**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> お風呂で勉強、お風呂でイメージトレーニング> インサイト100シンキングメソッド
> お風呂で勉強、お風呂でイメージトレーニング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 どこでそんな知識を得るんですか?どうすれば考えられるようになりますか?

 最近、聞かれます。

 知識ですか。原理はシンプルだと思うのですが・・・。大量に入力する。それだけですけどね。

 どうすれば考えられるか?問いを立てれば自然に答えが出ます。考える処理を意識化しすぎなんではないかと。ただ、一連の体系の答えを全て知りたければ、問いを体系的に立てなくてはなりませんけどね。

 では、具体的にどうする?は、どうやってもいいですが、今日はお風呂です。

 意味不明かもしれませんが、お風呂での勉強のお話しを今日、します。

 私は、風呂好きです。大好きです。

 温泉にもよく行きます。

 風呂の時間は長いです。ずっと入ってて平気です。その間、ずーっと、いろいろと思索します。そうすると、答えがたくさん出てきます。普段、自分に問うている問いの答えがたくさん出てくるんですね。無秩序に。

 風呂では、自分の頭を使うというよりは、ボディーマインドという概念がよく理解できると思います。

 結局、人は身体に縛られます。思索は頭の領域で行うもの、と思っていますよね?それが自分の可能性を大きく制限していると思います。

 風呂では、体の感覚がいつもと違って、とても気持ちいいですね。体の制約が外しやすいです。

 意味不明ですね。でも、なんとなく伝わります?

 結局、自分の認知空間すべてを使って思考していい、ということに尽きるんですけどね。

 もしも、遠くの山が見えたら、その遠くの山で、思考処理をしてみることもできるはずです。普段、頭で考えているような体の使い方をしているなら、体の外で、思考処理をしているイメージをして、やってみるといいです。

 別に、頭の中で考えることも、頭の外で考えることも一緒ですから。

 それに気が付くと、多くの制約から自由にものが考えられるようになります。

 伝わりますか?

 具体例を出すと、例えば、エアタグとセカイカメラってありますよね?

 もしも、リアルにエアタグがあったとしたら面白くないですか?

 遊びでやってみると、発想法とか、頭の使い方の訓練になると思いますが、あなたが渋谷の町を歩いていて、かわいい女の子、もしくはイケメンがいたとします。

 ドラゴンボールのスカウターのように数字がピピピピピピと上がっていって、何点!と出るようなイメージをその相手を実際に見ながらやってみましょう。意外とその点数が恣意的でなく出るようになるかもしれません。

 その時の感覚を覚えてください。そういう感覚で、人はイメージの力を使います。

 ずっとやっていると、どんな人とすれ違っても、スカウターが点数をはじきだすようになります。

 話しがだいぶ、お風呂からそれたので、お風呂のお話しに戻します。

 お風呂に入っている時、頭以外で思考する感じをやってみてください。手でもいいし、足でもいいです。目の前の空間を使ってもいいし、体の後ろを使ってもいい。

 その感じをしっかり覚えてください。

 例えば、自分に天使の羽根が生えたと想像してみてください。天使の羽根は、必ず上向きに生えます。自分の上ななめ後ろぐらいの所に、重心がきます。

 その感じで、本を読んだり、考えてみたりしてみてください。

 その感覚を覚えていれば、普段の思考が変わってくると思います。

 うまく伝わるでしょうか?

 意外と、自分の前の空間を使って考える人はいますけど、自分の後ろを使って思考する人はいないので、やってみると面白いと思います。

 ただ、後ろの空間を使う時は、上のほうを使ってくださいね。

 もしも、防水モバイルで、WEBに接続できるものが出たら、私は間違いなく風呂で使います。そのほうがすごい発想のことができると思いますね。アマゾンキンドル防水版が出ないかな、と思います。

 昔、「風呂で覚える英単語」というのがあったと思います。どっかの出版社が「風呂で読むビジネス書シリーズ」とか出しませんかね。みんな風呂勉が当たり前になる世界になりませんかね。そうすると、学習効果がすっごく上がるような気がします。

 では、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.11.08(11:32)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。