**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100セールス
> ごり押しクロージング
 ちょっと前ですが、久しぶりに、ごり押しでクロージングしました。

 営業支援のお仕事ですけど。

 自分のためにごり押しでクロージングはしません。むしろ、人のためだから、やれるんですけどね。

 ただ、ごり押しでやると、そのノウハウの説明って難しいですよね。教えられない。

 たまたま、その状況は、関係者が多すぎてキーパーソンの特定もできず、関係者が好き勝手なことをしゃべる現場でした。まあ、それまでの準備があんまりよくない。

 しかも、やや地方。何度も行くとコストが高い。

 しょーがないので、「おっしゃってるニーズが全くわかりませんねー。」とひさびさにヤクザな私が顔を出しました。

 「何をして欲しいんですか?我々もこの提案とこの提案をもってこいと言われればお持ちしますよ。何がしたいか言ってくださいます?」と、全員をヤクザな目で見つめました。

 すると、1人だけが威厳を持ってしゃべり始めました。おお、この男がキーパーソン・・・。

 まあ、その後は簡単でした。提案作りを担当者がキーパーソンに電話でヒアリングしながらやることを決めて、その論点を絞って。金額のレンジも絞って。

 発注のコミットも取って。

 でも、同行した担当者は唖然としていましたね。いつもにこやかな私がこんなふうになるの?と。

 そして、「感じ悪いからああいうのはやめたほうが・・・」ぐらいな感じでした。

 いや、ああでもしないとクローズできんでしょ。

 でも、私がしゃしゃり出て、営業支援するのはあんまりよろしくないですよね。

 結局依存です。

 担当者、1人1人がクロージングできるようになってこそ意味がある。

 ノウハウのシェアでは一般的なベースノウハウをシェアしますが、私自身の営業スタイルはある意味でヤクザ営業です・・・。はっはっは。真似できないですな。

 確かに営業代行で成果報酬もらったほうが儲かるんですけどね・・・。まあでも、そのために独立したわけでもないし。

 まあ、よくはないですな。

 でも、営業でいい本は少ないですね。あまりナレッジがない。

 担当の人々にそういうことを教えていけると楽しいですけどね。

 今は稼動マックスなので自分の仕事をごり押しで決めたりはしません。というか、自分のためにあまりごり押ししたりしないです。そういうもんです。

 まあ、助けて欲しいといっている人を助けるのは好きですから。

 今日も眠いので、このへんで。みなさん、いつもお読みいただきましてありがとうございます。

 おやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト
2009.06.13(00:42)|セールスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム