**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100セミナー
> 差別、偏見について思うこと
 ちょっと、先月末にやったセミナーのフォローができてません。ごめんなさい。

 アサーティブについてメールで解説と言っていたのですが、まだできていません・・・。今月末には、なんとか、フォローメールを送ろうと思います。しばしお待ち下さい。

 来週は、ちょっとだけ手があきます。そこで、なんとかします。

 さて、ホノルルマラソンに行こうと画策中なのですが、どう考えても契約期間中のお客さんからブーイングがくるような気がする。それまでに圧倒的な結果を出していれば文句を言われないかな・・・。圧倒的な結果を出すには?という問いに答えないと。

 さて、今日は差別や偏見についてちょっとだけ思うことを書きます。

 まあ、いま、多少、繊細な業界の仕事をしています。そう、あの業界です。

 周囲の人々に聞くと、やめておけ、あそこは○○組が、とか、ノースコリアが、とか、伝統的に差別を受けてきた人々とか、そういう集団に近いところがからんでいる・・・、もう、都市伝説か?と思うほど、いろいろな名前が出てきます。

 確かに、そういう面もあるのでしょう。

 でも、そういう人たちを見たことがあって、実際にひどい目にあった人なら言ってもいいかもしれませんが、見たことない人はいっちゃだめなような気がします。

 差別の発生って、ある集団にラベルを貼ることからはじまると思います。本人たちにとって、思わしくないラベルが貼られる。

 そのラベルには、いろいろなキーワードが関連付けられます。

 昔なら、ケガレテいるとか。イヤシイ仕事をしているとか。

 今でも、水商売という言葉があるように、人は職業に貴賎をつけたがりますよね・・・。悲しき性です。

 確かに、ある業界では、競合の仕事をまくっただけで、土下座しろ!ということも、確かにあるかもしれません。これまでの取り分をよこせ!というお話しもあるかもしれません。市の職員が施設を作るお話しを業者さんに持っていって、リベートがあることもありますよね。そして、それが止まって、事件に!といったこともあるかもしれません。

 そういう業界でも、まっとうな経営者の思いとしては、上場して業界全体の地位を上げたいというのもあるでしょう。

 吉本興業が上場したときも、そういうお話しありましたよね。任天堂の人も言ってましたが、20年ぐらい前は、ゲームは不良がやるものという認識がすごくあって。ゲーム業界の地位も低かった。

 ゲームセンターは未だに風営法管轄ですけどね・・・。

 ゲームセンター系と言ってもいいかもしれない、セガさんも上場していて。任天堂はいまや、世界トップクラスの評価を受ける企業へと成長してしまって。

 個人が嫌いで、本人に思わしくないラベルを貼って、集団でそのラベルを共通認識としたら、いじめですよね。もろにいじめです。

 それをある集団に対して、本人に思わしくないラベルを貼って、より大きな集団の共通認識としたら、差別という概念に広がるのでは?と思ったりもします。

 もしも、小さな集団が、大きな集団に勝手なラベリングをしたら、その小さな集団は反社会的勢力になる。カルトとか、宗教はそういう感じでしょうね。

 ヤクザは、どちらかというと、小さな集団が自分たちに特殊なラベルを貼るということと、社会がその集団にラベルを貼っているのと、両方があるように思います。

 まとめっぽく書きますと、複数の集団があって、集団の大小があって、外部のラベリングのお話しと、内部のラベリングのお話しがあって、ラベリングされた側にとって、たいていは小さい側の集団ですが、その小さい集団にとって、その認識は思わしいか、思わしくないか?というお話しになりそうに思います。

 その上で、集団に適用したラベルと関連付けられた言葉は、その集団に属する個人に、その個人の意思に反して適用される。

 そういうの、差別ですよね。

 単に、個人を個人が嫌うというお話しではなくて、差別は集団がからんでくるお話しなんだと思います。

 個人として、あいつ嫌い、と思っている分にはかまわんでしょう。集団に認識を広げ、統一見解とした時点で「いじめ」ですけど。

 嫌い、と口にしないことって大事な気もします。その当人がいない前で誰かとそういうことを口にするのは、よくないですよね。きっと。

 と、あんまりきれいな理屈じゃないですけど、こういう感じだと思います。

 では、このへんで。次回をお楽しみに。

 
関連記事
スポンサーサイト
2009.10.23(17:02)|セミナーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム