**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 今日のブログは先日の続きです。

 最近は、いろんな意味でふらふらです。これで本当にいいのかな、と思いますが、まあ、しょうがないのです。夜はぐっすり眠れますが、起きている時はいつも眠い。

 いつでも眠れる自信があります。たまにストレス解消はしているので、大丈夫です。昔ほどいろんなことに深刻にならないのです。まあ、なんとかなるさ、と思っている度合いが昔よりも大きいのでしょう。

 さて、今日は先日の続きです。企画を考えるのはどういうことか?というところです。前回は①のみの解説になってしまったんですね。今日は②から解説します。下記にTweetを再掲します。

①人は行為にたいする意味合いでそもそも世界を見ている。ただ、その意味合いは必ずしも言葉ではない。かつ、その意味合いの言語化に人は必ずしも意識的ではなく、言語化は言語を操る能力が高くなければできない。

②人は言葉を見たとしても、その指し示す意味あいを読み取ることは、必ずしもできない。その行為の経験がなければ、それはなおさらである。

③更に人は言葉に囚われて、気づかないうちに自分の行為を縛ってしまうことがある。女言葉を使ったりすることによって、身体的な差異以上に女が作られることもある。

④行為による意味合い以上に言葉に囚われて、意味合いの言語化ができなくなっている場合も多々ある。というか、ほとんどのビジネスパーソンは企業の未来の行為に対する意味合いで環境を見られていない。

⑤行為の経験を積み、かつ言語化の技術を高めていかなければ、未来の行為に対する意味合いで環境を見られるようにはならない。この環境を見て意味合いを知覚し、言語化することがほぼビジネスにおいて考えるということに等しい。

⑥では、その未来の行為はどう考えるのか?というと、たいていはアナロジーであったりする。ただ、その時、名付けとその概念規定によって、新しい行為であることの主張をすることで、アナロジーを越えた新しい概念として認めさせる。この時の主張はある種の権力闘争的である。

⑦その権力闘争に勝つことで、その新しい行為は名前と概念範囲を獲得し、実行へと移される。闘争への勝利の度合いが強ければ強いほど、実行可能性は高まる。

 ②からいきます。人は言葉を見ても、その言葉が指し示す状況をイメージできないと理解できません。結局は経験したことの組み合わせでしかイメージできないので、全く知らないことは分からないのです。

 これまでにもこういうことを書いてきました。シニフィアンとシニフィエのお話しですね。言葉は状況を指し示す。ただ、②で言っているのは更に先です。指し示した状況がイメージできたとして、その意味合いは目的と前後の状況がなければわからない。

 例えば、映画監督になりたい人にとっての映画と、デートでしか映画に行かない人にとっての映画は意味合いが違いますよね?

 同じ人の中でも、突如映画監督になりたくなってしまったら、同じ映画でも違うように見えてくると思います。

 よく、「本は何度も読むと違う内容に見える」と言いますが、それは、ゴールの変更による意味合いの変化かもしれませんね。

 言葉には、表現している人の前提として見えている世界が織り込まれています。言葉が何を指示するか?がある程度わかっても、表現者にとっての意味合いがわからないと、なかなか難しい。

 ロジカルシンキング、ファクトベースと言ったときに、よくあるのが、意味合いのない表現です。言語表現が何を指示しているか?はわかるのですが、だから何だと言うのだろう?という表現ですね。

 無味乾燥した内容が書いてあって、読んだ人は「で?」と思います。

 シンクタンクの仕事をしていて、基礎データの整備が価値ならばそれでもいいですが、企画業務に携わっているなら、事実だけを並べてもだめですね。

 そこにどんな意思で、どんな未来を作ろうとし、どんな意味合いで事実を読めると主張するのか?が大事です。

 ここから③ですね。大丈夫でしょうか?

 ただ、意外と織り込まれた意味合いを意識せずに、そういうもんなんだ、と思って「わかって」しまうといういい加減さも人間は持ち合わせています。

 そして、このいい加減さはやや危険です。相手の目指すもの、意思を前提として、それと気づかずに物事を見てしまうと言うことは、自分のゴールすら意識せずに設定されてしまうということです。

 女子が「女子らしい」のはなぜか?といった問題にとって、このあたりのお話しは重用です。

 どうしても、社会は男性優位にできています。男女平等とは言っても、大企業の役員を見れば男だらけです。すると、男のほうが収入があり、女性を養うという構造に社会はなっていたりします。

 すると、いかに男子に守られるか?というところが女子にとって大事になり、そういう前提を織り込んだ上での言語表現が充満してきますね。女子の話し言葉と男子の話し言葉は違います。

 そうすると、意識せずに男子優位の社会を前提とした女子が生産されてしまう、というお話しですね。

 このあたりのことを踏まえると、「うまい企画」「うまいプレゼン」というのは、相手にその前提を伝えずとも、その前提で相手が勝手に考える企画であったりします。

 ただ、企画業務に携わる人は、前提条件にセンシティブな人が多いので、なかなかそうはなりません。

 ちょっとそれますが、「前提を意識させずに了解させる」形式として、「映画」や「小説」は強烈な力を持っていますね。誰も「この映画の前提条件は?」と聞いたりしません。そういうもんだと思ってみるのです。

 価値観というものを押し付ける手法として「映画」「小説」などは強いですね。当然、その価値観の「普遍性」や表現の技術によっては、つまらん映画になり、誰もその前提を受容しなかったりしますけどね。

 今日も長くなってきたのでこのへんでやめます。今日は②と③を解説しました。

 Twitterにポストした⑦つのつぶやきの半分も解説できてませんね・・・。まあ、たまにはこういうのもいいかな、と。では、次回をお楽しみに。


 
スポンサーサイト
2010.06.04(09:48)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 世の中はワールドカップ一色になっています。

 この時期になると、にわかサッカーファンが大量発生しますね。私はサッカーはヘタクソなので、あまり言いませんが、サッカー部でした。あの膨大なサッカーにかけた時間を返して欲しいと思ったりもします。毎日毎日、走り続けて、気が狂うかと思うほど、走りました。阿呆に走り続けた日々はなんだったのだろう?

 それで、「戦略」というのはあまり好きではないのですが、サッカーにも「戦略的」な考え方というものがあります。そういうことをわからずに、何を語っても虚しいですね。

 で、経営の戦略だと「市場の競争ルール」が何なのか?を考えて、それを前提として自社が儲けて行く考え方を作るのが戦略です。当然、自社のリソースの制約があり、それも織り込まなくてはいけません。そして、他にもプレーヤーがいますから、競合対策も考えますね。

 本質的には、市場の競争のルールが自社だけ分かってれば勝てますよね。

 例えば、数社がその市場の競争ルールがしっかりわかってやっていて、そのプレーヤー同士の戦いになる。そうすると、そのプレーヤー同士の戦いにいかに勝つか?が大事になって、競合対策にフォーカスしたりします。

 それで、サッカーで言うと、どうなるのでしょう?

 サッカーで言えば、ルールはたまに変更されますが、大筋は同じです。

 人間が11対11で、足でボールを扱う。手を使ってはいけない。ボールを相手のゴールに入れ合う。ゴールの大きさは7.32メートル×2.44メートル。それぞれ1人ずつ、ペナルティエリア内で手を使える。68メートル×105メートルのフィールドで行う。ゴールは105メートルの端と端にある。90分間で決着をつける。ゴールを多く取ったほうが勝ち。

 延々と書けば、まだ書けますが、ファクトはこういうファクトですね。このルールをどう解釈するかが戦略のベースとなります。

 グラウンドは68×105メートルなのですが、このグランドは広いのか、狭いのか。90分という試合時間は長いのか短いのか。

 この、広い/狭い、長い/短いが解釈、意味合いですね。

 サッカーというゲームをやるとわかりますが、みんな最後のほうはフラフラになったり、足がつったりしています。それを見ると、90分、68×105メートルで、ゴールの奪いあいをするのは、非常に体に負荷がかかるということです。前半30分だけなら、元気に走りまわったりしています。でも、前半も最後の方になると動きが落ちます。

 ここから、素直に考えると、90分は長い、グランドは広い、ということになります。この解釈が全ての戦略のスタート地点です。ここの話しはいろいろできますが、今日は昔の日本代表の話しをしましょう。

 日本だと、なぜか、90分でもきっと走れる、走れるぐらいに90分は長くはないんだ!そして、グランドは広くはないんだ。70メートルだったらしっかりダッシュして往復しろ、という考えが流行ったりします。

 そう、加茂周監督ですね。

 彼の時代、サイドバックがダッシュダッシュ、上がったり、下がったりというのが流行りました。なぜでしょう?

 彼は、どうしても、世界レベルで勝つ、というシナリオを描きたかったんだと思います。そうすると、「普通にやったら絶対勝てない」と思ったんですね。まあ、当時ならそうでしょう。選手がいませんからね・・・。で、サイドで「数的優位」を作ればセンタリングぐらいは上げられる。

 相手ゴール前にボールが上がれば、点数が入るかも知れない。

 で、着目したのがサイドバックですね。ここのポジションの選手がすごく走れたら、サイドで「数的優位」が作れる。さすがに「数的優位」ならセンタリングを上げられる。

 ここは、すごくサッカーを捉える上でポイントです。

 サッカーは11対11です。「数的同数」なら突破です。同数だと負けてしまうから、ディフェンダーの数を多くするんです。4バックか3バックに対して、1トップか2トップがオーソドックスなスタイルですよね?

 守備は数的優位で守ることが基本です。

 そこに、うまく同数の状況を作って、突破して行くのがオーソドックスな突破のセオリーですね。

 それを、『サイドで「数的優位」を作れば、「センタリング」ができる』です。

 すごくありませんか?

 いかに加茂周監督の分析の中で、日本選手が相対的にレベルが低かったか、ということがわかります。当時は確かにそれぐらいレベルが低かったですね。代表監督としては、苦肉の策です。勝ちたいと思ったら、そこまで弱者の戦略を使わざるを得なかった。

 でも、弱者の戦略とは言いにくいですね。代表チームですから、「攻撃的」とか言わないと体面としてカッコ悪い。

 一応、サイドでセンタリングのためにリスクを犯しているから、攻撃的とは言えるかもしれない。というお話しです。彼は非常に頭が良かったと思うのですが、全国の草の根レベルの指導者は、それが弱者の戦略と思わなかった人も多いですね。

 でも、同数で突破しようとしないサッカーでは、強くならないですよね。そんな異常な状態を作ればセンタリングは上がるに決まってます。ただ、相手がミスが少ないレベルでは、サイドバックが上がったところを普通に使われて、サイドバックがフラフラになってすぐに成立しなくなります。

 無理をして成立させているサッカーでしたね・・・。

 そして、全国の少年サッカーに悪影響なサッカーでした。子供にはもう少しオーソドックスなサッカーでトレーニングしてほしいですね。

 当然、加茂周監督も、そういうオプションを持っていなくはなかった。前園というドリブルで勝負できるプレーヤーをギリギリまで使った。アジアカップまで。

 で、アジアカップで前園が1対1で勝てなかった。ボールを取られまくって、日本は敗れました。ベスト4止まりだったでしょうか。このレベルで勝てないということは、ワールドカップレベルで勝てるわけがありません。

 そこから、前園を諦めて中田英寿を代表に呼びましたね。彼は長い強いパスが裏に通せる。そんなに前のほうでなければボールが持てる。彼の低い位置からの長い強いパスが出ている限りはカウンターを貰わなくて済む。

 彼は当時の代表にとってはそういう選択肢でした。

 代表チームはこの時代、前の選手が勝負して勝つというオプションをほぼ持っていなかったのです。

 そんなサッカーを代表がやっていて、ドリブルが切れるフォワードが育つと思いますか?

 指導者も、草の根レベルでは代表の真似をします。子供はやはり日本代表が好きですね。彼らを真似る。そうすると、前の選手が1対1で突破していかない。すると、そういうプレーヤーは少なくなる。そもそも目指しませんからね。

 私は加茂周の解説は好きです。言うことはすごくまともです。サッカーがすごく分かっていると思います。ただ、日本サッカーの代表監督としての罪は大きかったと思います。今でこそ、前のほうで勝負できるフォワードが育っていますが、やはり少数です。その責任は彼にもあると思っています。

 ↓が彼のお話しです。今の目線で読んでみると、また違ったサッカーの楽しみ方ができるのではないかな、と思います。

モダンサッカーへの挑戦 (講談社文庫)モダンサッカーへの挑戦 (講談社文庫)
(1997/05)
加茂 周

商品詳細を見る


 だから、今の代表で大久保や松井が前のほうで勝負するのはすごくいいことだと思います。多分、岡田監督は岡崎は諦めるでしょう。前で勝負できませんからね。

 オランダのディフェンスに対して勝負して勝てるかはわかりませんが、ボールを取られないで勝負をして、勝負しきらないで取られないぐらいに仕掛けて欲しい。

 前線でボールを持っている、仕掛けているのが最高にかっこいいというふうに、子供の目に見えるようなサッカーをして欲しいな、と思います。それで結果が出れば最高ですけどね。

 途中まではルールと解釈、途中からはすごく具体に落とした話しにしてしまいましたが、こんなふうにサッカーを見ることもできるよ、というお話しでした。

 それでは次回をお楽しみに。
2010.06.18(15:35)|戦略コメント(1)トラックバック(1)TOP↑
 メールマガジンの読者さまにご案内しているセールス教材ですが、リンクからダウンロードできない、資料が表示されないなどの不手際がございました。

 誠に申し訳ありませんでした。

 今後はこういったオペレーションミスのないよう、鋭意努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。
2010.06.22(14:41)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日はお詫びでございます。

 これまで、まぐまぐと、自社配信はhetemlのサーバーを使って、メールマガジン配信をしてきたのですが、hetemlのほうは、どうも配信ができていなかった模様です。

 何度も同じアドレスで登録いただいている方がいらっしゃったので、なぜだろう?と思っていたのですが、配信ができていなかったのです。

 大変失礼致しました。

 毎週、出し続けていたのですが、まぐまぐの方しか配信ができていませんでした。まぐまぐからは撤退する予定だったのですが、なかなか、自社配信に移行してくれないなあ、と不思議に思っていましたが、自社配信のほうはできておりませんでした。

 申し訳ありません。

 至急、他社のメルマガサーバーを検討します。

 リストのほうは、弊社で、新規メールマガジンサービスのほうへ移行致しますので、しばしお待ちください。

 今後とも、弊社並びにインサイト100をよろしくお願いいたします。
2010.06.23(20:30)|メールマガジンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 「力のない人間が何を言っても虚しい。」

 これは、独立した時に思ったことです。ビジネスの世界で言う力は、「カネを生み出す力」です。別にどこかから引っ張ってきてもいいですし、お客さんから稼いでもいい。

 私は、5年はどこからもカネを引っ張らないという誓いのもとに独立しました。起業して5年存続できたらすごいですね。起業しても、5年以内に7割が廃業する世界ですから。

 その力があるという確証を得られるまで、絶対、カネは引っ張らない。多少暑苦しいですが、そういう思いで独立しました。

 今、ようやく4期目です。

 さっき、ぼーっとしていて、そんなことをふと思い出しました。

 さて、今日は、久々に企画を考え、実行するプロセスです。下記に再掲します。もう、3回目なので、いい加減に終わらせようと思います。

①人は行為にたいする意味合いでそもそも世界を見ている。ただ、その意味合いは必ずしも言葉ではない。かつ、その意味合いの言語化に人は必ずしも意識的ではなく、言語化は言語を操る能力が高くなければできない。

②人は言葉を見たとしても、その指し示す意味あいを読み取ることは、必ずしもできない。その行為の経験がなければ、それはなおさらである。

③更に人は言葉に囚われて、気づかないうちに自分の行為を縛ってしまうことがある。女言葉を使ったりすることによって、身体的な差異以上に女が作られることもある。

④行為による意味合い以上に言葉に囚われて、意味合いの言語化ができなくなっている場合も多々ある。というか、ほとんどのビジネスパーソンは企業の未来の行為に対する意味合いで環境を見られていない。

⑤行為の経験を積み、かつ言語化の技術を高めていかなければ、未来の行為に対する意味合いで環境を見られるようにはならない。この環境を見て意味合いを知覚し、言語化することがほぼビジネスにおいて考えるということに等しい。

⑥では、その未来の行為はどう考えるのか?というと、たいていはアナロジーであったりする。ただ、その時、名付けとその概念規定によって、新しい行為であることの主張をすることで、アナロジーを越えた新しい概念として認めさせる。この時の主張はある種の権力闘争的である。

⑦その権力闘争に勝つことで、その新しい行為は名前と概念範囲を獲得し、実行へと移される。闘争への勝利の度合いが強ければ強いほど、実行可能性は高まる。

 今日は、④から解説します。

 たいていの人は、自分がみている光景は客観的だと思っています。でも、そうではありません。街を歩いても、ベンツが好きな人は、ベンツが何台か通ったことに気が付きますが、普通の女の子は気が付きません。いつも、牛丼屋でご飯を食べている人が、お腹がすいていたら、そういうお店が目に入ってくるでしょう。でも、一緒に歩いている彼女はスタバぐらいしか目に入っていないこともあります。

 人は、自分の未来の行為の利得に結びついたものしか見えていないのです。

 ビジネスでの企画がめんどうなのは、誰も企業自身ではないということです。創業者は別ですが、大企業にでもなれば、その企業自身であるかのような人はいないのです。

 そうすると、その企業にとっての未来の利得に対する意味合いで、情報を見ることができません。

 言葉が指示する無味乾燥な意味に囚われたりしながら、企業にとっての意味で情報が読み取れない。

 それに自覚的であるならまだしも、ほとんどのビジネスマンはそんなことを考えもしませんね。

 そして、⑤に行きます。

 意味合いで、環境は見えてしまっていることを自覚した上で、それを言語化し、意識的になることで、他者の未来の利得を起点にして、環境を見ることができるようになってきます。

 これこそが、ビジネスにおいて、考えるということです。たまに、「顧客第一主義」信者がいて、顧客の目線で考えればいいんだよ!と言ったりしますが、間違ってはいないけど、正しくもないですね。正確には、企業の目線で環境を見ることと、顧客の目線で環境を見ることを両立させなければなりません。

 企業の目線ですら環境が見れていないことに問題があるんです。そして、自分の目線で見るということがどういうことなのか?もわかっていない人が、誰か他人の目線になれるなどということはありえませんね。

 そして、⑥に行きますと、未来の行為が、やったことがないことだと、それが何なのかがわかるのか?

 正しくはやってみないとわかりません。

 そして、とりあえず、新しいことをやるプロジェクトは新しい名前でもつけないと、コミュニケーションすらできません。名前をつけて、こうこうこうして、と計画を作っていくことで、それがあたかも実体があるかのような気がしてきます。

 実体がなくても、たとえ、比喩があるとわかった気になりやすい。○○作戦とか。○○戦略とか。名づけの意味はなんとなくそれがあるような気がして、そこから環境が見えるようになってきてしまうことです。

 ここ、大事ですね。名付けたことを実行するための意味合いで環境を見るようになってくるということです。

 これは不思議なことですね。

 でも、なんでだかわからないですが、やったことがないことに関して、名前をつけて、未来の計画を立てていると、見える光景が変わってきたりします。

 それで、⑦なんですが、その名前をつけて、その解釈はこうだ!というのはある意味、権力闘争的です。組織内で○○をやると言った時に、各関係者がそれにのるかそるか、その正統なやることはなんなのか?というのは、すごく綱引きがあったりしませんか?

 その綱引きの結果で、その企画の中身が、充実することもあるし、骨抜きになったりもしますね。

 そして、めでたく企画を実行していくわけです。

 長かったし、今日は駆け足で解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

 ブログは固有名詞などは出しにくかったりするので、こういう形式で書いてます。メルマガはバックナンバー非公開でやっているので、少しイケナイおはなしも書いたりしていますので、ぜひ、登録してください。

 それでは次回をお楽しみに。
2010.06.26(20:04)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム