**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
こんばんは。伊藤です。
ちょっと間が空きましたね。すいません。

サイコパスという映画が流行っていますね。
私がいつも通る新宿駅の地下に交通広告があるのですが、
入場規制がでるほど盛況です。
https://www.youtube.com/watch?v=8Q7ixCHZz-I

通りがかると、アイドルでもいるのかという騒ぎになっています。

それでね、この作品は象徴的だと思うので現代社会に対する意味合いを
ちょっと書いてみようと思います。

SF作品を考えてみても何の役にも立たないという立場もありえますが、
私は優れたSF作品は時代をうまく表現していると思います。

ジョージオーウェルの「1984年」は、
全体主義国家とビッグブラザーと言われる独裁者に支配されるプライバシーの喪失した世界を描いて見せました。モデルはスターリンとソ連ですね。

「国家権力が危ないんだ!安倍首相はヒットラーだ!」という主張をする人もいますが、
この時代のリアリティから出られない人のように見えたりします。

村上春樹の「1Q84」は、マスメディアとマスメディアが作り出す大衆の支配を描いているように見えます。この作品ではビッグブラザーではなく、リトルピープルが宗教団体の象徴というか、神というか、そういうものとして出現します。この「リトルピープル」をどう読むかですが、これはマスメディアによって作られた大衆の比喩として描かれているように見えます。

支配者はいない。実はマスメディアによって作られたあなたたちがこの世界の支配者だ、と。

それでね、サイコパスは今から100年後ぐらいの設定なのですが、シビュラシステムと言われるシステムが支配する世界です。そのシステムが、犯罪係数というものを測定します。犯罪係数が高い人は潜在犯として、隔離され、セラピーを受けさせられます。

罪を犯していない人でもそうなのです。ユビキタスに犯罪係数は測定されていて、犯罪は起こりにくくなっているのです。

しかし、そのシステムのお蔭で日本は秩序を保っています。

一歩、日本の外に出れば、世界中で戦乱が起こっており、中国では軍閥が割拠しているのです。映画は、その中国にこのシステムを輸出する設定になっています。

人はシステムに支配される。

これはまさに社会システム論ですよね。

自律的に拡大するネットワークシステムに人は支配されている。これは現代社会でもそう言えるように思います。会社では、会社のシステムを動かすことが目的です。ビジネスシステムの一部として、従業員は機能するわけです。

果たしてこれが自立した個としての人間の行き着くところなのか?というのは、
大いに考えるべきだとは思います。

ただ、ビジネスで独立したとて、資本主義システムの外に出て暮らせるわけではないです。
それでも人に支配されるよりは、法やシステムと言った人でないものに支配されるほうがマシなようにも思います。

それとも、尊敬できる支配者、経営者、上司に巡り合って、支配された方が幸せですかね?

私はとりあえず人間には支配されたくないなというところで、生きています。経営者にけっこうお仕えしましたが、それもどうかなあ、と自分では思いました。

で、このお話がどのように経営に関係あるか?と言えば、
マネジメントのお話ですよね。

個が支配するように見えるよりは、理念が支配するように見えたほうがいいかもしれない。少なくとも、日本人は独裁者は嫌いです。

ただ、システムに支配されすぎるのもどうかということで、どのように人間性のようなものを取り戻すか?はテーマだったりするわけですね。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
2015.01.12(22:43)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 久々のブログです。

 コンサルティングって何だろうと改めて思ったりすることが多いので、ちょっと書いておきます。

 昔ながらのプロジェクト方式で何か月かで報告書を作ってというスタイルはまだ健在だと思います。ただ、報告書を作るタイプのコンサルティングはしんどいですね。情報の密度が求められます。

 その密度に耐えられるレベルの人はそれほどいないので、エグゼキューション支援とか、そういう方向性があると思います。というか、多くのコンサルティング会社はこういう方向に移行してきましたよね。実行支援であれば、ワークプランの標準化とかそういうものが大事になってきます。そして、新卒など若手をとって大量に使う、その上、カネにしやすい。

 ここと昔ながらのプロジェクト方式で何か月かで報告書を作ってというスタイルを比較すれば、テーマがいわゆる純粋な戦略プランニングみたいなものは、カネにならんししんどいので、やる側にしても費用対効果は低いですね。

 もし、プランニングの中身にそんなに自信が持てるなら、ベンチャーキャピタルでも持って、カネをつけながらやったほうがよっぽどキャピタルゲインが得られるでしょう。実際、ベインさんはベインキャピタルを作りましたよね。

 ベインキャピタルさんはジャンクフードファンドと呼ばれました。それなりに儲かることがわかっているけど、資本とプランが足りていない業界がジャンクフード業界でしたからね。

 プランニングと実行支援で言えば、明らかに後者のほうが儲かる。大きな単価をつけられる。では、プランニングが要らないのかと言えば、そうでもないです。ただ、スタイルは昔とは違うようにも思います。

 結局、幹部の方々は自分でじっくり考えればそれなりの答えは出せるわけです。ただ、そんなことを考えている時間がない。だから、詰めて考えてもらうのに、コンサルティングを使う面もあります。

 いわゆる顧問的な立ち位置とプロジェクトを代わる代わるやるわけです。こういう立ち位置はまだけっこうありますよね。

 ただ、プランニングが純粋なリサーチみたいになって、事例が欲しいといったニーズであるならば、船井総研さんもやりだした会員制コンサルティングでいいわけです。事例は会員間で共有すればいい。この会員制コンサルティングがうまくいったからなのか、船井総研さんは100億円達成ですね。すごいことです。

 まあ、事例さえあれば自分で考えられる人にしてみれば、それでいいんじゃないかとも思います。経営者は自分で考えるのが仕事ですからね。

 ただ、マーケティング事例はそれなりに集まりますが、マネジメント事例はどうなんでしょうね、と思ったりもします。マーケティングはやりっぱなしても、旅の恥はかきすててもいいかもしれない。ただ、マネジメントをやりっ放すと、いろいろと残存してしまう問題が起きる気がしますけどね。

 意思決定は気まぐれに行われ、その影響は意外と長い時間残る。これがマネジメントにありがちなことです。ノリでやりにくいんですよね・・・。

 当然、いわゆる人事系コンサルと言われるような組織と人事に特化したコンサルティング会社もありますよね。失敗ケースをたくさん見たことがありますが、それは世間における実施数が多いからかもしれません。いわゆる人事コンサルを名乗る会社は採用広告の会社みたいにたくさんありますからね。

 まとまりがなくてすいませんが、今日はこのあたりで。

 次回をお楽しみに。

 
 
2015.01.22(22:56)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 未来社会はどうなるのか?その社会で人間はどうなるのか?についてポストモダン思想はいろいろな道筋を見せてくれています。

 近代社会の特徴として、二項対立が挙げられます。敵と味方。内側と外側。こっちとあっち。

 ポストモダン的には、こういった対立は差異として超克されるわけです。敵と味方のような分け方をするのではなく、同一軸上での違いだという認識をするわけです。

 また、歴史のとらえ方が違います。近代では、マルクスっぽく歴史が進化していくと捉えました。全ての文化圏はやがて西欧になるとか。非西欧の人が学び続ければ西欧人っぽくなっていくとか、ね。

 それがポストモダンでは、別に一直線上の進歩ではなく、いろいろな可能性がありえる、と変わってきた。

 この捉え方の違いは、確かにいろいろなところに現れてきています。

 物語は、敵と味方、善と悪に簡単に分けられる単純なものから、第三勢力やら、多極的な世界の中で何が正しいのか迷う展開へと変わっていきます。

 また、予定調和的なベタな展開はまだまだ根強いわけですが、予定調和を越えるような物語に感動があると思うようになってくるわけです。

 もう少し深く行きましょう。

 二項対立の成立にはマスメディアが強い力を発揮します。日本人。一億総中流。個々人の差異を隠蔽するマス化が進行するわけです。画一化された情報を多数が受け取るという構造の中で国民化が行われる。

 しかし、マスメディアの次には、ネットワークメディアが台頭します。そうすると、いろいろな情報が無秩序かのように発信されるわけです。そう、クラウド化の進行が起こるのです。そうすると、同質性よりも差異が強調されるようになる。しかし、その差異はネガティブなものではなく、当然のことのように受け取られるようになる。

 ダイバーシティーが成立するわけです。同じ人間と言う中で差異があるだけ。ここに行きつくわけです。

 いろいろな可能性の中で、自分が選び取る位置付け。それは固定的なものでもなく、流れゆくわけです。流行り廃りとも言えるし、諸行無常ともいえる。すべての物事は移ろいゆくわけです。

 マイブームというか、そういった趣味的なものがアイデンティティーであったりするわけですが、その要素が複数あって、それが移り行く。そうすると確固とした自己はどこへ行ってしまうのか?

 フロー的にすべてが流れゆくのは、仏教の縁起説に近いですよね。釈迦が悟った世界観がポストモダンには当たり前になっていくのでしょうか。

 しかし、人間が完全に環境適応的ではないことが希望として残るかもしれません。

 ハイデガーのユクスキュル批判はこのあたりにあると思いますが、人間は昆虫や動物と違って、環境への適応度合いが不十分で、いろいろな可能性の中にある。生まれてから可能性としての環境に適応していく。そこには多くの選択肢があるように感じられる。

 ただ、ダーウィンのミミズの研究あたりからアフォーダンスを考えると人間がそれほど特権的でないようにも感じます。

 環境に完全に適応するなら、流れゆく世界の中でうつろいゆくフローとしての人間になってしまうのは必然です。しかし、ここに抵抗することに可能性を見いだせるのではないでしょうか?

 万物の流転に抗う人間。それは環境適応の能力の低さや不完全性から来ているわけですが、環境に完全に適応するのではなく、何かしらの確固とした特性を持つことができるかもしれない。

 といったところが、現代文学やら漫画、アニメのテーマであるように思いますが、どうでしょうかね。当然、企業のテーマであるようにも思います。ビジョンやら理念を語るなら、特にね。

 それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。



 
2015.01.26(23:52)|ソーシャルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム