**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100マネジメント
> ビジネスライクなスキル優位なあり方は成長を生むのか?
 マキちゃんのコンサルティング日記。更新しました。アドレスはhttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=17100です。

 意外と読んでくれているのがうれしいです。ありがとうございます。

 さて、今日はスキル優位の組織のあり方ってどうなの?というお話しです。

 スキルさえあればいい。

 人間的な部分は排除する!

 そういう考え方の組織もいっぱいあります。

 でもね、私は思うんです。

 その人のスキル部分の成長はメンタリティ部分の成長と対ではないか?と。

 特に企画職でそうだと思います。

 でも、最近はメンタリティ部分には触れずに仕事をすることが多い。

 おじさんたちは、最近の若者は付き合いが悪いと言ったりする。

 でもね、本当に自分を開示していますか?

 付き合い方は変わってきています。若者はおじさんたちの飲み会には付き合いたくはない。でも、夕方に洒落た喫茶店でお話しするのは、別に若者もOKではないでしょうか。

 お酒は嫌いな若い人が多いんですよ。しらふで語り合うメッセージをおじさんたちが逆に持っていなかったりする。

 若い人と正面から向き合えないおじさんたち。逆に上の世代が怖がってしまっているから、若者も向き合えないのではないでしょうか?

 表現に精神面は非常に大きな影響を与えます。

 企画って表現ですよね。自己表現です。いや会話すら自己表現です。

 その会話のスキルが上がるのに、気持ちは関係ないのでしょうか?その人の人間性は関係ないのでしょうか?

 私は関係があると思います。

 企画を作るときのアイデアに、人間性、メンタリティ、モチベーションは関係ないのでしょうか?

 私は関係があると思います。

 だとすれば、人間として、人間性の部分にも及ぶような付き合いが、指導が職場で必要なのではないでしょうか?

 一時期流行した、いわゆるメンターといわれる人との出会いは、魂と魂の出会いですよね。

 私も、折に触れて相談する、元上司の人々とは、もう仕事上の関係はないのです。

 でも、電話して相談すると、みなさん快くアドバイスをくれます。そういう人と人のつながりが成長をもたらすのではないでしょうか?

 上司はメンターになれているのでしょうか?

 人間としての精神論の部分と、スキルの部分と、両方で指導できる人間になれているでしょうか?

 こういうことを自分に課すのはある意味でしんどい。そして、人とのふれあいはある意味でしんどい。自分が部下の魂と触れ合う時、あなたも部下に見られている。

 見ると言うことは、見られるということです。

 そのあなたの人間性をさらした時、あきれられない人間であれるのか。失望されない人間であれるのか。それは上司にとって、マネジャーにとってもしんどいことです。

 自分の話しばかりする人は、ちょっとうざい。でも、あなたは自分の過去を語れますか。たいした過去でなくても、自分の生き方を語れますでしょうか?

 あるコーヒーチェーンの創業者は、ライバル会社で働いていました。1週間ぐらいバイトしていた。そして、そのマニュアルを持って、消えた・・・、といわれています。

 その過去を正々堂々と語れるでしょうか。ひた隠す日々なのでしょうか?

 自分をさらせる。そして、自分を表現できる。部下に伝えられる。だからこそ、部下の人間的な成長を志向できるのではないでしょうか?

 でも、職場で、人間的な側面のお話しを出すと言うのは、ある意味で人間的なぶつかりあいを創出するかもしれません。人間としてのぶつかりあいを、職場で起こすのはめんどうかもしれません。

 そのケアは本当にしんどいでしょう。でもね、そういった組織の仕事のほうが感動があると思います。ビジネスライクと言う言葉に、人間性を埋没させた職場に成長はあるのでしょうか?

 そういった組織はチャップリンのモダンタイムスのような組織の延長上にあるように思います。人間性を失う組織ですね。

 でもね、これからビジネスは企画の時代に入ります。単純にモノを売るわけには行かない時代です。概念的バリューの理解が競争のポイントとなる。

 企画、プランニングが競争のポイントになると、そういった人間をマネジメントすることが重要となる。きっと、そこには人間のふれあいがあるのではないか?と。

 人間として成長できる組織が、結局勝ち残る時代が、ようやく、ピーターセンゲがラーニングオーガニゼーションと称した組織が勝つ時代が訪れているように思います。もう大昔の本ですが↓ですね。

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か
(1995/06)
ピーター・M. センゲ

商品詳細を見る


 別に私が人間的に優れているということではないですよ。自分はどうしようもない、と悩んだりします。でもね、それをさらして、判断は人に委ねているんです。ある意味、無謀ですがその勇気を持たないと、誰にも嫌われないかもしれないけど、誰にも信じてもらえない人になる。

 私も日々、模索を続けていますけどね。日々、自分の人間性を向上させねばと思ってはいます・・・。でもなかなかね・・・。難しいです。

 人と触れ合うこと。ある意味、難しい。その過程でいろいろなことがおきます。でも、これからはじまる未曾有の大不況な時代。企画、プランニングから離れた業種であればあるほど、駄目になっていく大不況な時代。

 その時代に、人間性を取り戻せた企業が勝ち残るんだろうなあ、と思う日々ですね。

 だいぶはしょって、舌ったらずな表現になっていますが、うまく伝えられましたでしょうか?

 それでは次回をお楽しみに。


 
関連記事
スポンサーサイト
2009.03.28(16:40)|マネジメントコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014.05.25 03:45 *  * [Edit] *  top↑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014.05.25 04:17 *  * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム