**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 昔、仕えた経営者> インサイト100ビジネスケース
> 昔、仕えた経営者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 最近、いろいろと考えることがあって、昔、仕えた経営者の方を思い出したりします。

 私は、その経営者を読むのはけっこう得意でした。私は辞めるころに予言をしてやめました。

 「だれだれを社長にして自分は表から退く」とか、「私が辞めてから、かわいがっている幹部が離反する」とか。他にもいろいろと予言しましたが、ほとんど当たりました。

 でもかわいがってる幹部の誰が離反するか?はわかりませんでしたけどね。私にとっては一番意外な人が、結局、その経営者の方を裏切って、その経営者が一番嫌っている経営者にお金を出してもらって、独立しましたね。

 まあ、いろいろな愛憎はあるものです。

 しかし、自分がいろいろと考えるようになって、彼のやってきたことはすごいなあ、とつくづく思います。天才だったなあ、と。付き合うのはもう、こりごりですけど。

 よくいじめられました。「伊藤、お前の趣味で会社の金を使ってるのか!あ?」とか。

 「伊藤、お前にやれって言ってるんだ。お前がやれ!」とか。

 あー、こわかった。

 1対1の交渉は強かった。交渉の場に同席した夜、私はショックで夜中の街で暴れていました・・・。それぐらい、すさまじい緊張の場でした。

 お客さんの心理を読むのは得意でした。

 「こう言えば、客は買うだろ!なあ!」と得意げに言うアイデアはすさまじいものでした。

 朝令暮改ぶりもすさまじく、忘れたフリは特技でした。

 あんたが言ったからやったんじゃん・・・、と唖然としたことは数知れず。忘れたフリにもなれきってしまいました。またかよ・・・、と思うようになるのに時間はかかりませんでした。

 若かった私は、会議で社長に食って掛かることが多かったですね。それは違う、と。よく言い合いになりました。

 今思えば、よく正面から受けてくれたなあ、と思います。幹部には「お前のせいで会議が延びた」とよく言われました。まあ、その幹部も若い頃は彼に一番食って掛かっていたそうですけどね。

 今は、感謝の気持ちでいっぱいですが、まあ、もう付き合いたくないことは間違いないです。

 彼のことは私はあまり好きではなかったと思います。他の幹部ほど、彼に惹かれていなかった。だから、彼は私が珍しかったのかもしれません。

 そういうすさまじい経験をしていると、どんな経営者を見ても、どんな環境でもあまり驚きません・・・。そりゃそーですな。強烈すぎましたからね・・・。

 そんな人を思い出しながら、いろいろと考えます。私の人生はカラフルだなあ、と。

 9月は死ぬほど忙しい予定です。どうなるんでしょうね。いろいろとまた新たな展開がありそうな予感がすごーくします。
関連記事
スポンサーサイト
2009.08.30(21:11)|ビジネスケースコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。