**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ごめんなさい。更新がいつもいつも滞っております。

 また、メルマガ転載企画です。ごめんなさい。

-----------------------------------------------------------
先日、大学で缶けりをしたことは書きました。
今日はその続きです。ビジネスに活かすという視点で
書きます。

それでね、缶けりはどういう結果だったかというと、
1時間やって缶が3回倒されました。
そのうち2回は私が倒しました。年甲斐もなく・・・。

でも、理不尽だと思うのは、ダッシュして倒して、もう疲れ切っているので、
せっかく捕まった人を開放しても鬼にすぐにつかまってしまうところです。
すぐに「先生みっけ!」とやられて、なんと理不尽な!と思いました。

で、缶けりをしながら、どんな能力開発に活かせるのかなあ、というのを
ずっと考えていました。

缶を倒すためには、鬼に見つかってはいけない。
意外と範囲は狭かったので、鬼から見えたら終わりです。

すると、自分も鬼は見えない。
鬼が見えない中で、鬼はどこにいるのかを考えながら、
もぞもぞを動くわけです。

手がかりは足音であったり、
捕まった人が「鬼が今池のほうに行った!」という声であったり。

鬼は今どこにいるか?の検証はほぼできない。
しかし、その中でどこにいるか?を常に考えなくてはならない。

そして、隙があったら、缶を倒しに行くという判断をするタイミングもある。

これは、まさに仮説を立てて、検証のためのアクションを取る、というのと
同じです。

鬼の位置は検証できないけど、だいたいこの辺という仮説を頼りに動く。

子供は、遊んでいればこういう感覚を身に着けられる。
それを、ビジネス社会、学校で仮説という言葉で教えられる。
教えられたタイミングで「わかる」というのは、元々、そういう経験があるから。

今の子供はひょっとしたら、こういう経験がないままに、仮説という言葉を教えられたり
するかもしれないわけです。恐ろしい。

でも、大学生もその辺はちゃんと終わった後に説明すればわかる。
大人でも、仮説の感覚というのは、遊びを通じて学べるわけです。

新人研修とかで、合宿研修でもやるなら、南の島でこういうことをやったら
楽しいでしょうね。

大学では来年、こういう授業をやる企画を立てています。
伊豆大島とか、小笠原諸島とかに行って、2泊3泊ぐらいでやるんです!
お昼は遊んで、夜はディスカッションです!

こういう経験でこういう思考能力が鍛えられると思う!とか、
夜に話し合うわけです!楽しそう!

やりたい企業さんがあったらメールください(笑)。普通の合宿研修より面白いですよ。
結局、座学で言葉で教えても、元々の経験がないとわからんのです。
言葉で言葉を学んでも、実際に経験がベースにないとスッカスカなのです。

20人、30人の研修でも、こういう感覚がしっかりあるタイプの人は、
今は1割、2割です・・・。悲しいですがそれが現実です。

でも、再教育は大人になってからでも可能です!
リハビリテーションの研究から、脳の可塑性は証明されています。
まあ、子供のころにやるのが本当は一番いいんですけどね・・・。

では、今日はこのあたりで。
それでは、次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2012.02.10(14:04)|シンキングメソッドコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
こんばんは。伊藤です。

金曜日の夜ですね・・・。
大学では、明日は入学試験なので、その準備の最中です。
下見の高校生がわんさかとキャンパスに来訪しております。

そんな中、今日のメルマガはひさびさに宣伝です(笑)。
講座をまたやるのです。今回は本当に久しぶりに東京でもやります。

今回は、「感情」にフォーカスします。
そもそも感情とはなんなのでしょうか?

私は若い頃に、ガンダムの監督だった冨野さんに
「感情っていくつぐらいあるものなのでしょうか?」と聞いたことがあります。
監督の答えは一言で、「若いね」でした。

今なら、そもそもこんな質問はしません。
そして、同じことを聞かれたら、「まだまだ勉強が足りないね」といったことは言うでしょう。

多少、ヒントをあげるとしたら、「まずは自分の感情を見つめてごらん」といったことを言うと思います。
みなさんだったら「どう問い、どう答える」でしょうか?これは宿題として考えてきてほしいです。

そもそも、自分の感情に意識的でないと、他人の感情を捉えることなどできないことはわかるでしょう。
自分の中に「感情の辞書」というべきものがあるからこそ、他人の感情を捉えられるのです。
弟がいない人が、ある人の弟への感情を聞かされた時、そもそもわかるのでしょうか?
よくわからない場合が多いでしょう。そんなもんかなあ、としか思えないと思います。

講座では、自分の感情に自覚的になることをまずはやってもらいます。
その上で、他人の感情の理解へと進んでいき、他人の感情を感じるところまで至ります。

理論的背景は必要に応じて解説していきます。

ただ、感情マネジメントと言った時、おそらく関心があるのは、自分の負の感情のへの対処の仕方でしょう。
そもそも、よい感情を持った時にマネジメントの必要性を感じることは少ないですからね。
講座では、負の感情に対して、どのように対処していくのか?も扱っていきます。

詳細は↓になります。
http://www.taii.jp/120316_landingpage.html

今回は宣伝でした。ごめんなさい。
それでは次回をお楽しみに。
2012.02.24(21:33)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 大学の仕事もやっているので、一応、学力について、思うことはあります。

 まず、最近の学生の学力は低下しているのか?

 「学力」の計測法はいろいろとあるでしょうけど、この問いがあまり意味がないと思えるとある進学校の校長先生のセリフがあります。

 「学力と能力が相関しない時代がやってきた」

 です・・・。

 これ、前にも書きましたが、大事なのでもう一度考えてみようと思います。

 私の授業を受けた学生の感想で

 「先生の授業で、因果関係が大事なことがわかった」というものがありました。私が見た感じでは、この学生は優秀な部類に入ると思います。

 これを見た年配の教授の方が

 「今の学生は高校の受験勉強を通じて因果関係が大事だと思わないようになってしまったんだね。」と。

 これね、高校の学習では、物事の関係を学ぶ。体系を学ぶ、という意識が全くなくなっちゃっているってことですよね・・・。科目別に、特有の知識体系があります。それを学ぶという意識がない。いや、意識付けを教師ができていない、ということです。

 そりゃ、短期的には覚えろ、なんでもいいから覚えろ、のほうが点数は上がるのかもしれません。しかし、長期的には、知識体系の理解に向かわないと、勉強をしている意味が全くない。

 受験勉強はそれが始まった当初とは、全く別の方向へと走り始めているのでしょう。

 今、受験業界で起きていることを見ると、ビジネス的には非常に合理的です。しかし、教育的には終わっています。

 ここ10年で、学習塾は大手化、寡占化が進みました。

 すると、より収益を上げるためには、学習事項は標準化し、より短期的に点数が上がったと思えるほうへ向かいます。顧客のリテンションには目先の点数が効いてきますからね。

 そして、教師のクオリティーは下がります。学生のアルバイトでも使ったほうがローコストに標準的なサービスが提供できますからね。

 集客は、合格実績をM&Aをしまくってでも、上げる。できる生徒には複数校を受けさせ、実績とする。場合によっては受験料を出す塾まであったようですね・・・。

 学習塾のいいカモになってしまうケースは、旦那がお医者さんや経営者で、嫁が若いとかそういうケースだそうですね・・・。嫁は子供の成績が悪かったら自分のせいになってしまいますからね。必死です。まあ、B2Cのセールスでは当たり前のことなのでしょう。

 セールスナレッジも学習塾に浸透してきたでしょう。コントロール技法炸裂のトークをB2Cで使うのは私は正直なところいいとは思いませんが、まあ、そういう技法があるなら使う。それもビジネスです。

 そうするとね、大学側はのんきにこれまでと同じような感覚でいろいろとやるわけですが、生徒側は全く違った環境にいるわけです。

 大学側は思う。「あれ、ちょっと生徒が今までと違うよなあ」、と。なんと呑気なのでしょう。

 義務教育が無償である意味は、ビジネス的な効率の追求があまり役に立たない側面もあるから、です。ただ、無競争であることがいいとは言いません。学校の側にも山ほど問題はあるでしょう。

 しかし、志のないビジネスが収益を追求した時、おかしなことが起こる。特に、教育は国家が時間をかけてベースの投資をしている領域です。そこにフリーライドする教育ビジネスは、その長期的意図にそぐわない方向へと向かっても、それはそれで合理的な行動なわけです。

 いつも言います。「子供は悪くない」。

 でもね、その悪くない子供も時間が過ぎれば大人になります。自分で考える能力がなく、短期的にしか物事を捉えられない大人になるのです。
  
 悪い意味での大衆が形成されていきますね・・・。

 悲しいことです。

 マクロ的な解決策としては、受験制度の改革が必要でしょう。それは少しずつ始まってはいます。まだまだ芽でしかないですけどね。

 それが大きな流れになるには、まだちょっと時間がかかるかなあ、といったところです。

 今日のところはこんな感じにしておきましょう。それでは次回をお楽しみに。
2012.02.26(11:37)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。

 昼間にブログを書くなんて久々ですが、大雪ですから。寒くて寒くて・・・。

 さて、今日は久々にマネジメントのお話です。マネジメントの話題からコンサルティングバリューを考えます。

 マネジャーの言動を見ていれば、その人のチームが大丈夫かというのはすぐにわかります。

 部下がダメだという発言をする人は初歩の初歩でダメですね・・・。私のマネジメント能力は部下の力を発揮させられません、というメッセージを出しているということです。

 あとは、「俺がやればできる」も上記の考えの亜種ですね。「俺があと○人いれば回る!」とか言っているのは、自分の分身としての部下を使えない、使う能力がない、と言っています。

 人望がない上司の下では、必須のミーティングの出席率も低下し、飲み会の出席率も低下します。それは当然、嫌われているからですね。

 そもそも、人間はチームリーダーに好意を抱くようにできているもんなのですが、それで嫌われるのは、よっぽど尋常でなく能力が低いのですよ・・・。

 そういう人は部下の教育、能力開発が全くできません。部下をしっかり見て、勝手に能力が上がるように仕向けるのが上司の仕事だったりします。

 まともな能力のマネジャーのチームでは、マネジャーがどんどん暇になります。なぜなら、部下がほとんどの仕事を片付けてしまうからです。マネジャーが忙しそうな組織はそもそも問題があるのです。

 そういうチームは社員の定着率も高い。部下がどんどん伸びる。

 成果は上げているけど、暇そうなマネジャーのチームはいいチームなのです。

 そういうことがわかっているディレクターは、とりあえず人がいたら、そういうマネジャーの下に突っ込みますね。その人のチームにどんどん人が増える。

 成果を上げているけど、暇そうなマネジャーに暇をさせているのは損失です。どんどん人を突っ込んで、どんどん権限を突っ込みましょう。そうすると、どんどん回っていきます。

 ただ、部門間の調整コストはまた別の問題で。ほかの部門のマネジャーとの調整コストがある場合にはいろいろと問題が起きたりもします。ただ、上の人間としては、できるマネジャーを真ん中に置いている見え方をちゃんと作って、他のマネジャーに協力させるようなメッセージを発していくべきではあります。

 ただ、出世争いの中にあるマネジャー同士がちゃんと協力するかはけっこう難しい。

 調整コストの極小化は、組織上は大きな課題です。これはマネジャーよりはディレクター、トップマネジメントの仕事であったりします。

 手前味噌ですが、ここにコンサルティングバリューがあります。コンサルタントは組織内で昇進したりしないので、コンサルタントを入れると、組織が円滑に回ることもあります。まあ、まともなコンサルタントの場合ですけどね。

 当然、累積経験からもたらされる成果の価値をコンサルタントに求める場合もありますよ。大きく言えば、この2つがコンサルティングバリューなのです。

 私が累積経験量で勝負する部分は、シンキングメソッドの部分ぐらいです。大手ファームの累積経験量に勝てるとも思いませんからね。ただ、シンキングメソッドを磨けば、累積経験量が大手のグローバルファームに劣る部分を補える面もあるかな、と思っています。僭越ですけどね・・・。

 社内の調整コストの極小化のバリューは私も出せますね。ブログにマネジメントに関して厳しいことを書きまくっているのは、そういう仕事の時に使える面があるからです・・・。ちょっといやらしいですけど。

 コンサルタントは出世競争の相手ではない。これがわかっている組織ではコンサルタントを入れると非常にうまくいきます。

 こういうコンサルティングバリューに関して、まともに言っている本はあまりありませんでしたが、↓がコンサルティングビジネスに対してまともな分析をしています。タイトルはナンパすぎますが、中身はまともです。

1秒でわかる!コンサルティング業界ハンドブック1秒でわかる!コンサルティング業界ハンドブック
(2011/12/09)
山本 真司、安藤 佳則 他

商品詳細を見る


 それでは今日はこのあたりで。それでは次回をお楽しみに。

 
2012.02.29(13:20)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。