**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
おはようございます。伊藤です。

今朝の東京は晴れ渡っています。
日光が強すぎるぐらいです。

さて、今日は以前にも書いたかもしれませんが、
「共同体」についてです。

近代ドイツ人などの文章で共同体と言うと、
日本人がイメージする共同体とは少し意味が違います。

共同体はいわゆるゲマインシャフト、農村の地縁血縁共同体のことです。
これはビュルガリッヒゲゼルシャフトの反対語です。

つまりブルジョア社会、市民社会の反対語なのです。

ヘーゲルは都市が工業化で工場労働者が必要になると、
農村共同体を捨てて、人々は都市に出てくる。そこで形成されるのが、
ブルジョア社会だと言いました。

マルクスもそう考えていますね。

つまり、都市における市民社会との対極としての
農村共同体なわけです。

農村共同体では、人は土地に縛りつけられています。
伝統的な農業の生産力は大きくはないので、なかなか食えません。

ただ、「共同体を失うことが病理の始まり」というような
主張をする人はたくさんいました。

極論すると、資本主義に伴って成立する市民社会が人々の病理を作り出している!
といったことは多くの人が言ったわけです。

農村で精神的に病んでいる人はいないじゃないか!と。

いえ、居ても働かないので村から叩き出されていますよ・・・、と
私は言いたいですが、こういうことを言うと怒られます。

農村などの原始的共同体を極度に理想化する思想は
ルソーを代表としてなかなか強力です。

でもね、農村の間引きや子殺しは有名なんですけどね。
河童も座敷童も、子殺しの後ろめたさから出てきた妖怪ですよ・・・。

農村共同体では失業者や異常者は顕在化しません。
村から叩き出されて死んでしまいますからね。

しかし、都市においては浮浪者として顕在化します。
精神病者も顕在化しますよね。だから、公共的になんとかしようとなる。

私は資本主義社会のほうがずっとマシだと思うんですけどね。

富岡製糸場がブラック企業の元祖だとおっしゃる方がいましたが、
違いますよね。

富岡製糸場で罰金ばかりで大変だった人も、
「農村に戻るよりはましだ」と言っていたというのは有名です。

当然、富岡製糸場で成功した労働者は故郷に家を買えるレベルまで
豊かになりました。

むしろ、農村がブラック企業の起源じゃないかと思うわけです・・・。
また、怒られますね。

資本主義と市民社会はほぼ不可分に成立している。
そして、市民社会の対義語としての共同体である。

ここは基本的な認識としてわかっておかないと、
ドイツ人が書くことは読めないだろうなあ、と思うわけです。

そう、アドラーをディスっています。
その延長でガタリもディスっていますね・・・。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2014.12.17(09:08)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今日はコンサルティングアプローチについて
やや批判的に書いてみます。

コンサルティングでは、根本原因があるという主張をします。
この根本原因さえ叩けばうまくいくと。

こういうアプローチは説得力がありますし、
若いころは真顔でこれを信じたりするものですが、
コンサルティングをやって長いと、方便だよなあと思ったりします。

問題は常に複合的に起きていて、どの問題にフォーカスするかが問題ではあるわけですが、万能な解決策があるケースはレアです。

「隻腕の経済学者はいないのか?」は有名な話ですが、コンサルタントは常に隻腕であることを演じています。

どういう意味かといえば、米国のトルーマン大統領が経済学者に意見を求めると、
「On the one hand, ・・・ , on the other hand,・・・」と必ず答えたことに由来します。

こういう政策をやると、一方でこういう効果がありますが、また一方でこういう副作用があります。といった意見を必ず言ったということなんですね。

これは誠意がありますよね。

コンサルタントは誠意がないとも言えます。「こういうことをやればいいんですよ!」と言うのが仕事だったりするわけです。
私はどちらかと言えば、「根本原因はこれです!」と言わないほうですけどね。

ただ、決裁者の背中押しをして、サーティファイされるということが大事な場合もあるわけです。そういう意味ではこれをやればいいんだ!という主張が必要ではあるわけです。そのニーズに合致することは、サービス提供者としては必要ですからね。

でもね、このアプローチを信じ込むと、恥をかくんですよね・・・。「日銀がお金を刷れば万事うまくいきます!」とか言っちゃうわけです。

当然、大衆がそういった万能の薬を求めていることも確かでしょうし、企業経営者もそういったものを求めているのも確かです。

大衆はそういった幻想にすがりついたり、そもそもそういったものしか理解できなかったりするでしょうし、企業経営者は方便としてそういったものを求めます。社員を前を向かせないといけないからですね。

この根本原因を信じ込んでいるのと、方便と割り切るのとで、コンサルティングクオリティーはだいぶ違うと思います。所詮方便ですが、信じ込んだ風でプレゼンしないと、みんなが前を向いて実行できる状態にはならない。

根本原因以外にも、いくつか想定すべき要素があって、それも踏まえないといけないので、それをいかに踏まえて実行するかに心を砕かないと、実行フェーズではうまくいかないでしょうけどね・・・。実行のフェーズでは紙にはかけないことが山ほどあります。

何事も盲信したり、振りかざしたりしないことが、コンサルタントとしては大事だと思っています。プロモーション上は振りかざさないといわゆる大衆には売れないかもしれませんけどね。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
2014.12.31(09:39)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム