**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 要約は何の訓練なのか?> インサイト100シンキングメソッド
> 要約は何の訓練なのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 さて、今やっている文章力講座が今週で最終回になります。みなさん、非常に頑張ってくれています。

 この講座では、ひたすら文章の要約が求められます。みなさん、必死で要約問題をやったりしています。受験勉強以来でしょう。

 ビジネスでは、曖昧な状況にロジックを見出すことが求められます。ロジカルな主張をロジカルにまとめる能力がない人が、曖昧な状況をロジカルにまとめることなどできません。

 この講座では大学までの教育と、ビジネスの接続を試みているのですね。

 それと、要約問題をやる理由は、キーワードを拾えば点が取れるという受験テクニックは意味が無いことを実感してもらうためです。

 言葉は、あくまで状況を指し示します。いわゆるシニフィアンとシニフィエですね。

 文章を読み、指し示している状況を理解した上で、その状況をイメージしながら、指定された文字数以内でまとめて欲しいということです。

 文章を見て、そのまま文章を抜き出すのではないのです。

 「文章を見る ⇒ 指し示す状況をイメージする ⇒ その状況を言葉に落とす」ができるようになって欲しいのです。

 これを、「理解」と言います。文章題の言葉をこねくり回すことが理解ではないのです。

 最近、大学教育では、PISA型読解と言ったりして、「文章だけでなく、図表などもおりまぜて、読解させ、論点を把握した上で、文章にまとめる、自分の主張をする」ということが大事だ、と言い始めています。

 ただ、結局、これは、状況をイメージ出来ていないとできないようにしましょう、と言っているだけです。

 ソシュール的な「シニフィアンとシニフィエ」、「記号とそれが指し示すもの」の理解で充分足りる内容です。

 ひたすら、要約問題をやることで、言葉が指し示す状況をイメージし、それを文章に落とす訓練をしているのですね。

 ビジネスマンになってまで、要約問題なんてやる人は少ないと思いますが、みなさんは議事録作成をしたりするならば、日々、要約することを求められているはずですね。

 大学までの勉強と、ビジネスはつながっているんです。勉強のできない仕事の出来る人像がひたすら強調された時代がありますが、そんなものは大嘘です。接続する体系が理解されてなかっただけなんです。

 みなさんも、久しぶりに要約問題など、やってみてはいかがですか?

 それでは次回をお楽しみに。 

 
関連記事
スポンサーサイト
2010.07.25(12:20)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。