**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100コンサルティング
> mixiに私が書いていたものがのってましたが・・・
 仕事しないと。忙しいです・・・。本当に。

 そういえば、私が書いたものがmixiに出てましたね。またですな。

 朝、ソフトハウスの社長さんからメールが来ていて、「mixiに同姓同名の人の書いたものが出てるけど、伊藤さん?」と書いてあって。確認すると、あ、出てる、と。

 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=953056&media_id=40です。掲載期間終わると、飛べなくなります。

 日記の感想読むと、おおむね好評でしょうか・・・。人に何かを言われた時に、一喜一憂してもしょーがないのですが、ひどいことを書かれると、「うっ!」ときますね。

 でもまあ、いろいろな人がいるものです。気にしてもしょーがないのです。

 徹底的に自分のことだけにフォーカスするというのも、すごく大事な気がします。

 人に気を使うのも大事ですが、自分の心は自分のものです。自分には自分しか命令できません。人がどう思おうと、別によいのです。

 まあ、意味もなく人を攻撃するのはよくないとは思いますけどね。

 心のセンターに常にいたいですね。変に傲慢にもならず、卑屈にもならずに。

 ただ、独立以降、思うことですが、感情の色どりは深くなり、情動は大きくなります。優しくなれるかどうかはわかりませんが、独立すると、すべての出来事はより強烈になるようにも思います。

 ただ、その強烈なことに耐えられるようにもなるし、それがポジティブな感情なら、とても素晴らしいですし。

 ただ、ネガティブな感情も、当然、人間ですからありますし、それもでかくなるように思います。

 独立している人の気持ちは、独立している人しかわかりませんよね。

 従業員の人には絶対わからんですな・・・。

 独立すると、人間関係が入れ替わるといいますが、私もそうでした。本当にきれいに入れ替わって行きます。そういうものです。

 経営者は孤独ですね・・・。だからコンサルタントなんて職業があるんでしょうけどね。

 経営者の参謀は、ある意味で使い捨てですよね。

 まあ、外部に置いたほうがいいでしょうね。内部にいると、いらん力を持ったりして、組織に悪影響でしょうからね。

 私は参謀としては、ちょっと若いかな・・・。あと、ちょっと情けがありすぎますね。もっと徹底してドライな感じのほうがいいように思います。

 「あの社員は、このチャンスでだめだったら、クビにすべきでしょう」とかね。

 ただ、トップからの受けはいつもいいんですよ。まあ、仕事が趣味ですから・・・。

 他にやることないですからね・・・。

 はっはっは。ちょっと自虐が入りすぎですが、こんな感じです。では、また明日。
関連記事
スポンサーサイト
2009.09.08(20:15)|コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム