FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 さて、今日はストラテジーのお話しを書きます。

 セミナーの内容を多少まとめていて、私は文章にまとめたほうが、資料にしやすいのです。

 セミナーは今、3名さまお申し込み中。来週、1万人告知するので、お早めにお申し込みくださいね。

 お申し込みはこちらです。http://bit.ly/9YMiHd

①昔、日本でスポーツマーケティングの草分け的な会社にすこーしだけ関わった。といっても、電通にほとんどを持っていかれていたので、もはや虫の息。苦肉の策のようなストラテジーにしかならなかった。

②ただ、久しぶりにその会社の様子をみると、その苦肉の策はそれなりに機能しているようにも見えた。さすがに内実は聞けない。でもまあ、紙に書いただけのことが実現しているもんだ、と思ったりする。書いている時はこんなことできるのか?論理的にはありえるけど・・・、ということばかりだった。

③ストラテジーというのはそういうものだ。書いている時は、何も無い世界に情報を書き込んでいるようなもの。その書き込みがまさに実現するのを見るとき、にんまりするもの。書いた本人は決して表には出てこない。

 これはただのノスタルジーです。ただ、ストラテジーは情報です。情報を記述しているだけ。目に見えない。紙に書けるは書けるのですが、目には見えません。

 苦肉の策の中身もかけません。さすがにね。でも、真逆を行く戦略でした。そして、当時は紙の上にしかなかったバンクーバーオリンピックがまさに開催されようとしています。

 次からが、本番です。

①企業の意思は、ある意味で自由。反社会的な意思を設定しちゃだめだけど、自由。はじめに意思がある。意思がない企業は、何をしていいか?が定められない。「あるべき」という言葉で呼ぶのは、意思から考えた未来の姿に照らし合わせた現在あるべき姿。それと現状のギャップを課題と言う。

②「あるべき」は客観的であるかのように装う言葉。それはそれで仕方ない。古い学問の枠組みでは、それはそれで仕方がない。古い客観を決裁に求める企業ではそれはそれで仕方がない。そんな客観的世界の存在は既に否定されているけど、仕方ないこと。

③未来に根拠はない。意思のみが存在する。5年後100億円を目指すとしよう。その根拠はという質問は質問自体が矛盾である。未来を作るために、現在、現実を変えようという活動があるのであって、過去から未来は積み上がらない。

④株主説明会で未来の根拠を問うアナリストはセンスがない。その未来を実現するために、何をどうするのか?という質問には意味がある。未来には根拠はない。未来の根拠がもしあるとすれば、さらに先の未来が近い未来の根拠になる。

⑤未来が描けたとして、どう現実に働きかけをするのか?そこにロジックが必要となる。その時、環境の制約条件を考慮した上で、費用効果的なアクションを定め、実行して行く。時間が過ぎ行けば、アクションを定めるロジックがすこしずつ変わる必要がある。そのためのマイルストーン。

⑥意思をもって見ない環境には何もない。もしくは異なった意思から見た外部は違う姿を見せる。同じイシューから出発して環境をみなくてはならない。これは内部でも外部でもそう。このイシューの視点が合わせられなければロジカルなどという言葉の意味がない。

 さて、古い人々には過激なことを書きました。

 人の認知は重要度を基準に物事を見る。それは意識的にも、無意識的にもそう。だとすれば、誰かが何かを見ていたら、なんらかの意思から見ている。これは当たり前。客観にいたれるのは、何も大事ではない人。もしくは全てが同じぐらい大事な人。そんな人はいないと思います・・・。

 客観を装うことが必要な場面もあるかもしれません。まあ、それはそれでしょうがないでしょう。未だに古典的西洋近代科学の世界観はものすごく強いのです。それだけ強力だったということですね。でも、もはやその直感とはまったく違う世界が出現し始めていることをわかったほうがいいですね。

 右肩上がり時代は、もはや終わってしまいました。悲しいことに。

 今は成熟した時代。先はまったく見えないのです。そんな時代に客観とか言う?未来がこうなる!とか言えば恥をかくだけです。

 私はたまたま、アメーバなうはだめ!を当てました。藤田さんは敗北宣言出しています。本当のところは知りませんけど。新しいことは失敗すると言っておいたほうが当たることが多い、は未だに事実です。「1勝9敗」の柳井さんは相当すごいんですよ。

 だから、こうしたい!こうする!こうするためにこれをする!から、物事を見れば、リソースと制約条件が見えてくる。外部の制約からポジションを定めるし、リソースからアクション量が決まりますよね?

 戦略は意思ありきなのです。

 そして、その意思をどう実現するか?が企業で話し合われるロジックです。そうでないロジックは無駄です。遊びです。

 一般論を振り回すのも遊びでしかありません。まあ、経営はゲームだ!という人もいますけど、経営とは別の遊びだということですね。

 うまく伝わりますでしょうか?

 当日は、こういうことをやろうと思います。お会いできることを楽しみにしております。それでは、また。

 
2010.02.10(15:40)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 これまでも、「環境」という概念について、たまに触れてきましたが、そのものを扱ったことはないので、環境とその意味合いの変化について、まともに書こうと思います。

 なぜって、講座でやるからですよ・・・。あと少しだけ席があります。詳細はこちらです。http://bit.ly/9YMiHd

 ここに書いてみてまたちょっと考えるのです。どう教えればいいのかなあって考えるのです。

 いくつか、Twitterへのポストを振り返ります。

①リサーチは学習して、その先にある認識に向かうためであって、リサーチの結果そのものが認識内容ではない。そりゃ、認識内容そのものにできればいいけど、それはコストが見合わない。高級コンサル入れるなら別だけど。

②たまに、知的好奇心からなんとなく知りたい!と言ってリサーチを発注する人がいるのだが、意味はない。仕事をやってる感が出る、もしくはやった気になるだけ。

③では、なぜ新しいことを認識しようという意思が芽生えるのか?それはゴールの達成に必要と考えられるから。ゴールの達成のためにどうするのか?という問いと同時に認識すべき領域が提示される。

④そもそも、周囲の環境はもともとある。しかし、ゴール設定によって、フォーカスする環境が違ってくる。これは意識的優先度付けと同時に、無意識的フォーカスも同時に存在している。

⑤ファクトは周囲にある。しかし、ファクトの意味合いはゴールによって変わる。全体性によって意味合いが変わってくる。するとアクションも変わってくる。現状、意味合い、アクションは3つは実はどれかを認識すると同時に全てのエンティティと関係が生じている。

⑥認識対象となる環境とその意味合いを考えるのは、戦略と言われる領域では必須のお話し。SWOTはまさに環境を考えるためのフレームワーク。環境を外部と内部に分ける。内部環境は使えるリソースを中心として見る。外部環境は制約条件としてみる。

 環境は、内部環境と外部環境の2つに分けることが多いですね。内部環境は使えるリソースです。外部環境はたいてい制約条件です。ただ、もしも外部にパートナーがいるなら、外部もリソースにできなくはないです。

 ただ、外部リソースを使うのは、高度な技なのでおススメはしません。他人をあてにするのはすごく危険です。そしてコントロール不可能です。読むのもつかれます。

 あと、外部の事例を調べるのもいいのですが、結局自分で考えてやらないとどうにもなりません。真似するのも、型を学ぶ稽古にはなりますが、本質的理解にはなかなか到達しません。そこに到達するつもりならいいですけど、いいとこ取りをしようとしてもできない、に近いですね。

 で、SWOT分析は環境の自社にとっての意味合いを明確にするという枠組みです。

 外部環境、制約条件の意味合いを考えると、いい意味合いはチャンスです。悪い意味合いは脅威です。

 内部環境、リソースの意味合いを考えると、いい意味合いは強みです。悪い意味合いは弱みですね。

 で、この「いい」は本当は会社によって違いますよね。目指すものが違うから。「いい」は「わるい」は目指すものに照らして「いい」「わるい」なんですね。

 意味合いは主語によって変わるとはよく言います。それはなぜかと言えば、目指すものが違うからです。

 目指すものが違えば、環境の意味合いは違ってきます。ここまで同意できますか?そうすると、それはファクトの見え方の違いとも言えますね?

 ファクトの見え方に偏りが一切ない人はいないです。それはわかりますよね。

 意味合いありきでファクトを人は見ています。意味合いが違えば同じファクトも違って見えます。

 あれ、現状、意味合い、アクションと定めるのではないの?と思いますよね。双方向的に同時に定まるが正しいと思います。客観的なレポートもどこかから見ているのです。だからファクトの見え方がある以上、企業に取っての意味合いを定めている以上、単に積み上げているわけではないのです。

 環境は意味合いに染められています。見る人が染まっていることに気がつかないだけです。もう飽きましたが、だまし絵で説明することがあります。老婆と貴婦人。結局、絵は線で書かれていますが、老婆という見方をすれば、その意味合いの中で線を見るし、貴婦人という見方をすれば、その意味合いの中で線を見る。それだけです。

 環境は、意味合いとしてみれば、使えるか?という観点が一番大事ですね。「なんでも利用する」に近い環境の見方ですね。

 というようなことを当日はやろうと思います。多分、けっこう難しい感じですが、なんとか伝わるといいなあ、と思っています。それでは次回をお楽しみに。
 
2010.02.16(01:48)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 さて、講座をひたすら準備中です。今日で資料を作ってしまわないと。

 といいつつ、サッカーに行ってきました・・・。私はサッカーは下手ですが、人数が足りなさそうな時は行くのです。

 会場は小石川運動場でした。飯田橋にあんなに大きなグラウンドがあることはすごいことですね。

 走って走って。大学サッカー部のOBな人々は上手なので、圧勝でしたが。

 さて、今日は先日出しましたメールマガジンを振り返ります。

☆☆-- ゆるーいコンサルタントが教える100のインサイト --☆☆
☆☆--                      No.35 --☆☆
*****************************************************************
*  ビジネスナレッジがシェアできる
* 30秒目を通しておくだけで、気づきにつながる
*****************************************************************

インサイト:
論点は論理的に考え、解は創造的に発想すべし

解説:
ビジネスにおいて、論理性と創造性は対立する概念であるかのように
言われている。
しかし、この2つの要素を統合してこそ、よいビジネスプランが生まれる。
では、どのように統合するのか?
それは、答えるべき問い、論点を考える時には、論理性を使う。その問い
に対する答えを考える時には、創造性を使うのである。
大きく抽象的な問いをある程度分解して、小さく具体的にしていくときに、
論理的かどうか?を考える
ある程度、分解したら、創造的に解を出す。ある程度、解をイメージでき
たら、また、論点に戻る。そして、論点を深めていく。論点が深まったら、
また解をイメージする。その繰り返しをしていく。
その結果として、ビジネスプランが創造的でありつつ、精緻に練られていく
のである。

ロジカルコミュニケーション講座定員16名で現在14名のお申し込みを
いただいています。お申し込みは⇒。http://bit.ly/9YMiHd

************************************************************
* Copyright(C)2007-2010 ゆるーいコンサルタント/ 
* THOUGHT&INSIGHT株式会社(http://taii.jp)HP改訂しました!
*
* このメールマガジンは「ゆるーいコンサルタントな日々」
* http://consultantblog.blog123.fc2.com/
* などを執筆していく過程で記載した知見をまとめたものです。
*
* TwitterでTweetしてます。
* http://twitter.com/mellowconsultan
*
***********************************************************

 さて、論点と解の関係でした。

 論点と解は対になっていますよね。この事業部の売上を上げるには?という論点に対して、当社では販売チャネルの話しと商品の話しがあるよなあ、とか。

 販売チャネルと商品が独立である場合と、そうでない場合がありますが、今回はやや独立な場合として。

 で、販売チャネルと商品をかけあわせて見てみて、論点を作ります。ここは極めて論理的な作業ですよね。

 でも、それぞれの枠に入る答えは、うーんうーんと頭を捻る。あ!こういうのがあるかも!と思いつく類のものです。

 論理は、目指すところがあれば、さくさくと進めていけますが、解は思いつかないといけないのです。

 ただ、ここでいう目指すところも、既に思いついているおぼろげな解があって、そこに進む論理ということになるんですけどね。

 解の思いつきから、論点のロジックを展開。また、頭ひねって解を思いついたら、また論点のロジック展開。そういう作業を繰り返す作業をひたすらするんですね。

 そして、売上を上げるためのプランができてくる。

 そういうものです。

 というようなことをお伝えしたい内容のメールマガジンでした。登録は弊社サイトから。http://taii.jp/です。

 では、次回をお楽しみに。
2010.02.21(23:07)|メールマガジンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 昨日は講座のご参加ありがとうございました。

 ご協力いただいた皆様、お疲れ様でした。

 アンケートを拝見しましたが、ご満足の言葉をたくさんいただきまして、ありがとうございました。

 オペレーション上、バタバタすることもありまして、大変失礼致しました。

 今後とも宜しくお願いいたします。

 
2010.02.25(09:53)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム