへんで。

 また、もう少し、まじめに書きますので、少々お待ちください。

 では、次回をお楽しみに。
2009.12.27(13:09)|マーケティングコメント(0)トラックバック(2)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。