**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
おはようございます。伊藤です。

テレビをつけたら、2002年サッカーワールドカップがやっていました。
今見ると、日本代表のサッカーはとても見れたものではありませんが、
当時としては現実的な選択だったんだなあ、と思いました。

さて、今日は「近代の矛盾」について書いてみます。
これは組織マネジメント上、非常に重要な問題です。

この近代の矛盾はネグリ・ハートも「帝国」で指摘していますし、
ハイエクも、フーコーも「自由」の問題で扱っています。

帝国は大学の読書会で逐文解説していますが、
とてもじゃないけど、普通の人は読めないので、読まなくていいと思います。
ただ、読めるとモダンとポストモダンがすごくわかりますけどね。

<帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性<帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性
(2003/01/23)
アントニオ・ネグリ、マイケル・ハート 他

商品詳細を見る


その近代の矛盾とは何かと言えば、フランス革命で、「自由、平等、博愛」という建て前が成立しましたが、
本当に人は自由で平等なんでしょうか?というお話です。

みんなで協力的に何かするのが望ましいのですが、その協力的である環境、つまり秩序を維持するためには、
警察権力であったり、軍事力であったりといった暴力が必要になります。

人は平等なはずですが、企業では、上司から命令されます。

教育の現場では「みなさんが主権者なんです!平等で自由なんです!」ということが強調されますが、
就職してみるとそうでないことには気が付く。会社にいろいろと命令される。程度問題ですが、自分の自由は制限される。

まあ、最近の学生でこの部分を徹底して勘違いしている人は、社会にすら出られませんけどね・・・。

それでね、この問題には極論的な解を主張する人が多い。

いわゆる社民党的に「徹底して人は自由で平等なんだから、全て国家が面倒を見ろ!」というような主張と、
自民党の改憲案のように、「国民は義務を果たせ!」というような主張です。

これはね、極論では片付かないで、絶妙なバランス感覚が必要で、
この感覚は文化、慣習ごとに違う規範になるわけです。いわゆる「社会科学」の領域ですよね。
答えが個別論でしか定まらないわけです。その根拠は伝統に支えられた人の感覚になるわけです。

じゃあね、平等であるはずの人たちに命令しないといけない企業は、
「従業員にどう命令されるのを受け入れてもらうのか?」という問いにぶち当たる。

これがマネジメント上の大きな問題なわけです。

従業員に「自発的に考えるように仕向ける」とか、そういうことをしないといけなかったり・・・。

確かに長期的関係をベースにできれば、下に丸投げして、下が自発的に考えるという形を取ることができます。
資本が大きく、資本生産性が高い大企業の場合はこれが持続可能です。

しかし、中小企業ではこれが持続可能ではない。上場企業を見ても、比較的小さい会社の平均勤続年数は5年を切っていますし、平均給与は300万~500万です。それ以下の中小企業は当然それよりも条件が悪い。

その中でマネジメントをどうするか?がとても難しいですね。

宗教的な怪しげな教えも多数ありますが、結局は全て、組織の権力構造を受け入れてもらうための方便です。
人は自由で平等なはずだけど、命令されて動く立場にあり、自発的に命令に従ったりする従業員が必要なわけです。

ビジョンさえ示せば、自発的に寝る間も惜しんで働いてくれる人を生産できる組織が理想かもしれませんが、
そこまでうまくいくケースはレアでしょう。

この時、どこまで自由でどこまで言うことを聞くのか?という規範の設定が自分の組織内でどうなっているのか?
がマネジメント上では重要なわけです。

そこに自覚的なマネジャーとそうでないマネジャーは成果に違いが出るでしょうね。
ただ、無意識的にうまくやれる人もいますが、そういう人は放っておけばいい。

前に、とある企業で「学生気分から切り替えるような研修が欲しい」というようなことを言われましたが、
確かに、「自由で平等な主権者」と育てられた学生に、「不自由で階層の下部を構成する従属者」になってもらうということは、けっこうなハードルです。

