**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 立ち回りと気遣い> インサイト100マネジメント
> 立ち回りと気遣い
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 夜中まで資料を作って、毎朝、5時には起きて、研修をしています。

 眠い。しかし、受講者の方々のため、がんばるのみです。

 今日は、なんとなく、立ち回りと気遣いの違いを書こうと思います。

 気遣いというといい言葉ですが、単に立ち回っているだけ、という人もいます。例えばお土産を買ってくるとか、人をフォローするとか。意外とどちらと判別するのは難しいですよね。

 で、この違いをもたらすものってなんだろう?と昔考えたことがあります。

 極論すると、仕事をやらない、できないのをごまかそうとするなど、自分のための行為が立ち回りで、メインストリームの人が別にする必要もないけど、相手を気遣うのが気遣いですね。

 要は、自分のためか、人のためか?というお話しでしょう。

 私は部門長になってしまった時、いろいろな部門のお偉いさんに、朝、しっかり挨拶をしました。これは立ち回りなんでしょうね。

 自分の部門、部下のためにこういうことをするようになりました。こういうことをするのは、大嫌いでしたけどね。でも、部下ができてから、態度はだいぶましになりました。自分の給与交渉はしないかわりに、部下の給与を上げる。

 こういうことをしていました。

 正直、相手のことはどうでもよかったです。まさに立ち回り。部下のための立ち回りでした・・・。

 気遣いを本当にできる人って、なかなかいませんね。というか、見たことなんて、ほとんどないです。気遣われない人だったからかもしれませんけど。

 みんな、基本、自分のためにしかものをしてないように見えます・・・。私の視野が狭いからかもしれませんが・・・。

 なかなか、人のために気遣える人もいないもんです。

 まあ、私も気遣いなんて、これっぽっちもできませんけどね。

 ただ、自分のために立ち回ることはしません。部下がいたら、そりゃ、部下のための立ち回りはしますけど。仕事は実力で。プレゼンスは実力で作る。そういうふうに思ってますね・・・。立ち回りを見ると、反吐がでます。

 まあ、まだまだ青いのかもしれません。はっはっは。

 さて、今日もケースを作らなくてはいけません・・・。何時に寝るんだろう・・・。ほんとに。

 では、また。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.08.27(21:45)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。