FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100マネジメント
> NLPを学んでたどり着いたこと
 一応、会社の発展?のためか、はたまた食っていくためか、セールス活動、いわゆる営業を一応やっています。でも、紹介ベースでしかやってないので、紹介されると会うのが営業活動になります。ただ、私はあんまり日本的営業活動は好きではないですが・・・。

 システマチックな法人営業がいい!と思いつつ、あんまり大々的にやるのもどうか、と思い、日本的な営業活動である紹介という手法に頼っています・・・。うーん、自己矛盾!

 ただ、システマチックにやろうとすると、メッセージを絞らないといけないから、どこかを切り口にしないといけなくなります。最近のB2Bソリューションの流行は、コーチングとかを切り口に組織のコンサルティングとか、内部統制を切り口にしたISO系?かな、と思います・・・。

 でも、一応コンサルティング時代はジェネラルにやってたから、どれに絞るかまだ考えてないのです・・・。新規の営業したくないからなあ、と。

 ただ、対面営業で使えるかと思って、7年ぐらい前にNLPの教材を買って勉強しました。セールスの経験を積めてなかったので、埋め合わせようと思ったんですね。

 当時はおお!と思って一通り勉強してからセミナーにも行きました。その頃から考えると、こんなにNLPが普及してびっくりしました。当時は裏技のように思えたのですが、今はコーチングに伴ってNLPもブームですもんね。参考文献は「心の動きが手にとるようにわかるNLP理論 (アスカビジネス)」でしょうか?

 言葉で暗示を入れたり、ボディーランゲージで暗示を入れたり・・・。まあ、私は暗示の入れ方にすごく関心がありました。営業というよりは、コンサルティング会社とか、外資証券とかの若い人と、スチュワーデスとか受付さんの異業種交流パーティーにたまに顔を出していたのですが、その時のきれいなお姉さんの連絡先をゲットしたかったからです・・・。若かったなあ・・・。

 確かに効果はありました。広い会場のパーティーだと、知らない人、しかも複数人同時にしゃべるのはすごく難しいです。NLP勉強してから、連絡先のゲット率はすごく上がりました・・・。それまでが低すぎたのかなあ・・・。

 皆さん、今時なので、知っているとは思いますが、人としゃべる時は、相手の呼吸に合わせて、ミラーリングしながら、相手の話しをバックトラッキング(オウム返し)を時折入れながら聞く。そして、ほめる、認める、励ます、繰り返す。

 一応、それだけで、連絡先が教えてもらえる率が上がりました・・・。NLPでのお姉ちゃんを口説く究極は、いかに決めゼリフを言わずに、相手にいい印象を持ってもらいつつ、エッチな暗示を入れつつ、コミュニケーションをとり続けられるか?にたどり着きました・・・。なんか、アダルト系のブログみたいなお話しに突入している・・・。

(エッチな暗示の入れ方を本当に知りたい方はゆるーいコンサルタント宛にメールください。あんまりパブリックに公表するようなものでもありませんので。)

 ただ、見落としがちな前提として、その相手と心から仲良くなりたいか?というところがあります。お姉ちゃん口説きたいのは当たり前だ!と言うかも知れませんが、一度、お姉ちゃんから離れて、普通のビジネスの話しをしましょう。

 部下に、何かをやらせたい時に、いろんな言い方がありますが、本当にその部下の成長を願っているか?というのは大きなポイントになります。そうではない場合、NLPはあくまで技術ですので、心、技、体と言うように、心が伴っていないと、技術は真価を発揮しません。

 叱ろうが、褒めようが、相手を人間として認めて、本当に相手のことを思いやるための技術としてのNLPなんですね。

 NLPで学ぶこととして、相手のことを認めているサインとして、しっかり挨拶をするとか、笑顔で話すとか、相手の細かい変化を観察し、それとなく、聞くとか、そういうものもありますが、それってある意味で、当たり前のことです。

 でも真顔で講義されてるんですよ!人間の心に関するモデルをベースに説明しているから、たいそうなことに聞こえますが、要は普通のことなんです。

 この前、コーチングとか、NLPのトレーナーをされている方とお話しをする機会がありました。彼が言っていたのが、マネジャー向けの研修をした時に、本当に伝えたいことは、相手をコントロールしようとしている自分自身を変えること、だそうです。思わず、そう!それそれ、と意気投合してしまいました。

 私は、営業している時に、本当にこの人と何かを成し遂げたいか?ということを自問自答します。それで、何かを成し遂げたいと思わなければ、仕事にもつながらないですし、仕事になっても、お互いにハッピーではないと思います。

 こんなんだから、ゆるーく、ほそーく、やってるんですかね・・・。




  
関連記事
スポンサーサイト



2007.11.10(10:00)|マネジメントコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2009.02.23 15:15 *  * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム