**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 ホワイトカラーの時代、と言われて久しいですね。

 いわゆる、日本のホワイトカラーは、生産性が低い。なんとか改善しなくてはいけない。一昔前、そういう声がよく聞かれました。

 生産性はITによって、向上したとは思います。

 特に、基幹業務システムがどの会社にも入ったことによって、大企業のバックオフィス部門は人員が減少しました。大企業が特にひまになったということはないと思うので、人数が減っていれば、単純に生産性は上がったと言えるかなあ、と。

 ただ、その人員が全てシステム部門に行っていたら、結局変わらんという話になりますけどね。

 アバウトな検証をするならば、大企業の利益額と、社員数の推移をここ20年ぐらいとってみて、従業員一人当たり利益額が増えているか?を見ればいいかなあ、と。

 中途半端なホワイトカラーはいらない。肉体労働者のほうがよっぽど不足するからホワイトカラーの時代じゃないんだ!という主張をされる方もいらっしゃいます。

 でもね、今のところ、日本企業で働いている人は、ほとんどがホワイトカラーですので、この人たちの能力を上げる!ということがすごーく大事なのではないか?と私は思うのです。

 結局、ホワイトカラーをターゲットにした教育ビジネスがまともに立ち上がらないと、どうにもならんのではないかと思っています。

 それで、専門知識と汎用的思考の大きく2つの教育が必要です。

 ただ、まともに考えたことがない人には、専門的知識がするすると入っていかない・・・。経験則ではありますが、学生時代に勉強してない人は、なかなか社会人になって新たなことを身に着けられない。

 最近、マクロ経済でひどい本が目白押しです・・・。実名は挙げませんが、自称コンサルタントな方が、うそでしょ?みたいな内容を出版して多少売れているようです。数ページで吐き気がしましたが・・・。そんな方が意外とシンクタンクで講師やったりしていて、日本のシンクタンクも落ちたもんだ・・・、と思いました。

 で、確信犯なのか頭が悪いのかわかりませんけど、なんでこんなことが起こるのか?というと、まともに勉強している人がすごく少ないから、ということになるでしょう。

 勉強している人が少ない、いや、勉強できる人が少ない・・・。

 専門知識は、提供するところがいくらでもあるので、汎用的思考の提供が手薄です。そこが手薄だからこそ、上記のようなひどい人が出てくる。

 私は、教育にはずっと携わっていこうと思っていますが、この汎用的思考にこだわっていきたいと思っています。

 というか、この汎用思考を身に着けることが、結局、ホワイトカラーとして生き残るために必要なことだと思います。

 30代、40代で、勉強熱心な方は、ビジネス書をひたすら読んでいます。でも、最近の傾向を見ていると、ビジネス書の内容がうすっぺらくうすっぺらくなっているように見えます。

 ちょっと高いけど、専門書を読んだらいいのに、と私は思います。最近、ようやくいわゆる「脳科学」のまともな専門書が出てきました。

 たとえば、比較的読みやすいのでいくと、





とか、脳科学とか言うなら、






 とかね・・・。こういうのを読みつつ、ビジネスに転用するには?とか考えたほうがいいと思うのです。

 私が学びが大きいなと思うのは、エレノアギブソンとか、ルースミリカンとかですが、このへんはちょっと読みにくいので・・・。









 先日、大学入試を受けたい、大学に入りたいと言う高卒の方とお話しました。その方はフリーでずっとやっていて、今後のWeb社会に対する知見を得たいとおっしゃっていました。

 こういう流れは今後、加速する面があると思います。でも、試験は意外と難しい。早稲田の大学院は商売でやっているようなので、お金を払えば入れるようですけどね。

 本当の産学連携が今後はじまってくるんだと思います。今のビジネス書がうすっぺらい方向に行くのならば、専門書を読めるレベルになればいい、と私は思います。

 と、ちょっと偉そうなことを書きました。ごめんなさい。

 それでは次回をお楽しみに。


 

スポンサーサイト
2011.09.02(10:10)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おはようとざいます。伊藤です。
やや涼しく、爽やかな朝です。

世間では憂鬱なことが多々起こりますね・・・。
ニュースを見るだけで気分が悪い。

しかし、目をそむけてはいけないと思います。

今日はひさびさに少し哲学的なお話です。

人が一人一人認知する物事は固有です。
空目、空耳でわかるように、人は生データで世界を
経験していません。

自分にとって、大事かそうでないか?で見える物事が違います。
認知する物事が違うのです。

自分の目の前の風景は自分に固有なのです。
逆に言えば、目の前に見える風景から、自分を区別することができる、
ある意味で、アイデンティファイできるでしょう。

自分のアイデンティティは?という問いは、ある時期に流行りました。
中二病の一種にも見えますけど。

でもね、難しく言葉にしなくても、目の前に広がる風景は固有なのです。
それでいいじゃないですか。

それがわかるためには、他者の目線を想像することが大事ですよね。
でも、それは簡単じゃない。

ビジネスで顧客志向といくら叫んだところで、他者の認知している物事が
そもそも自分と違うことを本質的に了解している人など、とても少ない。

他者の目線、他者の認知を想像することが実はすごく難しいことに気づくことが、
自分の目線、自分の認知が固有であることに気づく第一歩だと思います。

イメージ力養成講座をやりましたが、
ご参加いただいた方は、イメージするということはここまで人によって違うのか?
というのを実感されていました。

考えるという行為は、人によって、その人の頭のネットワーク形成の在り方によって
全く違うのです。

人間全体に共通することがあるとすれば、ネットワーク形成能力を人の脳が持っているという点に
おいてのみです。

そうすると、おのずと形而上学というものの限界もわかってくる面があります。

自分の感覚のみを頼りに、思索を深めていくことは、
とんでもなく多くの部分をこぼしてしまうことになる危険性があるのです。

だからといって、形而上学に価値がないと言っているわけではありませんので、
そこのところは誤解なきよう、お願いいたします。

それでは、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
2011.09.06(15:05)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 去年はトータルワークアウトというジムに通っていました。

 正直、高かったです。

 それで、通っていた時より、今のほうが健康な感じがして、不思議だと思っています。

 朝晩、自分で体操する。ドカ食いしない。この2つのことを守っているだけです。トータルワークアウトに通っても、一切痩せませんでしたけど、今はみるみる体重が落ちています。

 これね、おそらく、やせるぞという決意をしてしまえば、痩せるのは簡単だということだと思います。自分の中で決めてしまうのが一番大事だということです。

 環境を変えて自分を変えようとするより、自分の中で決意をしてしまえば、そのほうが早いのです。

 決意をしたうえで、環境を変えるというのも、あるかもしれませんけどね。

 たいていの人は環境に流される面もあると思います。でもね、その中でも自分の決めたことであれば、それを貫く。そうすれば、自分で環境を創り出せるのではないかな、と思います。

 経営でも、やはり大事なのは意思だと思います。決めてしまうこと。これを達成する。それは決めたことだ。曲げない。そう考えることが大事です。

 ただ、心から信じてないことを決めたと言っても、無理だとは思いますけど。

 ちょっと精神論でしたが、あまりに、環境依存なことを言う人が増えていると思います。どちらかに偏ると、どちらかを忘れてしまいます。

 意思と環境は対立するものですが、まずは意思ありきです、という主張を今日はしたい。環境適応を考えるあまり、意思を忘れていませんか?

 何か1つ心から決めてみてはいかがでしょう。その上で、どうやって環境を創り出すか?を考える。このアプローチを忘れていたなと思ったら、何かしらのことでやってみてはいかがでしょうか?
2011.09.19(08:21)|読み物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 今日は、セールスプレゼン技術100という講座を大学でやりました。

 いわゆる、営業をどうするか?というお話です。

 あんまり、話法には踏み込みませんでしたが、前提話法とテストクロージングぐらいは解説しておきました。前提話法がわかるようになると、他人のおかしな前提話法がよくわかるようになって、面白いので、実体験で実感できていいかな、と。

 前提話法を自分でやろうとするとけっこう難しいですが、悪徳業者の営業ではしょっちゅう出てきます。

 その人が、何を前提に話しているのか?がクリアに見えるようになると、意図なども非常によく見えます。

 前提話法で話しをするのは、ある意味でリスクです。ばれている場合は意図が見え見えになるからです。だから、上級者はあまり前提話法が見え見えになる形では使いません。

 というか、セールスの上級者にばれないと思って前提話法を使ってしまうと、バカだと思われるのです。

 これは、注意したほうがいいと思います。

 大学生向けに教える時に、こういうコントロール系のことばかり教えると、よこしまな大学生になりそうで嫌なので、あまり話しませんが、こういう防衛のための技術であれば、教えたほうがいいかなあ、と。

 ただ、もはやNLPも知っている人が相当増えてきたので、コントロール技法はほとんど効かなくなってきていると思います。みんな知ってますからね。

 では、どうセールスすればいいんだ?となりますが、私は王道を普通に行けばいいと思います。コントロール技法を炸裂させて、期待品質を上げまくらないと買ってもらえないなら、そんな商品は売るのをやめる。

 普通に売って売れるものを売るだけです。

 と、ちょっときれいごとですが、素でそう思います。当然、誰がどんな価値を見出して買うのか?がちゃんとわかってて、プロセスとトークを組んだうえでのお話ですよ。

 では、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。

2011.09.27(17:59)|セールスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム