**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 一石三鳥から四鳥を狙いにいく> インサイト100戦略
> 一石三鳥から四鳥を狙いにいく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 昨日、帰りに渋谷を歩いていたら、お知り合いの経営者の方とばったり。最近多すぎますね・・・。シンクロニシティ炸裂です。ここ2ヶ月ぐらいでばったり会う人が8人目でしょうか?

 で、もともと近日中に打ち合わせする予定だったので、スタバでお茶を飲みながらお話しをしました。

 次は誰に会うんでしょうね。

 今日の記事もインサイトナウで書いてます。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/4184です。

 さて、決裁権限やら、予算を持ったことがある人しかわからないことかもしれないことを今日は書きます。

 うまくいく経営者・リーダーは普通、基本的に、1点張りは危険すぎてしません。まあ、リソースがなくて1点張りの場合もありますけどね。

 まあ、2点、3点張りをします。

 ただ、見た感じ、1点に張っているように見せる場合もあります。

 で、その1つの打ち手が3つも4つも効果をもたらすようなアクションをします。

 意外と、1つアクションは1つのメリットとか、まじめに考えるというのは従業員的な発想です。いくつか、可能な未来を考えたら、そのどの未来になってもメリットがあるように動く。

 一石二鳥どころか、三鳥、四鳥を狙いに行きます。

 それぐらい真剣に効果を考えます。あたりまえですね。資源は限られていますから。限られているからこそ、大事に使う。

 その大事にの考え方が、メリットを最大に。いくつものメリットがあるように、です。

 可能な世界は常に無限にあるんです。

 でも、無限だとしんどい。

 自分にとって都合がいい未来をいくつか想定する。まあ、長期のビジョンがあれば、その世界になるのが必然と考えて、そのプロセスは何通りかあると考える。

 そのいくつかの未来のどれが生じても、何通りかのプロセスのどれを通ることになっても、メリットがあるようにアクションを打つ。

 あと、複数事業を持っている場合、1つのアクションが両方の事業にメリットがあるように持っていけないか?を考える。

 囲碁で言えば、いくつかの戦場の全てに巧手みたいなね。そんな打ち手を考えるし、そうなるように持って行くアクションを取れればとる。

 悪く言えば、いい経営者・リーダーは自分の行動の費用対効果にがめついのです。

 私も独立以降、自分のアクションに対して、本当にそういうことを真剣に考えるようになりました。このアクションが最大の効果になるためには・・・、とすごーく考えます。

 かっこ悪く言うと、どっちに転んでもメリットがあるように、とかね。

 昔、ある企業で、営業マンをリストラしないと、というお話しになりました。で、各支店の問題児というかリストラ候補者がリストアップされまして。

 特別販売部隊という名前をつけて、当時シェアの低かった九州に全員を転勤させ、九州の開拓にあたらせました。

 突然、九州に行けといわれ、そんなところで新規開拓をさせられたら、やめる人はやめますね。

 でもね、本当に頑張った人もいたんです。

 しばらくして、当時、九州の支店長が東京の経営者のところにやってきていいました。

 「本当にがんばっているやつもいる。そういうやつは俺に面倒を見させてください。辞めさせないで下さい。」と。

 経営者は「勝手にしろ」とだけ言いました。

 本当にその時頑張った人たちは、その支店長に非常にかわいがられました。やめた人も多かったけど、頑張った人は生き残りました。生き残った人もいました。

 さて、経営者にとっては、九州を開拓できても、営業マンがやめてもどっちでもよかったのです。冷たいですよね・・・。

 でもね、打ち手がどっちに転んでもいい、そういう手を打つ。それは経営者として大事なのです。

 多くの経営者を見るにつけ、私は甘いなあ、と思ったりします。本当に甘い。

 ただ、人が行動できる量は限られています。行動の量を限界まで高めたら、その費用対効果を最大化するしかないのです。すごくシンプルですけどね。

 今日はちょっとシビアなお話しでしたね。それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.09.16(07:41)|戦略コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。