それを踏まえた採用から考えることが妥当だと私は思いますけどね。
何も考えずに採用した人を、一気に変えられる研修なんて、性質の悪い洗脳でしかない。
自己啓発セミナーはそもそも米軍で開発されたもので、喜んで死地に赴く戦士を作るものでしたから、
多少効果はあるでしょうけどね・・・。

というようなことに自覚的か否か?がマネジメントをちゃんと考えられるか否かの
違いだと思っています。

解決策や、考える方向性はそれなりにありますが、また別の機会に書きますね。
それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2014.06.03(07:58)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 こんにちは。伊藤です。

 代表が負けたので、仕事をしようと思ってパソコンに向かうわけですが、全く切り替わりません。この不完全燃焼した感をどうにかしたいです。ということで、ブログを書いています。

 ザッケローニ監督の思い切った決断が見事に外れちゃいましたね。トップに大迫さんいれるかー。遠藤さんはずすかー。前半は大迫さんからカウンター食らいまくってましたね。後半は良くなったとは思いますが・・・。遠藤さん入れてから、すぐは少しつなぎが良くなりましたけど、いい時のポゼッションには結局なりませんでしたね・・・。

 岡田監督は前回のワールドカップで思い切った決断を当てましたよね。キーパー替えて、中村俊介さん外して。ホンダさんワントップで。見事に結果を出した。ザッケローニ監督はそれが外れちゃった。まあ、結果論ですから。

 遠藤さん外して山口、長谷部コンビで行ったのも、選択の問題でしょう。ただ、予想以上につなげなかったんだろうなあ、と。香川さん、ちょっとキレてませんでしたということで、余計キープできなかった感があります・・・。最後は替えましたが・・・。

 で、ホンダさんはパスミスけっこうしちゃってね・・・。いやー、全てが裏目に出た感じになっちゃいましたね・・・。まあ、結果論ですが・・・。

 そうすると、注目は次の試合のスタメンです。今回と同じで行くのか、変えるのか。

 中盤の底ととワントップがどうなるかでしょうね・・・。大久保さん左で、岡崎さん右で、本田さんワントップという前回のワールドカップじゃんというような形も後半には見られました・・・。

 そのあたりは悩みどころなんでしょうね。前田遼一さんを途中であきらめて、結局、その頃からの課題は残したまんまと言った感じでしょうか・・・。

 次の試合は金曜日の朝ですね。金曜日は私は大学に行く日です。二限には私の授業があります。授業を取っている人は、授業には遅れないようにしつつ、試合は見て下さいね。

 今回は雑感でした。ごめんなさい。次回はちゃんと、ビジネスのヒントになることを書きます。今日の内容はあんまりビジネスに結び付けて語りたくなかったんですね。ごめんなさい。それでは次回をお楽しみに。
2014.06.15(14:26)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
こんにちは。伊藤です。

お昼ご飯を食べながら書いています。
今日は、秩序について書いてみます。

先日、ホリエモンがとあるTwitter民に、
「キチガイ」と言っているのを見かけました。

そのTwitter民の人は、
皇族が弱い国は内乱発生の可能性が高い、という主張をしていて、
日本が平和なのは陛下のお蔭といった主張をしていました。

私の中ではどちらかというと、ホリエモンがおかしいかな、と
思いました。

先日のワールドカップで、
ドログバさんが活躍しましたが、コートジボワールがW杯出場を決めた時、彼が「武器を捨てよう、選挙をやろう」と言ったことで、一時、内戦が止まったそうです。

秩序維持がうまくいかないとどうなるかというと、
内戦になります。

これまでにも書いていますが、万部族の万部族による闘争が始まるわけです。
イラクでも、武装グループが地方都市を陥落させましたね。

あれね、日本で起こったらすごいですよね。

鹿児島の方々が武装して、
福岡を陥落させたらすごいことになります。

鹿児島のみなさん、ごめんなさい・・・。

でもね、日本人には無秩序で内戦に突入するリアリティがない。
これは、丸山真男が言う、古層に依存しているように思います。
日本人は、なんとなく秩序形成する能力に優れています。

ただ、明治以前は地方ごとに「くに」があり、
その農村の中で、人口を増やさずにやってきた。
税率も数%だったので、農村はそれなりに豊かだったとも言われます。

ただ、明治維新をやって、国民国家日本を作った際に、
日本としてのまとまりを作るために、薩長土肥の維新の志士は、
天皇陛下を持ってきた。

まさに日本の象徴なわけです。
天皇陛下がいてくれるから悪いことをしないと言う人が一部いるのはリアリティは湧きますか?

米国を知っている人はわかるかもしれませんが、
貧しい人たちでも、「大統領は俺のことをわかってくれる」的なことを、なんとなく思っていたりします。

大統領は米国の精神的支柱なわけです。

山本太郎さんが、天皇陛下に直訴しましたよね?
あれも、天皇陛下は分かってくれる的な発想ですよね?

山本太郎さんは、中核派が支援していることは有名ですが、
もしもね、彼が暴動を煽ったりして、実際に若者が扇動されてしまった時、
天皇陛下が「武器を捨てて下さい、きっと話し合えばわかりあえます・・・。」と言ったらどうなるでしょうね?

山本太郎さん、説得されそうじゃないですか?

このなんとなくの説得力が大事なんです。

コートジボワールだと、呼びかけるのはドログバさんなわけですが、日本だと天皇陛下なわけですよ。米国だと大統領なんです。

これ、大事なんです。

それでね、ビジネスに無理やり結びつける必要性もないですが、ビジネス的に言うと、言うことを聞かない人でも、この人に言われたら聞かざるを得ないというのは誰か?というのがマネジメント上、重要なんですよ。

創業経営者の持つカリスマというのは、内部では大きいわけです。

歴史ができてしまったら、それはそれで大変で、社内のいろんな人がブランドに尽くしてきたというストーリーを共有して、ブランドのDo'sとDont'sに従ってもらうことになる。これは近代的マネジメントです。つまり、法の支配とナショナリズムの混合がありますよね?

文字になっているブランドの決まりと、ブランドの魂、エートスに従う人が、ブランド企業の社員なわけですよ。

まあ、日本の大企業には、こういう支配も利いていますけどね。「腐っても三菱」と三菱の人たちはよく言います。これを作って行く過程で、クレドを持ち歩くとか、そういったことをしている企業もあるでしょう。

ホリエモンはものすごく賢いとは思うのですが、福沢諭吉並みのリバタリアンだから、一人で生きられない人が理解できないんだろうなあ、と思いました。出てきてから、これまでホリエモンを支持してこなかった人たちへのマーケティングがうまくいっているように思うのですが、やっぱり根本の部分は頭が良すぎてわからないんだろうなあ、と思いました。

まあ、平和の全てを天皇陛下が担っているとは思いませんが、そういう部分はあるでしょう。じゃなきゃ、世界中で皇族やら大統領のような象徴的な役割を背負う人が存在している意味がわかりませんからね・・・。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
2014.06.19(08:40)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おはようございます。伊藤です。

東京は雨です。
ワールドカップ、次の日本戦は水曜の朝5時からだそうで。
4年に一度なので見ますけどね。

さて、今日は業務効率化は戦略なのか?という有名な
お話を少しななめから見てみます。久々に戦略のお話です。

経営戦略勉強会をこの半年間やってきて、次が最終回なので、
そこで扱ったようなお話を軽めに書いてみます。

企業の目的は儲けることです。
で、戦略はいかに儲けるか?というところにフォーカスしています。

そうすると、業務を効率化して儲かれば戦略だろうがそうでなかろうがいいじゃん、という話に極論としてはなります。

いわゆる大企業は業務を効率化すると儲かるか?というと・・・、儲かります。でかい資産を使って価値を複製して儲けているので、その効率を上げることが儲かるということになるわけです。指標としてはROEを上げていくこととこれは一致します。資本を使ってリターンを得る。その資本の活用効率を上げればいい。

いわゆる市場は制約条件にならない場合ということですね。リターンが一定だという前提ではあります。
わかりにくいので、少し噛み砕いて説明しましょう。

大きな会社はある程度お客さんがいて、ある程度売上の読める商品、事業群が既にあるわけです。

いわゆる、ニーズがでかい商品を持っている。そのマーケットで効率的に商品供給ができれば数字が上がる。
だったら効率化すれば儲かる。

すごーくシンプルなお話です。

ただ、市場がシュリンクし始めたりすると、困ることがあります。リターンが下がる場合ですね。また、マーケットが激しく変化したりすると、きつい。価値を安定的に複製できても儲からないことがある。

DRAMから、NECや日立が撤退しましたが、需要変動と価格変動、技術革新が激しすぎたからですね。そんなもんに大企業が対応するのはきついんですよ。だから撤退は正解かと。

だから、規模が馬鹿でかい会社は業務効率化で儲かることも多々あるからいいじゃん、と思うわけです。業務効率化は戦略ではないとか言ったとして、儲かればそれでいいと思うのです。

いや、顧客発想だ!マーケティング視点だ!画期的なマーケティング手法が大事なんだ!という極論がもう一方にあります。

これが儲かることにクリティカルに効くのは、規模がそれほど大きくない会社です。体力がないからお客さんとの交換の中でプロフィットをもぎ取らないといけない。いわゆるEBITDAを上げろ的なお話です。上がってくるキャッシュフローを上げれば儲かる。資本は元々問題にするレベルで大きくない。だからとにかくリターンを上げるための活動にフォーカスする。そして、なるべくプロフィットを取る。何と言われようと、取る。

大手は資本による価値の生産をしているんでね。はい。お客さんとは等価交換でもいいんですよ・・・。このへんの話は書くと長くなるので書きませんが・・・。

でね、それほど大きくない会社はマーケティングだとか、ポジショニングだとか、そういうところがすごーく大事で、お客さんからプロフィットをもぎ取り続けないと存続できない。

アミノバイタルという味の素さんの有名な商品がありますが、去年初めて黒字になったそうです・・・。何年赤字垂れ流してんだよ・・・、と思いますが、いいんですよ。でかいから。少しずつ回収できればそれはそれで事業ポートフォリオ上で意味があればそういう事業もあっていいんです。

中小企業だと存続できませんけどね・・・。

だから、中小企業はマーケティングだとか、そういうもんがすごーく大事で、小さい会社で戦略とか言うと、ほとんどがお客さんの話、マーケティングの話に集約するわけですね。

価値の複製効率を上げろ!という論点が出てくるほどスタンダードで大きなマーケットがたまたま相手だと、大手が参入してきてやられて消えるでしょうね・・・。まあ、いいのです。

ただ、ここでうまくやると成長できるのですが、価値の複製効率を論点にしたことがない企業はたいていうまくいかないですね・・・。発注に対応できるオペレーションが構築できず、新規参入者が相次ぎ、空中分解することが多いです。

というようなお話ですが、伝わりますでしょうか?

「業務効率化は戦略ではない!」とか言い出すと、ニッチ企業の素晴らしきポジショニングみたいな話ばかりがケース素材になってしまって、ポーターって小さい話が好きなのかな、とかそういう感じになっていってしまいますね・・・。実際に、ポーターがネタにしているケースが小さくて困りますよ。こっそりひっそり儲けている中堅企業みたいなケースがたくさんある。でもね、大手はこっそり儲けるなんて無理ですから。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
2014.06.24(07:55)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おはようございます。伊藤です。
メルマガの焼き直しですが、マネジメントについて書きます。

マネジメントで大事なのは「秩序形成」であるし、
経営側が提示した方向性に沿った行動を従業員がしてくれること、
ですよね。

これが危機的になりうるというリアリティが湧きにくい人も多いのですが、学校を考えるとわかりやすいですね。

本当にわかりやすい話に学級崩壊があります。
学級崩壊は、授業が成立しないような状況になってしまう、
ということです。

簡単に言えば、子どもが言うことを聞かない。
好き勝手なことばかりやってしまう。

企業でこれが起こったらと思うと、怖いですよね。
学級崩壊ならぬ、チーム崩壊、部門崩壊が起こることがあるか?ということを考えるとわかるでしょう。

ネットで話題になった事件ですが、校長先生がナイフを持ってきた子供の頭を叩いたら、「体罰」になったというのがありましたよね。そして、校長先生は退職・・・。これからどうなるんでしょうね。

教育現場でこれから起こることは、おそらくマネジメントに対して非常に示唆的です。

結局ね、人が言うことを聞くのは、暴力が背後にあるから、ですよね・・・・。

暴力を禁じられた学校がどこに向かうのかは非常に興味深いですね。空気での秩序維持能力のない日本人が形成されそうに思います。すぐに「警察を呼びましょう」と言い出す若者とかね。この傾向はもう出始めていると思いますけど。

過去、村の秩序維持は村八分という暴力が背後にあったからです。村八分になったら野垂れ死にです・・・。

改めて言うと、企業では「クビ」という暴力が背後にあるから、言うことを聞くわけです。

これが少し洗練されたら、人事権があるから言うことを聞くというやつになります。

これがもっと洗練されると、上司だから言うことを聞かすことができるのではなく、
人間的魅力で言うことを聞かせましょう、になります。いわゆるパーソナルパワーで言うことを聞かせろ、です。

暴力を少しずつ隠蔽していく形で、権力の行使は洗練されていくわけです。

しかし、最も根源には暴力があるという認識はすごく大事です。

暴力を全て国家に担わせる形が、「警察を呼びましょう」ですよね。
小学生がナイフを出したら、今後は警察を呼んで逮捕させるんでしょうかね・・・。

国家権力が大嫌いなはずの教育現場がこういう方向に行くのは、
とても不思議な現象ですね・・・。

じゃあね、具体的にどうやって暴力を隠蔽する形が企業マネジメント上、一番いいのか?
ということになります。

1つの極端なやり方は監視の意識化ですよね。監視の背後には暴力がある。
変なことをしたらクビよ、というやつです。

あからさまに全ての従業員にボディチェックをし、入退室管理をし、
デスクに座っている時も監視カメラで見られ、PCも全てモニターされている監視までやるとかね・・・。
電話は全て録音するとか。

実際にやっている企業はあります。

もう1つの極端なやり方は、価値観の統一ですよね。
価値観から外れたら、この会社ではやっていけなくなる、というビジョンに対する極端な同調を求める
ケースです。ただ、こちらのほうが洗練された暴力の隠蔽の形です。

ザッポスが礼賛されたりしますが、
私にはザッポスの妙な価値観の共有の徹底が暴力の隠蔽の1つの形に見えるんですよね・・・。

それでね、この2つが極にあるとすると、
現実的には、価値観の共有と、監視の意識化と、その両方をうまく配分するやり方に
落ち着くんですね。

ただ、実際に企業を見て、マネジメントを刷新する場合には、
その配分は経営者や管理者の「カリスマ度合い」に依存する形で落ち着くのですが、
自分のカリスマ度合いについては、なかなか判定しにくいでしょうから、監視と価値観の共有を行き来しながら、
うまく決めて行くことになるでしょうね・・・。

それでね、いる従業員の民度が高いなら、暴力は隠蔽するのがいいに決まってます。
ただ、民度が低いなら、暴力が見えないといけませんね。伝わりますでしょうか?

権限配分の話は長くなるので今日は割愛します。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
2014.06.30(07:52)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム