**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 論点に対する解を出し続けると、全てが一瞬で起こるようになります。

 どういうことかというと、答えが瞬間的にわかる、仮説がすぐに立つようになるということです。

 論理的な人ですね、と言われたりもしますが、確かに論理的に語る訓練もしているのですが、根本は感覚です。特に違和感を大事にしています。

 違和感をなんとなく感じる。

 そういう感覚を大事に出来るようになると、インスピレーションをロジックと結び付けられます。

 ただ、感覚ですから、間違えることもある。

 間違っていたら、素直に修正しなくてはならない。

 1つの仮説を元に、全てのストーリーを組み上げているとしたら、その仮説が間違っていたら、素直に全てを棄却しないといけません。

 私の場合、マネジメント的なものは、感覚を本当に大事にしているので、その感覚がずれると本当に大変です。

 ずれていたら、どういうふうにずれていたのか?それはなぜか?を考えないといけない。

 そして、感覚を根本から修正する。

 情報の取り方、取る方向性が間違っていたのか。真ん中に置くべきものが間違っていた、つまりどの情報を軸にするのかといった優先度のつけ方が間違っていたのか。

 私の処理にバイアスが発生していたのか。処理の中で結びつけ方を間違っていたのか。

 それをその間違いをベースにして、自分の仮説の作り方、組み方を正しにかかる。

 その作業はある意味、私の生命線だったりします。

 この前も、ちょっとはずしたみたいです。はずしたことないテーマで仮設をはずしてしまった。恥ずかしいですね・・・。

 でもまあ、はずしているのがわかってよかった。それをベースに組み換えができますから。

 自分の感覚のずれはやはり怖い。

 ロジックだけでは、議論を前に進められない。感性がないと、開拓はないんですね。

 その感性のずれは怖い。

 私は昔、感性が枯渇するのがすごく怖かったんです。

 ストーリーがひょっとして紡げなくなるんじゃないか?と思うのが怖かった。

 小説家志望の青年でしたからね。

 でも、感性は枯渇しないだろうな、というのが最近わかりつつあります。いつまでたっても感覚はみずみずしいものです。

 褒められることはうれしいし、人にイライラするし、恋に胸をときめかせたりもするし、人と話していて楽しいとも思います。

 きっと、ずっとこの感覚は枯渇しないのでしょう。そう私は信じています。

 枯渇はしないけど、ずれはする。

 そのずれを修正するのは、私の生命線ですね・・・。

 と、今日は私の恥ずかしいお話しを書きました。というか、今日も、でしょうか。

 いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.03.29(23:13)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。