**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> うん。元気に戻ってます。> インサイト100ポエム
> うん。元気に戻ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 久々にインサイトナウさんに寄稿しました。http://www.insightnow.jp/article/3922です。

 ロジックと感覚のお話しです。ちょっと文学的な表現に寄っていますが、まあ、こういうのもいいかな、と思って。

 さて、先日、知人から電話がありました。

 車の運転中にかかってきて「元気かなーと思って」と言っていたので、後でかけなおしたんですが・・・。

 しばらく、ぺらぺらと思うことを話していたら、彼女は

 「うん。元気に戻ってます。元気です。伊藤さんは元気です。」

 と言って、

 「あー、よかった。心配してたんですよ。珍しく元気なかったから。でも大丈夫ですね。」と。

 いや、あのー、私はいつも元気ですが・・・。

 そして、一方的に安心した様子で、電話を切りました。

 一体、なんなんだ、と思いました。

 でもまあ、心配してくれていたのは本当なようで、それはそれでありがたいですね。

 このブログを読んでくださっている皆様からも、多少、励ましをもらったりしていましたね。いや、元気ですよ。大丈夫です。

 たまに言われていますが、一定の頻度で落ち込みます。みんなが心配します。そして、「元気になったらなったで、たちが悪い」とよく言われます。

 まあ、確かに、そうかもしれません。

 でもね、ビジネスナレッジをビジネス社会に広めるというのは、けっこう体力が要りますよね。経営者を介して伝える。従業員の方に直接伝える。

 いろいろな形があると思います。

 コンサルティングという形にこだわるつもりも、あんまりないです。どういう形でもいいんです。

 1人の力なんて微々たるもので。

 それが組織化されることに意味があります。

 チームとして力を発揮することに意味があるんですね。

 少しずつ、事業をやっていく上でのパートナーが見えてきましたね。

 独立して、3期目に入っていますが、ようやくそういう素地ができていきました。

 出会う全ての人に感謝しています。人との間に起こる出来事、それが一般的にいい意味での出来事であっても、悪い意味での出来事であっても、それに100%感謝しています。

 私の前に広がる世界で、縁を結んでくれて、本当にありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
2009.08.02(10:37)|ポエムコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
お世話になりました
ロジカルシンキング研修でお世話になったG社の橋本です。
名刺ありがとうございました、面白そうなブログなので時折覗かせていただきます。
まずはご挨拶まで。
From: 橋本 * 2009.08.04 18:08 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。