**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> たみには漫画もよいかな、と> インサイト100書籍
> たみには漫画もよいかな、と
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
いいひと。―For new natural life (1) (ビッグコミックス)いいひと。―For new natural life (1) (ビッグコミックス)
(1993/10)
高橋 しん

商品詳細を見る


 たまには、マンガもいいですよね。面白くて、役立つマンガを紹介します。

 ↑は有名ですね。SMAPのクサナギさん主演でテレビドラマ化されました。ドラマは最低で、コンセプト変わりすぎ・・・、と思いましたけどね。

 そのテレビドラマのせいで、著者がブチキレて、連載が終わったお話しは有名です。

 この「いいひと」、ゆーじくんはただのいいひとではないところが、大企業の人間関係にありがちという場面が至るところにあるところが、ゆーじくんのまわりの人がどのように動いていくのか、というところが、とてもいいですね。

 大きな組織にいたことがない人は読んでみると、大きな組織が想像できるのでは?
 次は、↓。
 
企業戦士YAMAZAKI 1 (1) (ジャンプコミックス)企業戦士YAMAZAKI 1 (1) (ジャンプコミックス)
(1993/08)
富沢 順

商品詳細を見る


 私はコンサルタントと聞いてイメージするのは、この人ですね。

 1993年のバブル崩壊後の後ろ向きな企業に人材派遣され、業績を立て直すサイボーグ、YAMAZAKI。彼は生前は過労死したスーパービジネスマンだった!

 というようなお話しです。毎回毎回、商品企画のアイデアには脱帽ですね。

 ただ、商品を企画、開発、拡販していく「人」が機能するプランも、YAMAZAKIは織り込み済みというおそろしいほどのコンサルタントです。

 ただ、実際にコンサルしていて思うのは、プランだけ作っても、どうにもならんな、というのはすごく思います。実行支援をしないと、どう考えても実行はできませんね・・・。悲しい現実です。

 こんなコンサルタントになりたいものだな、と思いつつ、いや、やはりサイボーグではないので、ここまでは働けないかな、と思いつつ。

 次は↓。イメージがないですが、女性が描画しています。動物のお医者さんの絵に少しだけ似ていますが・・・。

この女(ひと)に賭けろ―Hiromi,a long tall lady (1) (モーニングKC (363))この女(ひと)に賭けろ―Hiromi,a long tall lady (1) (モーニングKC (363))
(1994/04)
周 良貨夢野 一子

商品詳細を見る


 これはすごくためになります。ビジネスにおける交渉というものがすごくよくわかります。交渉経験がないと、何を交渉しているのかわからないと思いますが・・・。

 交渉と言えば↓。すごく考えて読まないと、何が交渉のゴールかわからないマンガです。

勇午 洞爺湖サミット編 1 (1) (イブニングKCDX)勇午 洞爺湖サミット編 1 (1) (イブニングKCDX)
(2008/09/22)
真刈 信二

商品詳細を見る


 最近の薄い1000円ぐらいのビジネス書を読むよりは、こっちを頭をフル回転させて読んだほうが、ためになると思います。

 多分、ほとんどの人は、読んでいて、理解できないのではないか?と思います。

 ただ、ストーリー自体は面白いので、わからなくても面白い面はあります。

 今日は、私が好きなマンガを並べて見ました。

 セミナー、そろそろ締め切るようです。資料、しっかり作らないと・・・。

 ではまた。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.01.28(23:18)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。