**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> セミナーへのご参加ありがとうございました> インサイト100セミナー
> セミナーへのご参加ありがとうございました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 昨日はセミナーでございました。

 無事終えることができました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 懇親会の最後のほうは、お酒がまわってしまっておりまして、申し訳ございません。私はあまりお酒は飲めないのです。

 ビールのグラスを落としそうになってしまいましたが、ナイスキャッチしていただいたお隣のお兄さん、ありがとうございました。

 私の印象では、半分ぐらいの方にはすごくウケた内容かもしれませんが、半分ぐらいの方は、ちょっと期待に添えなかったかな、と思いました。

 3Cとか、4Pを丁寧に説明していくようなものを想像していらっしゃった方には、しんどかったかな・・・、と思います。ごめんなさい。

 ただ、私が普段使っている思考のモデルをご紹介しましたので、それをもしも皆様にご利用いただけましたら、幸いでございます。

 私にとって、自分の知見を皆様に使っていただいて、もしも素晴らしいプランが実行されて、社会がちょっとよくなったとすると、とてもうれしいことなのです。

 ただ、説明としては、だいぶ省略していますので、その部分を埋める必要があります。

 本当は、エンティティにも、実体のあるエンティティと、実体が無いエンティティがあること。その取り扱いの考え方なども必要は必要です。

 そして、認識論の視点。人はどのように物事を認識するのか?客観はあるのか?ゲシュタルト概念だけを説明しましたが、現象学の視点も多分必要ではないかな、と思いました。

 ただ、認識論は深すぎて、なかなかギュッと絞った説明がしずらいですよね。

 それと、本当に全てを説明しきってしまうのも、皆さんがつまらないかな、と思いまして。

 今回、皆さんからご提出いただくケースの回答を見てみて、今後どういった要素を重点的に説明すればいいのか?を考えていこうと思っています。

 取り急ぎ、セミナーへのご参加のお礼を申し上げたいと思います。

 本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いいたします。 

 
関連記事
スポンサーサイト
2009.02.20(00:42)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。