**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 突発的にスティーブ・ジョブズの 「Stay hungry, stay foolish」が見たくなって> インサイト100ポエム
> 突発的にスティーブ・ジョブズの 「Stay hungry, stay foolish」が見たくなって
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 アービトラージの続きは明日書きますが、突発的にスティーブジョブズのスピーチが聞きたくなりました。「Stay hungry, stay foolish」ですね。

 昔、見たことあったのですが、その時も泣きながら見ました。すごく感動的です。↓です。



 スタンフォードの卒業式でスピーチしたものですね。

 プレゼンが本当に上手です。これをシャドーウィングして、英語の勉強をしたら、すごくスピーチが上手になりそうですね。

 「点をつなげる」は、私がずーっと主張している、未来からものを見ましょうね、というお話しと同じです。だいぶ前に書いた「ビジョンと騙し絵の不思議な関係」、「過去は変えられる」と同じお話しです。

原稿は・・・
http://www.insightnow.jp/article/1309
http://www.insightnow.jp/article/1522
です。

 私が書いたものでも3000ヒットを超えているので、支持はされているのでしょうけど、ジョブズが語るとすごーく説得力がありますね。

 本当にうまいですね。

 あと、3つ目のお話し「死」について。



 私はまあ、後ろ向きな人間です。このブログをずーっと読んでくれている方は非常によくわかっていると思いますけどね・・・。

 で、「死」についても相当考えてきました。さすがにブログに書くようなテーマではないと思って、書いていませんが。

 死は人を過去へと押し流していくものです。いずれは、私も、あなたも、過去へと押し流されていくでしょう。それは止められません。

 でも、死を常に意識することで、生がかえってリアルになってくるものです。ジョブズの言う、「心の声」もよりクリアーに聞こえてくると思います。エジソンの言うリトルピープルの声も同じようなものだと思います。

 押し流されている過去に囚われる人生も、しんどいと思います。私はずーっと過去に囚われている面もあります。でも、ようやく現在で過去を塗りつぶせるようになってきたと思っています。未来は目の前に押し寄せ、過去をより遠くへと押し流していきます。

 やってくる未来のイメージを楽しみたいですよね。

 さて、最後のパート、「Stay hungry, stay foolish」。

 ジョブズの意図は気にせずに、私の心象を言いますと、ハングリーという言葉、ハングリー精神は私はすごーく嫌いでした。私の成長モデル自体が、ハングリー精神によっていたからです。

 ハングリーさを無くしていけば、きっと、ハッピーでありつつ、よりハッピーを志向できるという幻想?を抱いていました。

 でも、最近、気が付きました。成長には、ハングリーというか、ある意味、マイナスの状況が不可欠だと。

 そのマイナスから逃げる形での成長しかないのでは?とまで最近は思うようになっています。

 このメカニズムは、ある程度、私の中で見えてはいますが、解説は今日はしません。私の場合は、マイナスの状況の時が、相当ひどくなるので・・・。

 まあ、いつも、少しずつハングリーなほうが、満たされていて、突然、重度の飢餓に襲われるよりはいいように思います。

 少しだけ、ハングリーで。

 おバカでいるのは、ずーっとおバカなので、特に触れませんけどね。

 何度も何度も、この映像を見ています。そして、見るたびに涙します。いろいろな発見があります。これぐらい感動的なスピーチができるようになりたいものですね。

 では、次回をお楽しみに。

 
関連記事
スポンサーサイト
2009.09.23(01:02)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。