**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 セミナーとして、朝会、いわゆる早朝セミナーをやってください、といわれて、朝はちょっと・・・、と言ったら夜会になりました。19時ぐらいからやるようです。

 おそらく、2月に実施予定です。テーマは何がいいでしょうか?

 先方からは、3Cフレームワークとか若手ビジネスマンが勉強するのにいいこと、とおっしゃるんですが、若手は3C,4Pといったフレームワークとかは、業務ではあんまり使わんだろう、と思うのです。

 私独自のものを伝えるのがいいのか?一般的なことがいいのか?とかも悩みますね。

 それで、私のユニークなポイントはなんだろうな、と考えてみたりもしています。本を書くにしても、自分らしいものを書かないと、意味がないですからね。

 私のバックグラウンドとしては、文学部というのがどうしてもありますね。経済学部ではないのです。

 自分はどんな学問を専攻すべき?というふうに考えた時、私は心理系のことに興味があったんですね。特にユング、フロイトに高校生の頃から興味がありました。あとはニーチェでしょうか。

 心理学を勉強しようか?とも思いましたが、予備校の先生に千葉大の講師で哲学を教えてらっしゃる方がいて、彼に相談をしてみました。

 すると、彼が言うには、ユング、フロイトが一番大きな影響を与えたのは文学だということでした。

 ディケンズの作品の登場人物は徹底的にわかりやすい。なぜなら、無意識概念が提唱される以前であるから、というようなお話しをしてもらったような気がします。

 そうか、では文学部に行けばよいのか、と思ったんですね。英語英米文学専修というところに結局は行ったんですけど。

 ただ、あんまりそういうキャラクター描写に対する、フロイト的価値観の影響といったことの研究はしませんでしたね。あの頃、もっと勉強しておけば、という思いはすごくあります。

 みんなそうなんでしょうね。

 いま、思い返せば当時の私は勉強しても、バイアスが大きくて正しい認識は得られなかったのではないか?と思います。サッカーばっかりやってましたし。

 知的な社会になればいいな、という私の思いは、なんとなくですが、フィロソフィー、知を愛するということに近いと思います。

 私自身はなんでしょう、ソクラテスになりたかったんですね。

 昔の哲学者と言いますか、そういうものになりたかった。

 哲学というと暗いですが、日本では、西周がフィロソフィーを日本語に約したとき、希哲学、かしこいとありたいと願う学問という漢字をあてたんですが、希が抜けて、哲学になったそうですね。

 フィロソフィーというと、素敵な響きですが、哲学というと暗いですね。不思議です。

 話しを元に戻すと、全てに対して、思索をめぐらせていくことを生業にしていければいいな、と幼いころから思っていましたね。そう、ソクラテスになりたかった。

 だから、学生の頃は、哲学書をたくさん読みました。現代思想の中で、ユング、フロイト、ニーチェに惹かれましたね。

 現代思想の知見は、非常に有用なものが多いのですが、いかんせん、わかりにくい。わかりにくい言葉で語ることが高尚である、というような傾向がありますね。やはり。

 でも、その知識をベースに経営学を見ると、意外と現代思想とつながっていると感じるものが多いんですね。

 インサイトナウさんに、シナジー効果の本質を探るというのを書きました。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2517ですね。

 これも、そういうことをベースに書いてみています。

 まあ、伝わるかどうかは非常に難しいと思っていますけどね。

 最近はこんな感じでしょうか?仕事は忙しいですが、思索を止めてはいけないな、と思う日々です。

 今日はもうそろそろ寝ます。では、また次回をお楽しみに。


 
 

 
関連記事
スポンサーサイト
2008.12.20(02:20)|ポエムコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2008.12.20(Sat) 02:42:26 | 
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。