**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100マネジメント
> 任されるようになるためには・・・
 久しく、自分で仕事をコントロールするのが当たり前だったので、人が任されない状況を見て、懐かしく思いました。

 というか、任されようとしていない人にも脅威を感じました。

 というか、そういうお話しを知らない人に驚愕しました。

 上司が細かいところまで下りてきて・・・、というのはできない人がティピカルに言う言葉です。

 そりゃ、できすぎる上司の下につくと、そうなることもないことはないのですが・・・。

 で、インサイトナウさんのほうに、そういうのを書きました。

 「So What?を考える」ですね。アドレスはhttp://www.insightnow.jp/article/3684です。

 まあ、私が研修で説明する時に、楽なように文章にしてみたんですけどね。任せてもらえない人は悲しいことですね。

 仕事は一緒にやらないと、その人が本当にできるかどうかわかりません。しかも、見えていない人は自分ができないこともわからず、人ができないとおっしゃいます。

 無意識的にはわかっているんでしょうけどね。自分をごまかし続けるのかもしれません。

 それはとても哀しいことです。

 ただ、自分で努力を続けないと、成長はありませんので。

 私は任されない時期はもうほとんど覚えていない遠い時期です。いつのことだったのでしょう・・・。覚えてない・・・。

 コンサルティングでは、自律的に上司のリソースを活かすことを求められるので、上司のマネジメント下にはあるんですが、うまく主体的にやるように求められるので、ある程度はじめから任されるんですね。それでできないとクビですが・・・。

 まあ、それはそれで。

 まあ、今日はこのへんで。それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.06.21(18:09)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム