**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
さて、今日は最近ブログのほうで書いている話をベースに
更に話を進めてみます。

企業というのは権力を行使する仕組みであること。

日本企業はコミュニティで、米国企業はカンパニーであること。

日本企業はコミュニティに人生を捧げる度合いの大きさで給与の多寡が決まること。

米国企業は機能集団で、考える部分と実行が分離されていて、考えるほうが給与が高いこと、などを書いてきました。

それでね、今後の日本企業を考えた場合に、現行の延長で行くのか、それとも米国型とも言えるような、独裁型企業が成長して行き、それがスタンダードになるのか、という分岐点にあるように思います。

最近、冷凍食品に農薬混入の事件がありました。

日本企業が機能集団で、人が流動的であれば、人を全く信じないシステムが組まれていることでしょう。工場に入る時に身体検査するとかね。

実際、機能集団的な中小企業で、そうやっている企業を見たことがあります。私はドン引きでしたが、合理的ではあります。短期の関係では誰かが悪さすることを防止することはできませんので。

ただ、現状のコミュニティの仲間ならば、徹底した持ち物検査などはしないのですね。そして、転職市場がほぼ成立していないので、人が1か所に縛り付けられる。従業員側も一か所に縛り付けられることを望む。それを社会は信用と呼ぶ。社会の構成員に長期的関係を強要すれば悪いことはできない。

人が流動化していないのに、コミュニティの末端の人々だけが有期雇用という名目で高いリスクを負っている。そのリターンはない。超低賃金。・・・。

という極めて不健全な状態になっています。

だから、こういうことが起こっていまう、とも考えられるでしょう。

ただ、コミュニティから機能集団への転換は集団が連続性を持っている以上は進みません。JALのように潰れた会社を再生してしまうと、いつまでたっても自然淘汰が進みません。

ユニクロやソフトバンクが出てきて、業績を上げることは、全体のシステムから見れば好ましいと思います。

資本主義とは、資本を背景とした権力差を企業内に発生させることで、人が平等に暮らしながら、社会の厚生を押し上げるという、二律背反を成し遂げるシステムと言えるでしょう。

日本人は資本主義システムの上に、独自のコミュニティ的システムを築き上げ、コミュニティにおけるコミュニケーション密度の濃さによって、ものづくりのケイパビリティを高めてきました。

ただ、それも競争優位になるケースが減少してきたと思います。おそらく、デジタル技術では勝てない。現在、ハイブリッドでは競争優位を持っている自動車でも、電気自動車に完全移行したら、厳しいでしょう。

日本企業は機能集団とコミュニティのつぎはぎのような組織がいろいろと試されている段階にあるように見えます。

潰れかかったり、完全につぶれたりすれば、変革プロジェクトもやりやすいんですけどね。

ただ、この時に、コミュニティの利得と、機能集団の利得をいいとこどりしようとして、うまくいかないケースが出てくるでしょう。今回の農薬混入事件はそういった事態に気づくきっかけになったようにも思います。

こういったことに気づかずに、成果主義といったことを喧伝しても、日本企業での導入はうまくいかない。それを成果主義の終わりだとか、日本はその先を行っているんだ、とか怪しげな主張をする人たちがいましたが、違いますよね。

そもそも、慣習が違うんです。日本は欧米型資本主義とは違ったシステムが、法律だけやや欧米型資本主義に寄せられつつ、動いている。これは非常に脆弱なシステムです。

ただ、地域共同体も崩壊しはじめ、人材の質が変わりつつあり、教育も機能集団のほうへ寄ってきていると考えると、そろそろ企業がコミュニティからカンパニーへ、機能集団へと本来の形に変化する時期なのかもしれません。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2014.02.04(10:16)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 企業って何?日本企業、米国企業の違いは?といったことを書いてきました。

 じゃあ、どうすんの?どうすりゃいいの?というところがあるでしょう。あんまり学生向けに書くのは好きではありませんが、学生向けに書きます。

 書きますと、とりあえず東証一部上場の上位10%の企業に入れるなら入って、そこで10年頑張ってみることを目指す。が正しい答えでしょう。できるかどうかは別として。

 大手企業はいまだにコミュニティですので、濃密なコミュニケーション、他人とのインタラクションの中で人間としての能力を伸ばせるでしょう。人間は環境とのインタラクションの中でしか能力を伸ばせません。大きく見守りながら、能力を伸ばせるのはそういうところしかない。

 そして、給与は高い。

 大手だって給与は下がっている!と声高に叫ぶ人がいますが、未だに強烈な格差があります。そして、中小企業に決まった優秀な学生が、「住宅手当がない」と嘆いていたそうですが、当たり前です。こういった手当てやら社宅やらで強烈な差が1年目からついているのです・・・。

 そして、離職率は大手が圧倒的に低い。東大の柳川先生が勤続年数調査をしていますが、勤続30年とかそういう現象が見られるのは大手製造業男子のみ、です。

 終身雇用がそもそもあったのは、大手の儲かっているメーカーに過ぎず、その持続可能性は限りなく低い。ただ、中小企業の離職率はすさまじく高い。http://plus-handicap.com/2014/01/2591/によくまとまっています。

 天才的な人を別にして、何年も頑張らないと能力は上がりません・・・。これはせつない現実です。

 長期の目線で人間を見る機能が保持されているのは、大手ぐらいです。
 
 大手に落ちちゃったら、「自分は大好きなことをやっているんだ!」と言い訳してもおおいに結構です。別にいいです。人間、救いがないと生きられませんから。でも、はじめから好きなことをやるんだと言って、貧困の道に落ちるのはやめて下さい。

 国家による救済がいつまでもあてにはできないし、日本人、上位大学の学生のアイデンティティは、それなりの名前が通っているところに所属している、ですので、これがなくなると生きているのがしんどくなります。

 今は少し景気がよくなっていますが、経済混乱は10年以内に国内で起こりそうです。その時に頼れるのは、所属ぐらいですよ。所属を失ったとして、預金、資産が得られるのは、少数の仕事だけです。

 自分の力で生き抜きたい?ベンチャーがいい?ベンチャー起こしたい?

 いや、それはできるならいいですよ。ホリエモンのような天才的な人ならいいと思います。彼は東大に入って在学中にベンチャー起こして、上場までこぎつけて、刑務所入ってもそれをネタにして生きられるぐらいの強烈な人です。それぐらいの能力とパワーがあればいいですよ。凡人なら大手を目指して勉強してください。

 それでもベンチャーがいいなら、今すぐにベンチャーを自分で起こしてください。そして、ビジネスとして成立させられるか試してください。在学中で構いません。勉強を全て中断して、休学しても構いません。それでうまくいけばそのままやればいいし、ダメだったら大人しく勉強しましょう。

 大手企業は体育会の主将や副将が多いです。過半数じゃないかと思います。そりゃあ、未だにコミュニティですからね。

 普通の上位大学生は勉強枠で入るしかないです。大丈夫です。3割~4割ぐらいは勉強組です。ゼミに入るなり、留学するなり、勉強をしてください。頭を良くしてください。もとい、頭が良くなるような勉強の仕方をしてください・・・。

 今の経済システムについての知見を高めて下さい。その上で、企業はどのように社会の役に立っているのか?を理解してください。そこからがスタートです・・・。

 上位大学の学生でも、多くの人がまともに勉強していない時代なので、勉強枠で大手に入るのは、そんなに難しくはないでしょう。ゼミ面接に全部落ちた人を勉強させて大手に叩きこみました。大丈夫です。入れます。

 ゼミに入ったら、ゼミで一生懸命まともにやっていれば、濃密なコミュニケーションも経験できて、能力も伸びていくでしょう・・・。

 メッセージとしては「勉強してね」です。それ以外ありません。社会について理解が深ければそれでいろんなことがわかります。

 エントリーシートを書く能力はレポートを書く能力と同じです。まともにレポートを書き続けていれば、ESぐらいすぐに書けます。ゼミでディスカッションをしていれば、グループディスカッションぐらいできます。発表を定期的にやっていれば、面接で自分のことを発表するぐらい、さして難しくありません。

 勉強してください。ハイパーメリトクラシーに迷い込まないでください。勉強を通じて能力を上げて、これまで通り、それなりに所属でもたらされるアイデンティティを得て下さい。それぐらいです。

 学生向けに書くのは嫌いですが、一応、まとめておきます。ご参考まで。


 
2014.02.25(09:51)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 久々に戦略の話を書きます。

 バリューでのシナジーみたいな話はたいていは眉唾です。

 補完性のある資産、プロセスによるシナジーみたいな話のほうが現実的です。

 なぜか?を書いていきます。

 バリューというのは、ある市場においては、顧客が求める価値とありえる組み合わせで商品として提供されるわけです。この組み合わせが異なるものを提供したとして、1+1=2にしかならない。

 もしも、求めるバリューの組み合わせの一部しか自社が提供できない場合、同じく組み合わせの一部しか提供できないけれど、自社と違ったものを提供している会社があれば、合併したり提携したりするとシナジーがある。パッケージの価値が、個別の価値の組み合わせを越える場合があり、この場合は1+1=2以上の価値になる。

 でも、こういったケースはレアです。そんな都合のよい組み合わせ、補完性が強い企業はたいていは存在しません。

 ただ、プロセスにおいて、似ているプロセスはいくらでもある。補完性がある資産やプロセスは規模が小さければ、けっこうたくさん発見できるわけです。

 そうすると、別々にやるより、一緒にやったほうが効率は上がるわけです。

 補完性って何?という話を少しします。価値で補完性があるのは、パンとジャムとか。ジャムパンはただのパン、ただのジャムより高い値段で売れるかもしれない。

 資産、プロセスで補完性があるものは何か?

 例えば、研究開発プロセスと、アフターサービスプロセスが補完性がある場合があります。

 結局、アフターサービスでいろいろ話を聞いて来ることが、研究開発の投入資源になっているとかね。もっと単純に言えば、処理する順番通りに機械が近くに置いてあるほうが、効率がいいとか、そういうことも含みますけど・・・。

 シナジーという言葉が躍る提案書はよく見かけますが、これ本当?というものがすごくたくさんある。それを検証するとしたら、価値とその組み合わせの話、資産やプロセスの補完性の話から考えるといいでしょうということでした。

 それでは次回をお楽しみに。

2014.02.26(12:08)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム