**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 コンサルタントを使ったことがない人が、コンサルタントに依頼するというのは、ほぼありえないと思うんですけど、ちょっと儲かっちゃった会社にはたまにあるかもしれません。

 で、私のところにも、「よくわからないんですが・・・」とメールをくれる人がいるので、そういう人のために、あらかじめ書いておきます・・・。

 コンサルタントを雇うのは、ある意味で、参謀を雇うことになります。が、決めるのは、あくまで経営者です。当たり前です。他人が何かしらしてくれると思わないほうがいいです。そんなお人よしはいません。依存しても裏切られたと感じるだけです。自分でやるための参考の情報にカネを払うと考えましょう。

 著作や、文章を読んで、言っていることを吟味した上で、選びましょう。いまどき、著作、ブログ、ホームページがない人はいないので、それをちゃんと見ましょう。

 そして、依頼を検討中であるということで、会ってもらいましょう。本当に本気で依頼を検討しているなら会ってくれると思います。が、たいてい忙しいので、カネも払わずに時間を取りすぎるのは失礼です。彼らはタイムチャージで生きているので、無料で時間を取るのは、ある意味で犯罪です。

 もし、研修とかやっているのであれば、それを頼みましょう。たまに、研修は既存のお客さんからしかやらない人もいます。そういう時は観念しましょう。

 で、結局は、フィーリングがあうかあわないかです。運命だと思うかです。それで決めましょう。

 なんでこんなことを書くかというと、いちいち説明したくないからです・・・。ごめんなさい。これは一般論ですが、会ってから一般論を語るほどむなしいものはないのです。これ、ほんと。

 コンサルタントの価値は、クライアントがなんとなくわかっていることをがっちり数字で言うか、クライアントが思ってもみないことをある程度正しく言うかのどっちかだと思います。

 後者を面白がる人もいれば、前者をありがたがる人もいます。私はどちらかというと、人をインスパイアするほうです。なんとなくわかっていることを寝ないで検証するのは、やりたくありません・・・。 

 コンサルタントはある意味で男芸者ですが、私はあんまり一緒に飲みに行ったりしません。私はお酒はそれほど得意ではないのです。

 こんな感じです。それでは次回をお楽しみに。 
スポンサーサイト
2011.10.03(15:21)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。

 読書案内を久しくしていなかったなあ、と思い、読書案内をします。著者がこの前、裁判で負けてしまいましたが、「デフレの正体」です。

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
(2010/06/10)
藻谷 浩介

商品詳細を見る


 この本のメインメッセージは「日本では生産年齢人口の数が、GDPに大きく影響している。生産年齢人口が減少を続けているから日本はGDPの成長が小さくなっていて、今後も厳しい」です。

 この本は「デフレの正体」と言いつつ、デフレを根本的には解説していません。景気循環とインフレ、デフレが同義に扱われていると思います。

 今、巷にはびこる誤解として、インフレ=好景気、デフレ=不況という図式があって、インフレ待望論があるのが一番の誤解だと私は思います。なので、そこをもっと語らないと、と思うのですが、ほとんど語ってません。ただ、「インフレをコントロールして起こすのは無理です」ということは言っていると思います。

 各論ですが、この本の主張は、生産年齢人口の減少を生産性向上が埋められるのか?という論点に対して、これまでの企業の生産性をデータとしてもってきて、「埋められない」を解にしています。

 でもね、そもそも日本経済のシステム自体が生産年齢人口増加を前提に作られているから、そういう結果になっているんじゃないの?と思うのです。人口増加を前提にシステムがデザインされていない国ではそうならないんじゃないの?と思うのです。

 海外データを安易に出す反論もありえるとは思うのですが、この反論をまともに検証するには、その国の経済のシステムがどうなっているか?人口増加を前提としているのか?いないのか?などまで調べないと反論できないので、私の手には負えないのですが、でも、そのへんに答えがあるだろうなあ、と。

 ただ、生産年齢人口はGDPに影響を与える一因子ではあると思いますし、地域経済のお話など、見るに値するお話もいっぱい出ていると思います。

 ご興味がある方は是非ご一読を。

 
2011.10.05(08:45)|シンキングメソッドコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
 さて、今日はリーダーシップについてです。

 どうも、リーダーシップとわがままなのを混同している人が多くて困ります。

 よきリーダーはよきフォロアーとなるものです。

 誰がリーダーになるのがいいのかを判断できない人は、マネジメント能力が著しく欠けているケースが多いです。俺が俺がという心意気は悪くはないですけど、誰が何を考えている、感じている、というのがわからない人は、リーダーには向いていません・・・。

 でも、別にリーダー経験は等しく多くの人にもってもらいたい。

 よきリーダー経験はよきフォロアーを産みます。誰でもリーダー的な役割を担うことはあるのです。家族でどこにご飯に行くか?友達同士で何をするか?この程度のことでも、リーダーシップはありえます。

 こういったケースのほうが困った自称リーダーのイメージがつきやすいかもしれません。声高に自分の主張をすることは、リーダーシップを発揮しているのではなく、意見を述べているに過ぎません。

 単に、わがままを言っている場合、「こいつがめんどうくさいから、一応、立てておこう」と思われているのは、まったくもってリーダーシップではないのです。

 そういう人がリーダーをやっていると、だんだん人が集わなくなります。当たり前のことですね・・・。

 それでね、大学のほうで、どんな小さいことでもいいから、企画してごらん。お友達に賛同してもらって、手伝ってもらってごらん、という試みをやっています。

 なかなか企画を作ってくる大学生は少ないですけど。

 で、これね、リーダーシップ経験を小さくてもいいから積んでごらん、と言っているわけです。

 企画した人がジャイアンで、賛同する人がスネオという人間関係を恒久化するものではなく、プロジェクトに応じて、役割が入れ替わる。その経験の1つです。

 コマンドアンドコントロールが画一的では、組織の生存確率が最大化しませんので、米軍でも、このプロジェクトではこの人がリーダーで、このプロジェクトでは、この人がリーダーで、というようなやり方を採用しています。

 ただ、なかなかこのあたりのことに自覚的になる人は少なくて。

 リーダーシップはすごいことで、自分にはとても無理だと思いこんでいたり、

 リーダーシップは俺様にこそふさわしい、とジャイアンのような思い込みをしていたり、

 といった人が後を絶ちません。これ、とても困ったことです。

 チームリーダーをやって、人がちゃんとついてきて、ある程度の長期で生産性を最大化させたことがない人は厳しいですが、これは、40ぐらいの人の評価基準のお話で、大学生だったら、どんどんいろんな人がリーダー、フォロアーをやって、いろいろな視点で組織で何かするということを見てほしいものですね・・・。

 と、ひさびさにブログにマネジメントのことを書きました。それでは次回をお楽しみに。
2011.10.12(20:53)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。

 今日も読書案内をお送りします。今日は↓。ドラゴンフライエフェクト。はじめはバタフライエフェクトかと思いましたが違いました・・・。ソーシャルメディアにおけるまともなマーケティングの本です。

ドラゴンフライ エフェクト ソーシャルメディアで世界を変えるドラゴンフライ エフェクト ソーシャルメディアで世界を変える
(2011/08/26)
ジェニファー・アーカー、アンディ・スミス 他

商品詳細を見る


 近頃、日本ではソーシャルメディアマーケティングというのは、J-Paymentさんの知恵袋事件もあり、やらせのことになっている感もありますが、そういうのではなく、この本はまじめにソーシャルメディアマーケティングのフレームワークとケースを語っています。

 ちょっとだけ要約を試みますと・・・

 序章:ドラゴンフライの胴体

 サミール・バティアはスタンフォード卒のネット起業家として順風満帆な人生を送っていた。ところが、ムンバイへの出張中、突如白血病が発病する。白血病は骨髄移植をしなければ死んでしまうが、サミールの遺伝子のタイプは特殊で、米国の骨髄バンクからは彼と一致する型のドナーはみつからなかった。

 彼の血筋を考えれば、インド人から骨髄提供を受ければよいのだが、インドには全国的な骨髄登録制度はなく、彼に移植可能なタイプのドナーは見つからなかった。

 サミールの友人たちは、会社の課題を解決するように、この課題にあたろうとした。突き詰めればビジネスと同じで、数字の問題だった。南アジア人の登録者を2万人増やせれば、彼に移植できるタイプの骨髄を持つドナーが現れる。制限時間は3カ月。サミールは3カ月以内に移植を受けなければ死んでしまうという宣告を医者から受けたのだ。

 サミールの友人たちは、南アジア人たちにターゲットを絞って、メッセージを作り上げ、サミールの知り合い数百人にメールをした。「サミールの現在の危機、サミールのこれまでの活動、みなさんへのお願い」で構成される練り上げられたメッセージは、数百人の心を動かし、ソーシャルメディアを通じて拡散していった。

 2,3週のうちに、チームはサンフランシスコ湾岸地域の15以上の企業の協力を取り付けた。そして、11週後には募集活動の数は全国で480人にのぼり、24611人が新たに骨髄バンクに登録してくれた。

 3500人以上のボランティアが活動し、100万回以上のメディアインプレッションを達成し、15万人以上のサイト訪問者を得た。

 キャンペーン開始から数か月後、サミールに一致するドナーがみつかり、サミールの命は救われることとなる・・・。

 彼らの活動によって引き起こされたソーシャルメディアを介した情報の波及をドラゴンフライエフェクトと名付ける。ドラゴンフライエフェクトを起こすためのキーポイントは4つである。この①フォーカス、②注目、③魅了、④アクションの4つである。

 フォーカスとは、具体的な目的に的を絞ることである。この場合はサミールにあったドナー登録者を見出すために、南アジア人2万人の登録者を3カ月以内に得る、である。

 注目とは、見る人の目に留まるような工夫をする。この場合、ドナーの気持ちになって考え、サミールの写真や、心を打つメッセージを書いた。

 魅了とは、この場合はサミールを知ってもらうことで、見る人を魅了した。サミールにブログを書いてもらい、これまでのサミールの活動を紹介し、動画をアップした。ウソ偽りないサミールを見てもらうことで、ドナー候補者に共通点を見出してもらい、アクションに駆り立てるように設計した。

 アクションとは、行動を呼びかけることである。どのメッセージでも、何をしてほしいのか?を明確にした。ドナー登録をしてもらうか、メッセージを広めて欲しいということをお願いした。

 -----------------------------------------------------

 といった序章になっています。これ以降は、このフレームワークを使って、企業のソーシャルメディアでの活動を分析しています。ケースに出てくる企業は、エンブレース、P&G、スターバックス、バラク・オバマ、ボノボスなど、多岐に渡ります。

 アメリカでは、ソーシャルメディアが社会的なムーブメントを起こす媒介になっている感じですね。

 日本だと、まだちょっと数の面できついかなあ、と・・・。何か、突破するような出来事がソーシャルメディアであれば、いろいろと変わるかもしれないと思いますけどね。

 Twitterって可能性あるよなあ、と思ったのは、震災の時でした。ピーチジョンの社長さん(当時)が、Twitterで寄付を呼びかけ、被災地にいろいろ持って行っていましたね。まとめサイトは↓。
http://matome.naver.jp/odai/2130047472452478901

 でね、日本で何が足りないと思ったかと言うと、まず、ビジネス的な思考をしっかりやって行動できる人の数。あとは決定的ですけどソーシャルメディアの利用者数。この2つに支えられる形になりますが、ソーシャルメディア上で動いている「まともな」プロジェクトの数。

 でしょうかね・・・。ブログでやらせやって儲けようとか、志が低いのよね・・・。そういうの、私はちょっと嫌い。ジョブズ追悼キャンペーンとか相当嫌です。せこいんですよね・・・。ジョブズ追悼をふっとばすようなことするほうが、面白くないですか?と、私は思うのです。

 それで、この本の最後には、ちょっと面白い思考実験が書いてあります。それをご紹介いたしますと・・・

----------------------------------------------------
 著者が、金融業界のロビイストだとする。そうすると、最近の金融業界への風当たりの強さはなんとかしたい。このままデモが起こったりして、閉鎖的な業界に対してなんらかの規制でもできたら、困る。

 ドラゴンフライエフェクトを駆使して、この動きを止めたい。

 大衆が相手なので、ほかに何か熱中するものがあれば、彼らの熱も引いてくるだろう。何か適当な話題はないか?と考えた時に「環境問題」が思い浮かぶ。

 そうだ、環境問題だ。アルゴアが話題にしたように、環境問題を話題にして、温暖化を食い止めよう!という運動を起こしてしまえば、大衆はそちらに目が向くだろう。

 注意を引くために、白熊が極地の氷が溶けることで、住む場所を失う!といったメッセージ、動画を使おう。誰が白熊のかわいい瞳を守りたいと思わないだろうか?

 自然の素晴らしさ、動物のかわいらしさで魅了できない大衆はいない。

 そして、化石燃料の使用が温暖化を招くと考えて、スーパーのレジ袋を使うのをやめよう!というアクションをお願いしよう。そして、温暖化反対と書いたトートバックを買い物に持っていくことにしよう!と呼びかけよう。

 この運動はたちまちに火が付き、人々は夢中になった。そして、ウォール街への批判など忘れてしまう・・・

------------------------------------------------------

いかがでしょうか?著者は扇動的メッセージに自覚的です。ソーシャルメディアで扇動的なメッセージを仕掛けていくことも可能です。当然、これまで、マスメディアでもいろいろと仕掛けられてきていました。

 とあるファッション誌で、これを流行らせよう!といってやりはじめると、本当にそれが流行る。そういったことは、ずっとそうだったのです。

 ソーシャルメディアになって変わったことは、誰でも仕掛けられるようになったことでしょうか?でもね、これまで仕掛けることにかかわってきた人のほうが、仕掛けるのは当然、上手でしょうね。

 著者は、わざとでしょうが、ややピュアに、ソーシャルメディアは正しいことに使えるんだ!といったメッセージを発しています。最後にこういったケースを書くことで、読者に警鐘をならしています。ソーシャルメディアはいろいろと仕掛けられている面もあるんだ、と。

 メディアリテラシーと言う言葉は使い古されましたが、ソーシャルメディアの時代にも、非常に大切ですね・・・。

 長くなってきたのでこのあたりで。それでは次回をお楽しみに。
2011.10.18(21:52)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんばんは。伊藤です。

 風邪をひいたと思って病院に行ったら、「あーら、ノロウィルスですねー」と言われました。ま、点滴打って、薬をのでおけば直りますけど。

 で、日曜日は家でちんまりしていました。注文したけど積んであった本をぱらぱらと読みました。

 その中で、意外と感動してしまったのが、これ↓。

下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


 ビジネス小説です。ここから、何かを学ぶと言うより、純粋に読み物として感動できます。私は涙腺が弱いせいか、読みながら涙し、胸を熱くし、そして、涙する。そんなふうになりました。

 以下、ネタバレ注意ですが、最小限にとどめます。

 佃製作所という技術は持ってる中小企業の二代目が主人公です。オヤジの会社を継ぐわけですが、なんと、この二代目はロケットの研究をしていた過去を持っているわけです。

 ただ、彼がかかわっていたプロジェクトはロケット打ち上げに失敗し、夢破れて、オヤジの会社を継ぐ。

 この男が、中小企業のプライドをかけて、大手と戦い、そして、ロケットの部品供給を勝ち取るスト―リーです。

 著者はビジネス書もしっかり書いているようで、この本は、小説よりなので、経営的に小難しい解説はしません。うまく書き分けています。ただ、その時その時で、せめぎあいの末、経営的に正しいことを言う登場人物たち。

 非常にうまいですね。

 頭で考えているというより、みんながぶつかりあって、ハートで考え、それを言葉にしあっている感じです。

 ちょっと出来過ぎている感がありますが、小難しく考えるあまり、こういう感覚を忘れていませんか?

 結局、人間同士のせめぎあいです。その中でみんなが成長していく。そういうお話をおとぎ話ではなく現実にするんだということを忘れていませんか?

 こういった感覚を多くの人に思い出してほしい。夢物語のような熱い日々があっていいじゃないか、と。

 とっても素敵な「ザ・直木賞」といった作品でした。熱い心を忘れている大人に、冷めた目線の若者にぜひ進めたい一冊です。
2011.10.24(21:57)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。