**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 また、1か月もブログの更新が滞りました。すいません。

 今日は、完全競争市場とファイブフォースモデルのお話を書いてみます。

 いわゆるミクロ経済学で完全競争市場というものをお勉強します。完全競争市場とは、財が同質で、多数の売り手と買い手が存在し、情報が完全で、参入・退出が自由な市場のことです。

 当然、現実にはこんな市場は存在しません。しかし、ポーターは産業組織論出身ですから、こういったモデルをベースに彼の考えを作り上げているわけです。

 このようなマーケットでは超過利潤は長期的には消えゆく宿命です。だから、すごく儲かる市場をこういったモデル上は想定しないということですね。

 でもね、ファイブフォースモデルというポーターの考え方はこの考え方をベースにしています。いわゆるビジネス書には、フレームワークとして必ず記述されていると思います。しかし、それがどう使えるか?内実というか、中身はどういうものか?ということは全く書いてない。というか、書いている人が理解しているとも思えません。

 それでね、ファイブフォースモデルはどう理解するのが正しいかと言えば、産業分析に際して、その産業がどの程度完全競争市場から離れているか?を分析するためのモデルと考えるのが正しいと思うわけです。

 どういうことかと言えば、ポーターは「市場の魅力度をファイブフォースで分析しましょう」と言っているわけですが、それは「完全競争市場であれば超過利潤は消えゆくけれど、完全競争市場からどう離れているかによって、超過利潤が消えないことがあるよ」、と言っているということですね。

 ファイブフォースは産業のバリューチェーン上の上流、下流の交渉力、競合が強くて、新規参入が多くて、代替品が強いと、その市場の収益は低下すると言っています。それは多数の売り手と買い手の存在という話の裏返しです。超過需要に際して、ワルラス的調整過程がどのように働くかと言えば、多数の買い手と少数の売り手というアンバランスによって、価格が競り上がる形で働くと考えるのが自然ですよね。価格が上がれば供給者が増えて、そこに存在した超過利潤は消えゆくわけですけど。

 ただ、買い手の数、売り手の数のバランスがそれぞれの交渉力を決めるわけです。当然、現実には財は同質ではないので、財の固有性も交渉力に加味されてきます。財の同質性の裏返しもここには効いてくるわけです。

 新規参入は情報の完全性や財の同質性などが効いてくるでしょう。財の生産技術が完全情報状態、つまり完全に公開されてしまうなら、参入し放題ですからね。代替品の脅威も同質性の範囲の問題でしょう。

 こういったファイブフォースの理解ができていれば、戦略変数もすぐにわかるし、ポジショニングもすぐにわかります。というか、こういったファイブフォースの理解をしていない人が戦略変数だとかポジショニングについて語っていても虚しいだけですね。

 ファイブフォースで完全競争からどれぐらい、どのように離れているかがわかれば、その市場における競争要因がわかってくるわけです。その競争要因について、どのように競争するか?どのような選択をするか、選択ができるかの集合体がポジショニングですよね。立ち位置は競争要因に対する選択で決まってくるわけです。

 だから、安易にポジショニングは変えられませんよね・・・。また、変えてしまうと競争に対する優位、劣位などの結果が変わってきてしまいます。最終的には収益性に効いてくるわけですね。

 というようなことを、ちゃんと知っているというか、考えているコンサルタントに出会うことは稀ですね。

 が、こういうことがわかっていると、だいぶ戦略っぽいものが作れるのではないかと思うわけです。それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。

 


スポンサーサイト
2015.11.27(10:54)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。