**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 本当はホノルルマラソンに行っているはずだったのですが> インサイト100ポエム
> 本当はホノルルマラソンに行っているはずだったのですが
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 なんとなく、今日はポエムです。そういう気分なのです。携帯で誰かに書いた文章を載せてみます。

 ホノルルマラソンに行きたかったけど、行けなかったとか、今年の漢字が意味不明な「新」になったとか、そういうことにイライラしているからかもしれません。

 で、今日は東京は雨です。

 朝だからか優しげな雨が降っています。クリスタルケイを聞きながら電車に乗ってます。

 クリエイティブな人をインスパイアするのも私のお仕事です。

 経営者のみなさんはとてもクリエイティブです。そういう方のクリエイティブスイッチをうまく押せたなら良かったかな、と。

 でもまあ、私はキャラクター的にはサラリーマン金太郎みたいな感じです。自分でいろいろとあがきますが、結局、人の力で道が開かれます。さわやかさのかけらもありません。

 誰とやるか?がすごく大事になってしまうキャラクターですね。付き合いは注意深くしていかないと悪いもんをもらうこともあります。まあ、それもいとおしき残された時間です。

 そのときそのときで自分の課題に向かえばいいと思います。流れにのってもいいし、のらなくてもいいのです。ただ、楽な流れもありますね。全体が作りやすい流れです。

 恋はするものではなく、落ちるものだそうです。あまり落ちたことないですけど。だから自然でいいと思います。感動は理性や理解を越えたところに生まれると思います。技巧で作られた完成度の高いものは尊敬に値しますがそれをぶち破るものはうまく説明できない。

 それを真似ようと技術が生まれるとも思いますが、所詮劣化コピーです。私は何かと繋がる感覚のほうを重視します。そこに何があるかは出してみないとわからないけど、出してみるといろいろとわかる。そういう体験のほうが素敵な学びです。

 編曲とかはきっと技術が大事なのかな、と勝手に思ったりします。でもね、作った人の深い部分に同調しないとうまくいかない気もします。

 最近はあんまり文章を書きません。文章はこうやって1人に向けて書くものだからです。マス向けのメッセージなんて本当はないのです。マーケティングでも最近になってようやく1人に向けたメッセージが万人に響くことがわかってきています。

 いろいろなイメージ技法がありますけどね。身近な友人4人を1人に重ねてみる。重ねた人がどう感じどう行動するか?を想像してみる。

 もしもアーキタイプがいくつも1人の中にあるならばおかしくないはずです。むしろよりリアルな人間に近づきますね。

 ブラックベリーで書いてると長さがよくわからなくなります。全体感が見えないからですね。でも、そういう書き方をして、後でバランスをとったほうが、伝わる言葉が紡げるように思います。

 『いま、ここ』にいる感覚にいられるからでしょうね。

 時間が幻想だとしたら、全ての過去、現在、未来を凝縮した今が全てであり、空間が幻想だとしたら、すべての彼方、此方を統合したここが全てなはずですね。

 「個にして全体、全体にして個」というのはそういうメッセージだと思います。

 今日もこの空間が素敵で知的でありますようにと願いつつ。

 ブログの更新が全然できてないです。ので、この文章はこのままブログに載せます。誰かへのメールですが、こういうことをきっとブログに書きたかったんだろうなあ、と思って載せてみます。

 たまには、こういう文章もいいかな、と。

 では、次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.12.11(22:01)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。