**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 先日、仮説について、つらつらとTwitterで書きました。多分、本当に受け取れている人はあんまりいないと思うけど、まあ、そういうこともしてもいいかな、と。

 知人からは、ダイレクトメッセージが来て、「暇人の相手をするのが暇人、みたいな。教育好きはエライ!」とのこと。まあ、教育好きというのは否定はしません。

 Twitterオフで、賢い人間が集まると、みんなだいたい思っていることは同じだな、と。「阿呆なつぶやきをしている人」は大体一致していて、あいつ、アホだな、と思われているようです・・・。こわいよー。

 では、Tweetを振り返りましょう。

①仮説をデータから出すのか?というお話しでしたね。ビジネスにおける仮説検証アプローチ自体はコンサルティング出自のものですから、いわゆるコンサルティングにおける仮説検証アプローチってなんでそういう方法をとってるの?というところから入るとスッキリします

②なぜ仮説検証アプローチを採用しているのか、それは最短の時間で最大の効果ある検討がしたいからです。網羅的な検討をできるならできればいいですけど、時間というリソースは有限です。データをくまなく隅から隅までならべて、1つ1つの関係を見る暇はないのです

③というのが、仮説ありきでやる1つの理由ですが、もっと本質的なお話しがあります

④ビジネスにおける仮説って何?と考えると、結局、「○○をすると、儲かる未来が出現する」です。それ以外の仮説は意味がないか、この仮説のサブセットです。儲かるにROIを使ってもプロフィットを使ってもいいですけど。その儲かる未来を出現させるために、何する?です

⑤この何をする?に関する仮説に関する関係性があって、その関係性が成立するためのデータを引っ張ってくるのですね。企業は儲かる未来に対する仮説ありきでデータを探しに行きます。すると、データを集めて、見てみている時点で、既に大枠の仮説があることになります。

⑥それと、仮説検証アプローチとか言うけど、ビジネスにおいては、仮説を検証しているというよりは、仮説を批判、データにさらして強化していると考えた方がいいと思います。結局、統計的に正しい検証なんてビジネスではほぼ無理です。

⑦統計的な正しさを求めているわけでもないのです。仮説が強い体系を持てればそれでいいのです。検証しているわけではなく、仮説のロジックを強化してる。そのロジックが関係者が信じるに足ることが求められます。

⑧そうすると、仮説を「ある程度」強化するに足るデータを見て、解を決めに行くということになります。ここからちょっとそれますが、なぜ、関係者が信じるに足るぐらい強い仮説であればいいのか?というお話をします。

⑨結局、儲かる未来を作るのは、儲かるビジネスモデルを組んで、回すということになります。ビジネスモデルとは何か?というと、関係者の間の約束事です。関係者の間を、価値とお金のやりとりが起こっています。そのやりとりをしているのは、人、企業ですね

⑩ビジネスモデルなんて、人が約束して回っているだけなのです。作用対象は物理法則が働くモノではなく、人ですね。ビジネスモデルが回るというのは、人がその仕組があると信じるに足りて行動してくれればそれでいいのです。

⑪そう考えると、「自然科学」とビジネスにおける仮説検証アプローチによってなすべきことは大きく違うのでは?というところまでわかると思います。ここでいう「自然科学」にカッコ付けをしているのは、ちょっと枠組みが古いと思っているからですが、それはまたの機会に

 基本的に、書いてあるまんまなのですが、振り返りましょう。

 データから仮説を抽出するというのは、自然科学において、法則をみつけるんだ!という視点からは設立するかもしれません。自然界の法則を発見するのが仕事なら、そうするのもいいかもしれません。

 でも、ビジネスでは、「市場の普遍的な法則を発見するのが仕事」なのでしょうか?まあ、そういう人もいるかもしれませんが、それは事業会社ですべき仕事でしょうか?

 会社には既に意思があります。ないなら経営者が作らないといけませんが。その意思の実現にいかに近づくか?が一番大きな問いです。

 そこに近づくためのロジックを組んで行くのです。その組むロジックが仮説ですよね。だれも未来のことはわかりません。これをこうすると、ここに近づくのでは?というのは永遠に仮説です。実現したとしても、本当に正しかったのか?はよくわからないですね。

 でも、そういったロジックを組んで、実行し続けるのが企業活動です。企画して、やる。企画して、やるなのです。 

 それは、結局、自社のビジネスモデルを強固に組んで行く活動にほかなりません。

 そして、ビジネスモデルと言うのは、約束でできています。人と人の約束で出来ているのです。自然科学のように、物質がどうというお話しではない。

 そうすると、関係する人が、信じるに足ればそれでいいのです。そのための強い仮説なのです。そのための強固なロジック。論破されないロジックなのです。

 このへんのことがわかっていない人は、市場ではこうなっていました!とか、法則を発見した気になって喜んでいますが、法則を発見して、その法則をどう活かすか?ばかり考えていると、外部環境に依存した経営になります。成熟した市場では、市場のルールと思ったものが瞬時に変わってしまいます。

 成長市場が長く続く場合には、気長に市場の法則を探して経営してもいいですが、今の日本市場にはそんな市場はありません。

 といった感じですがいかがでしょうか?

 いきなりこれが全部わかって、実行できたらすごいですが、部分的にでも受け取れるものがあったら受け取ってみて下さい。

 それでは次回をお楽しみに。

スポンサーサイト
2010.03.01(00:42)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先週末から少しだけ体調を崩しました。といっても、月曜の早朝(本当に早朝)に納品していたので、仕事はやってますが・・・。発熱が続きつつ、仕事のことを考えつつ大変ですけどね。

 先日、久しぶりにフランス料理なるものを経営者の方からおごって頂きました。美味しかったです。中目黒で食べたフランス料理とは、だいぶ格が違いました・・・。本当に美味しいフランス料理でございました。フランス料理というと、ソースでどろどろした感じの印象だったのですが、アスパラガスがものすごく美味しかったです。信じられませぬ。アスパラガスと言えば、美味しくない野菜の代名詞だと思っていたのですが、その印象は払拭されました。びっくりです。

 おごってくれた方も、ちょっと変わった方で、まあ、すごい人はすごいなあ、と思いました。

 さて、かつてない勢いで、メールマガジンの登録者数が増加中です。先月から自社配信を始めたせいでしょうか。今後もいろいろと試して行きますが、ブログを読んでくれる人と、継続的な関係を作っていくにはメールマガジンがいいですよね。弊社HPよりメルマガ登録できます。http://taii.jp/の左カラムからご登録下さい。

 ということで、今日は最近出したメールマガジンの内容を振り返ります。↓です。


☆☆-- ゆるーいコンサルタントが教える100のインサイト --☆☆
☆☆--                      No.36 --☆☆
*****************************************************************
*  ビジネスナレッジがシェアできる
* 30秒目を通しておくだけで、気づきにつながる
*****************************************************************

インサイト:
自分が考えたことは、より大きな「考える」の中に組み込まれつつ、なんらか
の形で決定され、行動に結びついていく

解説:
プランニングのスタッフは、時に自分の考えたことは、何の意味があるのか?
どう役に立っているのか?に関して悩み惑う。
ただ、どんな小さなことでも、考えたことを紙に落とし、メンバーとシェアす
ることには意味がある。
その小さな考えを1つの部分として、メンバーが更なるバリューを付加し、
より大きな「考える」になっていく。だから、どんな小さなたたき台にも意味
はある。
そのたたき台がなければ、メンバーはインスパイアされない。
そのインスパイアを包み込んだ大きなプランが、決めるに結びつく。そして、
それが行動に結びつき、結果を生み出す。
あなたの「考える」は決して無駄ではない。そして、リーダーの側は、小さな
たたき台を作るメンバーもまっとうに評価しなくてはならない

************************************************************
* Copyright(C)2007-2010 ゆるーいコンサルタント/ 
* THOUGHT&INSIGHT株式会社(http://taii.jp)HP改訂しました!
*
* このメールマガジンは「ゆるーいコンサルタントな日々」
* http://consultantblog.blog123.fc2.com/
* などを執筆していく過程で記載した知見をまとめたものです。
*
* TwitterでTweetしてます。
* http://twitter.com/mellowconsultan
*
***********************************************************

 プランニングの作業は、膨大な無駄によって、構成されます。実行で無駄を見るよりも、はるかにコストが安いからですね。「考える無駄 << 実行する無駄」ということです。

 で、アイデアというのは誰のものでもない感じでやらないと、プランニングチームというのは機能しません。ちょっとしたアイデアを出しあって、それを統合しつつ、プランは進んで行きます。

 これは俺のアイデアだ!とか言ってたら、仕事は進まない。そして、そのアイデアも単体では使えないものばかりです。

 「美人時計」ってありますよね。あれを見て、「やりたかったんだ」と言う人を何人も見ました。でも、やりたかっただけではどうにもならないし、過去になんとなく思っていたことなんて無価値です。

 アイデアは形になるから意味があるんです。いいですか。プランも形になるものにつながるから意味があるんです。そういう意味では捨て案も大事だったりします。

 アイデアが通って、現実になる。ここまでには、非常に多くの無駄と思える作業が介在しています。他者のインスパイアのためのアイデアも含めて、最終的に形になるまでにはいろいろなことが起きています。

 だから、たたき台をはじめに作ることのバリューもありつつ、そこに加算するアイデアのバリューもありつつ、とりまとめて、実行になるに耐えるようにするバリューもありつつ、というのがプランニングのスタッフのお仕事です。

 だからこそ、プランを作る側は、実行に結びつくということを志向してプランを作らないといけない。

 そこがわからないと、プランニングチームなんて、持ってもストレスでしかないですね。我慢できなくなる経営者もたくさんいて、結局、その場その場をしのぐ経営だけに収束していくということがよくあります。

 そうでないと、新規事業を仕込みたいとか、経営を改善したいとか、そういうものは成立しませんね。ずーっと中小企業のままですね。

 では、このへんで。それでは次回をお楽しみに。
2010.03.11(18:15)|メールマガジンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 久しぶりのブログです。

 今日書いているのは、まあ、ちょっとした現実逃避です。仕事がたいへん。今日も明日もずーっとPCの前で作業をしています。

 ついでに言うと、昨日、祖母が亡くなりました。複雑な思いですね。

 脳溢血で倒れてから何年かたってますが、それ以降、認知症だったので、介護は想像を絶した模様です。たいへんだったのですね。

 もう、私のことはわからなかっただろうと思います。祖母はすごくいろいろしてくれたので、私としては、恩返しらしきことは全然できなくて、悲しいなあ、と思いました。

 唯一、大人になってからしたおばあちゃん孝行としては、爪を切ってあげたことぐらいでしょうか。認知症がまだ軽かった頃、出張かなにかで、名古屋に行き、足をもんであげて、爪をきりました。祖母は本当に嬉しそうで、こんなことで喜んでくれるなら、いくらでもやりたいと思いました。その後、祖母が好きだったうなぎを食べに行きました。

 叔父が介護をしていたのですが、本当に大変だったようです。

 徘徊したり、靴をタンスにしまったり。ふとんの脇に靴をおいたり。買ってきたものをゴミ箱に入れてしまったり。想像を絶しますね。

 明日がお通夜で、あさってが告別式です。でも、私は仕事で行けません。まあ、しょうがないです。

 昨日がヤマだったそうで、母から着信が何度かあって、出ませんで。夜に電話したら、「お通夜が22日、告別式が23日だからね。」とだけ伝えられました。まあ、ヤマだという話しだったので、それは前提なのでしょうね。

 お仕事が来るのはありがたいことです。

 私は、ブランドなんて何もないので、ご指名の仕事しかやりません。それ以外はありえないのです。提案して強引に取るという形は、費用対効果が低い場合が多いのです。

 営業とサービス提供の両方をこなすのは相当しんどいです。

 分ける方が効率的ですが、そうも行きませんね。

 ただ、いろいろとやっていると、やってできることって多いもんだと思います。やってやれないことはない、と言いますが、確かに能力限界はあるとは思いますけど、たいていのことは、パワーでなんとかなる面があると思います。

 ま、でも、一人の力でできることよりも、何人かの力でできることは多いかな、とは思います。

 一人ではじめた人が、従業員を増やすと、飛躍的に収益性が下がります。ただ、一人の時はほぼ全てが粗利なので、そんなビジネスは普通にありえませんが。

 ただ、収益額は増えるので、そこがモチベーションでしょうね。ただ、もうちょっと大きくなろうとすると、自分の取り分はそうは増えていきません。そうすると、お金でない部分がないとやる気にならなくなるんですね。

 私は、はじめから多少高邁なことを掲げて始めました。このブログに書いてある、コンサルティング7つの誓いという理念ですね。こういう高邁なことを言って始めたせいか、地べたを這いつくばるような案件がたくさんありました。まあ、正直言えないような商売を垣間見ましたね・・・。

 最近、いろんな面白い人に出会います。基本的に、ひきこもっているので、あまり人とは会わないですが。

 まあ、でも、いろんな人がいるな、と。私を「変態ですね」という人もいますが・・・。まあ、いいのです。いろんな出会いに感謝です。

 さて、仕事仕事。仕事をするのです。
2010.03.21(11:56)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ちょっと、時間をうまくつくれてなくて、ブログをかけてませんでした。

 これはいけない。

 ということで、ブログを書こうと思います。久々に、2徹という珍しいことをしました。2徹とは、徹マンを2日間することではなく、間違いなく、徹夜を2日連続ですることです。仮眠はそりゃしますが、1時間に満たないぐらいです。

 3徹は無理でした。まあ、さすがに。

 長時間労働自慢はいけませんが、年のわりにそういうことも別にできるよなあ、ということです。

 最近、大学生がTwitterでからんできたので、今日はなんとなく、大学生向けです。

 だいぶ前に、マックで「自己P、ミーシーに言えたよー!」と言い合っていっている女子大生がいました。まあ、別に、言うべきことをモレなくダブリなく言えた、という意味ではそれはそれでいいのですが。

 ただ、考える技術として、コンサルティングで言われまくるミーシーとはちょっと違うわなあ、と思ったので、もしも、まじめに自己PRなるものにMECEを適用して考えたら?というようなことをつぶやきました。

 多分、大学生が読んでも全くわからないと思いますが、なんとなく、気まぐれに書きました。下記のポストはそんな感じです。


①眠い。眠いのでマックで聞いた「自己PがMECEに言えたー」という言葉に関して、まじめにレスしてみよう。まず、MECEとは、ミューチュアリーエクスクルーシブ、コレクトリーエグゾースティブの略。モレなく、ダブリなくである。上記の言葉は、「モレなくダブリなく自己Pが言えたー」と言ってる

②確かに、私のいいところは3つあります!と言って、2つがダブっていたら、なんか変だ。それはそれでいい。でもさ、「自分のいいところ」は「いろんなあなた」から抽出するんだよね?今まで生きてきて、いろんな場面があって、それを積んで平均化して言う面はあるけどさ。全部なんて言えないよね?

③でね、「いろんなあなた」があったのに、「小学校の頃のあなた」からしか抽出してこなかったらもったいないよね?だから、探してくる先はMECEに探してきたほうがいい。そりゃそうだ。「あなた」を忘れてきちゃいけない。

④でさ、いいところは、ギュッと抽出する。簡潔に。相手が望むように抽出する。そりゃ、当たり前だ。あなたは多面的だ。その中で、相手がすごく望む側面とそうでない側面があるでしょ。相手が望む側面を中心にギュッと出すんだ。当たり前だ。

⑤だから、相手に自分のいいところを伝える時には、当然、捨てる部分も出てくる。ギュッと抽出するんだから、当たり前。その出てきた「あなた」は多面的な「あなた」の全てではないが、いろんな一部の1つだ。いろんなあなたがある中で、相手にあわせた「あなた」を出すんだ。

⑥だから、出てきたあなたはMECEではないんだ。自分というものの中に、矛盾したキャラクターを感じることも多々あるだろう。それは当たり前だ。平均化すると漏れる。キャラクターは平均化なんてできない。だから、複数の自分がいて当たり前。人は日々、相手が望む自分を出しながら生きてる。

⑦自分というキャラクターを抽出する前の「あなた」をMECEに引っ張ってくるのはいい。でも、あなたが合理主義的な全体像で自分を縛って、こういう人間なんです!と言ってみて、こんなのわたしじゃない!というようになっても変でしょ。ビジネス文書訓練のように自己規定訓練やっても無駄よ。

⑧あんまり、そもそもMECEって何?みたいなことを知らない自称コンサルに騙されないでね。結果として出てくることにMECEとか、そもそも原理的に使わないのよ・・・。もともとある多面体としてのあなたを忘れてこないためにMECEという技術を使うのです。

⑨MECEに自分を説明、みたいな話しは、1つの自分像が平板にあるという考え方に近くて、1つの自分像には違和感を感じると思う。それをしゃべっているうちに、自分でもそうだと思い込むけどやっぱり違う、みたいな話しはこの辺に原因があると思う。まあ、すぐに会社から来てくれと言われれば解決だが

 えーっと、読み返すと、読んだまんまなのですが、解説を試みてみます。

 おそらく、巷に自己PRのフレームワークみたいなものが流通しているんでしょう。ただ、自分のこれまでを見てみて、いろんなシーンがあると思いますが、そこから1つの自分像を作るのは無理があります。

 自分像は、いくつにもなる。アナロジーとして持ってくるとユングの原型論あたりはそのようなことを主張しているでしょう。

 だから、自己分析?みたいなことをして、1つの自分像に持ってきて、それであろうとするような作業、言語化、人への説明、自分への説明みたいなことをすると、なんか違う、とかそういう感じになると思います。

 他人に説明する自分なんてそんなもんだ、という割り切りもいいかもしれません。ただ、自分像は、いくつかの他人に説明する自分に収束させるほうが健全じゃないかなあ、と思うんですね。

 もしも、自分を人に説明するならば、

 自分の過去の出来事を振り返って、いろいろと考える。

 それで、性格、性質みたいなものに統合してみるのもいいでしょう。

 そこから、どんな方向性があるのか?を考えてみる。

 こんな未来を創りたい自分がいる。こんな未来、こんな未来。いくつあってもいいのです。それぞれの場所で活躍している自分がありえるでしょう。

 それで大きくいくつかのやりたい方向性、あって欲しい未来の方向性で、自分のキャラクターを落としてみるのです。

 そうすると、おそらく、だいぶ違った自分をいくつか作ることをできるでしょう。なかには、それぞれが矛盾する自分像である場合もあるでしょう。でも、自分自身ってそういうもんじゃないですか?

 で、その中の適切な自分像を選んで、それを中心にして相手に自分を説明する。

 そうすると、嘘ついてる感はないだろうし、しっくりくるんじゃないかと思うんですね。

 もしも、すっごく頭いい人がいたら、別に枠組みなんてなくても、トヨタ自動車用のエントリーシートと、三菱商事用のエントリーシートは全然違う感じで書けますよね。

 もしも、ロジカルシンキング的なことを自分を分析して人に伝える作業が本当に必要なら、以上のようなアプローチでやっておくと、個別の企業向けに落としやすいんじゃないかなあ、と思うのね。

 ロジカルシンキングを平板にあてはめると、本当の私はこんなんじゃない!とかいう甘ったれた若者の叫びにつながるような気がしますが、それは原理的に間違ってます。

 平板に説明はできないのですよ。

 まあ、就職活動云々のことはよくわからんので、ちょっとフォーカスの違ったことを言ってるかもしれませんが、私にTwitterで突っ込んでくる学生さんの言葉の端々から感じることに対するなんとなくの答えとしてはこんな感じになります。

 では、また。時間つくって、ブログはサクサク書こうと思いますので、お楽しみにお待ちください。


2010.03.31(16:22)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム