**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100ポエム
> 今年の漢字が「新」でした・・・。
 なぜ、「新」なのでしょう?意味わかりません。

 新政権?

 というか、民主党のほうが、官僚出身者多くないですか?

 構造改革するかと思ったら、しない。というか、むしろ規制強化・・・。

 亀井&みずほが社会主義化政策を推し進めるのだろうか。いや、規制強化すると官僚組織がさらに肥大化するから、民主党的にはオッケーなのだろうか?

 小泉、竹中路線への反発!とか言っているけど、既得権もっていた人たちの反動なのかなあ・・・。

 マスコミが元気なくなってきてる、というお話を先週書いたけど、あの人達は既得権益を持っている人たちですね・・・。ホリエモンが、インターネットでのニュース配信が、ネット記者によってなされるようになる!と言ったら大反発でしたね・・・。

 ただ、もうインターネットに広告費は逆転されて、差をつけられるのでしょうけど・・・。演歌のように、取り残されて、なぐさめをたらしながす人々へとなっていくのだろうなあ、と思います。

 ただ、そういったことを一時的に延命するような反動?が起きているのでしょうか・・・。

 1000円カットのQBは規制しろ!水を使わないのは不衛生だ!と言って、既存の利用組合が陳情して、規制強化になるようですね。結局、税金のコストで取り締まられるので、社会コストアップなんですけどね・・・。

 オフィス街に無店舗で売りに来る弁当屋は規制しろ!と区が規制強化するそうですが。あのね、店舗に価値があるようにすれば、お客さん来るんでしょ。店舗の提供価値が価格に見合ってないから客が来ないの・・・。規制で競合を取り締まるのはやめてください・・・。

 そりゃ、明らかにスジが通ってないなら別ですよ。

 でもね、法律も、社会全体の効率、効果を考えたらおかしい、となったら変わりますからね。コンプラも大事だけど、法改正を促すのも大事です。どちらかというと規制緩和のほうに動かして、官僚に支払うコストは下げるほうにしないと、税金が結局上がりますよね。

 コンプラだけやるのは片手落ちです。コンプラしつつ、おかしいことは変えろ!とやっていくのが大事でしょ。規制強化を陳情するのは自分だけが得をしようとするフリーライダーですよね。

 フリーライダーが出ると、みんな相乗りしようとして、結局、税金が上がって、自分たちが損をするのよ・・・。それをわからないといかんです。

 そういえば、ホリエモンの「希望論」、読みました。

「希望」論「希望」論
(2009/11/26)
堀江 貴文

商品詳細を見る


 すごーくまともでした。

 まあ、ちょっとゼロベースすぎる方です。すべての制約から開放されている方ですので、違和感が出る方は出るかもしれません。

 最近、Twitterで難しいTweetをポストしまくっているので、解説してくれと言われるのですが、ちょっと今日はしません。

 難しいポストの解説はまた今度で。

 それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2009.12.18(17:14)|ポエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム