FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 こんにちは。伊藤です。昨日、焼酎やらビールやら一気飲みをしたせいか、ふらふらしております。無理をするものではないですね。

 そのあと、カラオケに久々に行ったら、全く声が出ませんでした。ちゃんとボイトレでも行こうかと思いました・・・。

 さて、今日は、相対化のお話です。

 日本で「相対」と言って思い出すのは、ドリフターズの「かーらーすー、なぜなくのー、からすの勝手でしょー」ですかね。絶対的に正しいことなんてないんだ、人それぞれ、みんな勝手にやっていっていいんだ!的な主張が80年代からはじまったような気がしています。

 それで、その考え方はもはや空気のように蔓延していますね。

 あ、ちなみに相対の反対は絶対ですね。

 なにがしかの絶対的価値のもとに人が生きるべし、みたいな考え方って、ある意味で一体感はあるんですけど、息苦しい面もあって。それが、「あらゆることって相対的じゃん!」となった時には、その息苦しさからの解放もあり、個人の価値を認めることにもつながり、それはそれで素晴らしかったわけですね。

 ただね、あらゆる主張に関して、相対化は可能です。が、なんらかの行為を人は選んで生きていくわけです。相対化されたからといって、何も選ばずに生きていくわけではない。

 何かを選ぶことは何かを選ばないことです。

 でね、その時には、その選ぶ対象を相対化して深く考えて、選ぶべきですよね。

 ポジティブな側面、ネガティブな側面をならべてみて。その上で、えいやあ!と選ぶ。絶対的な価値があれば楽ですね。その絶対的な価値のもとに選べばいいんですから。

 でもね、絶対的な価値がないってことは、あらゆる主張は相対化可能ってことは、自分の人生の選択に自分で責任を持つってことですよ。そして、相対化するってことは、ちゃんといい面と悪い面を考えるってことですよ。事実はあるだけであって、いい面、悪い面は評価なんですから。評価は主体と目的に応じて変わるわけです。

 でね、主体と目的を固定した上で、主張を見てみれば、いい面、悪い面をだして、決めりゃあいいのです。

 ただね、よく勘違いしている人がいるのは、どこかに所属していれば、その所属組織の目的に応じて、価値が定まってしまうということです。

 すごくしょぼい例では、就職での評価も、企業の目的に応じて、価値が定まるわけです。で、大学でも、大学の、学部の、学科の目的に応じて価値は否応なく定まる。それを自分が受容するかしないかなどというものは関係ない。評価者は他者なのですから。

 「人それぞれ」は、なんの共同体にも所属してないなら、そうですよ。どの国に所属もしていない人々がいたなら、その人々の間で殺し合いがあったとして、誰も咎めない。

 でも、共同体に所属しているなら、人それぞれは当然、制限されるんですよ。社会に所属するなら、人それぞれは制限される。目的設定が共同体にあるのなら、ね。

 最近、「人それぞれ」という言葉を都合よく使って、共同体に所属しているような顔をしつつ、そのメリットにフリーライドしつつ、評価から逃れているかのように振る舞う人がいて、もう、大丈夫か?と思ったりするわけです。そういう人は評価が必要な局面では全く評価されないわけですが・・・。

 集団は目的によってしか形成されない。その目的を共有して、共同体に所属するならば、その共同体の目的に基づいた価値の体系の制約を受けるんですよ・・・。それは、生まれた時からずっとそうなんですけど、それ、わかってますか?と思ったりします。

 これも、若者批判ではあるわけですが、バブル期を経験している人たちへの批判でもあるわけです。あなたたちの言っている「カラスの勝手でしょ?」って本当に大丈夫ですか?と。

 バブルとゆとりの狭間の人間なので、上も下も批判するという便利な立ち位置なわけですね・・・。

 最近、思うのはバブルのオジサマ方がしたり顔で「カラスの勝手」をのたまうと、意外とゆとりにウケるんだなあってところです。企業のバブル組の放出は一段落しているので、放出されちゃった人たちによる血で血を洗う自己啓発の洗脳戦みたいなもんははじまっていて、それにはまってどこかに行ってしまう人がいたりするのを見ると、「ああ、すごいことだな」、と。

 人生かかってますからね・・・。みなさん、本気ですね・・・。

 これぐらいで今日はやめておきましょう。それでは次回をお楽しみに。
2012.10.27(15:18)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
 こんばんは。伊藤です。

 最近、上場したベンチャー?に優秀な人材を送り込む会社があるそうです。

 でね、私は上場しちゃって成長が止まった企業はベンチャーじゃないと思うんですけどね。なぜだか、彼らは自分たちをベンチャーと称します。そして、「成長機会があるよ!」という主張をして学生を集めます。

 でもさ、上場しちゃって、成長止まってたら、ベンチャーじゃないよね・・・。成長機会?あるわけねーじゃん。と思ったりするのは、私の心が汚れているからでしょう。たぶん。

 そういう企業って、できそこないの中堅企業というか、中堅企業よりたちがわるいというか・・・。

 まずね、成長を支えたような、ベンチャー的な方々は去っていきます。独立したり、別のベンチャーに行ったり。まあ、そうですわな。

 そして、大企業出身の輝かしいキャリアのはずの方々が、幹部としてどしどし入ってきます。こういった方々で優秀な方もいることはありますが、優秀でない方が多いと思ったりするのは、私の心が汚れているからでしょう。

 そして、残っている方々は、ある意味で上がっちゃった人たち、です。ストックオプションだったり、出世だったりで、待遇が良くなって・・・。

 そこに入社すると、どういう役割を求められるかと言うと、オペレーターですよね・・・。ベンチャーならではの成長機会なんてないし、既に魂は失われていたりして・・・。

 それはそれで会社としてはいいんですよ。成長が止まったら、オペレーションをかっちりしないといかん。コンプラも大事。ミスしないほうがいい。

 ただ、殿のベンチャーマインドだけは行き過ぎて、ご乱心であることもあったりもして・・・。

 そして、キャッシュのストックがあるわけではないので、コンプラコンプラと言いつつ、名ばかり店長問題みたいなことが発生していたりして・・・。

 これって、メッセージと実質がミスマッチだと思いますけどね。入ってからこんなはずじゃなかった、と思うんじゃないかな、と。

 ただ、本当に倍々ゲームで成長中の企業に入ると、たいてい心が病んでいくので、勧めませんよ。ただ、そういう環境を楽しめる猛者は、どんなブラック企業に行っても生き残る生命力があるので、それはそれでいいのですが・・・。まあ、一般論です。

 倍々ゲームで成長する会社の裏では、円形脱毛症やら、既往歴の悪化やら、うつ病やらに悩む方々がたくさんいることはわかっておいたほうがいいんではないかなあ、と。

 ま、上場したベンチャーに成長機会を求めて入っても、オペレーターで満足な人はきっとたくさんいるので、いいんじゃないかなあ、とは思います。が、本当に優秀な人が送り込まれたら、それはそれで社会システムとしては間違っているような気もします。

 それでは、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
2012.10.30(00:00)|読み物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム