**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 目の前のことで認められること> インサイト100マネジメント
> 目の前のことで認められること
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 幸せの青い鳥はいないんだよ!

 よく、空手の先生が言っていました。どういうことかと言いますと、空手を強くなりたかったら空手の稽古をするしかない、というようなことでした。

 まあ、意外と中国の「意拳」のトレーニングを取り入れたりしていましたけどね・・・。「発力」のフットワークとか。でもまあ、空手的な動きに取り入れるという考え方ですが。

 ただまあ、空手のルールの中で勝つには空手のトレーニングをするしかなかったですね。あー、しんどかった。

 で、何に結び付けようとしているかと言うと、仕事ができるようになりたかったら、目の前の仕事で認められるように頑張るしかないんですね。

 今の仕事がちょっと評価が低いからといって、違う仕事をやっても、評価は低いでしょうね。

 まあ、よっぽど向かないことをやっていれば別ですが・・・。でもまあ、ビジネスマンの仕事のベースって一緒で、そのベースが通用する範囲はけっこう広い。

 初歩的な部分で認められていなければ、どこへ行っても認められないですね・・・。

 目の前のことに向き合い、自分の評価があまり芳しくないことを受け入れつつ、這い上がるしかないのです。

 まず、自分をある程度、冷静に、第三者的に見て、把握して、できないことを認識して、そこを超えるしかない。

 それは本当にしんどい作業だと思います。

 でもね、歯を食いしばってそこから逃げないことでしか成長しないのです。

 成長は積み上げですからね。

 一瞬で変われる瞬間もあります。でも、それは積み上げのベースがあったから、瞬時に一足飛びに成長しているのです。

 このお話しは、ある意味、自戒でもあります。

 目の前の仕事を請けたら、成果があがるまでとことんやりきる。なんでこの仕事、ここまでやってるんだろう?と自分の中で問いが浮かんだら、これじゃ成果が上がらないから、成果を上げるしかない、逃げない!と自分に言い聞かせています。

 目の前の仕事をやりきれば、きっと何かがある。その思いですね。

 女子に愚痴を言ったりもします。なんでこの仕事、こんなにやってるんだろうって。

 でもね、私にとってはそれはプロセスです。自分を見つめなおすプロセスです。まあ、それに付き合わされる人はたまったものではないでしょうけど。

 目の前のことを、真剣にやるだけです。私の場合、もはや評価はどうでもよいですけどね。結局、結果を出しに行くだけです。
関連記事
スポンサーサイト
2009.06.23(06:01)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。