**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 今日は首都大学に行っていました。

 「遊びを通じて思考を学ぶ」という講座をやりました。缶けり、レゴを通じて、非言語的思考を意識化していければと思い、首都大学の4年生と一緒に企画して、実際に授業をやりました。

 結局ね、話が訳が分からない人というのは、言語をこねくりまわしているだけ、というケースがけっこう多い。

 言語をこねくり回す場合、ちゃんと系のルールの中で事象を操作しているのならばいいのですが、そうでない場合はただの言葉遊びです。小さな系の中で迷子になっている場合もありますが・・・。

 いわゆる発想が必要な場合、非言語的な思考が必要になります。あてはめるモデルを新しくするとか、枠組みそのものを変えるとか。それは認知主義で内的表象・内部表現と言われる部分へのアクセスが必要となります。

 内的表象・内部表現として、見えている、聞こえている、感じていることを言語化するならば、新たな発想を得ることができます。しかし、この部分に対するまともな知識をもっている人が圧倒的に不足しています。

 当然、言語の操作能力に問題があって、目の前の問題に対して正しく対処できないことが課題である場合もあるのですが、今回のフォーカスはそこではありません。

 私は言語を学ぶ意味は言語の表現力が小さすぎることを実感するためだと思っています。当然、言語表現はそれだけですごい表現力を持っているのですが、言語化される前の世界の情報量はそれをはるかにしのぎます。

 また、言語の想起性は、世界を非言語で認知していることに自覚的な人にとっては、その世界をより豊かにしてくれます。同じ映像を見ても、効果音や共に語られる言葉が違うだけで脳の反応が変わってくることがわかっています。

 これを言語によるバイアスととらえるのか、言語が世界を認知せしめているととらえるのかはいろいろと考え方があると思います。どちらかというと、米国の学者は前者、日欧の学者は後者の立場のような気がします。

 遊ぶことで、豊かな内的表象とその操作に意識を向かわせることができるのではないか?と思っています。言語を操作することだけが考えることだと思ってしまっている人があまりに多い中でのそれに対するカウンターとしての一つの試みです。

 こういったことへの着想を得たのは、ルースミリカンの「意味と目的の世界」が大きかったと思います。彼女の著作には生物の内的表象に関するヒントが詰まっていました。当然、人間に関する研究を認知主義の文献から拾っていきながら、ミリカンを参考にするという考え方ですが・・・。

 この試みの報告書は受講者を中心にして作っていただいて、大学に出して、来年はこういった試みを更に本格化させていくことを私は目指しています。

 ↓は授業風景です。
 http://www.facebook.com/photo.php?fbid=335036503213215&set=a.335035656546633.91070.100001206042620&type=1&theater

 大学では、教授によるちゃんとした講義は充実しています。ハイレベルだと思います。でもね、大学生がやってきた受験勉強があまりにひどくなってしまったために、そのレベルについていけない学生ばかりになっています。これではいけません。

 がんばれがんばれで、とにかく言語を詰め込み、非言語的な思考のベースがないままに、言語を文字通り詰め込むのみの教育が「めんどうみがいい」とされて親の支持を受けていたりすると、ぞっとしますね。世も末です。

 ただ、その現状はもうしょうがないので、その前提の上で、大学で何ができるか?社会人に何ができるか?を考えて、今のような方向性に辿りついております・・・。

 感情マネジメント講座も、東京会場、名古屋会場のお申込み受付中です。詳細は⇒です。http://www.taii.jp/120316_landingpage.html

 では、今日はこのあたりで。それでは次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2012.03.02(19:14)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんばんは。伊藤です。

 昨夜、歯が激痛に襲われて・・・。虫歯でした。毎日磨いているんですけどね・・・。歯医者さんにいって、治療開始です。

 それでね、今日は私のところにいろいろと相談に来る大学生にいつもいつも言うことを書きます。

 そもそもね、のび太君みたいな人が多いわけです。

 泳げるようになったらプールに行くよ。車を出してくれたら、しずかちゃんをデートに誘うよ。ホームランを打ってくれたら手術を受けるよ。応援してくれたら頑張るよ。

 最近のJ-POPの歌詞のようですが、ここには「意思」が欠如しています。

 反抗期を経てないんでしょうかね・・・。

 反抗期って大事なんですよ。親から言われたことをやるというところから、自分なりにやることへの移行。それが反抗期を経てできるようになる。

 でもねえ、今は親の期待に答えたい答えたいだけで大学に入ってきちゃう人がいます。それは子供のままで、大学入るのと一緒ですよ。

 たかだか受験で「親に感謝できるようになりました」とか、そういうのを宣伝に使っている学習塾があって、驚愕します。子供のままでずっといて欲しいんですかね・・・。

 依存的な子供が増えているのは、どう考えても大人の責任です。当然、親の責任です。でもさ、大学生になって私のところに相談があるんです、と言いにくるなら、自分の責任だよという話をします。当たり前です。

 でもね、そこで変な宗教が出てくる。「軸を持て」、とかね。学生が口を揃えて言います。社会人にそう言われる、と。ただ、社会人が言う意味と学生が受け取る意味が違うことと、社会人もおかしい場合と、いろいろと問題があります。このあたりはメルマガでいつも言っているので割愛します。

 それでね、成長とは何か?といえば体験を通じた価値観の変化です。自分が変わることが成長です。変わらずに何かしらできるようにしてもらえればいいや、という考えの人がめちゃめちゃ増えてます。それは成長しないってことです。

 そりゃ、これも大人が悪いんですよ。サービス業の発達やら、マーケティングの発達で、妙に有能感が持ててしまう。でもね、自分でいろいろやれない子供になっている。

 私のところに相談に来る人にはかわいそうですが、「あまっちょろいね・・・。きみ。本当に大人なの?」から始めます。

 否定はいかんと言う人がいます。でもね、何度でも書きますが傾聴技法は他人と徹底的に出会わないための手法です。何の変化ももたらさない。

 でもね、変化とは今の世界を否定して、未来の世界を肯定することで起こります。居心地のいい今の世界、これまでの世界から、リスクに満ちたこれからの世界、未来の世界に行かないといかんわけです。

 そうすると、現状の否定は必須です。

 これは、自分という全体性がどのように成立しているかにかかわっています。結局ね、今の世界もオーケーで、未来の世界もオーケー、では変われない。今の全体性が維持されます。それでは変われない。

 今はダメ、未来はオーケー、なら変われるかもしれない。

 変わらないことは悪だと思え、です。

 そして、のび太君は悪です。ドラえもんは現実世界にはいてくれません。自分でポケットから道具を出して、道具を作って、なんとかする。それが面白いもんじゃないですか?

 世界は自分で変えられる。あなたが変わることの集積が、世界が変わるです。世界のどこかで何かしらの変化があったとして、それはあなたには関係ない。まず、自分を変えること。そこからすべてが始まります。
 

2012.03.08(00:48)|ポエムコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
 こんばんは。伊藤です。

 ひさびさにブログ書きます。まじめにコンサルティングについて書きます。

 具体例は書きにくいですが、問題、課題がなかなか解決しない場合、思い込みがある場合が多いですね。

 現状の問題が繰り返し発生する。ずーっと発生する。

 その時は、解決しようとしている人が何かしら思い込みというか、固定観念というか、そういうもんを持っています。

 現在の世界で維持したいことが、問題、課題とセットである場合などは、その問題、課題を解決してしまうと、維持したいことまで解消されてしまうことがあります。

 それは困りますね。

 具体例としてちょっと適切かはわかりませんが、私の体重が減った話、ダイエットの話をします。

 私は、この5年で20キロぐらい減りました。77キロから57キロまで減ったんですね。

 それでね、初めの1年ちょっとで、10キロぐらい減ったのですが、70キロぐらいまでリバウンドして、ずっと70キロぐらいでした。

 ところがここ1年でみるみる減りました。

 どんな変化があったのか?

 自分の中での固定観念というか、考え方の変化がありました。

 私は、母親の教えで、3食しっかり食わねばならぬ。朝ご飯もきっちり食わねばならぬ。とずっと思っていました。

 でもね、ある時期に、本当に忙しくて、お昼なんて食べる暇がないぐらいしんどかったんですね。体重計にのると、痩せている・・・。体重が減ってきている・・・。

 これは体に悪いのではないか?とも思いましたが、不思議と体が軽かった。いや、体重が減っているので、当たり前ですけど。

 その時に思ったんです。この栄養が豊富な時代に、さすがに餓死しないし、栄養失調になったりしないだろう・・・。むしろ、太っているほうが成人病のリスクが大きい。

 私は170センチぐらいなので、50キロから減量するなら痩せすぎですが、60キロ代なら減量しても大丈夫だろう、と。

 そうなのであれば、1日、がっつり食べるのは1食か2食でよくて、他は軽食にすればいいのではないか?と。

 そう思ってから、体重はみるみる落ちていきました。栄養失調になるリスクがいくぶん高まったかもしれませんが、それはまだこの体重なら問題にならないだろう、と思います。

 そう思ってから、サイドメニューなどのアップセルトークを聞くと、太って成人病リスクを増やしましょう!と言っているように聞こえるようになりました。

 もしも、私がガリガリに痩せているのなら、もう少し食べて健康的になりましょうね、となるはずですけどね・・・。

 それでね、今の自分、主語にとって、課題だ、問題だと感じていることはどのような意味合いなのか。その問題、課題を生じさせている思い込みのようなものはなんなのか?に気づけば、自然とそんな問題は解消されていくんだと思います。

 これね、ビジネスコンサルティングみたいに、理性的に、体系的にやるアプローチもあるとは思います。第三者じゃないと気づかないことってありますからね。そして、言語によって、無理矢理未来を想起するアプローチもできなくはない。

 経営者が部屋にこもっていろいろ考えることによっても、気づくことはあるとは思います。ただ、それが正しそうか、言語化してもらったり、相談するためにコンサルタントがいるとも思いますけどね。

 具体的じゃなくてごめんなさいね。具体的に書くと、あたりが出る場合が増えすぎて、最近、ブログには怖くていろいろと書けません・・・。メルマガはもう少し率直に書いていますけどね。

 それでは、次回をお楽しみに。

 
2012.03.14(19:28)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 久しぶりにブログのみの記事を書きます。コンサルティングでの成長戦略のお話です。

 成長戦略を描くのは、それほど難しくはない。将来こうなりたい!という話がお好きな経営者は多いからです。一緒に未来を考えていく作業は楽しいものです。絵がどんどん広がっていく。

 当然、マーケットに本当に可能性があるのか?は調べます。プロフィットプールがどのように移動しているのか。この把握をしなくては、進出の可能性が本当にあるのか?はわかりません。

 でもね、経営者が好きではない作業があります。

 それは自社のケイパビリティの把握です。自分の会社ができること、できないこと。このプロセスをやるのを嫌がる経営者もいます。小さい会社であれば、それはほぼ自分ができること、できないこと、に近いからですね。

 自分ができないことに目を向けるのを嫌がる人もいますからね・・・。

 でもね、ここがいい加減だと、うまくいきません。

 たまにね、わかったふうな顔で、「経営者は自分ができなければ、人にカネを払ってやらせればいいんだ」と言う人もいます。

 でもさ、自分ができないことをどうやってクオリティ管理するのでしょう?私にはさっぱりわかりません。

 従業員を雇ったとして、その人がそれができるのかできないのか?いい線に行っているのかいないのか?どうやって把握するんでしょうね・・・。

 そもそも、本業から遠ければ遠いほど事業の失敗確率は上がるというのは、もはや常識的な知見です。べインのレポートで出てますよ。教科書にも出ています。

 そうするとね、今の事業で培われているケイパビリティがいかせるような新規事業でなければうまくいかないんです。

 では、未来を膨らませるのは無駄なのか?といえばそうではない。こういうことをしたいというのがあれば、既存事業でどんなケイパビリティを育てることが、次につながるということがわかるからです。

 人材育成の方向性も定まります。

 この作業をやりたくないと言い出したり、この作業から逃げる経営者もたくさんいました。そういう経営者がやる新規事業はたいていうまくいかなかったです。当然、この作業をやることから逃げさせてしまった私の責任でもあるわけです。

 私の責任だからこそ、ブログで買いている面もあります。もはやだいぶ前の話だし、具体情報は出していないのでもういいかな、と。

 もしも、自分にあてはまると思ったら、自分でケイパビリティについて考えてみてください。別に私を呼ばなくていいです。上記のプロセスが明確にわかるなら、自分で考えればいいのです。

 今日は短めで終わりにします。それでは次回をお楽しみに。

 
2012.03.19(23:04)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
こんばんは。伊藤です。

今週は、福岡と名古屋に行っていたので、
ふらふらです。疲れました。

出張に行くとついつい財布が緩んで、帰りはグリーン車にのってしましました。
贅沢は敵だと思っているのですが、疲れているとこういう意思決定をしてしまいます・・・。

予定を入れ過ぎて、いろいろとありましたが、書けないことばかりですが、
総じて楽しい出張でした。

去年から、地方都市を見て回ろうと思って、こういう講座をやる企画を立てつつ、
名古屋、大阪、福岡などを見てみました。

私は東京から出ることがあまりないので、非常に新鮮な経験でした。

なんでこんなに見合わないことをやっているのか、何度も聞かれました。
そんなに地方で集客できるわけでもない。交通費をかけて、なぜわざわざやってくるのか?と。

ある意味でストレス解消に近面もあります。
東京での仕事は、正直ストレスフルです。イライラすることが山ほどあります。
こう書くと失礼かもしれませんが、地方に行くのは、ある意味で遊びに行っているのです。

ただ、未来への投資という面があります。
地方都市で成立するけど、東京だと厳しいビジネスというのは多々あると思っています。

しかし、コンサルタント的な仕事と称して地方と東京をつなぐ、とか言い出すと
ただの助成金マフィアになってしまう感があると思っています。

でもね、そうではない形ってないかな、と思っているんです。

そういうことを考えて、この1年、いろいろと見て回っていました。
それで、福岡がパイロット的なことをいろいろやるにはいいのかな、と思うようになりました。

なんというか、福岡は「活気がある東京」みたいな感じがすごくするんですよね。
やくざの抗争は少し怖いですが、東京の都市部のビジネスに近いものが、うまく成立しそうな感じがするんですよね。

ちなみに、とあるお菓子メーカーは東京投入をする前に、福岡に流して反応を見るんですね。
それは知ってましたが、私は疑い深いので、見てみないと判断できないんです。

ただ、地方都市よりももう少し田舎を私は全く見たことがないのです。
地方都市とその周辺というものの関係ってなんなんだろう?と言うことに関しては私の中であまり答えが出ていない。

東京と地方都市、地方都市とその周辺という関係の中で、東京はどういう役割になるのか?ということを
少し考えたいなあ、という思いでこの1年出張をしてみたんですね。

あと、経済危機が起きた時の避難場所ってきっと地方なんだろうな、と思っていて。
アメリカの金融危機の後、失業したビジネスマンはどこに行ったかというと、地方に行ったのです。
そして、生活水準を下げずに、コストを下げるという選択をした。

それに近い形での人の移動が日本でも起きるんじゃないかな、と。
それが起きた時に、ビジネスチャンスは少しだけあるんじゃないかな、と。
そういうふうに思っています。

私のポートフォリオの中では、地方に出張して、儲からないことをやるボックスを作る余裕が
この1年はできた、ということです。

それで、これから1年はもっと小さな地方都市に行こうと思っています。定期的にそういう出張をしようと
思っています。でも、講座とかやるのはさすがに厳しいと思うので、どうしようかな、と今回の出張で考えていました。

まだ、答えは出ていませんが、来年は神戸とか、広島とかにも行ってみようと思っています。

それでは、今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
2012.03.24(06:57)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。