fc2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100ポエム
> コミュニケーションは交渉ではないですよ!
 先日、女性とお茶を飲んでいて、いろいろと話しをしていました。

 話していて思ったのですが、私は彼女と話すと、負けている感があるように感じてしまうんことに気が付きました。

 で、「なんか、負けてる感があるのはなんだろう?」と言うお話しをしていたら、

 「コミュニケーションは勝ち負けではありませんよ。コミュニケーションは伊藤さんが教えているような交渉じゃないですから。」と当たり前の指摘を受けました。

 まあ、そりゃそーなのですが。

 「でも、女子に言うことを聞かせたいじゃん。そういう時は勝った感じがする」と、私が言うと、

 「そんな人生全敗ですよ。」と一刀両断されました。

 はっはっは。まあ、そうですな。

 仕事も大事ですが、プライベートも大事ですよね。ワークライフバランスというものです。

 仕事もプライベートもしっかり充実させる。それはとても大事なことですよね。

 仕事ばかりに打ち込んでいると、プライベートがおろそかになってしまう。そんな人間の典型のように自分を思うようになってきました。

 それなりに遊んではいましたが、交流会やら合コンやら、ホームパーティーやらで、女性と知り合ってそれなりに付き合って、それなりに別れる。

 それを充実したプライベートとは言わないですよね。

 よく、経営者の間で言うのは、死ぬ時に看取ってくれる人が果たしているのか?というところです。素敵な友人関係を築けていれば、そんな心配はいりませんが。

 でもね、なかなか難しいですよね。

 結婚していて、「家庭のことがあるから、仕事がちょっと」という人がいると、いっちょまえに仕事ができるようになってから結婚しろよ・・・、と思ったりしました。

 でもね、それは違うように思います。

 仕事ばっかりして、仕事のスキルばかり向上しても、それが本当にいいのか?というのはありますよね。

 ようやくそんな当たり前のことに気が付くようになりました。まあ、そういうことが本当は大事なんでしょうけど。

 勝間さんも「断る力」という本を出されていますね。仕事で「私がやります」ばかり言っていると、だめですよ、という本ですね。

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


 目標に書くことでもないかもしれませんが、充実した人間関係というのはすごく大事で。

 目標に何度か書いたようにも思いますが、なかなか実現しませんな。はっはっは。

 まあ、こういうことを考えたほうが、一緒に働く人に優しくなれるようにも思います。でもねー、なかなか優しくなるのは難しいですねー。

 さて、今日も徒然とした内容になりましたし、あまりお伝えできる情報はなかったですね、ごめんなさい。いつも読んでいただいてありがとうございます。

 それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



2009.06.07(09:32)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム