**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 親会社と子会社と新規事業> インサイト100ビジネスケース
> 親会社と子会社と新規事業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 1兆円を超える売上を誇る巨大なメーカーさんの新規事業担当のSさんに、子会社に一緒に行きましょう、というメールをいただきました。
この前、顧問契約のお話しが上司の承認が取れずに流れたばかりだったので、ひょっとしてお仕事になるのかな?という思いを胸に朝も早くから多摩を出て、京王線と中央線を乗り継いで23区の右のほうへ。


 通されたのは巨大な会議室。隣は社長室って書いてあるけど大丈夫?と心配しつつ、席につく。
 「経営企画室長の○○です。よろしくお願いします。」名刺には経営企画室室長って書いてある。クリクリした瞳が愛らしいおじさんだ。40歳ぐらいかな・・・。あと、ガタイのいい子分みたいな、クロぶちメガネをかけたお兄さんを紹介された。

 売上が数十億円の会社の経営企画室長だから、何か新規事業案件でもくれるのだろうか?と少しだけ期待しながら会議が始まる。

 「えー、本日は、コンサルタントの方にお越しいただきました。当社としては店舗管理コンピュータなど事業を総合的に進めて行こうとしておりまして、こちらの零細コンサルタントさんにアドバイスいただいています。では、零細コンサルタントさん、ジャブを子会社の方に・・・」

 えー!丸投げ?この会社、どんなビジネスなのかもよくわからんぞ・・・。むこうもキョトンとしてないか?室長さんは私のほうを見つめている。クロブチめがねのお兄さんも。何かしゃべらないと。

 「そうですね。今日はお忙しい中お時間をいただきまして、ありがとうございます。こちらのSさんとは、新しい店舗管理コンピュータシステムの検討を共同でさせていただいています。そのコンセプトは・・・。

(中略)

 それで、今日は新しいビジネスのお話しということでしたが・・・」

 うーん。困ったぞ。言葉が続かん・・・。室長さんもクロブチめがねさんも私のほうを見ている。

 と、そんな私に、室長さんが助け舟を出してくれた。
 「大丈夫ですよ。われわれも今日は白紙で来てくれればいいというお話しをいただいているだけですから。親会社のほうはいつもこんな感じですよ。自分たちがビジネスをハンドルする、いわゆるビジネスコントローラ的な役割を担わないといけないのに、なかなかリーダーシップを発揮してくれない。困るのはわれわれ子会社のほうなのですがね。まあ、軽い親会社批判ですわ。わっはっは!」

 室長さんは、大げさに笑ってみせてくれた。いいヒトだ。本当に。

 Sさんはちょっと困った顔をしたようにも見えたけど・・・
 「いや、子会社のほうから上げていただいた案件のほうが、意外と通りやすいんですよ。それでまあ、今日は出会いに感謝みたいなことですね・・・。今後、定期的にミーティングを持たせていただいて・・・。」

 その後、まあ、その会社の事業についての説明をいただいて、いい時間で会議は終了した。申し訳ないなあ、と思いつつ、Sさんはまあ、紹介したかっただけなのだろうなあ、と思いつつ、それなら夜でいいじゃないか・・・、と早起きで眠い自分の愚痴を思いつつ・・・。

 でも、親会社の担当者よりも子会社の室長の話しが通りやすいって、あなたの存在って何?とも思いました。

 こちらの都合を言わせていもらえれば、セールスで見込み薄、と判断したお客さんには時間を使いたくない。そりゃ、マッキンゼーみたいな超巨大コンサルティングファームはいい。リソース配分のポートフォリオの中に、見込み薄のお客さんと言うボックスがあって、そこにかけられる時間も、零細コンサルタントとは比べ物にならないほどある。定期的に打ち合わせといっても、いつお金になるともわからない仕事に時間は充てられない。銀行とか、シンクタンクの講演会に出させてもらう交渉でもしたほうが、よっぽどお金に近い・・・。

 本音ではそうだけど、Sさんも悪いヒトではないし・・・。

 まあ、ある意味、ゆるい生活もよいかな?いや、いけないのかな?と思いつつ、当分、豪華なオフィスには移れないなあ、と思いつつ、多摩へと帰路につきました。

(ほぼノンフィクション)

↓一応、ランキング参加してみました。気が向いたらクリックしてください。
FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト
2007.10.20(11:33)|ビジネスケースコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。