**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100ポエム
> 「野村監督に教わったこと」を読んで・・・
 土曜日です。ヨガして、事務所で仕事して。ヒーリングミュージックをかけて。資料を作って。

 素敵な土曜日ですね。

 twitterはじめたので、あんまりブログを書かなくなりました。というより、本当に時間がないのです。twitterのつぶやきをまとめる形でもいいのですが、なかなかね。

 本をまともに読む暇もないのですが、先日、立ち読みで読んだ本に思わず涙しました。

野村監督に教わったこと―僕が38歳で二冠王になれた秘密―野村監督に教わったこと―僕が38歳で二冠王になれた秘密―
(2008/02/27)
山崎 武司

商品詳細を見る


 山崎さん、いいですね。

 彼の不器用さというか、それでいてまっすぐな感じというか、そういうものにすごく共感しました。

 私も、あまり器用ではないのです。彼の暴言も有名ですが、私の暴言も、私と親しい人々の間では有名です。

 以前、謝罪に行った先に遅刻してきた上司の胸ぐらをつかみ、「黙れ・・・」とやったこともあります。はっはっは。

 まあ、クリエイティブな解決策が必要なら、提供するし、お客さんのために器用に営業する必要があれば、します。

 でもね、自分のため、という感じは少し違うんですよね。美学に反することで、自分のメリットを得ようとは思わないのです。

 どうしても私にやって欲しいという感じがする仕事以外は、正直、どうでもいいのです。なんと言えばいいのでしょう?

 今、忙しいのは、私とぜひやりたい、という方が、ちょっとだけ増えてきているからですね。それはそれでありがたいことです。私に少し興味があるとか、1つの選択肢として、みたいな人とは、そもそもあわないので、やりません。

 まあ、山崎さん、すごーく、自分との共通点が性格上ある人なんだなあ、と思いました。

 チーム作りの考え方も、私とすごく似ていました。興味ある人は、ご一読ください。

 書籍の雰囲気のままに、ちょっと思うことを書きます。

 最近、不況、不況というし、実際、お金が流れないところには、ますます流れなくなるだろうな、と私も感じています。でもね、流れるところには流れるし、正直、儲かるスキマというか、ビジネスチャンスはゴロゴロ転がっています。

 なんで、見えないんだろう、と思うことが多いですね。

 で、見える人とは、こういう新規事業をやりましょう、というお話が簡単にまとまる。

 自分が見えているものは実はごく一部なんだ、という認識はどんなときでも大事だと思います。このことがわかっていないと、お金のまったく流れない事業をやってしまう可能性が高まってきます。

 お金は基本的には、流れ続けています。

 その流れを捉えるだけです。そんなに難しいことではありません。

 今、儲かっていない人は、もう少しそういうことを考えるべきだと思います。こういうことがわからずに頭をいくらひねっても無駄です。絶対儲かりません。

 お金は流れています。あなたの見えるところかもしれないし、見えていないところかもしれません。もし、今、儲かっていないなら、見えていないのです。じゃ、見えるようになるためには?ということにフォーカスしてみてください。ひょっとしたら、お金の流れが見えてくるかもしれません。

 それでは、次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.10.31(16:30)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム