**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 こんばんは。伊藤です。

 世間はゴールデンウィークですね。世間は・・・。この時期は休みの会社は多いのですが、大学はあって。今は私は授業もあるし、読書会も2つやっているし・・・。国際関係論と銀行法の読書会をやっているのです・・・。そして、就職が決まらん人に指導したりしているのです。しんどいです・・・。

 就職のお手伝いも、半年あればなんとかなるんですけどね・・・。ゼミ面接に全部落ちた人を大手銀行に叩きこんだりしましたが、直前に来られてもけっこう大変なのです・・・。

 さて、今日は、考えていることや、気分みたいなものが顔に出やすい人についてです。自分があてはまると思う人は読みましょう。そうでない人は、周りの表情にいろいろ出る人がどういう人かを知るために読みましょう。

 それでね、私はすごーく顔に出るほうでした。今でもけっこう出ていると思います。しかめっつらして社内を歩いて、「ガラが悪い」と言われたもんです。

 それでね、そういう人はいろいろ考えながら歩いている人です。何も考えずに歩いていたら表情は特に変わりません。でもね、考え事をしながら、インナートークをしながら歩いている人は、顔の表情がコロコロ変わります。

 そういう人は、しゃべっている時も、顔の表情が変わりやすいです。

 それね、分かる人にはいいんですが、分からない人には、何か失礼なことを言ったかな、とかいろいろ気を使わせます。

 たまに、自分で顔の表情が変わりやすいことに気が付いていない人もいます。そういう人は自問自答すればいいです。考え事しながら歩いているか、そうでないか。頭の回転が速いタイプに多いと思います。

 考え事をしながら歩く人は、表情がコロコロ変わっています。

 周りの見知らぬ人が、あなたの顔を見て奇異な顔をしたら、ひょっとしたら、自分はすごくいろいろな表情をしているのかもしれないと思ってみましょう。

 もしも、自分が表情にいろいろ出ているのなら、その前提でコミュニケーションを取るということもできると思います。

 ポーカーフェイスは相当訓練しないとできません。鏡を頻繁に見て、自分の表情がどういう気持ちになって、どう変わるかを一生懸命観察して、とやらないといけません。

 それはそれで訓練していいですが、そう簡単にはできませんので、自分は全部表情に出ているんだろう、という前提のもとで、話をしてみましょう。そうすると、嫌な気分はなるべく振り払って、いい気分でいようと思うようになってきます。

 だって、しかめっ面して、ヒトと話せませんからね。

 つらい時にはどうすればいいのか?結局、出ちゃいますからね。「調子悪いの?」とか聞かれてしまったり、「疲れてます?」とか言われちゃったりします。

 それは出ている前提で、今、やっていることに集中しましょう。そうすると、いい顔になってきます。もう、仕方ないと思うと、意外と嫌な気分は吹っ飛びますよ。

 それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2013.05.01(22:33)|読み物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。今日は宣伝です。ごめんなさい。

 下記、著作が予約可能になりました。紫色の表紙って見たことないんですが、↓です。

これだけ!  SWOT分析これだけ! SWOT分析
(2013/05/22)
伊藤達夫

商品詳細を見る


 中身の解説は発売になってから書きますが、ようやっと1作目が出ることになりました。このブログを読んで支えてくださった皆様、ありがとうございました。

 7月にも出る予定なので、その時はまたお知らせします。

 でも、SWOT分析で書いたらどんなんになるんだろう?と筆に任せて書いたら、こんな感じになりました。気分に任せて急ぎで書いたので、問題発言が文中に溢れていましたが、きれいに削除された形で仕上がってきました。はっはっは。

 経営戦略の初歩の初歩みたいな内容になっております。ご興味があるかたは、是非、ご予約くださいね。

 それでは、また。
 
2013.05.08(20:11)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 大学に来てはや2年と半年ぐらいが過ぎようとしています。

 たいていのことには驚かなくなりましたが、それでも驚くことが多いですね。

 教職志望の人は口をそろえて、「考えさせる授業がしたいです!」と言います。「そりゃあ結構なことですね」と思うわけですが、私は一ミリもこういった言葉を信用しなくなりました。

 なぜなら、本人たちが知らないことを問うと、じっくり考えたりしないで「答えを知らない」で済ませようとするからです。

 知ってるか知らないかなんて、正直、どうでもいいです。そんなことは知ればいい。

 でもね、人に考えさせることをしたいとおっしゃる方々が、「それはきっとこういうことじゃないか?」といった仮説を全く考えようとしないのって、不思議じゃありません?

 彼らは、考えるという作業がどういう作業なのかがおそらくわかっていない。それなのに、それを神聖視し、それをやりたいと言う。「それをやるためにはどうすればいいの?」と聞くと、「問いかければいい」とおっしゃる。

 そりゃあ、そうだけど。「じゃあ、俺も君に問いかけよう。なんでだと思う?」と聞いて、しばらく考える素振りをみせて、「わかりません」と言う。

 「今、考えたの?」と聞くと、「はい」と言う。

 これはもうシュールなお笑いの世界ではないでしょうか?

 彼らは形として、質問技法などを習ったとして、考えるという行為がわからない。

 まあ、確かにサポートする質問もありえますよ。

 「簡単にわかるとしたら何だと思う?」とか「似ている問題は何だと思う?」とか。

 でも、そんなテクニカルな問題じゃないんですよ。

 彼らはこの世界の未知の事象を知りたいとも思っていないし、それを知ろうとする時に生じる苦しみや努力のようなものを自分は経なくていいと思っている。

 モチベーションを上げると称するセミナー講師の弊害は、「知りたいです!」と言葉では言わせる。それをプラグマティックにどういう行為か?まで落とせない。そりゃあ、そうでしょうね。そういうことをやる講師自体が考えたりしない人だからでしょう・・・。

 もはや、末期症状ですね。

 大学入試やら、就職試験やら、なんでもいいのですが、「知っているか知らないか?」を問う問題も一定量出してもいい。

 でも、知らないに決まっていることをどう考えるのか?をうんうん唸らせる。その様子を観察しないと、形だけ考えるとか、形だけ考えた風にすることを揃えて、合格しようとするわけですね。

 考えることは難しいと言うつもりもないですが、安易で軽い人が多くて、とほほほほ、と思います。害悪は、個性の評価や意欲の評価、穴埋め勉強の3つだと思っています。

 形だけの意欲の提示方法を提示しようとする人が増えているし。

 「個性」という名の元に、何かができなくてもいいと思う人、つまり言い訳をして逃げる人が多いし。

 穴埋め勉強だけやっているので、言葉を覚えるのが勉強だと思っている人が多いのです。

 この3つが相まって、最悪の学生として、私の目の前に現れます。中学校、高校の時に、よっぽどひどい教育をお受けなんですね・・・、と言いたくなるわけです。

 30を過ぎると救いはないと思います。20前後なら、半年みっちり見れば、相当変わります。でもね、中学や高校なら、もっと短くて済むと思いますよ・・・。考えることの大事さ、逃げてはいかんことを教える、意欲とはにじみ出るものであって、表面的に語るものでも、不自然なハイテンションで示すものでもない。

 どうにかならないもんでしょうかね・・・。

 変えられるのは、文科省の官僚やら、現場の先生方なんでしょうね。私は正直、もううんざり、という感じです。大学生でやっても効率が悪すぎますよ。目の前に来てしまった人はなんとかするしかないわけですが、できれば関わりたくないですな。

 それでは、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。


2013.05.12(11:08)|教育コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 これから、何回か、「これだけ!SWOT分析」の解説を書いてみようと思います。

これだけ!  SWOT分析これだけ! SWOT分析
(2013/05/22)
伊藤達夫

商品詳細を見る


 本書の第一章を今日は少し見てみましょう。

 第一章:なぜSWOT分析ができないのか?
  ・SWOT分析は経営戦略のために行うもの
   -「強み」と「弱み」って何だろう?
   -そもそも戦争に勝つための技術を経営に活かしたものが経営戦略
   -経営戦略は「ずっと勝つためにどうすればいいのか」を考えること

  ・SWOT分析は経営資源と市場機会を見て
   -目的に沿ったSWOT分析の使い方を
   -SWOT分析の始まり
   -「経営資源」とは
   -「市場機会」は繰り返し訪れる
   -「S」「W」「O」「T」は内外の要因で変わる!

  ・単に「強み」と「弱み」を埋めるだけでは意味がない
   -SWOT分析の前に決めておくべきこと
   -すべては儲けのために!
   -SWOT分析のゴールも儲けでいい

  ・SWOT分析は論理的であるべきか
   -ロジカル病にご用心
   -実はロジカルである必要はない?
   -現場に形式的な論理はいらない
   -漏れない、ダブらないSWOT分析のほうが効率的
   -形だけ正しくても意味がない!

  ・誰が何のために勝ちたいの?
   -SWOT分析に欠かせないファクト
   -事実から受け取れるものの差

  ・弱みは克服しないといけないの?
   -「弱み」を克服することは必ずしもいいことではない
   -いびつさにも意味があるかもしれない

  ・なんでもデフレのせいですか?
   -SWOT分析において外部環境をどう見るか?
   -SWOT分析にデフレは関係ない
   -SWOT分析とファイブフォースモデル

  ・仮説がないのに分析しますか?
   -SWOT分析は既に仮説を含んでいる
   -外の仮説、内の仮説

 というような第一章です。盛りだくさんですね・・・。

 第一章では、経営戦略の基本的な考え方をSWOT分析をネタにして伝えている感じです。それで、いわゆる中小企業のコンサルタントが言う適当なことを徹底的に批判しています・・・。攻撃的な文章ではありませんけど。

 でもね、弱みを改善しましょうとか、ロジカルじゃないといけないとか、マクロ環境が大事だよとか。そういう適当なことを言う人がたくさんいることを指摘した上で、そうでなくてもいいんだよ、というようなことが書いてあります。

 ひょっとしたら、いわゆる中小企業からカネをもらっている人からは袋叩きに会うような内容かもしれません・・・。相当、身も蓋もないですからね・・・。

 あと、経営戦略は「持続的競争優位を保持するための打ち手の束」だということですが、もっと優しく、「ずっと競争に勝つためにやることのリスト」を考えることだ、という説明をしています。

 普段、本を全く読まない人をターゲットにしておりますね。

 「そんな人は本を読むわけないだろ!」という突っ込みは置いておいて、メッセージとしては優しく、読みやすく、ということだと思います・・・。

 第一章は本当に読みやすいです。きっと、30分ぐらいで読めます。

 本書は「キャッチ、やさしい説明、自虐、毒、まとめ」の流れを繰り返しています。それが編集で削られずに済んでいるのがこの部分です。だからとても読みやすいと思います。ぜひぜひ、読んでみて下さい。立ち読みでもいいですからね。

 内容を深く解説をしようと思いましたが、読み返してあまりにサラサラ読めるので、解説するのをやめます。ごめんなさい。

 それでは、次回は第二章をネタに何か書きます。お楽しみに。
2013.05.19(00:51)|これだけ!SWOT分析コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。

 数回にわたって「これだけ!SWOT分析」を解説します!と言って1週間が経ってしまいました。ごめんなさい。

これだけ!  SWOT分析これだけ! SWOT分析
(2013/05/22)
伊藤達夫

商品詳細を見る


 三省堂とかブックファーストでは平積みです!というご報告が写真と共に頂いております。出版社が何部刷ったのか?全くわかりません。今のところ、電子書籍化は未定です。

 第二章の目次を書いてみます。

 第二章:意味あるSWOT分析をするために

 ・本当に使えるSWOT分析を始めよう
  - 分析って何ですか?
  - SWOT分析は事業戦略で活きる!
  - SWOT分析は中小企業に効く

 ・SWOT分析で抜け落ちる部分がある?
  - 全社戦略とPPM
  - 市場の成長とお客さんの獲得コスト
  - 市場の成熟対策としてのビジョンとCRM
  - SWOT分析で抜け落ちる撤退

 ・SWOT分析をする前に
  - まず「成功のカギ」を意識する
  - お客さんが価値を感じる要素を把握しよう
  - お客さんから見えてくるもの

 ・「強み」「弱み」「機会」「脅威」のケーススタディー
  - 当たり前から始めてみよう
  - 秩父のホテルのSWOTは?
  - ホテルが提供する価値を考える
  - ホテルが勝ち続けるために取り組むべきことは?

 ・SWOT分析の不思議さとは?
  - 分析結果からどうやって施策を打ち出すか
  - 成功要因は隠れている

 ・目的と落としどころは何ですか?
  - いいSWOT分析、悪いSWOT分析
  - コンサルティングの価値は

 ・「強み」と「弱み」を巡って
  - 「外より内」思考
  - 「強み」をチェックするのに使えるDSA
  - 「弱み」の規定にはあまり意味がない
  - 「レント」の原因がわかれば「強み」も「弱み」もわかるけど

 ・「機会」と「脅威」の考え方
  - お客さんの変化から見える「機会」と「脅威」
  - 危険でないリスク
  - 仮定とSWOT分析を結びつける
  - 「儲け」は流れゆく

 ぐらいですね。さて、解説していきましょう。

 この章では、一応、驚きを意図して書いています。SWOT分析の悪い面というか、使えない面を前半では多少強調して書いています。

 しかし、SWOT分析は中小企業では使える面がある!と書いているのです。読んでいて、どういうこと?という驚きが得られるので、それなりに知的な面白さがあるかなあ、と。

 1つだけケーススタディがあります。秩父のホテルが赤字になって、SWOT分析の結果を見たら、多分こういうことだろうな、と私がアドバイスするような形になっています。

 SWOT分析の結果は、従業員が普通にやるとバイアスに満ち満ちているわけです。これに対して、客観的にやろう!というソリューションがないわけではないのですが、そんなことに注力するんだったら、経営側がちゃんと読み取れるほうが楽じゃないですか?ということが書いてあるのです。

 ケースを読んだうえで、強みと弱み、機会と脅威の考え方が書いてあります。ただ、内部リソースの分析は、結局はお客さんを中心に考えるほうが正しいので、内部リソースフォーカスで考えるのは、やめたほうがいいよ、といったことが書かれています。

 そして、SWOT分析を卒業できるレベル感の「機会」と「脅威」の捉え方が書かれています。というか、普通に経営戦略を立案できるレベルになると、そもそもSWOT分析を使いません。しかし、ここにある「機会」と「脅威」の捉え方ができないレベルであれば、しばらくSWOT分析に頼っていいですよ、ということが書いてあります。

 後半は少し読みにくいかもしれません。ごめんなさい。

 でも、書いてある内容の割には読みやすいと思います。それでは、今日はこれぐらいに致しましょう。次回、最後の解説を書きますので、お楽しみに。



2013.05.26(00:35)|これだけ!SWOT分析コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。