**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> ようやくブログがなんとなく・・・> インサイト100ブログ雑感
> ようやくブログがなんとなく・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 ブログをはじめて、2週間。ようやく近頃のIT事情というか、そういうものがわかってきたような気がします・・・。意外と、アクセスしてくれる人がいるものですね。当初は誰も読んでくれなかったらどうしよう・・・、と心配になりましたが、読んでいただいている方々のお陰で、1日に10~20アクセスはある状況です。ありがとうございます。

 ようやくアフィリエイトの本を読んでも、腑に落ちるというか、そういう感じが出てきました。恥ずかしながら、ユーチューブの画像を見たことがなかったのですが、なるほどー、と思いました。相当面白いですし、すごい量ですね。サーバの維持費でもうだめだ、という時に、グーグルが買ったというのがリアルに感じられました。

 それで、面白かったものですが、「ベンディングマシーンレッド」。これ、最高ですね。







 19話ある・・・。まだ、続いていくみたいだ。世の中には、面白いものを作る人がいるものですね。

 「ガイナックス」の創業者、岡田斗司夫が、確か1990年代後半に主張していました。「今後はクリエイターと一般の人の境目が本当に小さくなっていく。」と。「それは、50年とか100年のスパンの話しです」と。その予想自体はあたっていましたが、時期が違いましたね。こんなにも早くそういう時代になるとは、彼も予測できなかったんだなあ、と。確か、この本「マジメな話―岡田斗司夫 世紀末・対談」でクリエイターとの対談で言ってました・・・。

 みんなが自分の好きなことやこだわっていることを表現して、人々に問うて、うまくいけば支持が得られて、しかも、儲かるかもしれない。すごいことですね。

 競争のクリティカルなポイントは情報空間に移って、イメージ形成のチャネルはインターネットだし、販売チャネルとしてもインターネットはすごいということですね。大昔に、大前研一がインビジブルコンティネント=見えない大陸といったものも、似たようなものですね。「大前研一「新・資本論」―見えない経済大陸へ挑む

 リアルな空間と情報空間。当然、インターネット出現以前から、情報空間はありました。要するに概念の世界ですね・・。地図を紙の上に描いたとして、それは情報ですね。実際の地形?や場所を概念化したものです。地図が読めない女、じゃなくて、地図が読めない部族がアフリカにいるそうですが、そういう人々の間には、情報空間がちょっと違った形で成立しているのかもしれません。情報空間を継続的に、あたかもリアルにあるものかのように、みんなで共有できる仕組みとしてインターネットがあるんですね。

 情報空間、インターネット、競争のクリティカルなポイントの移行、みたいなお話しは説明しだすと長いので、土曜日の午前中、そしてとても寒い今日は割愛です。まだ、とても眠いのです。お風呂に入っても、目覚めません・・・。

 まあ、ブランディングがなぜ重要になったのか?とかそういうことは、情報空間に競争のクリティカルなポイントが移ったことと、非常に大きな関係があると思います。後日、マーケティングとか、ブランディングとか、その辺の概念整理も併せて説明しますので、今日はごめんなさい。

 それと、アフィリエイトを自分でもやってみることにしました。マイクロアドから1つと、バリューコマースから1つです。あと、本にリファレンスする時には、アマゾンにリンクすることにしました。マイクロアドはクリックでお金がもらえるのですね。誰かわかりませんが、2クリックしてくれたお陰で、24円の収入になりました。ありがとうございます。確かにこれだけで暮らしている人がいるというのも、わかる気がしました。

 それで、「口コミ広告?」というものを見ると、ある商品に関して、紹介すると紹介料が貰えるというもののようです。この文章で紹介していることになるのでしょうか?まあ、よくわかりませんが、下記のリンクを貼るそうです。どうも、「FC2ブログ」の宣伝みたいですね。ただ、世の中でこれだけブログブログと騒いでいるので、やってみるのも、いいかな、と。私はやってみて、よかったな、と。これから書き続けられるかどうかはわかりませんが・・・。↓が口コミ広告です。
------------
FC2ブログ

ディスク容量が怒涛の1GBの無料ブログレンタルです。
初心者でも簡単にブログを作ることができ、携帯からの投稿も可能です。
------------

 もう一度、寝よう。いまさらだけど、「ツイン・ピークス ファーストシーズン」見ながら、ぼーっと土曜日を過ごそうと思います・・・。
 


 
関連記事
スポンサーサイト
2007.11.03(09:13)|ブログ雑感コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。